「カルテット」とは?

関連ニュース

笑福亭鶴瓶「吉岡里帆にムラムラする」発言に岡田結実がドン引き - 05月25日(木)17:30 

今どきの視聴者が知らない疑問を本人にぶつける『1周回って知らない話』(日本テレビ系)が24日、2時間スペシャルを放送。笑福亭鶴瓶(65)が視聴者の疑問に回答。「吉岡里帆にムラムラする」など、赤裸々な答えに視聴者がざわついている。(画像はTwitterからのスクリーンショット)■東野幸治との関係性司会の東野幸治(49)が「こういうふうに番組で対面してお話しするのは初めてですよ」と話すと、鶴瓶は「ずっと共演NGだったんですよ」と笑う。また東野から鶴瓶師匠と呼ばれることに違和感があると口にすると、東野も「心の中で鶴瓶きたと思っていた」と告白。ふたりの関係性を匂わせた。芸歴45年、現在もレギュラー番組6本、CM3本と活躍し今どきの視聴者からは「かわいい。何でもできるおじいちゃん」と評される鶴瓶。特に「イジられているとこしかみない」と疑問に思う視聴者が多いが、ここに東野が大きく関係していた。■20年前の体験20年前に「東野に骨抜きにされた」ことが、イジられキャラ誕生のきっかけだと鶴瓶は語る。フジテレビ『27時間テレビ』で東野、今田耕司(51)と初共演。トミーズ雅(57)がマラソン完走後、泣きながらインタビューに答えていたのに、東野は炊飯器からご飯を鷲掴みにして食べていた。その姿に鶴瓶は激怒し「先輩が泣いているのに何してる」と東野を注意。しかし東野は「やかましいわ! 腹へっとんじゃ!!」と振り...more
カテゴリー:

上田誠、喜安浩平、福原充則ら11人の劇作家が描く人生最悪の一日をドラマ化 - 05月23日(火)10:30 

古田新太と小池栄子が、テレビ東京系列にて7月よりスタートする新ドラマ『下北沢ダイハード』(毎週金曜24:12~)の案内人を務めることがわかった。本作は、小劇場の聖地・下北沢を舞台に“人生最悪の一日”をテーマにしたパニック・コメディー。毎回、設定も登場人物も変わる1話完結型のコメディー・ドラマを、11人の劇作家がオリジナリティー豊かに書き下ろす。また、総合演出は、Perfumeや星野源ら人気アーティストのミュージック・ビデオをはじめ、ドラマ『かもしれない女優たち』の演出や、『カルテット』のエンディング映像などでも知られる関和亮。その他、スミスや山岸聖太など、ミュージック・ビデオ業界で超人気のクリエイターたちが演出を務める。そして案内人となる古田と小池が演じるのは、町のうらぶれたスナックの常連客と店のママ。オファーを受けた際の感想を聞かれると、古田は「さすがテレ東、うまい具合に考えたな。安くて面白いが一番」と答え、小池は「チャレンジングな企画に呼んでいただけるのは興奮しますね。色の違う11本の作品の良いスパイスになれるよう頑張りたいです」と意気込んだ。また、舞台となる下北沢にゆかりのある古田と小池。「おいらはほぼ毎日いるからね。ロケ地が全てわかるでしょ。絶対に聖地にならない所を狙って欲しいですね」(古田)「古いものと新しいものが絶妙に入り混じっている下北沢ですので、この町の不思議な空気...more
カテゴリー:

古田新太×小池栄子、劇作家11人が紡ぐドラマ「下北沢ダイハード」のナビゲーターに - 05月23日(火)06:00 

 古田新太と小池栄子が、テレビ東京深夜の人気ドラマ枠「ドラマ24」で7月にスタートする「下北沢ダイハード」でナビゲーターを務めることがわかった。本作は演劇界の人気劇作家11人が“下北沢で起きる人生最悪の一日”をテーマに脚本を手がけた1話完結型のオムニバス作品。古田と小池は、下北沢で起きた仰天の物語を語らうスナックの常連客とお店のママに扮している。 ・【フォトギャラリー】「下北沢ダイハード」劇作家たちの画像はこちら  本作は「違法風俗店で警察のガサ入れにあった俳優」「SMプレイでスーツケースに全裸で入ったまま、誘拐事件に巻き込まれた政治家」など、爆笑必至のエピソードが展開。第61回岸田國士戯曲賞を受賞した上田誠(ヨーロッパ企画)、えのもとぐりむ(ぐりむの法則)、喜安浩平(ブルドッキングヘッドロック)、西条みつとし(TAIYO MAGIC FILM)、柴幸男(ままごと)、根本宗子(月刊「根本宗子」)、細川徹(男子はだまってなさいよ!)、福原充則(ピチチ5)、松井周(サンプル)、丸尾丸一郎(劇団鹿殺し)、三浦直之(ロロ)がそれぞれの作家性を打ち出したオリジナリティあふれる物語を生み出している。  また「Perfume」や星野源といった人気アーティストのミュージックビデオをはじめ、ドラマ「かもしれない女優たち」の演出、満島ひかりらが出演した「カルテット」のエンディング映像を手がけた関...more
カテゴリー:

【芸能】「逃げ恥」などTBSが上位独占、ギャラクシー賞 - 05月19日(金)15:39 

 放送文化の発展と向上に貢献した番組や個人、団体等に贈られる「第54回ギャラクシー賞」の「マイベストTV賞グランプリ」に、女優新垣結衣(28)が主演し、昨年10月期に放送されたTBS系ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」が選ばれた。19日、主催者の放送批評懇談会が発表した。  審査員は、放送批評懇談会正会員のほか、オンライン会員Gメンバーも加わり、視聴者の声が反映された。2位はTBS系「カルテット」、3位もTBS系「重版出来!」とベスト3をTBSが占めた。  4月には個人賞を女優満島ひかり、DJ...
»続きを読む
カテゴリー:

池脇千鶴、14年ぶり民放連ドラレギュラー 長瀬智也と初共演 - 05月19日(金)06:00 

 女優の池脇千鶴が7月スタートの長瀬智也主演TBS系連続ドラマ『ごめん、愛してる』(毎週日曜 後9:00)で、2003年放送の『大奥』(フジ)以来14年ぶりの民放連ドラにレギュラー出演を果たすことがわかった。池脇は母から捨てられ愛を知らずに育った主人公・岡崎律(長瀬)と同じ児童養護施設出身の河合若菜を演じる。若菜は8歳の息子を持ちながら、子どもの頃に事故に遭い高次脳機能障害となっていて、7歳程度の知能しか持たないという難役で、池脇は主演の長瀬とは初共演となる。 【写真】サックス奏者役で出演する若手女優・大西礼芳  同作は、2004年に韓国KBSテレビで制作され、『冬のソナタ』を超える大ヒットを飛ばした恋愛ドラマを、現在の日本に舞台を移し、リメイク。これまで誰にも愛されなかった悲運を呪い、愛を求める律と、彼に惹かれていく純粋で愛情深い凜華(吉岡里帆)、母の愛を一身に受け屈託なく生きるアイドルピアニストのサトル(坂口健太郎)、そして自分が産んだ律がそばにいることに気づかず息子のサトルを溺愛する麗子(大竹しのぶ)、母息子と男女の二つの三角関係が織りなすラブストーリー。  高次脳機能障害とは、事故や病気などが原因で脳が損傷し、記憶障害、注意障害、遂行機能障害、社会的行動障害などの症状により日常生活や社会生活に影響が出ることがある。一見、健常者と同じに見えるが、複数の障害を併せ持ち、症...more
カテゴリー:

上田誠、喜安浩平、福原充則ら11人の劇作家が描く“人生最悪の一日”をドラマ化 - 05月23日(火)10:52 

古田新太と小池栄子が、テレビ東京系列にて7月よりスタートする新ドラマ『下北沢ダイハード』(毎週金曜24:12~)の案内人を務めることがわかった。本作は、小劇場の聖地・下北沢を舞台に“人生最悪の一日”をテーマにしたパニック・コメディー。毎回、設定も登場人物も変わる1話完結型のコメディー・ドラマを、11人の劇作家がオリジナリティー豊かに書き下ろす。また、総合演出は、Perfumeや星野源ら人気アーティストのミュージック・ビデオをはじめ、ドラマ『かもしれない女優たち』の演出や、『カルテット』のエンディング映像などでも知られる関和亮。その他、スミスや山岸聖太など、ミュージック・ビデオ業界で超人気のクリエイターたちが演出を務める。そして案内人となる古田と小池が演じるのは、町のうらぶれたスナックの常連客と店のママ。オファーを受けた際の感想を聞かれると、古田は「さすがテレ東、うまい具合に考えたな。安くて面白いが一番」と答え、小池は「チャレンジングな企画に呼んでいただけるのは興奮しますね。色の違う11本の作品の良いスパイスになれるよう頑張りたいです」と意気込んだ。また、舞台となる下北沢にゆかりのある古田と小池。「おいらはほぼ毎日いるからね。ロケ地が全てわかるでしょ。絶対に聖地にならない所を狙って欲しいですね」(古田)「古いものと新しいものが絶妙に入り混じっている下北沢ですので、この町の不思議な空気...more
カテゴリー:

夏の「ドラマ24」は小劇場をフィーチャーしたオムニバスドラマに決定 - 05月23日(火)06:00 

テレビ東京系の金曜深夜「ドラマ24」7月クールが、「下北沢ダイハード」に決定した。 【写真を見る】案内人の一人・小池栄子は町のうらぶれたスナックのママを演じる 三谷幸喜や宮藤官九郎をはじめ、人気ドラマ脚本家を多数輩出してきた小劇場シーンの最先端で活躍する人気劇作家たちがテレ東深夜に集結し、小劇場の聖地・下北沢を舞台に“人生最悪の一日”をテーマにしたパニック・コメディーを送る。毎回、設定も登場人物も変わる1話完結型のコメディー・ドラマを、11人の劇作家がオリジナリティー豊かに書き下ろす。 案内人は、下北沢とゆかりのある舞台人の2人、古田新太と小池栄子。2人が演じるのは町のうらぶれたスナックの常連客とお店のママで、2人が下北沢で起きた“人生最悪の一日”を語り始めるところから始まる。 「違法風俗店で警察のガサ入れにあった俳優」「SMプレイでスーツケースに全裸で入ったまま、誘拐事件に巻き込まれた政治家」など、11通りのダイハードは本人にとっては大事件なのに、傍から見ていると爆笑必至のエピソードの数々をオンエア。 さらに、総合演出は、Perfumeや星野源ら人気アーティストのミュージック・ビデオをはじめ、ドラマ「かもしれない女優たち」('15年ほか、フジ系)の演出や、「カルテット」('17年、TBS系)のエンディング映像などでも知られる関和亮。ほか、スミスや山岸聖太らミュージック・ビデオ業界...more
カテゴリー:

脇役俳優の次は…テレ東深夜ドラマに小劇場演劇の脚本家&映像クリエイターが集結 - 05月23日(火)06:00 

 7月期のテレビ東京系深夜ドラマ「ドラマ24」枠(毎週金曜 深0:12※テレビ大阪は翌週月曜 深0:12)の企画が明らかになった。タイトルは『下北沢ダイハード』。小劇場の聖地、東京・下北沢を舞台に“人生最悪の一日”に巻き込まれた男女のパニックコメディーを、11人の劇作家が1話完結でオリジナリティー豊かに書き下ろし、最前線で活躍する映像クリエイターが演出していく。毎回、設定も登場人物も変わる中、案内人として古田新太と小池栄子がレギュラー出演する。 【写真】ドラマに参加する劇作家と映像クリエイター  『バイプレイヤーズ~もしも6人の名脇役がシェアハウスで暮らしたら~』で脇役俳優を集めて競演させたテレビ東京が、今度は小劇場演劇で才能を磨いた劇作家と、ミュージックビデオでユニークな映像表現に挑戦してきた気鋭の映像クリエイターたちを大招集。「毎回、ほとんど1シチュエーションの低予算なコメディーです。ただ脚本が面白ければいろいろな制約をアイデアが凌駕してくれるのではないかと期待しています」(濱谷晃一プロデューサー)と、今回の企画にも自信をのぞかせる。  脚本を執筆するのは、上田誠(ヨーロッパ企画)、えのもとぐりむ(ぐりむの法則)、喜安浩平(ブルドッキングヘッドロック)、西条みつとし(TAIYOMAGICFILM)、柴幸男(ままごと)、根本宗子(月刊「根本宗子」)、細川徹(男子はだまってな...more
カテゴリー:

藤原竜也演じる『リバース』深瀬があらゆる点で完璧に「深瀬」 - 05月19日(金)15:00 

『夜行観覧車』『Nのために』に続き、湊かなえ原作+TBS金曜10時ときたら、まず間違いないと思われたドラマ『リバース』。ところが、実際に観てみると、期待以上。特に原作よりも細やかで深く、丁寧なキャラクター描写には、唸らされることが多い。なかでも、藤原竜也演じる、間が悪く、地味でサエない深瀬和久は絶品だ。一般的にドラマが破綻する要素の1つに、「キャラクターがぶれること」がある。主人公をはじめとした、メインキャラの言動に一貫性がないと、どうしても物語全体の説得力がなくなってしまうからだ。逆に、大きな物語がなく、何も起こらなくとも、キャラクターの描き込みが緻密で一貫性があれば、良作になるケースも多々ある。その点、藤原竜也の「深瀬」は、完璧だ。いかに完璧な深瀬なのか、以下に振り返ってみたい。見た目が完璧に「深瀬」服装がことごとく絶妙に「深瀬」感を出している。ネット上には「ダサ可愛い」という声も多数あるが、よく着用しているボーダーやノルディック柄のニットにしても、ともすればオシャレになりかねないが、ボーダー幅や柄の色合わせが絶妙にダサい。また、同じアイテムでも着こなしによってはかっこよくなりかねないのに、サイズ感がジャストなのが素晴らしい。しかも、ニットの下にはきちんとボタンを上までとめてシャツを着ている。オーバーサイズをゆるっと着てみるなんてこと、深瀬はしないし、袖をまくってみたり、抜き感...more
カテゴリー:

竹原ピストル、NHKスタジオで200人限定ライブ 吉岡里帆がナビゲート - 05月17日(水)15:20 

 歌手で俳優の竹原ピストルが、あす18日放送のNHK総合『SONGS』(毎週木曜 後10:50)に出演する。ナビゲーターは女優の吉岡里帆が務める。 【写真】ナビゲーターを務める吉岡里帆  ダウンタウンの松本人志ら著名人からも熱烈に支持される魅力を探るため、かつては年間250本以上のペースで行っていたというライブの旅にカメラが入るほか、NHKのスタジオで一夜限りのスペシャルライブを実施。ギター1本で200人の観客の心をぐいぐいとつかんでいく。  ナビゲーターを担当する吉岡は、オーディションで上京するたびに「東京一年生」を聴き、背中を押してもらっていたという。  スタジオライブでは「よー、そこの若いの」「Forever Young」「東京一年生」「カウント10」ほかを演奏する。 【関連記事】 竹原ピストル新作を西川美和監督が絶賛「電車で危うく泣いてしまう」 (17年04月22日) 魂の歌うたい・竹原ピストルのメッセージの伝え方 (17年04月03日) 福耳、竹原ピストルら加入で5年ぶり新作 オーキャンでライブも (17年04月27日) 吉岡里帆、魔性の女役は「新鮮でした」 『カルテット』メンバーとの撮影秘話明かす (17年03月11日) 吉岡里帆、地元・京都での時代劇撮影減少に「すごく悲しい」 (17年02月04日)
カテゴリー:

もっと見る

「カルテット」の画像

もっと見る

「カルテット」の動画

Wikipedia

カルテット(英語:quartet, quartette (クゥォテット)、イタリア語:quartetto(クァルテット)、ドイツ語:Quartett、フランス語: quartette, quartet, quatuor、スペイン語:cuarteto(クァルテット))

一般的な意味
  • 四人組のこと。
  • 四重奏、四重奏曲、四重奏団のこと。四つの楽器による重奏弦楽四重奏、ピアノ四重奏など。
  • 重唱のうち、4人で歌う「四重唱」(例えば、ジュゼッペ・ヴェルディの「美しき愛らしい娘よ」(Bella figlia dell’amore)など)。
アルバムタイトル

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる