「オムロン」とは?

関連ニュース

モバイルアプリ成長支援ツール「Repro」、オムロン ヘルスケア株式会社が提供する血圧計や体重計などの健康医療機器と連携するアプリ「オムロン コネクト」に導入決定 - 11月15日(水)11:00 

[Repro株式会社] [画像: https://prtimes.jp/i/13569/33/resize/d13569-33-252843-0.jpg ] スマートフォンの普及、健康医療機器の高機能化などによって、世界的に拡大しているのがモバイルヘルスケア市場です。モバイルヘルスケ...
カテゴリー:

エッジ領域のプラットフォーム標準仕様策定でコンソーシアム―アドバンテック、オムロン、NEC、IBM、オラクル、三菱電機 | IT Leaders - 11月08日(水)07:00 

2017年11月6日、アドバンテック、オムロン、NEC、日本IBM、日本オラクル、三菱電機の6社は、エッジコンピューティングの標準的なプラットフォーム仕様を共同で開発する「Edgecross(エッジクロス)コンソーシアムの設立を発表した。活動開始は11月29日を予定している。
カテゴリー:

【IoT 】「エッジコンピューティング」で工場の競争力高める - 11月06日(月)22:52  newsplus

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171106/k10011212961000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_039 11月6日 17時37分 さまざまなモノをネットでつなぐ新たな技術、IoTを生かして工場の競争力を高めようと、大手電機メーカーなど6社が連携していくことになりました。 IoTは、さまざまなモノをネットとつなぐ技術で、工場に導入すれば生産ラインがよりスムーズに流れたり機械の不具合をいち早く感知したりするなどして生産性が高まることが期待されています。 こうした“未来の工場”を実現しものづくりの競争力を...
»続きを読む
カテゴリー:

工場のIoT化支援で新団体、制御機器とITの大手が組む(ニュース) - 11月06日(月)16:52 

 アドバンテック、オムロン、NEC、日本IBM、日本オラクル、三菱電機の6社は2017年11月6日、工場のIoT化を支援する団体「Edgecross(エッジクロス)コンソーシアム」を設立すると発表した。同月29日に設立する予定。
カテゴリー:

堀場製作所を「世界シェア8割」に押し上げた堀場 厚会長の「人材マネジメント術」 - 11月15日(水)07:10 

堀場製作所は、自動車の排ガス、プロセス・環境の計測、生体外の医療診断、半導体製造の測定をはじめ、研究開発や品質測定などで使われる計測器やシステムを提供している京都発のメーカーだ。京都は、京セラ、オムロン、村田製作所など、昔から数多くのハイテクメーカーが興きた土地柄だが、その中でも堀場製作所は、社員の半分以上が外国人という特異な立ち位置にいる。なぜ京都の一企業がグローバルでの企業買収に成功してきたのだろうか? そこには、まさに堀場流ともいえる人材マネジメントが隠されていた。
カテゴリー:

アドバンテック、NEC、日本IBMら6社、「Edgecrossコンソーシアム」設立 - 11月07日(火)11:04 

アドバンテック、オムロン、日本電気、日本アイ・ビー・エム、日本オラクル、三菱電機の6社は、「Edgecross(エッジクロス)コンソーシアム(以下、コンソーシアム)」を設立することで合意したことを発表した。
カテゴリー:

日本IBMら6社、「Edgecrossコンソーシアム」を設立 - 11月06日(月)17:22 

日本IBM、アドバンテック、オムロン、NEC、日本オラクル、三菱電機の6社は11月6日、「Edgecross(エッジクロス)コンソーシアム(以下、コンソーシアム)」を設立することで合意した。これにより、企業・産業の枠を超え、エッジコンピューティング領域を軸とした新たな付加価値創出を目指し、グローバルで需要が高まるIoT化や、日本政府が提唱する「Society5.0」とSociety 5.0につながる「Connected Industries」の活動に寄与するという。
カテゴリー:

「オムロン」の画像

もっと見る

「オムロン」の動画

Wikipedia

オムロン株式会社()は、京都府京都市に本社を置く、日本の大手電気機器メーカー。

創業者は立石一真。センシング&コントロール技術を核とした産業向け制御機器やシステム、電子部品のほか、ヘルスケア製品等を展開する「オムロングループ」の中核企業の役割を担っている。東京証券取引所第一部上場(証券コード:6645)、米国預託証券上場(証券コード:OMRNY)。

概要

制御機器・FAシステム事業、電子部品事業、車載電装部品事業、社会システム事業、健康医療機器・サービス事業の主要5事業を、一部分社化を含め、カンパニー制で展開している。

世界初の無接点近接スイッチを開発するなど産業用オートメーション機器に強みを持つが、一般消費者には健康医療機器で知られる。家庭用電子血圧計は世界トップシェアを誇る。また、自動改札機、ATM(現金自動支払機)など世の中にない製品を創り出すベンチャー精神がある。これらはプロジェクトXで取り上げられた。近年では、液晶テレビのバックライトが知られる。かつてはプリントシール機の開発の大手でもあり、グループ会社だった...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる