「オールス」とは?

関連ニュース

中川大志「いつかアベンジャーズに入りたい」花村想太&小野賢章とマーベル愛語る - 04月26日(木)17:00 

 「マーベル」ファンの中川大志、花村想太(Da‐iCE)、小野賢章が26日、都内にて行われた映画『ブラックパンサー』のMovieNEX発売記念イベント「MARVEL 男子会」に登場。映像を観ながらマーベル作品への思いを語り合った。中川は「観ていて少年の気持ちに戻れるのがマーベル作品の魅力で、これからアベンジャーズにどんなヒーローが参戦していくのかも楽しみ。いつか僕もどんな形でもいいのでアベンジャーズに入りたいです!」と笑顔で語った。【写真】『ブラックパンサー』MovieNEX発売記念イベントの様子 『ブラックパンサー』は、超文明国ワカンダの若き国王にして、漆黒のスーツに身を包んだヒーロー“ブラックパンサー”として活躍するティ・チャラ(チャドウィック・ボーズマン)が主人公のアクション・エンターテイメント作品。北米での興行収入で『タイタニック』を上回り、歴代3位にランクイン。さらには、世界興収歴代10位になり、記録的な大ヒットとなった(Mojo 調べ)。 IDC OTSUKA 新宿ショールーム内に期間限定でオープンしている「MARVEL/SALON 2018」内で行われた本イベントには、芸能界のマーベルファンである3人がそれぞれマーベル作品のロゴやイラスト入りの洋服で登場。『アイアンマン』は30回以上観ているという花村は「マーベル作品の魅力は正義と悪の両方に共感できるところ」と語ると、...more
カテゴリー:

ジュラシック・ワールド:“恐竜のオールスター”総出演 日本独占の最終… - 04月25日(水)22:46 

 人気映画「ジュラシック」シリーズの最新作「ジュラシック・ワールド/炎の王国」(J・A・バヨナ監督、7月13日公開)の日本独占の最終予告映像が25日、公開された。最終予告映像には、前作で人気を博した…
カテゴリー:

「シアトリズム FF オールスターカーニバル」,スクエニタイトルから5曲が追加 - 04月25日(水)13:28 

シアトリズムファイナルファンタジーオールスターカーニバル配信元スクウェア・エニックス配信日2018/04/25<以下,メーカー発表文の内容をそのまま掲載しています>『シアトリズムファイナルファンタジー…
カテゴリー:

『ジュラシック・ワールド/炎の王国』日本独占! 最終予告が到着 - 04月25日(水)08:00 

 7月に日本公開を迎える映画『ジュラシック・ワールド/炎の王国』から、日本のためだけに制作された最終予告が到着した。映像には、危機に見舞われた恐竜たちを救おうと立ち上がる主人公・オーウェンの勇姿が収められている。【写真】『ジュラシック・ワールド/炎の王国』最終予告フォトギャラリー 前作で崩壊したテーマパーク「ジュラシック・ワールド」を有するイスラ・ヌブラル島では、火山の大噴火の予兆が捉えられていた。迫り来る危機的状況下で、人類は恐竜たちの生死を自然に委ねるか、自らの命を懸けて救い出すかの選択を迫られる。そんな中、恐竜行動学のエキスパートであるオーウェン(クリス・プラット)は、パークの運営責任者だったクレア(ブライス・ダラス・ハワード)と共に、恐竜を救い出そうと奔走するのだが―。 日本のためだけに制作された最終予告には、火山の大噴火が迫り、絶滅寸前に陥る恐竜たちの姿が捉えられている。主人公のオーウェンは、危機的状況に置かれた恐竜を救出するためにカムバック。無謀な状況の中、彼は心を通わせた恐竜・ブルーと脱出しようとするも、ブルーは何者かに撃たれてしまう。恐竜たちは連れ去られ、牢に閉じ込められてしまい…。果たして、火山噴火の危機の背後にうごめく隠された陰謀とは? そしてブルーや恐竜たちの運命は? 前作で人気を博した“モササウルス”の姿も確認できる本映像には、T‐レックスやモササウルス、そ...more
カテゴリー:

恐竜たちがジュラシック・ワールドを飛びだし大暴走!日本独占の最終予告が到着 - 04月25日(水)06:00 

『レディ・プレイヤー1』が大ヒット公開中のスティーヴン・スピルバーグ監督が世界中を驚嘆させた『ジュラシック・パーク』(93)から25年。いまなお高い人気を誇るエンタテインメント超大作「ジュラシック・パーク」シリーズの最新作となる『ジュラシック・ワールド/炎の王国』が7月13日(金)から公開。このたび本作から、日本独占で<最終予告>が解禁された。 【写真を見る】人気恐竜たちに加え、新たなハイブリッド恐竜も登場!/[c]Universal Pictures 『ジュラシック・パークIII』(01)から14年ぶりに制作された前作『ジュラシック・ワールド』(15)は全世界で興行収入16億7000万ドルを記録。日本でも94.7億円を叩きだし、年間興行収入No. 1にのぼりつめた。それから3年の時を経た本作で、またしても<ジュラシック・ワールド>に大きな危機が訪れる。 このたび日本のためだけに制作された<最終予告>映像は、火山の大噴火が迫り絶滅寸前に追い込まれる恐竜たちの姿から幕を開ける。彼らを絶体絶命の危機から救うために、クリス・プラット演じるオーウェンがカムバック。彼が心を通わせたヴェラキラプトルのブルーと脱出しようとした瞬間、ブルーは何者かに撃たれ牢に閉じ込められてしまう。 そして謎の男の登場によって、イスラ・ヌブラル島で発生した火山噴火の裏でうごめく陰謀の予感が立ち込めていく。まさに「ジ...more
カテゴリー:

地獄の沙汰オールスターズ新作に鬼灯&芥子歌う「かちかち山」収録 - 04月25日(水)23:00 

アニメ「鬼灯の冷徹」に登場するキャラクターからなるユニット・地獄の沙汰オールスターズが、本日4月25日にニューシングル「拝啓、地獄より」をリリースした。
カテゴリー:

「逆転オセロニア」GW「逆転祭」の第1弾「超!オールスターフェス」が開幕 - 04月25日(水)18:38 

逆転オセロニア逆転オセロニア配信元DeNA配信日2018/04/25<以下,メーカー発表文の内容をそのまま掲載しています>『逆転オセロニア』GW「逆転祭」第一弾!プレミアムガチャ「超!オールスターフェ…
カテゴリー:

恐竜たちがジュラシック・ワールドを飛びだし大暴走!日本独占の最終予告が到着 - 04月25日(水)08:07 

『レディ・プレイヤー1』が大ヒット公開中のスティーヴン・スピルバーグ監督が世界中を驚嘆させた『ジュラシック・パーク』(93)から25年。いまなお高い人気を誇るエンタテインメント超大作「ジュラシック・パーク」シリーズの最新作となる『ジュラシック・ワールド/炎の王国』が7月13日(金)から公開。このたび本作から、日本独占で<最終予告>が解禁された。 【写真を見る】火山噴火の危機の背後にうごめく隠された陰謀とは!?/[c]Universal Pictures 『ジュラシック・パークIII』(01)から14年ぶりに制作された前作『ジュラシック・ワールド』(15)は全世界で興行収入16億7000万ドルを記録。日本でも94.7億円を叩きだし、年間興行収入No. 1にのぼりつめた。それから3年の時を経た本作で、またしても<ジュラシック・ワールド>に大きな危機が訪れる。 このたび日本のためだけに制作された<最終予告>映像は、火山の大噴火が迫り絶滅寸前に追い込まれる恐竜たちの姿から幕を開ける。彼らを絶体絶命の危機から救うために、クリス・プラット演じるオーウェンがカムバック。彼が心を通わせたヴェラキラプトルのブルーと脱出しようとした瞬間、ブルーは何者かに撃たれ牢に閉じ込められてしまう。 そして謎の男の登場によって、イスラ・ヌブラル島で発生した火山噴火の裏でうごめく陰謀の予感が立ち込めていく。まさに「ジ...more
カテゴリー:

【ネタバレなし】インフィニティ・ウォーはSNS本気断ち推薦!  マーベル愛の強いファンと一緒に観たい超大作でしたよ! - 04月25日(水)07:00 

ひと足早く『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』を鑑賞しました。結論から言うと、「なんかちょっとでも言うとネタバレになりそうなんで、何も書けねえすわ」ということになるのですが、ひとつだけ無難に挙げると本作はアベンジャーズ群像劇の極み! 全米では本作の前売りチケットの売り上げが、過去マーベル作品7作分の合計売り上げ数を上回るというトンデモない高い期待値ですが、その期待に応えちゃう衝撃作す! まず私見ですが洋邦問わず、およそオールスターキャストの映画の場合、いわゆるグランドホテル方式を採用した作品は、いい仕上がりになることは少なくないな、という個人的な偏見があります。特に日本映画の場合などオトナの調整が大変だからか、次々とスターが出てくるも「求めていた感じと違う」風に終わることも。ところが、『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』では、すべてのキャラクターが有機的に絡み合い、その上で個々の特性を薄めず、芝居場もガッツリ用意。しかも単なるスターではなく、マーベル映画の主人公でスーパーヒーロー。一度に何本ものマーベル映画を観ているような、そんな贅沢な気分で最後まで堪能できます。 実はこの点、公開前に来日していた本作のアンソニー・ルッソ監督に聞いていました。筆者は TOHOシネマズ日比谷で開催したファンミーティングで上映した数十分にまとめた特別映像を観た限りにおいても群像劇として秀逸...more
カテゴリー:

米倉涼子『アベンジャーズ』最新作の魅力は「究極的、最終的に結束力」 - 04月24日(火)20:04 

 女優の米倉涼子が24日、都内にて行われた映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』のジャパンプレミアに登場。日本語吹き替えを担当した米倉は、本作の“ガチでスゴいポイント”は「究極的、最終的に結束力だと思う」と魅力を語った。【写真】『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』レッドカーペット&舞台挨拶フォトギャラリー 本作は、マーベルが手掛ける人気ヒーローアクション映画シリーズ最新作。究極の力を秘めた石「インフィニティ・ストーン」を狙う最凶最悪の敵「サノス」に、最強のヒーローチーム「アベンジャーズ」が立ち向かう姿を描く。 今回のジャパンプレミアには米倉のほか、山寺宏一、加藤浩次、遠藤憲一、溝端淳平、秋元才加、百田夏菜子(ももいろクローバーZ)が出席した。 米倉がクールな美人エージェントのブラック・ウィドウを演じるのは本作で5本目。今回アベンジャーズは最凶の敵を迎えるが「今までも、アベンジャーズは地球を守ってきましたが、今回は集まるべくして集まった最強のメンバー。ぜひ安心して観てほしい」とアピール。さらに、本作の“ガチでスゴいポイント”を問われて「究極的、最終的に結束力だと思う」と述べた。 ピーター・クイル役の山寺や毒舌凶暴アライグマ・ロケット役の加藤、グルート役の遠藤らは今回、ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーとして戦いに参戦。山寺が「仲間として迎え入れてくださってうれしい」と言...more
カテゴリー:

もっと見る

「オールス」の画像

もっと見る

「オールス」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる