「カルティエ」とは?

関連ニュース

「カルティエ」が六本木ヒルズに出店へ、変化し続ける店舗空間に - 07月20日(木)19:00 

 「カルティエ(Cartier)」が、六本木ヒルズ ウェストウォーク2階に「カルティエ ブティック 六本木ヒルズ店」を出店する。オープン日は10月28日。このコンテンツは Fashionsnap.com が配信しています。
カテゴリー:

「カルティエ」、“パンテール”祝うパーティーに豪華ゲストら - 07月14日(金)19:00 

【7月14日 MODE PRESS WATCH】「カルティエ」は12日、「パンテール ドゥ カルティエ(Panthère de Cartier)ウォッチ」新コレクションを記念する「Panthère de Cartier at TRUNK(HOTEL)」オープニング レセプションパーティーを都内で開催した。≫続きを読む
カテゴリー:

伝説的写真家集団「マグナム」が大改革、赤字に苦しみ出資募る - 07月12日(水)23:44 

【7月12日 AFP】写真界の偉人、ロバート・キャパとアンリ・カルティエブレッソンが創設した伝説的な写真家集団「マグナム・フォト」が、初めて一般投資家の出資を募るという大改革を余儀なくされている。≫続きを読む
カテゴリー:

カルティエからサボテンがモチーフの新作モデル登場 - 07月11日(火)11:08 

フランス・パリのジュエリーブランド、カルティエ(Cartier)ジュエリーコレクション「カクテュス ドゥ カルティエ」より最新モデルが登場。
カテゴリー:

サボテンをイメージした「カクテュス ドゥ カルティエ」に新作が登場! - 07月20日(木)08:00 

ショップオープンや新商品など、ジュエリー関連カテゴリー。
カテゴリー:

アラサー過ぎてジュエリーを買うなら…チープな人に見えない選び方 - 07月13日(木)15:47 

●連載「ファッション誌が答えてくれない相談」36 by小林直子● ◆Q.大人はどんなジュエリーを買うべき?  いい年の大人になったので、ジュエリーを買おうと思いますが、どういうものを買ったらいいのかよくわかりません。何か注意することはありますか? ◆A.シンボルやお守りになるようなものを買いましょう  20代後半になると、自分でジュエリーを買う方が多くなるようです。自分へのご褒美や何かの記念にという場合もあるでしょう。ファッション誌を見れば、素敵なジュエリーが数多く掲載されていて、目移りしてしまうのもわかります。ただ、やはり購入する際には注意が必要です。  ジュエリーを買うとき、それが一過性の、数年でしなくなってしまうものだとは考えないと思います。けれども、実際はそうではない方がたくさんいらっしゃいます。  私が多く見てきたのは、40歳ぐらいの方が、たぶん2万~3万円で買ったようなネックレスを30本ぐらいと、指輪を20個ぐらい持っているケース。どれも本当に華奢で小さくて、半貴石とK14を使ったような、若いころなら手軽に使えるようなものばかりでした。  しかしこれらを40歳過ぎて身につけると、やはり何かおかしいのです。華奢過ぎて、貫禄がなく、大人の女性にふさわしい感じがしないのです。そのことは御本人もおわかりのようで、私が“これを40歳過ぎても身につけるのかどうか”と聞...more
カテゴリー:

「CACTUS DE CARTIER」それは力強く大胆な、棘のある花|CARTIER - 07月11日(火)14:45 

フローラルモチーフの伝統を覆すようなインスピレーションから生まれた、力強く大胆な、メゾン最新のジュエリーコレクション「カクテュス ドゥ カルティエ」。棘のある花、「カクテュス ドゥ カルティエ」に加わった最新モデルが、夜明けから日暮れまで、その存在感を示している。続きを読む
カテゴリー:

「カルティエ」の画像

もっと見る

「カルティエ」の動画

Wikipedia

カルティエ(''Cartier SA'')は、フランスのジュエリー・高級時計ブランド。「Jeweller of kings , king of jewellers 王の宝石商、宝石商の王」(エドワード7世の言葉)と言われる名門ブランドである。革製品、ライター、筆記用具なども扱っている。リシュモングループの傘下にある。

1980年代後半まで日本市場では「カルチェ」と表示、発音されていたが、それ以降本国や英語圏市場での発音に近い「カルティエ」に統一され現在に至っている。

歴史
  • 1847年 - フランス人宝石細工師ルイ=フランソワ・カルティエ、師のアドルフ・ピカールからパリのモントルグイユ通り29番地(現在のパリ1区、エティエンヌ・マルセル通り界隈)のジュエリー工房を受け継ぐ。
  • 1853年 - パレ・ロワイヤルにほど近いヌーヴ・デ・プティ・シャン通り5番地(現在のパリ2区)に、個人顧客を対象としたジュエリーブティックを構える。
  • 1859年 - パリ2区イタリアン大通り9番地に移転する。ウジェニー皇后が顧客となる。
  • 1872年 - ルイ=フランソワ・カルティエ、息子のアルフレッド・カルティエを共同経営者に据える。
  • 1898年 - アルフレッド・カルティエ、息子のルイ・カルティエを共同経営者にする。社名を「アルフレッド・カルティエ&フィス」に変更。
  • 1899年 - ...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる