「オレンジ色」とは?

関連ニュース

鉄道ファン向け音フェチ動画!? 副都心線の加速音を自作VVVFインバーターを使って自宅で再現「マニアックすぎだろ」「ええ音やった」 - 05月18日(金)19:00 

 今回紹介するのは、ゆっQさんが投稿した『副都心線直通電車を自作VVVFインバーターで再現しました』という動画です。再生数は2千回を超え、「ニコニコ技術部」カテゴリランキングで最高で12位を記録しました。 投稿者メッセージ(動画説明文より) 副都心線に直通している電車 5車両のVVVFインバーターの音を再現しました。今回、マスコンは使わずパソコンからタイマーでノッチ/ブレーキ情報を送り、自動運転をしています。 目次 0:09 西武6000系(日立GTO) 1:04 東急5050系(日立IGBT) 2:04 東武9050系(東洋GTO) 3:02 東武50070系(日立IGBT) 4:00 営団7000系(日立IGBT) 副都心線直通電車を自作VVVFインバーターで再現しました  「VVVF(可変電圧・可変周波数)インバーター制御」は現代の電車に多く採用されている方式です。電車が加速・減速するときに聞こえる音「ぅぅぉぉぉおおおおーーーん」や「ぶほーーーぉぉぉーーぉぉーーん」などはインバーターが発しています。ニコニコ技術部がVVVFインバーターを自作し、加速・減速時の音を再現しました。完璧ともいえる再現度。鉄道ファンでなくても「あ、これ、聞いたことある!」とわかるはず!  まずは西武6000系です。1992年、西武池袋線と東京メトロ有楽町線との相互乗り入れ用車両として...more
カテゴリー:

レビュー:749ドルのBoostedミニS電動スケボーがたまらない - 05月18日(金)12:00 

スケートボードメーカーのBoosted Boards(以下Boosted)から、本当にいいスケボーが出た。Boosted初のショートボードだ。デッキの長さが8.5インチ短くなったが、実際にはそれ以上短くなったように思えるほど、大きな違いがある。 Boostedはおそらく電動スケボーメーカーとしては一番有名だろう。しかし、アンチBoostedの人は、最大の欠点としてお高め価格を指摘する。この点、今回の749ドルのBoosted Mini Sは価格面では手に取りやすいものだ。ショートボードに乗って時速18マイルもの速さで走るのは、コントロールが及ぶ範囲が小さくなったぶん時にハラハラするが、驚くほど楽しい。 ・スペック(Boostedより抜粋) ・価格:749ドル ・航続距離:最長7マイル ・最高速度:時速18マイル ・最大勾配:20度 ・モード:3ライドモード ・ホイール:Boosted Lunar 80ミリ ・デッキの長さ:29.5インチ ・重量:15ポンド まず言えるのは、ボードを短くするというのは、持ち運びの面からいえば非常にいい。僕の好みのボードの持ち方は足の側面に沿って垂らすように持つスタイル。これを、今までのBoostedのボードでやると、ボードを引きずることになってしまう。なので、引きずらないためには持ち上げなければならず、これはちょっとした腹筋のトレーニングになる。こ...more
カテゴリー:

上陸できない世界遺産「沖ノ島」を、一番実感できること - 05月16日(水)05:59 

2017年、世界遺産に登録された福岡県宗像市の「沖ノ島」。きっと、みなさんが思い浮かべるような世界遺産とは一味違っていると思います。というのも、沖ノ島には、一般の人は上陸することができないから。つまり“感じる世界遺産”ということなんです。沖ノ島(遠景) 画像提供:宗像市 とは言っても、色んな意味で沖ノ島に近づける場所はあります。大島にある「沖津宮遙拝所(おきつみやようはいじょ)」からは直接見ることができるんです。とはいえ、大島と沖ノ島の距離は60kmもあり……。条件がそろって運がよければ、といった感じです(5日に1回の確率だとか)。あとは、「海の道 むなかた館」のVR。それはそれでいい感じなんですけど、直接体感できるのとはちょっと違っていて。“沖ノ島って、かなりハードルが高い”というのが私の正直な感想でした。そんな時に見つけたのが、宗像市の「粋工房(すいこうぼう)」が作る「沖ノ島朱(おきのしまあか)」というガラスです。一見関係なさそうに見えますが、ガイド本で見かけた「沖ノ島の塩で突然変異」みたいなスピリチュアル系の文言に惹かれて、工房へ。お話を聞くうちに、沖ノ島に一番近いのはこれだ!と思うようになったんです。「沖ノ島朱」のウソのようなホントの話。「沖ノ島朱」は、鮮やかな明るい朱色が特徴です。タンブラー 28...more
カテゴリー:

名古屋に吹く新風!2017年オープンの注目&絶品ラーメン店5選 - 05月13日(日)07:00 

トレンドは目まぐるしく変化し、日々進化を続ける名古屋のラーメン界。すっきり淡麗系の清湯(チンタン)スープが売りのニューカマーに、話題のヘルシーなベジソバなど一風変わった新ジャンル、他県で長く愛されてきた老舗の東海初進出店まで、その特徴はさまざまだ。2017年にオープンするや否や、ラーメンフリークたちから熱視線を集めた5店を紹介!なごやめしと併せて食べたい一杯を探してみよう。 【写真を見る】つけめん(850円)。豚骨+魚介+鶏ガラで成されるトリプルスープの濃厚なつけ汁には素材の旨みが凝縮。モッチリ麺との相性もよし / つけめん TETSU 名古屋JRゲートタワー店 ■ つけ麺ブームの火付け役が名古屋初進出!「つけめん TETSU 名古屋JRゲートタワー店」 関東を中心に多店舗展開するつけ麺専門店が、名古屋駅の新しいランドマークであるJRゲートタワー12階にオープンした。店ごとにスープや麺が異なるのが特徴だが、名古屋店では本店の味を忠実に再現。しっかりとした味ながらも濃厚過ぎない絶妙なバランスがたまらない。 モッチリ感が特徴の麺は、うどん用の小麦粉とパン用の小麦粉を独自に配合した、TETSU専用粉でできている。冷めたつけ汁を再加熱できる焼き石の提供サービスもあり。立ち上がる湯気がさらなる食欲を生む。 ■住所:愛知県名古屋市中村区名駅1-1-3 JRゲートタワー12F ■電話:05...more
カテゴリー:

水に入れてたったの5分! 手軽においしい本格的なアイスティーを - 05月10日(木)09:00 

自宅でおいしいアイスティーが飲みたいけれど、お湯を沸かして、たっぷりの氷を準備して……と、意外と手間がかかるもの。 水出しで本格アイスティーが! そこで、もっと手軽にアイスティーを飲みたい人のために、英国紅茶ブランド「AHMAD TEA」から簡単に本格的な味が楽しめる水出し紅茶「コールドブリュー」が数量限定発売されます! 英国紅茶ブランド「AHMAD TEA」が夏に向けて数量限定で発売した水出し紅茶「コールドブリュー」は、水350mlの中にティーバッグを5分間入れておくだけ。熱湯も耐熱ポットも不要で、簡単においしいアイスティーが楽しめます。 近年よく目にするようになった「コールドブリュー」は、お湯を使用せず、水でコーヒーや紅茶を淹れる低温抽出方法、いわゆる「水出し」を指す言葉です。発祥はアメリカで日本では2015年頃からコーヒー、紅茶のトレンドとして注目されるようになりました。 そして、今回「AHMAD TEA」からは2種類のテイストが登場。さっぱりとした定番のイングリッシュティーと、レモンピールとライムピール入りのさわやかな味わいのレモン&ライムです。 「コールドブリュー」の特徴は、渋みや苦みが出にくいこと。ですので、子どもも大人も飲みすく、マイボトルに入れて持ち歩いても味が損なわれにくくなっています。 また、「コールドブリュー」を注いだグラスにフルーツやハーブを飾れば、おしゃれ...more
カテゴリー:

冷蔵庫で最大60日保存可能!?なのに本格的なおいしさ!ロングライフサラダ『サラダのプロがつくったサラダシリーズ』を食べてみた! - 05月18日(金)17:55 

賞味期間を制すものは食卓を制す? 今話題のロングライフサラダは、冷蔵庫で15~60日保存できるという画期的なサラダ。「でもそれっておいしいの?」というわけで、最大60日保存できる『サラダのプロがつくったサラダシリーズ』全8品を実際に食べてみた!   ■サラダなのに長持ち!ロングライフサラダに注目! 自分で食事をつくりはじめて早16年。記者はどうにも食材管理が苦手で「野菜って高いのにすぐしなびるよね」と頭を悩ませることが多い。健康やお肌のために野菜はなるべく毎日摂りたいけれど、野菜の鮮度保持はなかなかむずかしいと思う。   そんなとき頼れるのが、長期間保存できる「ロングライフサラダ」。1977年にケンコーマヨネーズ株式会社が食品業界で初めて開発し、発売から40年経つ今なおトップシェアを誇っている日持ちのするサラダだ。「ロングライフサラダ」は業務用をメインに、外食やパン屋などで多く使われており、その中で家庭向けに発売されたのが、小型サイズの『サラダのプロがつくったサラダシリーズ』。一人暮らしや共働き世帯の増加などを背景にニーズが高まっているという。   「ロングライフサラダ」は、密閉包装、加熱殺菌、冷却などの技術を駆使することで、冷蔵未開封で15日~最大60日間もの日持ちを実現している。お惣菜コーナーに並ぶサラダはおおむね当日から2日間程度が消費期限とされ...more
カテゴリー:

元デザイナーが手掛ける輝くデニッシュの正体とは…!? - 05月16日(水)06:30 

閑静な住宅街にたたずむパンのお店「itokito」。サンドイッチと並んで、デニッシュも人気が高い。噛んだらサクサクッと音が響くほどの、生地の軽さが自慢だ。デニッシュ作りのポイントを尋ねると、「生地は20分ほどかけてしっかり焼くことでパリッ、サクッという食感になります。中のクリームはなめらかに仕上げ、生地との食感のコントラストを大事にしています」と勝野さんは言う。 【写真を見る】パンが映えるように白を基調とした店内。カウンターの青いタイルは勝野さんが貼ったもの 春はイチゴ、夏はルバーブ、秋はマロン、冬はかぼちゃなど、季節によってデニッシュの内容は変わる。この日は、「グレープフルーツのサワーカスタードデニッシュ」が並んでいた。 クリームは、サワークリームやカスタードクリーム、アーモンドクリームなど、食材によって使い分けるそう。グレープフルーツにはサワークリームとカスタードクリームを使用。「バターと生クリーム不使用のあっさりとしたカスタードクリームと、程よいコクとやわらかな酸味のあるサワークリームは、グレープフルーツと相性抜群です」と勝野さん。甘酸っぱさと甘さの絶妙なバランス、デニッシュのサクサク感に思わずうなる。 「itokito」の店内では、パンがキラキラと輝いているように見えた。勝野さんに尋ねると、「パンがもっとおいしくみえるように、オレンジ色の照明を当てて、パンを引き立たせている...more
カテゴリー:

「湘南カラー?」「お茶の葉とみかん?」 天浜線の新ラッピング車両に鉄道ファンざわつく - 05月15日(火)20:00 

2018年5月15日、「天浜線(てんはません)」と呼ばれている天竜浜名湖鉄道に「湘南色」の車両が走ると、地元の静岡新聞や中日新聞で報じられ、話題となっている。天竜浜名湖鉄道は、静岡県掛川市の掛川駅から、浜松市天竜区の天竜二俣駅を経て、湖西市の新所原駅に至る鉄道だ。NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」に合わせて走らせた「直虎号」に代わって、5月16日から、新フルラッピング車両が運行を開始する。そのデザインが、濃いオレンジ色と緑色のツートンカラー、つまり旧国鉄時代から半世紀以上にわたり全国の列車で採用され親しまれていた、あの車体の色だ。「湘南色」復活か!? このニュースはまたたくまに鉄道ファンの間に広がり、ツイッターにはさまざまな声が寄せられている。「まじかよ天浜線」「天浜線......これは予想外w」ツイッターに届いた声を見てみよう。 まじかよ天浜線 pic.twitter.com/MZIqBAJO0h- オダ兄さん (@ODK_252brz) 2018年5月14日 天浜線......これは予想外w pic.twitter.com/49rYc1sy1v- はらのひと (@Harahara1238) 2018年5月14日 天浜線「湘南色」で旧国鉄時代の姿を再現5/16から運用開始静岡新聞にて気動車の湘南色って考えもしなかった...笑 pic.twitter.com/UcWCOti4UF...more
カテゴリー:

今年こそ手作り梅酒に挑戦! 初心者でも簡単に作れちゃうオールインワンキット - 05月11日(金)08:20 

まもなく梅の季節が到来!「今年こそは自分で梅酒を作ってみたいな」と思いつつも、なんとなく時期が過ぎてしまってそのまま……という方も多いのではないでしょうか? 厳選素材・道具をオールインワン そんなあなたにぜひおすすめ、初心者でも簡単においしい梅酒を作ることができるオールインワンの梅酒キットが登場です。 梅酒で有名なチョーヤ梅酒株式会社から、「梅・お酒・砂糖・保存瓶・作り方レシピ」がセットになった「チョーヤ 手作り梅酒キット2018」が発売になります。 チョーヤが厳選した梅や道具が全て自宅に送られてくるので、自分では何一つ用意しなくても大丈夫♪ 梅酒を漬け込んだ後も作業時期や飲み頃をメールで教えてもらえるという、初心者でも安心なまさに至れり尽くせりの内容です。 梅は、有機率100%の堆肥を使用し栽培された、和歌山県産の高級品種「南高梅」。肉厚で果汁たっぷり、完熟の少し手前で手摘みされた大粒の4Lサイズが1キロが届きます。 お酒はもちろん、チョーヤのブランデー。ホワイトリカーよりも香りが華やかで、まろやかでコクのある味わいが特徴です。 砂糖は、北海道産のてんさい(砂糖大根)から作られた氷砂糖を使用。保存瓶は、おしゃれな外観かつさびにくいステンレス製の蓋の保存容器。レードル付きもうれしいですね♪ 自分で梅酒を作るという新しいお楽しみを追及したオールインワンキット「チョーヤ 手作り梅酒キッ...more
カテゴリー:

【とり】パフィン(ニシツノメドリ)のくちばしが紫外線で輝くことを発見(写真あり) - 05月10日(木)08:23  newsplus

◆光るパフィンを発見、紫外線でくちばし輝く ~蛍光に光る生物は多いが、パフィンもその一種であることがわかった ジェイミー・ダニング氏が研究室でブラックライトのスイッチを入れると、パフィン(ニシツノメドリ)のくちばしがクリスマスツリーのネオンのように輝きはじめた。 ダニング氏は、英ノッティンガム大学の研究生で、鳥の遺伝について研究している。 研究の一環で、死んだパフィンを調べていたとき、ダニング氏は同僚のある言葉を思い出した。 エトロフウミスズメの羽に紫外線を当てると、光って見えるというのだ。 ...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「オレンジ色」の画像

もっと見る

「オレンジ色」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる