「カリフォルニア州クパチーノ」とは?

関連ニュース

Apple、アメリカ経済に5年で3兆円以上を投資へ。経済効果は38兆円以上とも - 01月19日(金)15:32 

ネバダ州での起工式の様子 AppleのCEOであるティム・クック氏は、米abcのインタビューに対し、今後5年間の計画として、アメリカ経済に300億ドル(約3兆3000億円)を投資し、2万人以上の雇用を創出すると発表した。 それらの投資や税金について、アメリカの目的のために使われることが良いことだとし、これまで海外にあった2500億円にも及ぶ資金の一部をアメリカに還元するという意図も明らかにしている。Appleでは今後、ネバダ州に新たなデータセンターを設立する。また、カリフォルニア州クパチーノには新しい社屋が出来たばかりだが、それ以外にも新社屋を建設する予定もあるとしている。トランプ大統領による、企業が持つ海外資金をアメリカ本国に戻す減税政策「レパトリ減税」に応えた形のApple。他の大手IT企業などがこれに追従するかどうかにも注目が集まる。 abcURL:http://abcnews.go.com/Business/apple-make-350b-contribution-us-economy-years/story?id=524056622018/01/19 ■関連記事 誰でもLINE@でチャットボットを作れる「Parot」、ユーザーとトークして情報提供が可能に (2018.1.19) スヌーピーをテーマにしたデザインホテル「...more
カテゴリー:

米アップル、5年で米国内に300億ドル投資 新キャンパス開設 - 01月18日(木)08:15 

[17日 ロイター] - 米アップルは17日、向こう5年で米国内に300億ドルを投資する計画を発表した。その一環としてカリフォルニア州クパチーノに続く2カ所目のキャンパス(本社施設)を開設する。また海外で保有しているキャッシュを還流させ、約380億ドルの税金を支払う。
カテゴリー:

Apple、シャトルバスが走行中に窓ガラスを割られた事件を受け、通勤経路を変更 - 01月18日(木)10:39 

先週、カリフォルニア州クパチーノのAppleオフィスに従業員を運ぶシャトルバス5台が襲撃されたと、複数の情報源が伝えた。バスの窓ガラスは粉々に砕かれ、銃で狙撃されたものと従業員らは推測している。 5件の事象はいずれも国道280号線のウッドサイド付近で起きた。最初の襲撃が起きたのは金曜日(米国時間1/12)の晩で、昨日(同1/16)午前の通勤時間に3台が、夜にもう1台が襲われた。 Twitterユーザーが投稿したバス襲撃時の投稿(削除済み) ある情報筋によると、ガラスの割れ方から見て使用された武器はBB銃またはペレット銃と推測する向きもある。今日(米国時間1/17)のMashableの記事は、誰かが石を投げたためである可能性もあげている 本誌が入手した情報によると、Appleはこれを受けてサンフランシスコ在住社員向けのバスを経路変更し、片道30~45分通勤時間が長くなるという。同社は当局と協力して正確な現状把握に努めている。 Appleは容疑者に関する情報を地元警察に報告した。本誌はAppleにコメントを求めている。また本誌は同地域にある他のIT企業にも接触し、類似のシャトルバス襲撃事件があったかどうか尋ねた。Facebookは同社のシャトルバスでは起きていないとTechCrunchに伝えた。 [原文へ] (翻訳:Nob Takahashi / facebook )
カテゴリー:

「カリフォルニア州クパチーノ」の画像

もっと見る

「カリフォルニア州クパチーノ」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる