「オマージュ」とは?

関連ニュース

ロバート秋山なりきり特番再び 二階堂ふみがまさかの感涙 - 02月20日(火)13:29 

 変幻自在のキャラ職人・ロバートの秋山竜次が“ウソ番組”を作って、日本テレビ限定の新キャラを生み出して放送する特番『ロバート秋山のウソ枠』の第2弾が、24日の深夜0時55分から放送される。昨年10月放送の第1弾では、俳優の菅田将暉がストーリーテラーを務めたが、今回は女優の二階堂ふみが担当する。 【写真】前回は…架空の偉人を演じたロバートの秋山竜次  秋山は今回、日本のスーパーマーケットで流れるBGM(スーパーマーケットミュージック:略してSPM)の8割を手掛けるミュージシャン時江田佑(ときえだ・たすく)として出演。「食材たちや野菜が聞いてくれていると思って曲を作る」という独自の方法で“SPM”を作り出す仕事場をテレビ初取材し、スーパーマーケットでの生ライブにも密着する。  秋山演じる時江田の“SPM”を聞いてスーパーで5万円分も買い物してしまって以来、すっかりファンになったという二階堂はスタジオでツーショット対談を実施。時江田からのサプライズに感極まる場面も放送される。  また、ミュージシャン・音楽プロデューサーのヒャダインも時江田SPMの影響を強く受けたひとりとして登場。「佑さん」「ヒャダ」と呼び合う仲で、自身の楽曲には時江田SPMをオマージュした曲もあるそうだが、番組のインタビューでは「時江田SPMと出会って人生が変わった」と打ち明けている。 【関連記事】 【写真】...more
カテゴリー:

ロバート秋山、今度は“SPM”でスーパーを救うミュージシャンに 二階堂ふみと対談も - 02月19日(月)19:06 

ロバートの秋山竜次扮する、スーパーマーケットに流れるBGM、通称“SPM”で数々のスーパーの窮地を救ってきたミュージシャン・時江田佑に密着するという設定の音楽番組『ロバート秋山のウソ枠』が、日本テレビにて2月24日(土)24時55分から放送されることがわかった。同番組は、2017年10月に第1弾が放送され好評を博した“ウソ番組”の第2弾。秋山が同局の30分枠をジャックし、「ニッポンのテレビ番組」のあるあるをまるごとパロディーし、完全にウソだけで構成するバラエティだ。今回は、「食材たちや野菜が聞いてくれていると思って曲を作る」と、独自のSPMを作り出す時江田(秋山)の仕事場をテレビ初取材、スーパーマーケットでの生ライブにも密着する。番組をナビゲートするのは、時江田のSPMを聴いてスーパーで5万円分も買い物してしまって以来ファンになったという二階堂ふみ。スタジオでの2ショット対談では、時江田からの思わぬサプライズに感極まるシーンも……。一方、ミュージシャン・音楽プロデューサーのヒャダインも時江田SPMの影響を強く受けた1人。番組中のインタビューでは「時江田SPMと出会って人生が変わった」と振り返る。「佑さん」「ヒャダ」と呼び合う仲で、自身の楽曲には時江田SPMをオマージュした曲もあるという。また、時江田と二階堂の対談や、時江田の生い立ちなど、地上波では泣く泣くカットされた未公開シーンを...more
カテゴリー:

水樹奈々 憧れの「ゲレンデの恋」に、妄想がとまらない!? - 02月19日(月)17:00 

声優・歌手として活躍する水樹奈々がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「Mの世界」。2月12日(月)の放送では、水樹が「ゲレンデで聴きたい」邦楽・洋楽を1曲ずつセレクト。スキー場での苦い思い出も語りました。 (TOKYO FM「水樹奈々のMの世界」2018年2月12日(月)放送より) 声優・歌手として活躍する水樹奈々 水樹「連日寒い日が続いていますけど、みなさん、体調は大丈夫ですか? 東京でも何年ぶりでしょうか、たくさん雪が降ってビックリしましたよね。やっぱり、スキー場は盛り上がっているんじゃないでしょうか。もしかしたら、今、とても滑りやすい雪の状態だったりするんでしょうかね。 いつか、水樹の曲もスキー場で流れてほしいですね。冬ソングはけっこう多いんですけど、ちょっとスキーを滑るには安全運転できないというか、直滑降で滑っていかないと無理な曲が多いので(笑)。恋人と、ウフフフ……アハハハ……なんて笑いながら滑るには、なかなか難しい曲が多いので、いつかはそういう曲も作ってみたいなと思っております」 この冬、CMやポスター広告などで話題の、あの映画の話も飛び出しました。 水樹「私も、世代的には後追いという形になるんですけど、ホイチョイプロダクション原作の映画『私をスキーに連れてって』が30年前に大ヒットして、その頃、スキーブームが起こっていたそうなんです。私は大人に...more
カテゴリー:

綾瀬はるか、竹中直人をお伴に!?『今夜、ロマンス劇場で』劇画風ポスター公開 - 02月19日(月)09:30 

綾瀬はるかと坂口健太郎が初共演していることで話題の映画『今夜、ロマンス劇場で』。この度、映画の大ヒットを受け、綾瀬演じるスクリーンの中のお姫様と、竹中直人演じるお伴・タヌキの姿が収められた、劇中に登場するポスタービジュアルが初公開された。本作は、映画監督を夢見る青年・健司(坂口)と、突然スクリーンから飛び出してきたモノクロ映画のヒロイン・美雪(綾瀬)による、奇想天外なファンタジックラブストーリー。2月10日に298館で公開した本作は、3日間で2.4億円を超え、堂々の大ヒットNo.1スタートを記録。映画館には、10代~60代と幅広い客層が訪れ、男女比は4:6と、恋愛映画としては男性の割合も多く、映画レビューサイト「Yahoo!映画」では、4.29点を獲得(2月13日時点)。SNS上では「映画を愛する全ての人に見て欲しい」「久しぶりに映画でマジ泣けた、涙腺が崩壊してしまった」「今まで見た映画で一番泣きました」などと感動の声が続々と寄せられている。完全オリジナル作品である本作は、稲葉直人プロデューサーの10年越しの熱い想いによって実現。「映画館を舞台にした映画を作るのであれば、映画愛に溢れたものにしたい」という稲葉プロデューサーの映画への愛が込められており、劇中ではさりげなく過去の名画へのオマージュがちりばめられている。映画に魅せられ映画監督を目指す健司と、劇場館主の本多(柄本明)の関係...more
カテゴリー:

アニメ『ラーメン大好き小泉さん』は音楽愛&ラーメン愛がマシマシ! 主題歌&サントラを徹底解説 - 02月18日(日)17:00 

1月に一斉に放映をスタートした冬アニメも、早くも折り返し地点を迎えようとしています。 【あれから10年】厳選!「2008年のアニソン」Best10―『星間飛行』からあの電波ソングまで 斬新かつアナーキーな表現で話題性では頭一つ飛び抜けた感のある『ポプテピピック』や、丁寧な作劇がアニメファンの支持を集める『ゆるキャン△』と『スロウスタート』というきらら系アニメの2作品、今後の展開も楽しみなロボットアニメ『ダーリン・イン・ザ・フランキス』などなど、注目作が数多く揃った今年度の冬アニメの中でも、本連載でその音楽を"イチ推し"ておきたい作品が『ラーメン大好き小泉さん』です。 人気音楽レーベルのflyingDOGプロデュースによる本作。その主題歌と劇伴には、アニメファン、音楽ファン、そして、ラーメンファンの心をもグッと掴む、話題性とこだわりがマシマシに詰まっています。 大胆な歌詞とサウンドにシンガーの高いポテンシャルが融合した1曲! 鈴木みのり『FEELING AROUND』 『ラーメン大好き小泉さん』の音楽を語る上で先ず外せないのが、オープニング主題歌の『FEELING AROUND』です。 『マクロスΔ』のフレイア・ヴィオン役で声優・アニソンアーティストとして鮮烈なデビューを飾り、劇中から飛び出したアイドルユニット「ワルキューレ」のメンバーとしても活躍する鈴木みのりさんのソロ...more
カテゴリー:

ロバート秋山、今度はSPMでスーパーを救うミュージシャンに 二階堂ふみと対談も - 02月20日(火)12:02 

ロバートの秋山竜次扮する、スーパーマーケットに流れるBGM、通称“SPM”で数々のスーパーの窮地を救ってきたミュージシャン・時江田佑に密着するという設定の音楽番組『ロバート秋山のウソ枠』が、日本テレビにて2月24日(土)24時55分から放送されることがわかった。同番組は、2017年10月に第1弾が放送され好評を博した“ウソ番組”の第2弾。秋山が同局の30分枠をジャックし、「ニッポンのテレビ番組」のあるあるをまるごとパロディーし、完全にウソだけで構成するバラエティだ。今回は、「食材たちや野菜が聞いてくれていると思って曲を作る」と、独自のSPMを作り出す時江田(秋山)の仕事場をテレビ初取材、スーパーマーケットでの生ライブにも密着する。番組をナビゲートするのは、時江田のSPMを聴いてスーパーで5万円分も買い物してしまって以来ファンになったという二階堂ふみ。スタジオでの2ショット対談では、時江田からの思わぬサプライズに感極まるシーンも……。一方、ミュージシャン・音楽プロデューサーのヒャダインも時江田SPMの影響を強く受けた1人。番組中のインタビューでは「時江田SPMと出会って人生が変わった」と振り返る。「佑さん」「ヒャダ」と呼び合う仲で、自身の楽曲には時江田SPMをオマージュした曲もあるという。また、時江田と二階堂の対談や、時江田の生い立ちなど、地上波では泣く泣くカットされた未公開シーンを...more
カテゴリー:

Take Eat Easy。飫肥の夜は「GINNOO」に集まれば間違いない - 02月19日(月)18:59 

日南・飫肥で、地域再生や古民家再生プロジェクトなどに関わる人たちが、誰が呼びかけるわけでもなく自然と集まってくるBarがあります。雰囲気は、アメリカの田舎町にあるレストランやダイナーのような「GINNOO(ジンノー)」。店主の小野雄司さん自ら、「いわゆる宮崎のメジャーな食事を楽しみたいなら、他のお店に行ってもらったほうがいいと思います(笑)。うちも地元の食材は多めに使ってますが、アレンジとかは独特なので」と言ってしまうくらいゆるめ。名刺には「Take Eat Easy」のメッセージも付いていました。人気の「最強日南レモンサワー(600円)」をいただきつつ、ソファ席でくつろいでみます。「おかわりしてレモンを育ててください」最初の一杯は(…というよりも結局おかわりし続けたんですが)、日南産のレモンを使ったレモンサワー。甘みとキレがあるので、ついグビグビいってしまいます。300円で中身のおかわりをして、レモンを育てるのがGINNOO流。メニューはアラカルトから肉料理、アヒージョまでたくさんありますが、さっぱりいきたい気分だったので、「冷やしトマト 葱まみれ(650円)」をオーダー。県産野菜のみずみずしさがいいですね。がっつりいきたい人は、「チキン南BAN(950円)」「黒焼きSOBA(800円)」「アスパラフライ太(950円)」を頼むと、お腹も心も満たされるかと思います。店...more
カテゴリー:

綾瀬はるか、竹中直人を“お伴”に!?『今夜、ロマンス劇場で』劇画風ポスター公開 - 02月19日(月)09:44 

綾瀬はるかと坂口健太郎が初共演していることで話題の映画『今夜、ロマンス劇場で』。この度、映画の大ヒットを受け、綾瀬演じるスクリーンの中のお姫様と、竹中直人演じるお伴・タヌキの姿が収められた、劇中に登場するポスタービジュアルが初公開された。本作は、映画監督を夢見る青年・健司(坂口)と、突然スクリーンから飛び出してきたモノクロ映画のヒロイン・美雪(綾瀬)による、奇想天外なファンタジックラブストーリー。2月10日に298館で公開した本作は、3日間で2.4億円を超え、堂々の大ヒットNo.1スタートを記録。映画館には、10代~60代と幅広い客層が訪れ、男女比は4:6と、恋愛映画としては男性の割合も多く、映画レビューサイト「Yahoo!映画」では、4.29点を獲得(2月13日時点)。SNS上では「映画を愛する全ての人に見て欲しい」「久しぶりに映画でマジ泣けた、涙腺が崩壊してしまった」「今まで見た映画で一番泣きました」などと感動の声が続々と寄せられている。完全オリジナル作品である本作は、稲葉直人プロデューサーの10年越しの熱い想いによって実現。「映画館を舞台にした映画を作るのであれば、映画愛に溢れたものにしたい」という稲葉プロデューサーの映画への愛が込められており、劇中ではさりげなく過去の名画へのオマージュがちりばめられている。映画に魅せられ映画監督を目指す健司と、劇場館主の本多(柄本明)の関係...more
カテゴリー:

めくるめくレトロテックの洪水と80〜90年代音楽。Vaporwaveのパーティに行ってきた - 02月18日(日)20:00 

屋根裏で見つけた古いMacintoshをコスチューム化したYo Mykei(仮名)さん。 Image:Akaha Rabut for Gizmodo 懐かしいけど新しい。今年2月13日はキリスト教のお祭り・マルディグラの日で、その前の1カ月ほど世界各地でさまざまなイベントが開かれました。マルディグラの開催地の中でも特に有名な米国ルイジアナ州ニューオーリンズでは、今年もKrewe(クルー)と呼ばれるカーニバル集団がそれぞれ趣向をこらしたパレードを繰り広げました。ニューオーリンズのマルディグラそのものは、日本で言えばねぶた祭りみたいな伝統行事ですが、その中で唯一、完全にバーチャルな「パレード」を行ったクルーがいました。その名も「Krewe of Vaporwave」。Vaporwave(ベイパーウェーブ)とはこの10年ほどで確立されてきた音楽ジャンルのひとつであり、ムーブメントでもあります。…って何が面白いのか、彼らのパーティを米Gizmodoがレポートしていますので、どうぞ!Clairissa Mulloyさんは、友だちの家で発掘したというレーザーディスクを麦わら帽子のようにかぶっていました。日よけできる範囲が大きくなるから「CDより良い」のだと言いながら。一方、Nisey Shanksさんはバルコニーからダ...more
カテゴリー:

ミーゴス1万字インタビュー:ヒップホップ界のキングが語る過去・現在・未来 - 02月18日(日)12:45 

特大ヒットシングル、40万ドルの愛車、ストリップクラブ、マリファナ、カーディ・B――新作『カルチャーⅡ』を完成させたばかりの3人による赤裸々な発言の数々、そして頂点を見据える2018年の展望現在のヒップホップ界を象徴するスターの1人が所有する、ゲートに囲まれた2エーカー以上の敷地に建てられたアトランタの豪邸の前には、2台のベントレーが駐められている。正面玄関の扉を開けるやいなや、視界がマリファナの煙で曇った。いまだ大半が未使用となっているこの豪邸は、ミーゴスのオフセットの自宅だ。がらんどうの部屋の幾つかでは、床に衣服が投げ出されている。一度も足を踏み入れていないと思われる部屋もあり、家具の中には値札がついたままになっているものもある。「散財しまくってるんだよ」オフセットはそう話す。「ずっとツアーに出ずっぱりで、ここにはほとんどいないんだけどな」昨年ミーゴスの「バッド・アンド・ブージー」がチャートを席巻したことを考えれば、高額の請求に対して新札の束をポンと手渡す彼の姿は容易に想像できる。それを裏付けるかのように、バーカウンターの上には約10万ドルはあると思われる100ドル札の束が、こともなげに積まれていた。オーデマ・ピゲとパテック・フィリップの時計を含む、キッチンのカウンターの上に放置された宝石類の総額は、約127万ドル相当だという。「ラッパーたちのリリックに出てくる腕時計を、俺は実...more
カテゴリー:

もっと見る

「オマージュ」の画像

もっと見る

「オマージュ」の動画

Wikipedia

オマージュ()は、芸術文学において、尊敬する作家や作品に影響を受けて、似たような作品を創作する事を指す用語である。

しばしば「リスペクト」(尊敬、敬意)と同義に用いられる。ただしフランス語として使う場合は他の単語と組み合わせて「尊敬を込めた作品」の意味で使われることが多く、hommageだけでは「尊敬、敬意」の意味だけになる。

概要

厳密に言えば「映画で単純に似たシーンがあること」をさしてオマージュとはいえない。

“オマージュ”には必ずしも似た表現や表象がある必要はなく、作品のモチーフを過去作品に求めることを指す。騎士道から生まれた言葉であるため、モチーフに対する敬意ある親和性がオマージュであるかどうかの判断基準となる。

創作作品においてオマージュの語を比喩的に尊敬の意に用いる例は、既に20世紀初めのジョージ・オーウェル''Homage to Catalonia''(直訳:カタルーニャへのオマージュ、邦題:カタロニア讃歌)に見られる。ロックやポピュラー音楽において、盛んにオマージュの語が用いられるようになり、普及した。

映画などにおいては、好きな監督や作品などへの敬意や愛情を示すために、その作品をイメージさせる映像(演出)を...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる