「カルメン」とは?

関連ニュース

動画:カリブ海の観光フェリーで爆発、18人負傷 メキシコ - 02月22日(木)10:43 

【2月22日 AFP】メキシコ東部キンタナロー州の観光地プラヤデルカルメンからカリブ海のコスメル島へ向かう観光フェリーで21日、機械の故障によるものとみられる爆発がありカナダ人3人、メキシコ人15人が負傷した。≫続きを読む
カテゴリー:

花總まり19年ぶりカルメン「魅力たっぷり演じる」 - 02月15日(木)07:34 

 宝塚歌劇団出身の花總まり(44)が14日、都内で、主演ミュージカル「ロマーレ」(3月23日開幕、東京芸術劇場プレイハウス)の制作発表に出席した。  メリメ原作「カルメン」をベースにした作品で、宝塚時代の99年以来、19年ぶりにカルメン…
カテゴリー:

清春、25回目のデビュー記念日公演に全国から終結したファンが熱狂。 デビュー曲から最新曲に至るまでのすべてに貫かれたものの正体とは? - 02月13日(火)18:11 

清春 待望の新作オリジナル・アルバム『夜、カルメンの詩集』の発売を2月28日に控えている清春が、2月9日、彼自身の故郷である岐阜にて『KIYOHARU 25 TIMES DEBUT DAY』と銘打った公演を行なった。そのタイトル自体が示す通り、この日は彼にとって25回目のデビュー記念日。1994年に黒夢がメジャー・デビューを...
カテゴリー:

花總まり、19年ぶりのカルメンに「深く深く作っていきたい」 - 02月15日(木)17:15 

ミュージカル『Romale ~ロマを生き抜いた女 カルメン~』の制作発表会見が2月14日、都内で開催された。主役のカルメンは、元宝塚歌劇団トップ娘役の花總まりが扮する。ホセ役は松下優也。ミュージカル「Romale」チケット情報(PC)オペラなどでもよく知られる物語だが、今回の舞台では、演出・振付の謝珠栄が新たな視点でカルメンを描くという。謝は「カルメンという女性の印象が強い物語ですが、私はホセとカルメンの愛の絆についてもっと知りたかった。またメリメの原作も“白人の男性から見たカルメン像”であって、女性の私から見るとカルメンはもっと違う女だったのではという疑問を抱きました。そのことがこの作品を作り出すきっかけ。情熱的で男を魅了する恋多き女の代名詞のように言われているカルメンですが、その光の部分ではなく影の部分、そして(虐げられながらも誇り高く生きる)ロマ族として生きた女・カルメンに焦点を当てたい」と創作意図を熱く語る。そのカルメンに扮する花總は1999年、宝塚時代に同じく謝が演出した『激情-ホセとカルメン-』でカルメンを演じ、好評を得ている。脚本・音楽は違えど同じ役に再び挑むことになるが「カルメンを知り尽くした謝先生と一緒に、もっと深く深く、カルメンという女性を作っていきたい」と意気込みを。またカルメンについては「すべてが魅力。その魅力をたくさん皆さまにお見せできるような作品にできれ...more
カテゴリー:

花總まり、2度目のカルメン役 松下優也とミュージカル共演 - 02月14日(水)15:51 

 女優の花總まり、歌手で俳優の松下優也が14日、都内で行われたミュージカル『「ロマーレ」~ロマを生き抜いた女 カルメン~』の制作発表会に出席。役衣装で登場し、劇中歌「すれ違う心」のデュエットを披露した。 【写真】デュエットを披露した花總まり&松下優也  謝珠栄氏が演出・振付を担当する同作は、19世紀に描かれたメリメ原作「カルメン」をベースに、カルメンがロマ族として、当時の社会でどのように生き抜いてきたか、小説や舞台では表現されていない部分をより強く描く。伊礼彼方、KENTARO、太田基裕、福井晶一、団時朗らが共演する。  花總は、宝塚歌劇団で上演された『激情—ホセとカルメン—』(1999年)以来、2度目のカルメン役。「前回とは違うカルメンをつくっていきたい」と意気込み、「共演の皆さんが個性的でフレンドリー。いいチームワークができている気がします」と笑顔を見せた。  カルメンに身も心も溺れていくホセ役の松下は、「おそれ多い」と恐縮しつつ、「謝先生の情熱を感じるので、自分も負けない熱量で頑張りたい」と気合十分。花總については「まだ謎な部分が多い」とこれから交流を深めていく様子で、花總も「2人で目をじーっと見る場面があるのですが、まだ直視できない」と照れ笑いしていた。 【関連記事】 高橋一生が歌う「直虎」コンサート きょう10日放送 (17年06月10日) 【べっぴんさん】松...more
カテゴリー:

【ライブレポート】清春、25回目のデビュー記念日に故郷で魅せた“美学” - 02月13日(火)18:00 

待望の新作オリジナル・アルバム『夜、カルメンの詩集』の発売を2月28日に控えている清春が、2月9日、彼自身の故郷である岐阜にて<KIYOHARU 25 TIMES DEBUT DAY>と銘打った公演を行なった。そのタイトル自体が示す通り、この日は彼にとって25回目のデビュー記念日。1994年に黒夢がメジャー・デビューを果たしたその日から、満24年を経たことになる。
カテゴリー:

「カルメン」の画像

もっと見る

「カルメン」の動画

Wikipedia

カルメン(''Carmen'')は、フランスの作家プロスペル・メリメが1845年に「両世界評論」に発表した、全4章からなる中編小説、及びそこに登場する女性の名前である。1847年に「アルセーヌ・ギヨ」、「オーバン神父」とともに初めて単行本で発売される。両世界評論誌上に発表された際、ボヘミア人について記述した第4章がなかったが、単行本には差し加えられている。最新の日本語訳書は、工藤庸子訳が新書館で刊行されている。

概要

メリメは執筆前に2回スペイン旅行をしており、その1回目の旅行の際に「カルメン」の題材を思いついた。作品では作者に仮託される考古学者がスペインで出会ったある山賊の身の上話を紹介するという体裁でカルメンの物語が描かれる。彼はカルメンという情熱的な...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる