「カレイ」とは?

関連ニュース

北海道・小樽沖 春カレイ20~38センチ60匹 - 04月18日(水)11:59 

 春カレイを狙って14日、日本海小樽沖に出掛けた。ポイントによって良型が交じり、20~38センチのマガレイが1人40~60匹。他にクロガシラやソウハチ、スナガレイが交じって上々の釣果となった。  午前8時、小樽港から凌駕(高橋満義船長、…
カテゴリー:

竹宮さんの漫画世界へ 三沢・寺山修司記念館で企画展 - 04月13日(金)09:57 

漫画家竹宮恵子さんの直筆原画などを紹介する企画展「竹宮恵子 カレイドスコープ−50th Anniversary」が、青森県三沢市寺山修司記念館で開かれている。7月29日まで。 詩人や劇作家として活躍し
カテゴリー:

【瀬戸大橋開通30周年記念】知られざる瀬戸大橋のすごさに迫ってみた! - 04月10日(火)08:00 

皆さんは、本州と四国を結ぶ瀬戸大橋を訪れたことはあるだろうか。2018年4月10日に、多くの時間や労力を費やして完成した6つの橋と4つの高架橋からなる瀬戸大橋は、開通30周年を迎える。陸と陸を結ぶ海上の大きな橋ということで、当時は話題になったが、今もなお安全に支えるための構造上の工夫が随所に施されているという。これを機に、瀬戸大橋のことをいろいろ知っておこうと思い、本州四国連絡高速道路の広報課に話を伺った。 ■瀬戸大橋は揺れを感じない 交通の要衝でもある瀬戸大橋には、車も列車も走っている。相当な重量に耐え、かつ振動を最小限にするために、橋は生物のように動くのだという。 「道路・鉄道併用の吊橋である南備讃瀬戸大橋では、列車や車の重み、温度変化による鉄の伸び縮みや風圧の影響を受け、橋の中央部で最大4.9m下がり、時として2.4m上がり、併せて最大7.3mも変化します。しかし、実際の車による走行時には、このたわみ、ねじれ、振動などは感じられません。これは、吊橋全体が生物のように動いて、走行時の振動を最小限にするよう精緻に設計されているからです」(本四高速 広報課) 列車や車はもちろん、台風や地震などの険しい自然環境にも十分耐えられるよう工夫されていることが、年月により立証されている。 ■瀬戸大橋は見上げるほど高い 近くで見ると、その規模が大きいことを体感できる瀬戸大橋だが、橋...more
カテゴリー:

岩手~宮城でマダラ・アイナメ・カレイ釣りざんまい - 04月13日(金)11:39 

 東北遠征してきました! ヘラ釣りのイラストリポートでおなじみの「ハットリ」こと服部紫野さんが、岩手・大船渡と久慈、そして宮城県名取市閖上(ゆりあげ)で釣りざんまい。ひたすら100グラムのメタルジグの「落として→シャクる」を繰り返し、エ…
カテゴリー:

福島・相馬市 一升瓶級のアイナメと遊ぶ浅瀬エリア - 04月10日(火)12:04 

 美しき浅瀬が戻ってきた-福島・相馬市の松川浦、風光明媚(めいび)で知られる東北地区を代表する浅瀬エリアだ。そのほとりにあるのが旅館「賀都屋(かどや)」。遊漁船「明神丸」を所有していて、今の時期だとカレイ五目、そして一升瓶級のアイナメと…
カテゴリー:

「カレイ」の画像

もっと見る

「カレイ」の動画

Wikipedia

カレイ(鰈)は、カレイ目 カレイ科に分類される魚類の総称である。

概要

砂や泥の海底に生息し、海底に潜むのに適した平たい体をしており、目が体の右側の面に2つともある特徴的な形態をしている。北極海太平洋インド洋大西洋の沿岸の浅い海から水深 1000 m の深海までに生息する海水魚。汽水に生息する種もいる。

5亜科から7亜科に分類され、世界で100種ほどが知られる。日本近海で獲れるものでは、マガレイマコガレイババガレイ(ナメタガレイ)、ホシガレイメイタガレイアカガレイイシガレイオヒョウなど数十...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる