「カトマンズ」とは?

関連ニュース

マレーシア航空、ビジネスクラスでセール開催 東南アジアやオセアニア往復8万円台 - 02月23日(木)07:12 

マレーシア航空は、東京/成田・大阪/関西発着東南アジア、オセアニア、ロンドン行きのビジネスクラスを対象とした特別運賃を、3月8日まで販売している。 バンコク・シンガポール・プーケット・ハノイ・ホーチミン・プノンペン・シェムリアップ・ヤンゴン・マニラ・ジャカルタ・デンパサール・バンダルセリベガワン行きは80,000円から、ランカウイ・ジョホールバル・クアラトレンガヌ・クアンタン・アロースター・コタバル・パース・シドニー・ダーウィン・アデレード・オークランド行きは87,500円から、コタキナバル行きは92,500円から、ハイデラバード・バンガロール・ムンバイ・チェンナイ・コロンボ・カトマンズ・ダッカ行きは94,500円から、クアラルンプール行きは112,000円から、ペナン・メルボルン行きは125,000円から、デリー行きは135,000円から、ロンドン/ヒースロー行きは144,500円からなどとなっている。燃油サーチャージ込み、諸税は別途必要。 搭乗期間は4月1日から25日までと5月5日から7月21日まで。受託手荷物は40キロまで無料。途中降機は1回4,000円、払い戻しは出発前に限り可能。 ⇒詳細はこちら
in English
カテゴリー:

【海外】大地震で1インチ(約2.54センチ)低くなった?専門家らの間で議論 エベレストを再測量へ - 01月25日(水)17:08 

【AFP=時事】 世界最高峰エベレスト(Mount Everest)の高さが2015年に発生した大地震で低くなったかどうかを調べるため、再測量が実施されることになった。 インド測量局の局長が24日、明らかにした。専門家チームが隣国のネパールへ派遣される予定だという。 2015年4月、ネパールで発生したマグニチュード(M)7.8の大地震では数千人が犠牲となった他、首都カトマンズ(Kathmandu)の地下の地盤が南方へ 約3メートル移動するなど、国内の地形に大きな影響を及ぼした。 またこの地震の衝撃により、公式には標高8848メートルとさ...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

お前らこの虎と殴り合って勝てるか? - 01月29日(日)22:09 

ネパールの動物園、肥満トラに週1日の「断食」課す [カトマンズ 24日 ロイター] ネパール当局は24日、同国唯一の動物園で飼育しているトラに対し、減量を目的に週1日だけ「断食」させる方針を明らかにした。  首都カトマンズのJawalakhel動物園は3頭のトラを飼育しているが、うち1頭の体重は現在約220キロ。水牛の肉を常食とし、わずか8カ月の間に40キロも太ってしまった。  同動物園では、海外の動物園とも相談した結果、3頭ともに減量メニューを実施することを決定。毎週土曜日は水以外、一切の餌を与...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

「カトマンズ」の画像

もっと見る

「カトマンズ」の動画

Wikipedia

カトマンズ( 、ローマ字転写:kaṭhmaḍaũ、)は、ネパール首都で最大の都市である。カトマンドゥとも呼ばれる。

概要

カトマンズの朝市 カトマンズ盆地は5山に囲まれ、バグマティ川ビシュヌマティ川の2つの川が貫通し、両川に抱かれるような形でカトマンズの町は広がっている。約8000年前までは湖底であった盆地全域に数百mの厚さの湖や河川堆積物があり、市内におけるボーリングデータでは地表から少なくとも深さ20mまでは特に軟弱な地層がある。ネパールでは1833年と1934年に100年の間隔で大きな地震が発生し、過去数百年にわたる巨大地震の空白域がカトマンズの周辺とその西武地域にある。これらから近い将来の大地震被害が心配されている。中部ヒマラヤ巨大地震とカトマンズの危機ゴンドワナ地質環境研究所。カトマンズ盆地の起源は伝説によるとスワヤンブー(Swayambhu、創造者)にあり、文殊菩薩(マンジュシュリー)が旅の途中で見た湖に咲くの花にお参りするために南にある山を削り湖の水を流したところ、その後に肥沃な土地が出現し、人々が住みつくようになった。これがカトマンズ盆地の...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる