「カトマンズ」とは?

関連ニュース

【ネパール】許可なく1人でエベレスト登頂目指した男、取り調べで悪態つき逮捕 - 05月17日(水)23:56 

http://www.afpbb.com/articles/-/3128583?act=all 【5月17日 AFP】世界最高峰エベレスト(Mount Everest)を無許可で、しかも1人で登頂しようとして2万2000ドル(約246万円)の罰金が科されることになった南アフリカ出身の男が、その後の取り調べで当局の職員に悪態をついてネパール当局に逮捕されていたことが明らかとなった。  ライアン・ショーン・デイビー(Ryan Sean Davy)容疑者(43)は先週、エベレストのベースキャンプ付近の洞穴に隠れているところを発見され、その後15日に首都カトマンズ(Kathmandu)の当局に出頭した...
»続きを読む
カテゴリー:

【環境】釈迦生誕の地が深刻な大気汚染に ネパール南部 - 05月12日(金)20:29 

http://www.bbc.com/japanese/39893241 ネパール南西部にある釈迦(しゃか)の生誕地ルンビニが深刻な大気汚染の脅威にさらされていると、科学者や現地の当局者らが警告している。 国内5カ所で収集されたの空気の質に関するデータから、ルンビニの大気汚染がかなり深刻だと分かった。 すでにガンジス平野の重度汚染地域内にあるルンビニ付近では工業化が進んでいる。 1月の1カ月間で、ルンビニに観測された微小粒子状物質PM2.5は1立方メートル当たり 173.035マイクログラムだった。 隣り町のチトワンの計測値は113.32で、汚染レ...
»続きを読む
カテゴリー:

【ネパール】著名登山家(ウーリー・ステック氏)がエベレストで死亡=高所順応中、滑落か - 04月30日(日)21:17 

【ニューデリー時事】ネパール登山協会は30日、著名なスイス人登山家ウーリー・ステック氏(40)が世界最高峰エベレスト(8848メートル)で死亡したと明らかにした。 詳しい状況は不明だが、登山中に滑落したとみられる。 同協会によれば、ステック氏は高所順応中で、エベレスト南西方面の尾根を登山中だった同氏の遺体はヘリコプターでネパールの首都カトマンズに運ばれた。 ステック氏は2012年、無酸素でのエベレスト登頂に成功。卓越した登攀(とうはん)技術を駆使し、数々のアルプスの最速登頂記録を達成したことから「スイス...
»続きを読む
カテゴリー:

マレーシア航空、最大50%オフの「ミッドイヤー・ディール」開催中 東南アジアへ往復3.5万円から - 05月17日(水)12:45 

マレーシア航空は、「ミッドイヤー・ディール」を6月15日まで開催している。 東京/成田・大阪/関西発の設定路線と往復運賃は、クアラルンプール・コタキナバル・デンパサール・バンコク・プーケット・ヤンゴン行きは35,000円から、コタキナバル・クアンタン・クチン・ランカウイ・ペナン行きは38,000円から、メルボルン・アデレード・パース・シドニー・バンガロール・チェンナイ・デリー・ダッカ・ハイデラバード・カトマンズ・ムンバイ・コロンボ行きは50,000円から。ビジネスクラスの設定もあり、往復運賃は100,000円から。いずれも燃油サーチャージなし、諸税込み。 搭乗期間は5月18日から7月31日まで、8月19日から9月14日まで、9月19日から10月31日まで。エコノミークラスは30キロ、ビジネスクラスは40キロの受託手荷物が付帯している。 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

【訃報】著名なスイス人登山家ウーリー・ステック氏が世界最高峰エベレストで死亡 - 04月30日(日)23:32 

ネパール登山協会は30日、著名なスイス人登山家ウーリー・ステック氏(40)が世界最高峰エベレスト(8848メートル)で 死亡したと明らかにした。 詳しい状況は不明だが、登山中に滑落したとみられる。 同協会によれば、ステック氏は高所順応中で、エベレスト南西方面の尾根を登山中だった。同氏の遺体はヘリコプターで ネパールの首都カトマンズに運ばれた。 ステック氏は2012年、無酸素でのエベレスト登頂に成功。卓越した登攀(とうはん)技術を駆使し、数々のアルプスの 最速登頂記録を達成したことから「スイス・マシン」の...
»続きを読む
カテゴリー:

「カトマンズ」の画像

もっと見る

「カトマンズ」の動画

Wikipedia

カトマンズ( 、ローマ字転写:kaṭhmaḍaũ、)は、ネパール首都で最大の都市である。カトマンドゥとも呼ばれる。

概要

カトマンズの朝市 カトマンズ盆地は5山に囲まれ、バグマティ川ビシュヌマティ川の2つの川が貫通し、両川に抱かれるような形でカトマンズの町は広がっている。約8000年前までは湖底であった盆地全域に数百mの厚さの湖や河川堆積物があり、市内におけるボーリングデータでは地表から少なくとも深さ20mまでは特に軟弱な地層がある。ネパールでは1833年と1934年に100年の間隔で大きな地震が発生し、過去数百年にわたる巨大地震の空白域がカトマンズの周辺とその西武地域にある。これらから近い将来の大地震被害が心配されている。中部ヒマラヤ巨大地震とカトマンズの危機ゴンドワナ地質環境研究所。カトマンズ盆地の起源は伝説によるとスワヤンブー(Swayambhu、創造者)にあり、文殊菩薩(マンジュシュリー)が旅の途中で見た湖に咲くの花にお参りするために南にある山を削り湖の水を流したところ、その後に肥沃な土地が出現し、人々が住みつくようになった。これがカトマンズ盆地の...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる