「オードリー」とは?

関連ニュース

剛力彩芽、「仕事場でキレた」経験を思わずポロリ!? - 04月23日(月)20:00 

 4月16日放送の『激レアさんを連れてきた。』(テレビ朝日系)に、ゲストで女優の剛力彩芽(25)が登場し、テレビの現場でキレた過去について語った。  今回の“激レアさん”は「普通の主婦だったのに、気がついたら荒くれ漁師軍団のボスになっていた人」として登場した、坪内知佳さん。坪内さんが漁師たちのネガティブさにブチ切れたというエピソードを紹介している際に、司会でテレビ朝日の弘中綾香アナウンサー(27)が「キレたことって剛力さん、生涯(で)ありますか?」と問いかけた。  すると剛力は、「キレるときは本当に、ぶわーっ、て」と、わりと激しくキレることを示唆。すると、同じくゲストだったよゐこの濱口優(46)が「キレるんや〜。(今までに)ありました?」と尋ねた。   剛力が「何回か……」と説明すると、司会を務めるオードリーの若林正恭(39)が「誰に?」と質問。すると剛力は「えー! ちょっと……」と動揺しながら口を隠し、若林が「仕事ですか。プライベート?」と問うと、剛力は「仕事……ですね。仕事場で」と言いにくそうにしながらも、返答した。  若林がなおも「誰に? 誰に? 共演者?」と詰め寄ると、剛力は苦笑しながら「絶対ダメです! 言えない! 言えない! もうダメ!」と口を押さえて抵抗していた。  さらに番組後半でも、剛力へのツッコミは続き、若林から「剛力さんいる? そういう(人)...more
カテゴリー:

emmaも驚き!乾電池がリサイクル後「3つのもの」に大変身 - 04月23日(月)13:43 

バナナマンがMCを務め、世の中のありとあらゆるものの「ソノサキ」にある驚きと感動のドラマを、笑いとともに届けるバラエティ『ソノサキ ~知りたい見たいを大追跡~』(テレビ朝日系、毎週火曜23:15~)。4月24日の放送は、バカリズムと朝比奈彩をゲストに迎え、番組が独自に調査したさまざまな気になるソノサキをのぞいていく。まずは、朝比奈が気になっている「テレビで放送されたテープのソノサキ」からスタート。「今までOAされた番組のテープは全てテレビ局にあるのですか?」という疑問を解決すべく、番組新人ADが局内のテープ管理担当者に直撃。昨年できたばかりだという放送テープ保管庫の内部に潜入する。そこで発見した、出演者たちの懐かしい映像も大放出。また、人気モデルのemmaが気になっていた疑問「乾電池のリサイクルのソノサキ」を調査。日本では1年間でおよそ2億6000万本もリサイクルされているという乾電池。それら大量の乾電池が、私たちの生活に欠かせないある3つのものに大変身していた。その巨大工場では、約4~5千℃という高温の「人口の雷」を起こして乾電池を溶かす大迫力の工程を追跡する。さらに、最近見なくなったマスコットキャラクターのその後を追跡する「人気キャラクターのソノサキ」コーナーも登場。1970年代にNHKの教育番組で工作をして遊んでいたキャラクターや、2010年の誕生時に大きな話題を呼んだ奈良の...more
カテゴリー:

俳優・健太郎、実は淋しがり屋!?意外な素顔を告白 - 04月23日(月)07:00 

人気声優の内田真礼と俳優の健太郎がMCを務める映画情報番組『ムビふぁぼ』(TBS系、4月23日スタート、毎月1回 月曜24:58~)の収録が行われ、健太郎が、内田に「実は淋しがり屋」という意外な素顔を明かす一幕があった。映画『デメキン』やドラマ『私 結婚できないんじゃなくて、しないんです』『仰げば尊し』(いずれもTBS系)などに出演し、主人公に思いを寄せる大学生やお調子者の男子高校生、暴走族の総長など、異なるイケメンキャラクターを演じ、若手実力派俳優として注目を集める健太郎。最新映画の魅力を掘り下げる同番組でMC初挑戦となるが、収録では、内田とお互いの好きな映画作品についてトークが弾み、次第に話題はプライベートの過ごし方に……。健太郎は「べつに、可愛いアピールしているわけではないですからね!!」と前置きした上で「学生時代から友達が自宅に出入りしていたからか、1人でいると、まるで何かを失ったように感じるんです。映画館には1人で行けるけど、食事はちょっと……」と、1人行動が苦手な〝寂しがり屋″であることを告白。一方の内田は「私は1人でどこでも行ける! 今一番行きたいのは遊園地!」と男前な発言を。それに対し、健太郎は「それは止めたほうがいい! テーマパークに1人は絶対に淋しい!!」と、食い気味に止めスタジオの笑いを誘っていた。この他、初回となる今回は、健太郎自身が出演する映画『コーヒーが...more
カテゴリー:

人気声優・内田真礼が意外な〝声優の極意″を伝授!? - 04月22日(日)10:37 

人気声優の内田真礼と俳優の健太郎がMCを務める映画情報番組『ムビふぁぼ』(TBS系、4月23日スタート、毎月1回 月曜24:58~)の収録が行われ、内田が健太郎に、自身が心がけている〝声優の極意″を伝授する一幕があった。2度のテレビアニメ化に加え、劇場版も公開された『中二病でも恋がしたい!』の小鳥遊六花役など数々のアニメやゲームで主役を務める人気声優の内田。収録では、数々の作品で異なるキャラクターを演じてきただけに「求められれば、どんな声色でも演じます!」と告白。それに対し、健太郎が興奮気味に「ちょっと、なにか聞かせてくれませんか?」とお願いすると快く承諾し、劇場アニメ『映画ドライブヘッド~トミカハイパーレスキュー 機動救急警察~』(8月24日公開)の決め台詞を、さまざまなキャラクター設定で披露することに……。まずは、主人公の少年風に「この街の未来は僕らが守る!」と披露すると、次は王道のアイドル系女の子で「この街の未来は私たちが守る!」とまったく違う声色で実演。生で聴くプロの迫力に、健太郎も思わず「すごいすごい!!」と興奮が抑えきれない様子。すると、内田が健太郎に「挑戦してみませんか?」と提案。「恥ずかしがらない! キャラクターを演じようとすると自然と大きな声になってしまうけど、それに屈しないことが大事!!」と、自らも心がけているという〝声優の極意″を伝授した。アドバイスを受け、健...more
カテゴリー:

坂上忍と指原莉乃、1日5000万円も荒稼ぎ!?外国人タレントのビジネスに驚き - 04月22日(日)10:00 

4月22日より、豪華2時間半スペシャルとしてスタートする『坂上&指原のつぶれない店』(TBS系、毎週日曜20:00~)に、日本で荒稼ぎ中の外国人タレント3人が出演。その「儲けのからくり」に密着する。坂上忍と指原莉乃が、“MC初タッグ”を組む同番組は、過去2回特番が放送され、好評を博しレギュラー化が決定。誰もが一度は思ったことがあるはずの“なぜあのお店はつぶれないのか?”という疑問や、なぜ儲かっているのか分からない“あの店”や“あの人”の謎を解き明かす新しいバラエティだ。知られざるお金ミステリー、その驚愕の真相に迫っていく。記念すべき初回放送は、日本で荒稼ぎ中の外国人タレント3人が出演する。1990年代後半『笑っていいとも!』(フジテレビ系)に出演し“ミスターマッスル”として大ブレイクした、イラン出身の外国人タレント、ランディ・マッスル。『さんまのSUPERからくりTV』(TBS系)に登場し、カタコトの日本語とトボけたキャラクターで一躍人気者になった、ナイジェリア出身のボビー・オロゴン。さらに、大相撲で活躍したエストニア出身の元大関・把瑠都。最近テレビで見ることが少なくなった3人だが、いま、日本のビジネスの世界で大儲けしているのだという。まずは、マッスルが「ある商品で1日5000万円を荒稼ぎしている」という噂を調査するべく本人を直撃。自身が経営する外国人タレント事務所での仕事ぶりを見...more
カテゴリー:

人気声優・内田真礼が意外な〝声優の極意″を伝授!? - 04月23日(月)17:00 

人気声優の内田真礼と俳優の健太郎がMCを務める映画情報番組『ムビふぁぼ』(TBS系、4月23日スタート、毎月1回 月曜24:58~)の収録が行われ、内田が健太郎に、自身が心がけている〝声優の極意″を伝授する一幕があった。2度のテレビアニメ化に加え、劇場版も公開された『中二病でも恋がしたい!』の小鳥遊六花役など数々のアニメやゲームで主役を務める人気声優の内田。収録では、数々の作品で異なるキャラクターを演じてきただけに「求められれば、どんな声色でも演じます!」と告白。それに対し、健太郎が興奮気味に「ちょっと、なにか聞かせてくれませんか?」とお願いすると快く承諾し、劇場アニメ『映画ドライブヘッド~トミカハイパーレスキュー 機動救急警察~』(8月24日公開)の決め台詞を、さまざまなキャラクター設定で披露することに……。まずは、主人公の少年風に「この街の未来は僕らが守る!」と披露すると、次は王道のアイドル系女の子で「この街の未来は私たちが守る!」とまったく違う声色で実演。生で聴くプロの迫力に、健太郎も思わず「すごいすごい!!」と興奮が抑えきれない様子。すると、内田が健太郎に「挑戦してみませんか?」と提案。「恥ずかしがらない! キャラクターを演じようとすると自然と大きな声になってしまうけど、それに屈しないことが大事!!」と、自らも心がけているという〝声優の極意″を伝授した。アドバイスを受け、健...more
カテゴリー:

emmaも驚き!乾電池がリサイクル後「3つのもの」に大変身 - 04月23日(月)13:40 

バナナマンがMCを務め、世の中のありとあらゆるものの「ソノサキ」にある驚きと感動のドラマを、笑いとともに届けるバラエティ『ソノサキ ~知りたい見たいを大追跡~』(テレビ朝日系、毎週火曜23:15~)。4月24日の放送は、バカリズムと朝比奈彩をゲストに迎え、番組が独自に調査したさまざまな気になるソノサキをのぞいていく。まずは、朝比奈が気になっている「テレビで放送されたテープのソノサキ」からスタート。「今までOAされた番組のテープは全てテレビ局にあるのですか?」という疑問を解決すべく、番組新人ADが局内のテープ管理担当者に直撃。昨年できたばかりだという放送テープ保管庫の内部に潜入する。そこで発見した、出演者たちの懐かしい映像も大放出。また、人気モデルのemmaが気になっていた疑問「乾電池のリサイクルのソノサキ」を調査。日本では1年間でおよそ2億6000万本もリサイクルされているという乾電池。それら大量の乾電池が、私たちの生活に欠かせないある3つのものに大変身していた。その巨大工場では、約4~5千℃という高温の「人口の雷」を起こして乾電池を溶かす大迫力の工程を追跡する。さらに、最近見なくなったマスコットキャラクターのその後を追跡する「人気キャラクターのソノサキ」コーナーも登場。1970年代にNHKの教育番組で工作をして遊んでいたキャラクターや、2010年の誕生時に大きな話題を呼んだ奈良の...more
カテゴリー:

小泉孝太郎、父・純一郎と親友・ムロツヨシの“お金のやり取り”を告白 - 04月22日(日)12:39 

俳優の小泉孝太郎が、4月21日放送の『人生最高レストラン』(TBS系、毎週土曜23:30~)に出演。小泉家の食事風景や、親友であるムロツヨシとのエピソードを明かした。徳井義実(チュートリアル)と笹川友里TBSアナウンサーがMCを務める同番組は、料理の代わりにゲストの「人生で一番おいしかったものの話」をいただくグルメトークバラエティ。「子どもの頃から正直、いいものを食べていたと思います」と明かした小泉は、まず、父であり元首相の小泉純一郎からの厳しいしつけを告白。食卓に出された料理に対する不満は一切口にできなかったそうで、「これが食べたくないとか、嫌だとか言ったら、“じゃあ、いらないんだな”って、その日は(食事が)なくなってしまうんで」と語った。また、子どもの頃は父の秘書やSPとも食卓を囲むなど、大勢で食事をすることが多かったそうで、特に選挙の時期は、大勢の知らない人と一緒に食べることも少なくなかったようだ。そんな小泉が昔から通っているのが、麻布十番の高級中華料理店「登龍」。最近では、正月に家族や親戚とこの店で食事をしたという。そして、そこには、なぜか俳優のムロツヨシも。実は、小泉とムロは10年ほど前に映画で共演してから無二の親友となり、現在まで、家族ぐるみで親交を深めているのだった。さらに、小泉は、「(ムロが)うちの父からお年玉を毎年もらっている」と衝撃告白。小泉と、弟の小泉進次郎は...more
カテゴリー:

俳優・健太郎、実は淋しがり屋!?意外な素顔を告白 - 04月22日(日)10:36 

人気声優の内田真礼と俳優の健太郎がMCを務める映画情報番組『ムビふぁぼ』(TBS系、4月23日スタート、毎月1回 月曜24:58~)の収録が行われ、健太郎が、内田に「実は淋しがり屋」という意外な素顔を明かす一幕があった。映画『デメキン』やドラマ『私 結婚できないんじゃなくて、しないんです』『仰げば尊し』(いずれもTBS系)などに出演し、主人公に思いを寄せる大学生やお調子者の男子高校生、暴走族の総長など、異なるイケメンキャラクターを演じ、若手実力派俳優として注目を集める健太郎。最新映画の魅力を掘り下げる同番組でMC初挑戦となるが、収録では、内田とお互いの好きな映画作品についてトークが弾み、次第に話題はプライベートの過ごし方に……。健太郎は「べつに、可愛いアピールしているわけではないですからね!!」と前置きした上で「学生時代から友達が自宅に出入りしていたからか、1人でいると、まるで何かを失ったように感じるんです。映画館には1人で行けるけど、食事はちょっと……」と、1人行動が苦手な〝寂しがり屋″であることを告白。一方の内田は「私は1人でどこでも行ける! 今一番行きたいのは遊園地!」と男前な発言を。それに対し、健太郎は「それは止めたほうがいい! テーマパークに1人は絶対に淋しい!!」と、食い気味に止めスタジオの笑いを誘っていた。この他、初回となる今回は、健太郎自身が出演する映画『コーヒーが...more
カテゴリー:

「不気味の谷」を超えたCGキャラクター・Sayaに、こじるり興味津々! - 04月22日(日)07:00 

NHK Eテレで放送中の科学番組「サイエンスZERO」(毎週日曜夜11:30-0:00)が、明日(4月22日[日])の放送で、CGキャラクターのSayaの開発の裏話を伝える。 【写真を見る】Sayaに小島瑠璃子も興味津々/(C)NHK Sayaとは、17歳の女子高校生という設定のCGキャラクター。2015年の秋にSNSで公開され、世界中に拡散されたことで、欧米の情報誌に登場するなどの話題を呼んだ。 Sayaが評価される大きな要因は、クリエイターたちにとって大きな壁であった「不気味の谷」を超えたこと。 「不気味の谷」とは、CGやマスコットに人間らしいリアルさを求める際に、人間が見るとどうしても違和感を覚えてしまう一線である。 番組では、動画で目の前の人に対して、リアクションすることが出来るまで進化したSayaが、アメリカ・テキサス州で開かれた世界最大級のインタラクティブの見本市に初めて登場した様子を公開。 新たにSayaが獲得した能力や、 開発の裏側を取材しました。 さらに、生みの親であるTELYUKAが、 Sayaのアイドルのような透明感をどうやって描き出す方法や、「不気味の谷」を超えるほどの人間らしさを追及する思いなどを語る。 番組MCの小島瑠璃子は、「Sayaちゃんはアイドルになり得る存在なんだと思いました。人の心の中にすーっと入ってくるルックスですし、髪の毛の“天使の輪っ...more
カテゴリー:

もっと見る

「オードリー」の画像

もっと見る

「オードリー」の動画

Wikipedia

オードリー (Audrey) は、英語圏で多く見られる人名。

; 名

; 姓

; 作品名

出演番組

今後の出演番組

過去の出演番組

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる