「オホーツク海」とは?

関連ニュース

オホーツク上空で流氷観測、海保 平年並みに南下 - 01月17日(水)18:22 

第1管区海上保安本部(小樽)は17日、オホーツク海で航空機による流氷観測を実施した。船舶と流氷の衝突を防ぐため毎年...
カテゴリー:

トラックと正面衝突 20歳学生死亡 - 01月08日(月)19:30 

8日午前、オホーツク海側の佐呂間町で19歳の女性が運転する乗用車がトラックと正面衝突し、乗用車の助手席にいた20歳の女性が死亡しました。2018年01月08日(月) 19時00分 更新
カテゴリー:

流氷:オホーツク海で今冬初確認 紋別海上保安部の巡視船 - 01月08日(月)13:59 

 紋別海上保安部(北海道紋別市)は7日、巡視船「そらち」が雄武(おうむ)町日の出岬から北北東約85キロ付近のオホーツク海で流氷を確認したと発表した。海上からは今冬初で、前年より5日遅いがほぼ平年並み。同海保は付近を航行する船舶に注意を呼びかけている。
カテゴリー:

【群馬・埼玉】利根川のサケ遡上 11年ぶり4000匹割れ 関係者「残念」 遡上が始まる10月に1匹も確認されず - 01月05日(金)00:20  newsplus

群馬県千代田町と埼玉県行田市にまたがる利根大堰おおぜきを通って利根川を遡上そじょうしたサケの数が2017年は3389匹にとどまり、11年ぶりに4000匹台を割った。遡上が始まる10月に1匹も確認されないという異例の状況で、16年の4038匹に続く低水準。遡上数が減少した明確な理由は分かっていない。近年は1万匹超えが珍しくなかっただけに、長年にわたり稚魚を放流し続けている団体関係者は残念がる。全国的なサケの来遊状況は北海道が前年に比べて3割減らしているのに対し、青森や秋田、新潟の各県で2割以上増えるなど明暗が分かれて...
»続きを読む
カテゴリー:

【気象】北海道「見通し全くきかない猛吹雪も」警戒呼び掛け [12/24 20:18] - 12月24日(日)20:39  newsplus

北海道「見通し全くきかない猛吹雪も」警戒呼び掛け 毎日新聞:2017年12月24日 20時18分 http://mainichi.jp/articles/20171225/k00/00m/040/050000c 25~27日に大荒れの天気に  急速に発達する低気圧の通過と強い寒気の流れ込みで、北海道は25~27日に大荒れの天気になるとみられ、 日本気象協会北海道支社は「見通しの全くきかない猛吹雪になるところもある」などと警戒を呼び掛けている。  札幌管区気象台によると、25日に二つの低気圧が日本海と本州の南側から三陸沖をそれぞれ急速に発達しながら北東へ進み、...
»続きを読む
カテゴリー:

【国際】まつ毛も凍る寒さ ロシア極東で氷点下65度記録 - 01月17日(水)14:26  newsplus

【映像】まつ毛も凍る寒さ ロシア極東で氷点下65度記録 1/17(水) 12:09配信  ヤクーツク、ロシア、1月17日 (AP)― 極東ロシアのサハ共和国は、北半球の寒極といわれ、冬の寒さは特に厳しく、1月の平均気温はマイナス40・9度で、厳寒期にはマイナス50度以下になることがあるが、同共和国の首都ヤクーツクで15日、マイナス65度を記録した。  しかし、ヤクーツクの市民は寒さには慣れているのか、特に重大事とは感じていないようで、厳寒を乗り切るちょっとした知恵を伝授してくれた。  まつ毛が凍った2人の若者は、「ウールのセ...
»続きを読む
カテゴリー:

今季初!流氷を確認 - 01月08日(月)19:30 

オホーツク海に、ことしも冬の使者が現れました。 雄武町沖で、今シーズン初めての流氷が確認されました。2018年01月08日(月) 19時00分 更新
カテゴリー:

海自P3C哨戒機:オホーツク海の流氷を初観測 - 01月05日(金)17:03 

 海上自衛隊第2航空群司令部(青森県八戸市)は5日、P3C哨戒機がオホーツク海に広がる流氷を今冬初めて観測したと発表した。例年と同時期という。  司令部によると、4日午後0時45分ごろ、北海道稚内市の宗谷岬から東に約126キロの海上で、長さ約50キロ、幅約40キロの筋状の流氷を確認した。
カテゴリー:

【社会】なぜ?ふるさと納税のお礼、市外の品ずらり 静岡・藤枝 総務省「全国の名品の通販のような利用はやめて」 - 12月26日(火)18:26  newsplus

http://www.asahi.com/articles/ASKDM3T0NKDMUTPB00B.html  静岡県藤枝市のふるさと納税の返礼品リストに、藤枝から遠く離れた地域の特産品があふれかえっている。「北海道知床ジンギスカン」「鹿児島さつま揚げと黒豚」「オホーツク海の甘口イクラ」「横浜中華街からの直行便 飲茶(やむちゃ)」「日本海産のどぐろ一夜干し」「三重県産伊勢エビ」……。いったいどうしてこうなった?  藤枝市は当初、ふるさと納税は「行政の応益負担の考えになじまない」と消極的だった。だが、寄付が他都市に流れ、税収減につながる恐れがあると...
»続きを読む
カテゴリー:

【外出は極力控えてください】北海道、明日25日から27日まで「見通し全くきかない猛吹雪」へ - 12月24日(日)20:22  news

◇25~27日に大荒れの天気に  急速に発達する低気圧の通過と強い寒気の流れ込みで、北海道は25~27日に大荒れの天気になるとみられ、日本気象協会北海道支社は 「見通しの全くきかない猛吹雪になるところもある」などと警戒を呼び掛けている。  札幌管区気象台によると、25日に二つの低気圧が日本海と本州の南側から三陸沖をそれぞれ急速に発達しながら北東へ進み、 夜にはオホーツク海で一つにまとまる見込み。26日にはオホーツク海でさらに発達する。  25日昼ごろまでは気温が高く、雨で雪解けが進んで土砂...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「オホーツク海」の画像

もっと見る

「オホーツク海」の動画

Wikipedia

オホーツク海(オホーツクかい、ロシア語:、英語:Sea of Okhotsk)は、樺太(サハリン)、千島列島カムチャツカ半島等に囲まれた海で、北海道の北東に位置する。

太平洋縁海であり、カムチャツカ半島・千島列島によって太平洋と、また、樺太・北海道によって日本海と隔てられている。

語源

「オホーツク海」の名称は、この海に面して最初に建設されたロシア人の入植都市・オホーツクに由来する。

概要・地形

オホーツク海の海底地形 三方をユーラシア大陸に囲まれており、南に千島列島を通じて太平洋と結ばれている。海域中央部に島嶼は無く、主な島として千島列島のほか、南西部に樺太および北海道がある。また、西部に...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる