「オーディション」とは?

関連ニュース

壊れゆくアイドルたち 支え続けるファン心理とは? - 04月27日(金)08:40 

 “会いに行けるアイドル”AKB48系グループの台頭により、「専用劇場」や「握手会の開催」などでファンとの距離が飛躍的に縮まり一体感を生み出した。一方で、見ず知らずの相手との接触商法(握手やツーショットチェキなど)は精神面・体力面の負担も大きく、彼女らは少しずつ心身を“削られ”疲弊している現状もある。そんな“壊れゆく”アイドルたちを支えるファンの心理について、元週刊誌の芸能記者でアイドルのマネジメントに携わる豊沢朱門氏に話を聞いた。 【写真】卒業の原因は接触商法!? 川栄李奈、AKB時代のミニスカショット ■ファンの想いが暴走し事件にも アイドルはいつの時代も“疲弊”している  「接触商法の負担は深刻ですが、アイドルの“疲弊”という点で言えば、何も今に始まったことではありません」と語る豊沢氏。「アイドル黄金時代といわれた1970~80年代、当時は現在の集団型アイドルとは違って『アイドル=選ばれし者』なので少数精鋭。その分、アイドルたちの負担(仕事)がより集中する傾向にありました」と解説する。  また、今でこそネットやSNSなど、好きなアイドルへの想いをファンたちが共有・発散できる“場”があるが、当時はそういったものはなかった。そのためか、「あまりに強すぎる想いがアイドル本人に向かって暴走することもあった」と豊沢氏。実際、自宅マンションに侵入した男に監禁されたり(岡田奈々監禁...more
カテゴリー:

ドワンゴ・横澤Pが語るニコニコ超会議「成功のカギは余白」 - 04月27日(金)08:10 

 2012年から始まった「ニコニコ超会議」は今年7年目を迎え、リアルとネット・デジタルが融合したイベントの代名詞となるほど認知されている。大相撲や歌舞伎、自衛隊など思いも寄らないコラボレーションでも毎回話題をさらう同イベントは、その話題性と同時に“赤字収支”という点も話題となる。いよいよ4月28日、29日の開催が迫るなか、同イベントの統括プロデューサーの横澤大輔氏に、イベントの狙いや成功要因を聞いた。 『ニコニコ超会議2018』概要とポスタービジュアル ■当初からコンテンツで集客できても駄目と考えていた ――まず「超会議」を開催する目的から改めてお聞かせ下さい。 横澤大輔 「ニコニコ動画」を運営する過程で、ドワンゴではユーザー同士のコミュニケーションを介してさまざまなコンテンツが生まれたり、あらゆるジャンルのクリエイターさんが出てくる流れを生み出し、これまで存在しなかった、人が集まれる「ネット上の空き地」が作れたと感じていました。 “ニコ動”は誰もが好きなことを好きと言えて、それを応援してくれる人がいるプラットフォームです。では、ネットで面白いと言われるコンテンツの本質とは何か、を考えた時、リアルなコミュニティで好きなものを好きと言える環境があること、そして価値観を否定される恐怖を減らすことだと思いました。「ニコニコ超会議」は同じことを好きな人が遊び方、楽しみ方に応じて集まれ...more
カテゴリー:

くびれBODYが話題の川崎あや「初体験はあっという間でした」いい声で劇団ひとりとおしゃべり - 04月27日(金)06:00 

“大胆水着”と“黒髪清純派なルックス”でグラビア界を席巻している川崎あやが、劇団ひとりのラジオ番組「劇団サンバカーニバル」(FMFUJI)の18期アシスタントに抜擢された。「ラジオの仕事はずっとやりたいと思っていた」という川崎に、アシスタントとしての抱負や、グラビアへの思い、そしてこの春から始めたことなどについて語ってもらった。 【写真を見る】川崎あや“ぐっと掴みたい腰つき”ビキニを20連発! ――川崎さんはこれまでグラビアの世界で活躍されてきましたが、ラジオはビジュアルが映らないメディアです。オファーを受けた時、率直にどう思われましたか? 川崎:ラジオの仕事はずっとやりたいと思っていた仕事なので、すごくうれしかったです。自分でも、インターネット配信番組でラジオ配信をすることがあったんですけど、周りの方から「声がいいね」と褒められることが多かったんです。 ――すでに第一回目の収録を終えていますが、初体験の感動は? 川崎:出演者全員が初対面だったので、すごく緊張しました。でも、気がついたら2時間あっという間に終わってたという感じですね。でも、ファンの方たちが収録を見に来てくれていたので、それで少しは心が落ち着きました。 ――劇団ひとりさんとは、本番まで会わなかったというのは本当ですか? 川崎:劇団ひとりさんが「本当の初めましてにしたい」と仰ったので、収録が始まる前までお会いしなかった...more
カテゴリー:

「オルターレコードアジャストメント」,新キャラSSRアリスが登場。CVは声優オーディションのグランプリ受賞者 - 04月26日(木)21:02 

オルターレコードアジャストメントオルターレコードアジャストメント配信元LOCKERGames配信日2018/04/26<以下,メーカー発表文の内容をそのまま掲載しています>『オルターレコードアジャスト…
カテゴリー:

広瀬すず主演の朝ドラ100作目「なつぞら」吉沢亮ら若手出演者は2500人以上の応募から選出 - 04月26日(木)18:25 

東京・渋谷のNHK放送センターにて、2019年度前期の“朝ドラ”こと連続テレビ小説「なつぞら」の北海道十勝編に登場する新出演者14名の発表会見が行われ、主演の広瀬すずらが登壇した。 【写真を見る】記念すべき100作目ヒロイン・広瀬すずと共演するのは? 本作は「連続テレビ小説」の記念すべき100作目で大森寿美男のオリジナル脚本。 戦争で両親を失った少女・奥原なつ(広瀬)が北海道・十勝の大地でたくましく成長し、草創期のアニメーションの世界へ踏み出していくというストーリーが描かれる。 新しく出演が決定したのは、岡田将生、草刈正雄、松嶋菜々子、藤木直人、清原翔、福地桃子、小林隆、音尾琢真、安田顕、高畑淳子、山田裕貴、吉沢亮、戸次重幸、小林綾子。 会見後に制作統括の磯智明が囲み取材に応じ、吉沢、福地、山田、清原の広瀬と同世代の出演者はオーディションで選ばれ、2500人以上の応募があったことを明かした。(ザテレビジョン) 【関連記事】 ・見つめ合う新田真剣佑と広瀬すずに「美男美女」の声 ・永野芽郁“卒業”直前のラジオに広瀬すず登場! 第一印象は「本物がいる」「すごい透明感」 ・広瀬すず、名場面連発で「anone」完走! 最後に出した答えとは?【最終話せりふまとめ】 ・広瀬すず主演ドラマ「anone」とは、一体何だったのか?
カテゴリー:

NHK朝ドラ「歴代ヒロイン」十人十色の恋愛事情 - 04月27日(金)08:30 

「大物女優の登竜門」といわれるNHK朝の連続テレビ小説、通称“朝ドラ”。爽やかな女優がドラマとともに成長していく姿を見守るのは、楽しいものだ。「初々しさにあふれた新人女優が、気がつくとスキャンダルまみれになったりしていることは珍しくない。まさに、一粒で何度もおいしいのが朝ドラ女優なんですよ」と言うのは、NHKの朝ドラファンを自認するエッセイストの下関マグロ氏。 ■永野芽郁はCMでもおなじみ  現在放送中の『半分、青い。』は、朝ドラ通算98作目となる。ヒロインを演じているのは永野芽郁(18)だ。子役でデビューした彼女は『ニコラ』『セブンティーン』などティーン誌のモデルも経験。『カルピスウォーター』や『UQモバイル』のCMでもおなじみだ。「ドラマに登場するのは2週目からになりますが、朝ドラヒロインらしい清純さと爽やかさを兼ね備えている彼女は、関係者の評価も高く、ブレイクの予感しきりです」(テレビ誌記者)  朝ドラ主演をきっかけに大きく羽ばたいた女優は数多い。21世紀になって最初のNHK朝ドラ『ちゅらさん』(01年春)でヒロインを演じた国仲涼子(38)も、その一人だ。国仲扮する沖縄出身の主人公がナースになり、人間としても成長していく姿を描いたこの作品は、07年の『ちゅらさん4』まで続く大ヒット作となった。「色が白くてかわらしい国仲は『ちゅらさん』で国民的なヒロインになりました...more
カテゴリー:

ホリプロTSC今年はWEB審査のみ 決戦大会なし - 04月27日(金)08:04 

 大手芸能事務所ホリプロが開催する「ホリプロタレントスカウトキャラバン」18年大会の詳細が26日、明らかになった。  43回目の開催となる今年のタイトルは「ホリプロスターオーディション-好きになってもいいですか?-」。ジャンルを設けず、…
カテゴリー:

TEAM NACS、山田裕貴、吉沢亮、岡田将生…朝ドラ初出演組コメント全文 - 04月26日(木)22:29 

 広瀬すずが主演を務める、2019年前期の連続テレビ小説『なつぞら』(NHK総合/毎週月曜~土曜8時)。その北海道・十勝編の出演者発表会見が26日、NHK放送センターで行われた。今回発表された中で“朝ドラ”初出演は、会見登場順に、福地桃子、清原翔、音尾琢真(TEAM NACS)、山田裕貴、吉沢亮、岡田将生の6名。彼らのコメントをまとめた。【写真】2019年前期連続テレビ小説『なつぞら』北海道・十勝編出演者発表会見フォトギャラリー 連続テレビ小説通算100作目となる『なつぞら』は、大森寿美男の脚本で、戦災孤児となったヒロイン・奥原なつ(広瀬)が父の戦友である北海道・十勝の酪農家の元で育ち、草創期のアニメ業界で活躍する姿を描く物語。 初出演の役者たちは、誰もがあこがれの、しかも記念すべき100作目の朝ドラに出演できる喜びを語った。また、北海道が生んだ大スター・TEAM NACS全員出演の可能性を感じさせるユーモアあふれる展開も。その役柄とともに、彼らのコメントをしっかり確認してほしい。【登場時の挨拶】◆清原翔なつが引き取られた家庭の長男・柴田照男役「柴田家の長男・照男を演じさせていただきます清原翔です。こうしてこの場に立てていることがとても不思議で、幸せです。僕自身まだまだ未熟なので、共演者の皆さんにいろいろ教わって吸収して、照男と一緒にこの作品の中で成長できたらなと思っています。愛さ...more
カテゴリー:

清原翔、福地桃子、山田裕貴、吉沢亮…朝ドラ初出演4人の若手俳優が意気込み - 04月26日(木)18:44 

 NHKは26日、女優・広瀬すず(19)がヒロインを務める、2019年春から放送の連続テレビ小説第100作『なつぞら』(作:大森寿美男)の新たな出演者14人を発表。小林綾子や松嶋菜々子といった朝ドラにゆかりのあるキャストと並行して、広瀬と世代の近い朝ドラ初出演の俳優たちもフレッシュに登場。男女含めて約2500人のオーディションを勝ち抜いてきた4人が朝ドラにかける意気込みを語った。 【写真】連続テレビ小説『なつぞら』のヒロインを務める広瀬すず  本作の舞台となるのは、北海道と東京。戦争で両親を少女・奥原なつ(広瀬)は、養父とともに北海道・十勝に移り住み、大自然と開拓精神にあふれた人たちに育まれ、たくましく成長。高校卒業後、上京して、当時、草創期を迎えていたアニメーション業界に飛び込み、みずみずしい感性を生かして活躍する生き様を描いていく。  藤木演じる、なつの育ての父・柴田剛男の長男・照男を演じる清原翔(25)は「こうして、この場に立たせていただけることは不思議で幸せです。僕自身まだまだ未熟なので、共演者のみなさんにいろいろ教わって、吸収して成長していけたらと思っています」と初々しくあいさつ。  同じく柴田家の長女・夕見子を演じる福地桃子(20)も「出演が決まりましたということを聞いた時から時間が経ったのにも関わらず、実感がわかず、きょう初めてみなさんとお会いして、ようやく始...more
カテゴリー:

もしもサイキック能力があったら何をする? TVアニメ「ヒナまつり」キャストインタビュー 第4回 - 04月26日(木)18:00 

4月より好評放送中のTVアニメ「ヒナまつり」。作品の魅力に迫るインタビュー連載の第4回では、前回に引き続きヒナ役の田中貴子さんとアンズ役の村川梨衣さんが登場。作品の魅力や、主題歌「Distance」について伺いました。 アンズを演じる村川梨衣さん/(C)2018 大武政夫・KADOKAWA刊/ヒナまつり製作委員会 ――アンズを演じる上で気をつけている点は、どんなところですか? 村川:最初の頃は作品の“面白さ”の部分をフィーチャーして演技をしていたんですけど、次第に、「面白さとかはいらない」「アンズは可愛い。コレは崩したくない」みたいなディレクションになりました。後半は、アンズの天使さが覚醒して「面白くするの禁止」みたいな感じだったので、“天使さをフィーチャーする”という使命をもっていました。 ――2話ではヒナとアンズが超能力で対決しますが、お2人が超能力を持っていたら、どんなことをしてみたいですか? 田中:掃除です。ちょうど昨日大掃除をしてたんですけど、ゴミ袋が15個ぐらいでちゃって。服が捨てられないんですよね……。今、足の踏み場がない状態なんです。だから部屋の掃除をやれる超能力が欲しいです。「バッ・バッ・キラーン」って感じで。 村川:私はスタンダードすぎかもしれないですけど、純粋に空飛びたいですね。 田中:飛んじゃいましょう! 行きましょう! ――2話の対決シーンは作画もすごか...more
カテゴリー:

もっと見る

「オーディション」の画像

もっと見る

「オーディション」の動画

Wikipedia

オーディション(audition)とは、俳優歌手コメディアンの選抜を目的とした試験

概要

映画の出演者や主題歌の歌い手などの選定を目的としたものや、新しい才能の発掘を目的としたものとがある。通常は非公開で行われるケースが大半だが、オーディションそのものをひとつのショーとして成立させた「公開オーディション」も行われている。1950年代から1960年代にかけて、日本映画会社松竹大映東映東映ニューフェイス)・東宝日活が定期的に自社専属の俳優をオーディションしていた。

主なオーディション 女性

;小中学生向け

  • りぼんガールオーディション
  • ...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる