「カレーライス」とは?

関連ニュース

牛丼より安く高級店よりウマいインドカレー店『ぞうさんカレー』がコスパ最高 - 08月20日(日)08:30 

香り高いスパイスとモチモチのナンの組み合わせのインドカレーは、いつも食べている欧風のカレーライスとは違った美味しさがある。専門店へ行くと高級なところは1,500円前後することも珍しくないが、そのレベルのインドカレーが牛丼よりも安く食べられる奇跡の店が、埼玉県草加市に存在する。■プレハブで営業する『ぞうさんカレー』©sirabee.comその店の名前は『ぞうさんカレー』。清門町にあるショッピングセンター『セーモンプラザ』の横に建てられた簡素なプレハブで営業している。©sirabee.com一見本格的なインドカレーが食べられるとは思えない見ためなのだが、看板やメニューをよく見てみると、料理すべてに店主のこだわりがあることがわかる。■インド人店主のこだわりとは©sirabee.comたとえばライスは高級なジャスミンライスと、こしひかりのブレンドを使用し、カレーに最大限合うよう工夫をしている。©sirabee.comそれなのに一番安いカレーライスボックスは340円と牛丼よりも低価格なのには、インド人店主・チョウドリさんの努力の結晶ともいえる理由がある。■カレーはひとつずつ手作り©sirabee.comインドカレーは注文を受けてから、ひとつひとつスパイスをブレンドするため、作り置きによるロスが発生しない。さらにスパイスの香りも提供するときに一...more
カテゴリー:

店員も店構えもいい味!古き良きレトロ食堂のカレー - 08月19日(土)16:58 

カレーライス、店構え、そして店員さんも“いい味”を出している昭和の世界へタイムスリップ。そこは懐かしい気分に浸れる非日常空間。ロングセラーのカレーは、一度食べればやみつきに! 【写真を見る】8種類の香辛料が華やぐハイカラカレー/「日正カレー」 ■ 「栄屋ミルクホール」(東京・淡路町) 2代目店主が、1955(昭和30)年頃に家庭で食べられていた、優しい味わいのカレーを作り続けている。「カレーライス」(650円)は、ニンニクを効かせて炒めた具のタマネギと豚肉を使用。このカレーと同じ鶏ガラスープを使う、ラーメンとのセット(950円)が人気だ。約70年前の創業当時とほぼ変わらない空間に、ほっこりとした気分になる。 ■ 「日正(にっしょう)カレー」(東京・南千住) 「日正カレー」は、1951(昭和26)年創業の大衆食堂。「カレーライス」(650円)は、鶏ガラスープを下地にした昭和のカレーながら、ルーからは香辛料が香り立つ。月桂樹などの香辛料8種類を使った茶褐色のカレーは、あとから辛さがジワジワと増してくる。 ちなみに、約50年前から使い続ける、店名が入った特注の多治見美濃焼のカレー皿もレトロだ。ちょうちんや看板にも「日正」の文字が入っている。 ■ 「中栄(なかえい)」 1912(大正元)年に創業し、築地卸売市場の開設時に場内に店を移したカレー専門店。昭和30年代から変わらぬ伝統製法で手作り...more
カテゴリー:

肉じゃがに使う「肉」といえば? 牛vs豚の戦い勃発 - 08月19日(土)10:00 

(gontabunta/iStock/Thinkstock)「得意料理は、肉じゃがです!」なんて、料理上手アピールに使われる率が高い、肉じゃが。柔らかいお肉と、味のしみたジャガイモが美味しい一品だ。しかし、その「肉」は何を使うだろうか。■豚肉派は少なめ肉じゃがに入っているお肉は、やっぱり薄切り肉。しかしその種類は「牛」か「豚」か、分かれるところ。しらべぇ編集部が全国20代〜60代の男女1,342名を対象に「肉じゃがの肉について」調査したところ、「絶対豚だろ!」と回答したのは、全体の3割に。©sirabee.com男女や世代などで大きな差はなく、家庭ごとに「うちの味は牛肉」「いやいや豚肉一択」と分かれているようだ。■地域で異なる「肉じゃが」戦争家庭で異なるということは、土地ごとの特徴が大きいはず。そこで地域別に比較してみると、東と西で大きな差が。©sirabee.com北海道や東北といった、東側の地域では半数以上が「豚肉」派。しかし、近畿や中国・四国地方では2割前後しかいないのだ。最も多かった北海道と、最も少ない近畿では、なんとその差52ポイント。「当たり前のように豚肉で肉じゃが作ったら、夫から『牛肉高かった?』って言われて。そもそも肉じゃがは豚でしょ!? ってびっくりしちゃいました」(30代・女性)「肉じゃがやすき焼きは、牛肉を使う…と母に習いました...more
カテゴリー:

明治の宮廷がよみがえる。開館70周年を迎えた明治記念館の企画展示 - 08月18日(金)12:00 

都心にありながら豊かな緑が生い茂る、東京・神宮外苑エリアに位置する明治記念館。今年で開館70周年を迎えたことを記念し、館内の特設コーナーで「明治宮廷のダイニングホール~よみがえる近代の饗宴~」と題した企画展示を開催している。 由緒ある建物で開催される“明治の薫り” 昭和22年(1947年)、港区元赤坂に開業した明治記念館。その本館は明治14年(1881年)に当時の赤坂仮皇居(明治6年に西ノ丸皇居が火災で焼失し、赤坂離宮が仮皇居となっていた)の別殿として、現在の迎賓館がある場所に建てられた由緒ある建築物だ。当時は「御会食所」という名で呼ばれ、明治天皇と昭憲皇太后が外国の賓客をもてなす宮中晩餐が催される場所であり、また明治憲法草案審議の御前会議も開かれたという歴史的な場所だ。 別殿は明治40年(1907年)、憲法制定に功績のあった枢密院議長伊藤博文公に下賜され、翌年に東京府荏原郡大井村(現在の品川区)の伊藤公邸に移築され「恩賜館」と命名された。さらにその後、伊藤家より明治神宮奉賛会へ奉献され、大正7年(1918年)に現在の場所へ移築、「憲法記念館」と改称された歴史を持つ、明治天皇が使われた宮殿建築唯一の遺構である。 現在明治記念館の本館は「金鶏の間」が宴会場やラウンジとして使われており、瓦屋根や襖の把手、釘隠し、シャンデリアのほや(ランプの火を覆うガラス製の筒)などに当時の意匠を...more
カテゴリー:

明治天皇も食べた(?)カレーも再現『明治宮廷のダイニングホール』 - 08月18日(金)08:00 

開館70周年を迎えた明治記念館で、明治時代の宮中晩餐会にちなんだ『明治宮廷のダイニングホール~よみがえる近代の饗宴~』が開催中です。当時の貴重な品々も多数展示され、壮麗で華やかな明治時代の宮廷外交の様子が垣間見られます。さらに、明治天皇や伊藤博文公も食べたとされる料理も復刻され、実際に味わうことが可能だとか。実際に足を運んでみました。明治宮廷の華麗なダイニングを再現戦後、日本初の総合結婚式場として開館した明治記念館ですが、歴史を紐解くと明治14年(1881年)に赤坂仮皇居の御会食所として造られたのが始まりだそうです。明治22年に皇居内に宮殿が完成するまでの間、この建物で海外の賓客などをもてなす饗宴が行われていました。今回の特別企画は、そうした明治記念館のルーツに関係する催しになっています。ちなみに記録に残る御会食所最初の晩餐会は、訪日した2人の英国王子アルバートとジョージを迎えて行われたもの。ジョージ王子は後の国王ジョージ5世で、現在のエリザベス女王のお祖父さんなのだそうです。展示コーナーでまず迎えてくれるのは明治時代の大礼服です。腰にサーベルを下げていますが、軍人ではなく文官の服とのこと。大臣などがこれを着て晩餐会に出席したのでしょう。明治14年頃の東京の様子が分かる版画も展示されています。井上安治が描いたもので、中央には仮皇居が、周辺には品川やお茶の水といった場所の様子が描かれ...more
カテゴリー:

奥深く濃厚な味!カレーの達人もうなる「牛たんカレー」 - 08月19日(土)17:51 

万国共通なのはその名だけ。作り手のこだわりによって、千差万別な味わいや見た目を見せつけてくれるカレー。けれども、実際は「どの店を選んだらいいのかわからない」というのもまた事実。そこで、カレーを愛し、カレーに愛された男たちに、とっておきのオススメカレーを聞いてみた。  【写真を見る】「Nanglo Ghar」の「ネパールローカル料理セット」(1300円) 今回、オススメの鉄板・絶品カレーを紹介してくれたのは、音楽界のカレー番長こと小宮山雄飛さん(ホフディラン ボーカル)。同氏が選んだのは、欧風からインド、ネパールまで、本格的でありながら独自性のあるお店「仙臺(せんだい)」(東京・神保町)の「牛たん(牛舌)カレー」(750円)。「いわゆる欧風カレーは甘さが強すぎることが多いのですが、こちらのは嫌な甘さがなく、奥深い濃厚な味が特徴」と話す。 同店では他に、昔ながらの「オムライス」(750円)や、夜限定の「牛たん(牛舌)シチュー」(980円)など、店主の確かな経験と匠の技を皿の上で表現したメニューがそろう。 その他、小宮山さんは、「Nanglo Ghar(ナングロ ガル)」(東京・大久保)の「ネパールローカル料理セット」(1300円)、「CURRY & SPICE BAR カリ~ビト」(東京・飯田橋)の「2種カリ~」(ランチ980円+トッピング豆カリ~100円)、「スパイス&ハーブ 居酒屋...more
カテゴリー:

店員も店構えも“いい味”!古き良きレトロ食堂のカレー - 08月19日(土)16:58 

カレーライス、店構え、そして店員さんも“いい味”を出している昭和の世界へタイムスリップ。そこは懐かしい気分に浸れる非日常空間。ロングセラーのカレーは、一度食べれ...
カテゴリー:

みやぞんの「貧乏すぎる幼少期」がヤバイ 6畳6人暮らしの食生活に驚愕 - 08月18日(金)20:00 

(画像はInstagramのスクリーンショット)数々のバラエティ番組に出演し、今もっともブレイクしているお笑いコンビのANZEN漫才・みやぞん(32)。17日放送の『得損ぐるナイ夏グルメ』(日本テレビ系)で明かされた、幼少期の極貧生活が話題になっている。■6畳一間に6人で生活「グルメチキンレース18 ゴチになります!」のコーナーに出演したみやぞん。幼少期は6畳一間に母と姉たち6人で住んでいたそう。家計は貧しく、カレーライスの具はジャガイモとタマネギだけで肉はなし。しかも、6人前にも関わらずルーはひとかけらのみ。水っぽい「しゃばしゃばカレー」が、みやぞん家では当たり前だったようだ。しかし、みやぞんはこのカレーが大好物だったようで、「おいしい」と言いながら食べていたという。■特別な日は山盛りメニューまた、みやぞんが誕生日の際には、山盛りの茹でたほうれん草がごちそうとして出ていたとのこと。これがみやぞん家の祝いの定番だったようだ。そして、高校時代の野球部の試合のときには、上段がごはん、下段は山盛りのトマトの弁当を食べていたとか。こういった極貧生活を送っていたみやぞん。その反動もあってか、大ブレイクした現在でも楽屋で余っている弁当はすべて持ち帰っているという。■3割が貧困を自覚しらべぇ編集部が全国20〜60代の男女1,365名に「家庭の経済状況」について調査したところ、3割以上が「うちは貧...more
カテゴリー:

鉄子じゃなくても楽しい!出会える鉄道バー「神田鐡道倶楽部」に行ってみた - 08月18日(金)08:45 

 幸せになれる恋をしたい女子のみなさま、こんにちは。「恋愛・婚活研究所」主宰のにらさわあきこです。  いつの時代も、恋のお悩みベスト1と言えば、なんといっても「出会いがない」ですが、取材していると、出会いがあるのは職場や学校以外では、「飲み屋さん」。しかし、私のように煙草が苦手な女子にバーは危険地域です。  そんな中、「完全禁煙なうえ、鉄道マニアが喜ぶ仕掛け満載のバー」が開店したというので、チェックに出かけてきました。 ◆鉄オタでなくても楽しい「鉄道バー」  出かけたのは、JR神田駅構内にある、その名も「神田鐡道倶楽部」。鐡道好きな男女が集える鐡道に特化したお店に違いない…と思いつつも、私はマニアではありません。ゆえに、「これが**駅の○○だ」と言われてもまったくピンと来ませんが、そんな私が出かけても、めちゃくちゃ楽しかったのです。  場所がとても便利で、お店は神田駅のJR改札から地下鉄方面に向かう途中にあります。なので、雨が降っていても、暑くても、外に出ないで入れるのです。  中はカウンターのみの13席ですが、結構広々としてまして、女性一人でも気軽に入れます。禁煙ですし、なによりも「鉄道」に特化した工夫が随所に施されているので、フラリ一人で出かけてもまったく飽きることがないのです。  たとえば、各席の椅子が電車で使っていた椅子だったり、席の番号が「○○号車」となって...more
カテゴリー:

あの偉人も食べた!? 約133年ぶり復活「鴨肉のカレー」&皇室伝統「富士山アイスクリーム」を味わおう - 08月17日(木)16:30 

特別展『明治宮廷のダイニングホール~よみがえる近代の饗宴~』 7月26日(水)~11月9日(木) / 東京都 / 明治記念館 館内特設コーナー ジューシーステーキ&ビュッフェが1,499円から食べ放題!「BEEF RUSH」が全国12店舗に拡大 明治記念館開館70周年記念ということで、館内の特設コーナーで明治天皇と昭憲皇太后による宮廷外交の舞台となった「赤坂仮皇居御会食所とその時代」を振り返るイベント、特別展『明治宮廷のダイニングホール~よみがえる近代の饗宴~』が開催される。 イベントでは宮廷外交の舞台「赤坂仮皇居御会食所」が当時の貴重な品々とともに紹介される! ◆展示作品 「天皇の料理番」秋山徳蔵のメニューコレクションより、明治の宮中晩餐メニューカード、明治天皇と昭憲皇太后がお召し上がりになった饗宴料理のレプリカの再現などが展示される。 また宮中晩餐の引出物として作られた雅びな工芸品「ボンボニエール」など、現存が少なくなっている明治時代の貴重な作品を厳選した計29点が紹介される。 そのため、希少でありつつも本格的な展覧会となる。 ◆限定販売メニュー 同展開催記念として、味覚で明治宮廷を感じられる企画を実施する。 なんと、実際に、明治天皇や、伊藤博文公といった要人の食事会で振る舞われていたとされる「鴨肉のカレーライス」と、今も宮中晩餐会にて振る舞われている「富士山ア...more
カテゴリー:

もっと見る

「カレーライス」の画像

もっと見る

「カレーライス」の動画

Wikipedia

カレーライスは、カレーを米飯にかけて食べる料理。

インド料理を元にイギリスで生まれカレーライス誕生秘話 - 横須賀市 2010年12月17日、日本で独自に変化した料理である。 イギリスでは「(カリーアンドライス)」の他「(カリードライス)」とも呼ばれる。日本語では省略して「カレー」と呼ばれることが多く一般的に「今夜はカレー!」など。ご当地カレーも単にカレー。、ラーメンと並んで日本人国民食と呼ばれるほど人気がある料理である。 小中学校の給食メニューの人気アンケートでもつねに上位に挙げられている。

インドのカレーよりとろみが強くなっているのは、イギリス海軍のメニューに採用されたとき、船の揺れに対応するためだったという説がある満天青空レストラン日本テレビ、2010年6月20日放送。また、ソースを重視...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる