「カラオケボックス」とは?

関連ニュース

出所者、非行少年の「過去も全て受け入れる」鳶(とび)の専門会社が再犯・離職しても見捨てない理由 - 02月11日(日)10:00 

本人が健康でやる気さえあれば、少年院や刑務所からの出所者等を積極的に採用する鳶(とび)専門会社「セリエコーポレーション」(神奈川横須賀市)。 セリエでは2005年8月から18年1月までの13年間で出所者に加え、就職の選択肢が少ない養護施設や児童相談所一時保護所(非行児童や被虐待児を一時的に保護する施設)にいる少年ら70人を採用してきた(前編記事参照)。下は16歳から上は55歳まで、その6割を10代が占める。 だが一方で、素朴(そぼく)な疑問も覚える。社員数25人のうち、今、そうした経歴を持つ少年らは9人。つまり61人はいなくなったことになる。セリエの内部資料を見せてもらうと、入社後「3日目で失踪」「1週間後に退社」などの記録が並ぶ。就職辞退も含め、半数以上が1年以内で辞めている。 セリエで少年らの受け入れ準備等を担当している白岩こずえさんはその理由をこう推測する。 「すぐに辞めるのは、鳶の仕事が考えていた以上に大変だったからではないかと。遠い現場に朝8時に着くには早朝から重い道具を持って始発電車に乗ることもあり、仕事も頭で考えていた以上に大変だったのでしょう。慣れて余裕が出てきても、インターネット上で弊社より給料の高い求人を見つけ、おいしい話には裏があるということを考えないで転職...more
カテゴリー:

「カラオケボックス」の画像

もっと見る

「カラオケボックス」の動画

Wikipedia

カラオケボックスは、独立性の高い空間で仲間内だけでのカラオケが楽しめるようにしてある娯楽施設。

概説

カラオケ機器(通常は通信カラオケ)を中心にしてテーブルとソファなどが配置されただけのシンプルな個室(定員数人から50人程度まである)を多数用意して営業している。大音響で歌うことから、防音性が高くされている。

カラオケ発祥当時の1970年代は、カラオケはスナックなど飲食店で来店客へのサービスとして設置されているものだった。しかし、カラオケ自体の人気が上昇するとともに、ファミリー層やシルバー層を中心に飲酒とは関係なくカラオケを楽しみたい、練習をしたいという需要も高まってきた。そして、技術的には1980年代になりLDチェンジャーが登場したことで選曲の際に店員が必要なくなり、カラオケボックスの可能性に道が開けることとなった。

当時、国鉄が民営化(国鉄分割民営化:1987年)を目指す中で貨物輸送手法の改革を行うなど、海上輸送・荷役に関わるコンテナの形状の国際共通化などの流通の変革があった時期で、中古貨車の車体(倉庫に用いる様に上周りを解体せず有姿で流通していた)や規格外形状のコンテナなどが市場に多く流通していた。岡山県で開...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる