「オープンソース」とは?

関連ニュース

無料で使えてデバイス間での自動同期にも対応しているパスワードマネージャー「bitwarden」を使ってみた - 11月22日(水)23:00 

「bitwarden」はオープンソースで開発されているパスワードマネージャーで、クラウドを利用して複数のデバイス間でアカウント情報を自動で同期してくれるというところまで無料で使用できるアプリです。さっそく使い勝手を試してみました。続きを読む...
カテゴリー:

ゼロから始めたDevOps、使ったツールと問題点 - RED HAT FORUM TOKYO 2017 - 11月22日(水)11:00 

公衆Wi-Fiサービスを提供するワイヤ・アンド・ワイヤレスは、オープンソースソフトウェアを活用したDevOpsに取り組んでいる。その内容が、「RED HAT FORUM TOKYO 2017」にて技術運用本部 CTOの相馬 賢司氏により紹介されたので概要をお伝えしようしよう。
カテゴリー:

マイクロソフトが“OSS on Azure”に注力する理由 - 11月22日(水)11:00 

米Microsoftがクラウド基盤サービス「Microsoft Azure」上でのオープンソースソフトウェア(OSS)の利用に注力している中、日本マイクロソフトがその最新状況について明らかにした。同社はなぜ“OSS on Azure”に注力するのか。
カテゴリー:

GitHub、「Atom」エディタで手軽にコードを共同編集できる「Teletype for Atom」β版をリリース - 11月21日(火)11:00 

GitHubは、オープンソースエディタ「Atom」でチームメンバーと手軽にコードを共有し、共同編集できる「Teletype for Atom」のβ版をリリースした。
カテゴリー:

これなら簡単!Bootstrap 4.0のデザインがカスタマイズできる商用でも無料のオンラインツール -Bootstrap Magic | コリス - 11月20日(月)09:41 

これなら簡単!Bootstrap 4.0のデザインがカスタマイズできる商用でも無料のオンラインツール -Bootstrap Magic | コリスBootstrap 4.0のテンプレートやコンポーネントのデザインを確認しながら、定義されている変数を簡単にカスタマイズできるオンラインツールを紹介します。 BootstrapでWebサイトやブログを作成する時に、BootstrapのUIコンポーネントを利用する時に、Bootstrapのテーマを作成する時に、便利なオープンソースの無料ツールです。 Bootstrap Magic Bootstrap...
カテゴリー:

複数クラウドにまたがるアプリケーションの管理をコンテナとKubernetesで自動化するOverclock Labs - 11月22日(水)19:37 

Overclock Labsは、アプリケーションの複数のクラウドにまたがるデプロイと管理を自動化により容易にするためのサービスを提供している。そのために同社が作った、分散クラウドインフラストラクチャを自動化するツールは、今どき当然ながらコンテナを使用する。そしてそれらのツールの主役は、コンテナオーケストレーションツールKubernetesだ。 今日(米国時間11/21)、2年前に創業されたOverclock Labsはステルス状態を脱し、130万ドルの資金調達を発表した。投資家はシリコンバレーの複数のエンジェルとCrunchFund、こちらは本誌TechCrunchと名前や経歴を多少共有しているが、本誌と特別の関係はない。 同社は、今回初めて一般に公表される資金を使って、DISCOというものを開発していた。DISCOは Decentralized Infrastructure for Serverless Computing Operations(サーバーレスコンピューティングオペレーションのための分散インフラストラクチャ)の頭字語だ。サーバーレスとあるからにはそれは、AWSのLambdaやAzure Functionsのようなイベントドリブンのサービスか? そう考えたくなるのも無理もないが、しかしOverclock Labsの協同ファウンダーGreg Osuri(CEO)とGr...more
カテゴリー:

ゼロから始めたDevOps、使ったツールと問題点 - RED HAT FORUM TOKYO 2017 - 11月22日(水)11:00 

公衆Wi-Fiサービスを提供するワイヤ・アンド・ワイヤレスは、オープンソースソフトウェアを活用したDevOpsに取り組んでいる。その内容が、「RED HAT FORUM TOKYO 2017」にて技術運用本部 CTOの相馬 賢司氏により紹介されたので概要をお伝えしようしよう。
カテゴリー:

LinuxからWindowsに完全移行を決めたミュンヘンのその後 (1/2) - ITmedia PC USER - 11月22日(水)07:12 

LinuxからWindowsに完全移行を決めたミュンヘンのその後 (1/2) - ITmedia PC USER鈴木淳也の「Windowsフロントライン」: LinuxからWindowsに完全移行を決めたミュンヘンのその後 (1/2) 2000年代に脱Windowsを大胆に進めて話題となったドイツのミュンヘン市。業界の一大決断と呼ばれたオープンソースへの移行は、なぜ今になって覆されるのか。 官公庁でLinuxをはじめとするオープンソース運動の旗手として知られていたドイツのミュンヘン市は、過去13年以上にわた...
カテゴリー:

マイクロソフトが進めるオープンソース戦略--独自路線からの転換追求 - 11月20日(月)14:10 

Microsoftのクラウドやテクノロジを推し進めるだけでは、オープンソースを利用する企業やパートナー、開発者に十分な価値を提供できない――。このような危機感から、同社ではオープンソースへの取り組みを加速させている。
カテゴリー:

HPEの開発部門におけるDocker基盤導入の検討 - 11月20日(月)07:15 

こんにちは。日本ヒューレットパッカードのオープンソース、Linuxテクノロジーエバンジェリストの古賀政純です。前回の記事では、HPEの開発部門が検討した課題とその課題解決に向けた新しいIT基盤導入に対する決意について簡単に紹介しました。
カテゴリー:

もっと見る

「オープンソース」の画像

もっと見る

「オープンソース」の動画

Wikipedia

オープンソース () とは、言葉通りにはソースコードを公開することと理解できる。Open Source Initiative は、「オープンソース」と名乗るための要件を定義している(後述)。

History of the OSIによれば、1998年2月3日に、パロアルトにおいて、Netscapeブラウザのソースコードをどのような形で公開していくかという戦略会議の中でつけられた新たな用語であると説明している。またオープンソースに関する本 "Open Sources: Voices from the Open Source Revolution" にも、マーケット向けのプロモーション用語として使う新しい言葉“オープンソース”を作り出したとある。

定義

Open Source Initiative (OSI) は、オープンソース・ライセンスの要件として、以下のような定義 "The Open Source Definition(OSD)" を掲げている。これはもともとはDebianフリーソフトウェアガイドラインをベースとしたものである。

  • 自由な再頒布ができること
  • ソースコードを入手できること
  • 派生物が存在でき、派生物に同じライセンスを適用できること
  • 差分情報の配布を認める場合には、同一性の保持を要求してもかまわない
  • 個人やグループを差別しないこと...
  • ツイッター人気

    Yahoo知恵袋

    こんなの見てる