「カルテット」とは?

関連ニュース

【芸能】『あなたのことはそれほど』、視聴率が早くも1桁台に…波瑠と鈴木伸之のクズぶりが「斬新」 - 04月26日(水)19:24 

波瑠や東出昌大らが出演するドラマ『あなたのことはそれほど』(TBS系)の第2話が25日に放送され、 平均視聴率は初回から2.1ポイントダウンの9.0%(関東地区平均、ビデオリサーチ調べ)だったことがわかった。 いくえみ綾の漫画を原作とした今作は、心惹かれぬまま涼太(東出)と結婚した主人公・渡辺美都(波瑠)が、 中学時代に恋心を抱いていた同級生・有島光軌(鈴木伸之)と偶然再会し、不倫関係に陥っていくストーリー。 第2話では、美都が恋にのめり込んでいき、ついには親友の助言も無視して有島と温泉旅行に出かけるまで...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【今週はこれを読め! SF編】未知との遭遇、10のスタイル - 04月25日(火)10:50 

 副題が示すとおりのテーマ・アンソロジーだ。「ファーストコンタクト」とは、地球外生命体との接近遭遇である。ファースト、すなわち最初の接触なので、お互いのことがわからず、手探りになるし誤解や疑心暗鬼を生じる。その過程で、人類の文化や知性が相対化される。 『誤解するカド』とは変わったタイトルだが、これは4月から放映がはじまったアニメ『正解するカド』に合わせての企画だからだ。といっても、ファーストコンタクト・テーマというだけのつながりで、アニメのエピソードもしくはスピンオフ作品が収録されているというようなことはない。  収録作品はすべて既発表・既訳で、全10篇。ちょっと感心したのは、日本で初めての「ファーストコンタクト」テーマのアンソロジーなのに、いわゆる古典的名作を採っていない点だ。SFファンの習いとして、ついマレイ・ラインスター「最初の接触」やイワン・エフレーモフ「宇宙翔けるもの」からはじめたくなるが、そうした教科書的というか歴史的視点を横に置いている。さすがに「編者まえがき」(大森望)ではラインスター作品にはふれているものの、ほかに例としてあげているのは漫画や映像作品が多い。広い読者層へのアピールを意識しているのだろう。  また、採られている作品も、狭義のファーストコンタクトではなく、かなり幅を持たせている。たとえば、巻頭を飾る筒井康隆「関節話法」は、関節を鳴らす身体言語を発...more
in English
カテゴリー:

「あなたのことはそれほど」は現実!夫・妻は何番目に好きな人?に怖~い答えが… - 04月25日(火)09:03 

 人気マンガ家いくえみ綾、原作『あなたのことはそれほど』がドラマ化。二番目に好きな人と結婚することが幸せだと信じていた主人公が、結婚後に一番好きだった人と再会し恋に落ちるというこのお話。  巷ではその内容のドロドロさと東出昌大の怪演が話題になっています。  そこで女子SPA!では30代既婚男女100人に「あなたの結婚相手は、何番目に好きな人ですか?」というアンケートを実施(※)。既婚者のなまなましい本音が浮き彫りになりました。 ◆30代既婚女性の4割が2番目以下に好きな人と結婚  まずは女性の結果を見てみましょう。 =============== あなたの結婚相手は、何番目に好きな人ですか? 1位 1番 61% 2位 2番 15% 3位 3番以下 24% ===============  アンケートから既婚女性の4割が1番好きなベスト男性ではなく、ベターな男性を夫にしているということが判明しました! なんとも多数の女性が夫に対して「あなたのことはそれほど」…状態なんですね。 「『恋愛相手と結婚相手は別物だ』といろんな人から言われたので、結婚相手としてふさわしいと思う人と結婚しました。 「1番目に好きだった人は生活力がなかったので別れました。生活に不満はありませんが、時々『あの人と結婚してたらどうなってたかな…』と考えることはあります」 (商社勤務・33歳...more
in English
カテゴリー:

ジャズ歌手の沢田靖司さん死去 「稲垣次郎カルテット」 - 04月23日(日)22:37 

 沢田靖司さん(さわだ・やすし=ジャズ歌手)が18日、腎不全で死去、77歳。通夜は24日午後6時、葬儀は25日午前10時から東京都渋谷区西原2の42の1の代々幡斎場で。喪主は妻幾子さん。 「稲垣次郎カ…
in English
カテゴリー:

谷山浩子、45年の音楽人生は世の中の既成概念との対峙 - 04月22日(土)10:00 

 今年、音楽活動45周年を迎えた谷山浩子が、自身“初”となるシングルコレクション『HIROKO TANIYAMA 45th シングルコレクション』を発売する。職業作家を目指した中学生の頃の作品から現在までの楽曲が収録された、これぞ、正真正銘のオールタイムベストである。 【ランキング】谷山浩子、これまでの作品売上 ◆45年で世の中の価値観や観念は大きく変化  1972年にアルバム『静かでいいな~谷山浩子15の世界~』でデビュー以降、唯一無二の世界観を構築してきた谷山浩子が今年、音楽活動45周年を迎えた。西洋の童話や日本の民話をモチーフにして描かれた楽曲は、谷山がデビューした70年代当時は珍しく、異質なものとして受け止められたかもしれない。それは本人の認めるところでもある。  「昔は周囲からは少し異端のように見られていたのかもしれません。歌詞のなかに度々出てくる“猫”や“森”などは絵本や童話の世界の道具立てであり、当時は子どものものと考えられていました。それもあって、デビューした当初はよく“大人の女の歌”を歌うように言われましたが、80年代に入って遊佐未森さんがデビューしたり、あらゆるものがあふれ出してきたりで、次第にこうでなければダメと周囲から言われなくなっていき、私自身が普通でいられるようになりました」  今の大人は漫画も読めばゲームもする。絵本や童話も、今では子どもの頃と...more
in English
カテゴリー:

日テレ水ドラ、明確なテーマとネット戦略で築いたブランド力 - 04月26日(水)08:40 

 『地味にスゴイ! 校閲ガール・河野悦子』『東京タラレバ娘』といったコミカルで明るめな作品が続いていた日本テレビ水曜ドラマ枠(午後10・00~11・00)。だが今期放送の『母になる』は、誘拐された息子と再会する母など3人の母の姿を通し、「母親とは何か?」を問いかけるシリアスな内容となっている。同枠と言えば、『14才の母』『Mother』『Woman』『家政婦のミタ』など、家族間に起こりうる問題(社会問題)などについて描かれた重厚なオリジナル作品も放送されてきた。同作からもその遺伝子が濃密に感じられ、SNSの感想などを見ても、同作の期待値の高さが伺える。 【写真】今では貴重なカットも…“水ドラ”主演女優一覧 ◆女性視聴者をターゲットに多くの話題作を生み出してきた老舗ドラマ枠  同枠はこれまでも様々な社会問題に関するドラマを放送し、世に一石を投じてきた。初期の80年代には市毛良枝主演の『妻たちの課外授業』をはじめとする、「妻たちの~」シリーズが放送。1988年から二時間ドラマ枠の『水曜グランドロマン』が放送され、一時休止されるが、1991年に復活。吉田栄作、財前直見主演で、様々な愛憎と秘密が猛烈な勢いで展開する『愛さずにいられない』で再スタートを切り、斉藤由貴主演の『同窓会』、酒井法子主演『星の金貨』など話題作を多く放出してきた。  近年では、未成年が母になるという衝撃のテーマ...more
in English
カテゴリー:

今夜「あなたのことはそれほど」東出昌大のイカレっぷりに期待しているが、不倫の理由が薄すぎる - 04月25日(火)10:00 

連続ドラマ「あなたのことはそれほど」(TBS系)が18日から放送開始した。火曜10時の「逃げ恥」「カルテット」枠だ。二作品同様、金子文紀が演出。あらすじ恋愛に夢を見る乙女な美都(波瑠)は、安定した幸せの為に運命は感じないが真面目で堅実な職を持つ涼太(東出昌大)のプロポーズを受ける。しかし、真面目だったはずの涼太が少しずつ変化、家庭内ストーカーのような状態になっていく。そんな中、美都は中学時代に好きだった有島(鈴木伸之)と再開し、トキメキを取り戻し不倫をしてしまう。やたらポップな不倫物この作品、原作はドロッドロのダブル不倫漫画。「昼顔」よりも怖いと言われている。上記の表紙も見るからに怖そう、決して爽やかな気持ちの時に読みたい物ではない。だが、不倫物なんだからそれは当たり前。「昼顔」も「失楽園」もビジュアルポスターは、黒や灰色が基調でどんよりしている。しかし、ドラマ版「あなたのことはそれほど」のホームページは、なぜか明るい。白が主で、ビビットな赤が眼に飛び込んでくる。そして何より、メインの4人がニッコリと微笑んでいるのだ。こちら(http://www.tbs.co.jp/anasore/)「昼顔」も「失楽園」も誰一人笑ってなんかいない。みんな一様に影を落とし、陰惨な表情を浮かべている。「あなたのことはそれほど」はドロドロ路線ではないのだろうか?確かに内容も適度に軽い笑い所が設けられ、照...more
in English
カテゴリー:

倉本聰『やすらぎの郷』の珍食べ合わせ「ご飯+納豆+牛乳+醤油=ドリア?」を作ってみた - 04月24日(月)12:00 

ドリアみたい? ご飯+納豆+牛乳+醤油昼の時間帯にもかかわらず、視聴率7%前後を獲得するなど、いまいちばんアツイと言われる、倉本聰脚本のシニア向けドラマ『やすらぎの郷』(テレビ朝日系)。4月18日放送分では、「納豆」の話題になった折、石坂浩二演じる「栄ちゃん」がこんな気になる話を始めた。「私、ときどきやるんですがね、熱い飯に納豆のせて、そこへ沸かした熱い牛乳をお茶漬けのようにヒタヒタにかけてですね、そこへ上からお醤油をちょっとたらすんですよ」これには加賀まりこ、浅丘ルリ子など女性陣が「気持ち悪い!」「聞いただけでゾッとする!」などと大ブーイングだった。しかし、石坂浩二は「ドリアみたいで、意外とコレ、美味いんですよ」と続ける。しかも、お酒の後にも良いというのだ。想像するとどうにも気持ち悪そうだけど、そんなことでも石坂浩二が言うと、「本当に美味しいのかも」と、ヘンな説得力を感じてしまう。本当にドリア味になるのか、実際に作って食べてみたいったいどんな味なのか。実際に作って食べてみた。まず用意するのは、あたたかいご飯と納豆、熱々に沸かした牛乳、お醤油だけ。ご飯を炊けば、あとはいつでも冷蔵庫に常備しているものだけで作れるのは、ちょっとした魅力。まずご飯に納豆をのせ、そこに熱い牛乳をかけると、ホットミルクの甘い香りが立ち上がった。そこに醤油をタラリ。牛乳が多すぎたのか、納豆の味・香りはするもの...more
in English
カテゴリー:

満島ひかり、永山絢斗『海辺の生と死』熱量感じる場面写真一挙解禁 - 04月23日(日)16:00 

 満島ひかり主演による映画『海辺の生と死』にて劇中の場面写真が一挙解禁となった。本作は映画『夏の終り』以来、満島の4年ぶりの単独主演作品。俳優の永山絢斗との共演となる。【関連】『海辺の生と死』場面写真フォトギャラリー 後年、互いに小説家であるふたりがそれぞれ執筆した鮮烈な出会いと恋の物語を原作に、奄美大島、加計呂麻島でのロケーションを敢行、完全映画化を果たした『海辺の生と死』。時は太平洋戦争末期、傑作「死の棘」を世に放った小説家・島尾敏雄と、その妻、島尾ミホ。ふたりが出会ったのは自然と神と人とが共存し、圧倒的な生命力をたたえる奄美群島・加計呂麻島。男はじりじりと特攻艇の出撃命令を待ち、女はただどこまでも一緒にいたいと願った。たとえそれが死を意味するとしても…。 島尾ミホがモデルのヒロイン・大平トエを演じるのは、ドラマ『カルテット』での好演も記憶に新しい満島。そしてトエの恋人で島尾敏雄をモデルとした朔(さく)中尉を、3月に放送終了したNHK朝の連続テレビ小説『べっぴんさん』でヒロインの夫役を演じ、お茶の間の好感を集めた永山絢斗が演じる。その他にも井之脇海、川瀬陽太、津嘉山正種らが名を連ねている。 本作の撮影は2015年、奄美大島、加計呂麻島オールロケーションで、全てロケセットというこだわりの中で撮影され、キャストも主要キャスト以外は子供たち含め地元の人々の協力で進められたという。 今...more
in English
カテゴリー:

藤原竜也&戸田恵梨香の元にシェネルが表敬訪問! 藤原「この楽曲は本当に力強い」 - 04月21日(金)04:00 

TBS系で放送中のドラマ「リバース」の主題歌を歌うシェネルが、主演の藤原竜也、戸田恵梨香のいる撮影現場を訪れ、キャスト陣にエールを送った。 【写真を見る】第2話で、深瀬(藤原竜也)は美穂子(戸田恵梨香)に10年前の事故の真相を明かす/(C)TBS 本作は、湊かなえの同名小説を藤原主演でドラマ化。有名大学を卒業しながらも地味でつまらない人生を歩む主人公・深瀬(藤原)の恋人・美穂子(戸田)の元に、告発文が届いたことで始まるミステリーを描く。 4月14日に第1話が放送され、深瀬と美穂子の恋愛模様、深瀬らゼミ仲間の楽しそうな姿に加え、告発文が登場してからは謎がちりばめられた物語の展開に目を奪われ、平均視聴率10.3%の好発進。(ビデオリサーチ調べ、関東地区) 物語をさらに盛り上げる、シェネルが歌う主題歌「Destiny」もその世界観と歌声に注目が集まっている。 ドラマの撮影真っただ中の3月某日、シャネルが撮影現場である緑山スタジオを訪問。その日は、藤原演じる主人公・深瀬と戸田演じる美穂子が運命的に出会うコーヒー店“クローバーコーヒー”のセットでの撮影が行われていた。 そんなまさに“Destiny”な場所に、実際に店を訪れた客のようにシェネルが花束を持って登場し、藤原と戸田にねぎらいの言葉を送った。 英語で受け答えをするシェネルに対し、藤原が「意外にシェネル、日本語は分かっているのでは?」と...more
in English
カテゴリー:

もっと見る

「カルテット」の画像

もっと見る

「カルテット」の動画

Wikipedia

カルテット(英語:quartet, quartette (クゥォテット)、イタリア語:quartetto(クァルテット)、ドイツ語:Quartett、フランス語: quartette, quartet, quatuor、スペイン語:cuarteto(クァルテット))

一般的な意味
  • 四人組のこと。
  • 四重奏、四重奏曲、四重奏団のこと。四つの楽器による重奏弦楽四重奏、ピアノ四重奏など。
  • 重唱のうち、4人で歌う「四重唱」(例えば、ジュゼッペ・ヴェルディの「美しき愛らしい娘よ」(Bella figlia dell’amore)など)。
アルバムタイトル

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる