「オムスク」とは?

関連ニュース

【衝撃に備えろ】世界はクリスマスを迎えつつある - 12月09日(金)10:37 

ジングルベル、ジングルベル!クリスマスと新年!クリスマスまで残すところ18日、新年までは24日となりました!スプートニクは全世界のこの重要な祝祭日を首を長くして待っています。 そして年末年始に向けて盛り上がっている世界各国の様子を、皆さんにご堪能いただきたいと思います。 そー https://jp.sputniknews.com/photo/201612083097833/ カメラマンにポーズをとるチャリティレースの参加者。ロンドンにて。 モナコでクリスマスの飾りの写真を撮る観光客。 北京で新年の飾りの近くでセルフィーする恋人たち。 サン...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

「オムスク」の画像

もっと見る

「オムスク」の動画

Wikipedia

オムスク(, Omsk)はロシア連邦中南部の都市。シベリア連邦管区の西端に位置する。人口は1,140,200人(2003年)。シベリアではノヴォシビルスクに次ぐ2番目に大きな都市である。モスクワから2,555km。

1716年に建設され、1782年からオムスク市。シベリア開拓の拠点として知られ、ながらく西シベリア総督が本拠を置く西シベリアの中心都市でもあった。革命以前には日本領事館もあった。革命戦争の折には、一時、コルチャーク提督率いる白衛軍の首都ともなった。1934年からオムスク州の行政の中心。

オムスクは現在もシベリア・コサック軍(Siberian Cossack Voisko)の行政中心地であるほか、ロシア正教会のオムスクおよびタラの主教、イスラム教のシベリアのイマームが存在する。

地理

北へ流れるイルティシュ川の右岸、オミ川との合流点を中心に、その両岸に街が細長く広がっている。 そのたたずまいは、小...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる