「オリジナルアルバム」とは?

関連ニュース

MISIA、「THE TOUR OF MISIA」シリーズラストとなる横浜アリーナ公演をWOWOWで独占放送 - 03月25日(土)12:00 

MISIAが横浜アリーナにて開催した、アリーナツアー「THE TOUR OF MISIA LOVE BEBOP all roads lead to you」のファイナル公演の模様が、3月26日(日)21時よりWOWOWで独占放送されることがわかった。【その他の画像】MISIA約2年ぶりのオリジナルアルバム『LOVE BEBOP』を引っ提げ、「THE TOUR OF MISIA LOVE BEBOP all roads lead to you」を展開していたMISIA。1999年にスタートした「THE TOUR OF MISIA」シリーズは、コンピューターを駆使したサウンドやライティング、大規模な演出と共に繰り広げられるエンターテインメント性溢れるステージが特徴だが、約4年ぶり12回目となる今回のツアーをもって、このシリーズはラストとなることが発表されていた。 アルバムの表題曲である「LOVE BEBOP」のイントロが鳴り響き、二匹の巨大キングコブラが出現。ステージを覆っていた紗幕が落ちると、舞台センターには、全身ゴールドの衣装に身を包んだMISIAの姿があった。『盛り上がっていくよ! 付いて来て!』とハイテンションでスタートを切ったステージは、続く「Butterfly Butterfly」から「CATCH THE RAINBOW」まで、「LOVE BEBOP」を含めた7曲を息つく...more
in English
カテゴリー:

頭抜けた才能で疾走する三浦大知の最新作『HIT』の魅力とは? - 03月25日(土)00:00 

今、最も熱い注目を集めるエンターテイナー三浦大知。抜群のセンスを誇るダンスと場を支配する歌唱力に支えられたパフォーマンスをひと目見れば、彼の実力はすぐに分かる。しかし、技術的な部分の素晴らしさだけでここまで多くの人を惹き付けるのではない。彼の音楽やライヴ活動にはあえて余白が残されていて、リスナーやオーディエンスが主役になって考えたり、感じさせたりする仕掛けが随所に入っている。そんな三浦大知の美学がより一層反映されていると感じられるのが、3月22日にリリースされた6枚目のオリジナルアルバム『HIT』だ。【その他の画像】三浦大知今作はオリコンウィークリーチャート1位を獲得した「EXCITE」やブレイクダンス世界大会のテーマソングになった「(RE)PLAY」、自身最高難易度のダンスに挑戦した「Cry & Fight」といったヒットシングルに加え、多彩なナンバー全12曲を収録。アルバムのサウンドについて彼は“欲張らない”というテーマを設定したという。『HIT』を制作していた2016年は『ミュージックステーション』などの音楽番組に多数出演。『仮面ライダーエグゼイド』の主題歌「EXICITE」を担当するなどして、幅広い層に対して彼の存在が浸透していった年だった。“三浦大知の音楽が届く範囲がさらに広がった”という実感を持った彼は今まで応援してきたファンに加え、新しく聴く人も楽しめるものにしようと...more
in English
カテゴリー:

Acid Black Cherryの10年――2008年を振り返る - 03月24日(金)00:00 

2017年7月18日よりソロデビュー10周年に突入するAcid Black Cherry。初収録映像満載の、総収録時間7時間32分にも及ぶライヴ映像作品『10th Anniversary Live History -BEST-』を3月22日にリリースした。【その他の画像】Acid Black Cherry同時にAcid Black Cherryの10年を見てきた音楽ライターの武市尚子氏が、ABCの10年の歴史を1年づつ振り返る連載がスタート! その2回目はABCとして初のオリジナルアルバムを発売し、それを引っさげた全国ツアーを行った2008年に迫る。■【2008年】Acid Black Cherry 2008 tour “ BLACK LIST ” 2008年2月20日。Acid Black Cherryは初めてのオリジナルアルバム『BLACK LIST』をリリースした。『BLACK LIST』は、主にカトリック教会において《傲慢》《物欲》《嫉妬》《肉欲》《憤怒》《貪食》《怠惰》という感情が人間を罪に導く可能性があるとする、いわゆる【七つの大罪】をモチーフとし、「人は生まれながらにして罪人なのか」というテーマを掘り下げた作品である。ソロとして、初めてのオリジナルアルバムを作り上げる過程でのyasuは、一切の妥協も許さなかったという。  「『BLACK LIST』のコンセプトは、ソ...more
in English
カテゴリー:

栄輔ロスに朗報! 松下優也がソロライブ開催決定 - 03月23日(木)22:00 

NHK連続テレビ小説「べっぴんさん」に出演中、“栄輔ロス”が話題になるなど、今注目の俳優:松下優也のデビュー10年目突入を記念して、アーティストとして3年ぶりとなるソロライブを開催することが決定した。 松下は、現在俳優として注目されているが、デビューはソロアーティストとして、2008年11月26日にシングル「foolish foolish」でデビュー。これまでにシングルを16作品とオリジナルアルバムを3作品発表し、数多くのライブツアーを開催してきた。 2014年に開催した全国ツアー「YUYA MATSUSHITA LIVE TOUR 2014 ~6th ANNIVERSARY LIVE~」を以ってソロアーティストとしての活動を一旦休止。現在は関西発5人組ボーカル&ダンスグループ「X4(エックスフォー)」のYUYAとしてアーティスト活動をしている。 X4は2015年に結成、同年10月にシングル「Killing Me」でデビューし、先日3月8日にセカンドアルバム「Xross Mate」をリリースしたばかり。グループとしても4月2日より全国ツアー「X4 LIVE TOUR 2017 –Xross Mate-」をスタートさせる。 グループ活動、俳優として活動している松下が、久しぶりに行うソロライブだけにまさに記念となるライブになりそうだ。 ◆松下優也「Anniversary LI...more
in English
カテゴリー:

【Arto Lindsay】アート・リンゼイ、最新作レコーディングメンバーを率いて来日決定 - 03月22日(水)18:03 

アート・リンゼイが、6月に東京、京都、大阪を回るジャパンツアーを行なうことが発表された。 1月に約13年ぶりのオリジナルアルバム『Cuidado Madame(ケア...
in English
カテゴリー:

HY・仲宗根泉、ライザップ挑戦で心境変化も? 失恋ソングの女王がさらなる進化 - 03月25日(土)08:40 

 歌詞が心に響く、共感できる、と女性からの絶大な支持を集めるHYのボーカリスト・仲宗根泉。歌詞に対して貪欲なまでのこだわりを見せる彼女は、リアルな感情を得るための努力を決して惜しまない。仲宗根本人が出演し、ライザップでダイエットに成功するまでを追ったCMが話題を集めているが、そのCMソングにもなっている新曲「DEBUと言われて」も、自らの体験によって芽生えた感情から生まれたものだ。自分への応援歌として書かれた同曲だが、その心情は失恋ソング同様に心にじわりと沁みてくる。 【動画】筋トレになるダンスも?「DEBUと言われて」ミュージックビデオ ◆書くために恋人と別れる、“失恋ソングの女王”の作詞術  沖縄在住5人組バンドのHYのキーボード兼ボーカルの仲宗根泉。のびやかで包み込むような深みのある歌声、明るく大らかなキャラクターで人気を集める、グループの紅一点である。仲宗根のバラードは、恋に悩める女性の心にとにかく沁みる。「366 日」「NAO」……、リアルな恋心が胸に響く名失恋ソングの数々によって、別名「失恋ソングの女王」とも呼ばれている。  「私の失恋ソングは希望を感じさせないとよく言われます。だから、失恋直後のドン底気分にぴったり合う(笑)。でも、失恋して落ち込んだときってそうでしょう? たくさん泣いて、たくさん毒を吐き出した後じゃないと希望の光は見えてきませんから。だから、...more
in English
カテゴリー:

AAA・urata naoya、最新アルバム「unlock」ビジュアル&リード曲「空」MV公開 - 03月24日(金)11:54 

AAAのリーダー・urata naoyaが、4月26日にリリースするアルバム「unlock」のジャケット写真、ニュービジュアル、リード曲「空」のミュージックビデオを自身のオフィシャルサイトにて同時公開した。ソロとして活動し、4作目となる「unlock」は全曲urata自身が作詞を手がけるコンセプトアルバム。今作について、urataは「urata naoya (AAA)として久々のオリジナルアルバムを作らせていただきました。今回はすべて作詞をさせていただき、浦田直也として34年、歌手浦田直也として11年生きてきた中で、口に出さなかった事、口に出せなかった事、心にしまっていた言葉達をうまく『解放』する事ができました。生きてきた中で感じたものを、隠す事なく曲にのせたこのアルバムで、是非何かを感じていただけたらと思います。」とコメントを寄せている。「空」のMVでは「見上げた空のように素直に生きてゆけるのならば」とその歌詞の世界観通り、自身の心の葛藤や素直な感情を空の変化にたとえており、今までは見れなかったような、urataの内側にある様々な表情を見せる作品となっている。urata naoya(AAA)「空」ミュージックビデオリリース情報アルバム「unlock」2017年4月26日発売(CD+DVD)AVCD-93674/B 2,500円+税(CD)AVCD-93675 1,800円+税初回...more
in English
カテゴリー:

urata naoya(AAA)、リード曲「空」のMV解禁! - 03月23日(木)22:30 

昨年デビュー11周年を迎え、初となる単独ドーム公演の成功、今年2月にリリースしたアルバム「WAY OF GLORY」がオリコン月間ランキング1位を獲得するなど、話題となっているAAA。 そんな今勢いのあるグループのリーダー:urata naoyaが、4月26日にソロアルバム「unlock」をリリースするにあたり本日23日、自身のオフィシャルHPにて「unlock」のジャケット写真、ニュービジュアル、そして今作のリード曲「空」のミュージックビデオを公開した。 MVでは「見上げた空のように素直に生きてゆけるのならば」とその歌詞の世界観通り、urata自身の心の葛藤や素直な感情を“空”の変化にたとえており、今までは見れなかったような彼の心の内側にある様々な表情を見せる作品となっている。 ソロとして4作目となる「unlock」は、全曲urata自身が作詞を手がけるコンセプトアルバムとなっており、彼の心を解き放った深く、大きく、真っ直ぐな想いを綴った1枚に。 ニューアルバムについてurataは、「urata naoya(AAA)として久々のオリジナルアルバムを作らせていただきました。今回はすべて作詞をさせていただき、浦田直也として34年、歌手浦田直也として11年生きてきた中で、口に出さなかった事、口に出せなかった事、心にしまっていた言葉達をうまく“解放”する事ができました。生きてきた...more
in English
カテゴリー:

倖田來未「徹子の部屋」初出演で黒柳徹子の爆笑をさらう - 03月23日(木)11:30 

1976年から多彩なジャンルのゲストを迎えて放送41年、同一の司会者による最多放送記録としてギネス世界記録に認定された日本が誇る長寿番組「徹子の部屋」。 3月22日(水)の放送回では、アーティストの倖田來未が出演した。 3月8日に2枚同時発売したオリジナル・アルバムがオリコン・チャートの1位と2位を独占し、女性ソロ・アーティスト2人目の快挙を成し遂げた彼女が同番組への初出演を果たした。 番組冒頭から、持ち前の明るさとトークであの黒柳を倖田テリトリーに引き込んでいく。 京都生まれの倖田は、祖父は尺八、母はお琴という伝統芸能一家で育ち、自身は3歳から日舞と剣舞を習っていたそうで、日舞の身のこなしは、歌手としてのパフォーマンスにも非常に役立っていると語る。 そんな倖田が歌手を目指すようになったのは、歌の上手い母への憧れがきっかけ。小学生の頃から山口百恵を大人に交じって歌っていた。しかし、受け続けたオーディションは落選ばかり。どうしても自分の顔や身体に対するコンプレックスが強かったと当時を振り返る。 それでもあきらめずデビューを勝ち取り、多くの人に聴いて、知ってもらえるのであればと試み独自のスタイルを確立した倖田は「時には家族を悲しませてしまったこともありましたがいつも自分を信じて応援してくれ支えてくれた」と語る。 そして、彼女のライブ映像の紹介VTRを観た黒柳は「飛んでる飛んで...more
in English
カテゴリー:

エレファントカシマシがメジャー復帰に際し、 自らを奮い立たせる言葉を注いだ『ココロに花を』 - 03月22日(水)18:00 

デビュー30周年のアニバーサリーイヤーを迎えたエレファントカシマシ。シングル「デーデ」でデビューした1988年3月21日からちょうど30年目になった日に、オールタイムベストアルバム『30th Anniversary「All Time Best Album THE FIGHTING MAN」』をリリースしたばかりで、それに加えて12月まで続くバンド史上初めての47都道府県ツアーもスタートした。ベテランと呼ばれる域に突入してますます勢い盛んな彼らの姿を見ていると、それだけで元気をもらえるように思うリスナーも少なくないのではなかろうか。数あるエレカシ作品の中から前向きな気分にさせてくれる名盤をご紹介!【その他の画像】エレファントカシマシ■セールスが振るわなかった初期昨年末に宮本浩次(Vo)の主演ドラマが放送されたり、メンバー4人で朝のワイドショーに出演して生演奏したりと、ここ最近は30周年イヤーに相応しい露出がなされてきたエレファントカシマシ(以下、エレカシ)。彼らのテレビ出演自体が珍しいわけではないし、今までお茶の間に進出してきたからこそ、名曲たちが一般層にも浸透し、宮本のキャラクターも認知されたのであろう。それは確かだが、彼のデビュー時を知る者のひとりとしては、こうしてエレカシがマスメディアで取り上げられると、依然として隔世の感を禁じ得ない。90年代前半までのエレカシ、とりわけ宮本は...more
in English
カテゴリー:

もっと見る

「オリジナルアルバム」の画像

もっと見る

「オリジナルアルバム」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる