「オブザーバー」とは?

関連ニュース

「EU離脱」で国が二分したイギリスと「改憲議論」が深まらない日本の総選挙 - 10月19日(木)10:00 

いよいよ今週末に迫った総選挙。当初、“台風の目”と見られた「希望の党」は小池代表の「排除」発言を機に逆風に晒(さら)され、枝野氏の「立憲民主党」は追い風を受けている。 総選挙に吹き荒れる様々な「風」を海外メディアの記者はどう見ているのか? 「週プレ外国人記者クラブ」第95回は、イギリス「ガーディアン」紙東京特派員のジャスティン・マッカリー氏に話を聞いた──。 *** ─日本の政治はここ数週間で大きく揺れ動いていますが、マッカリーさんは一連の出来事をどう感じましたか? マッカリー まず、安倍首相がこのタイミングで解散総選挙を決断したことに驚きました。もちろん北朝鮮情勢の緊張や民進党の支持率低下など、彼なりに「政治的な計算」があってのことだと思いますし、ここで選挙に勝てば衆議院の任期はあと4年間あるわけで「戦後最長の政権」実現にも道を開く可能性がある。 安倍首相は「国難」というとてもドラマチックな言葉を使っていますが、本当の「国益」を考えれば、今ここで選挙を行なう合理的な理由など見当たりませんし、新聞の世論調査を見ても、国民の6割以上が解散理由に納得していません。 ─そこへ小池百合子氏の新党「希望の党」の登場が更なる激震をもたらしま...more
カテゴリー:

アメリカの「ユネスコ脱退」が物議に…日本が最大の分担金拠出国へ - 10月13日(金)17:08  liveplus

アメリカが、国際連合教育科学文化機関「ユネスコ」脱退を表明し、衝撃が広がっている。 米が2018年12月末で脱退へ NHKやAFP通信の報道によると、アメリカは12日、ユネスコからの脱退を表明した。 「分担金滞納の増大」や根本的な「組織改革の必要性」「反イスラエル的で中立性を欠いていること」を理由に2018年12月末で脱退し、その後はオブザーバーとして同機関に使節団を派遣するという。 イスラエルは米国の同盟国で、すでにユネスコからの脱退を発表している。 2011年から分担金の支払いを停止 ユネスコは、諸国民の教...
»続きを読む
カテゴリー:

米、ユネスコ脱退を表明 反イスラエルなど理由に - 10月13日(金)09:46 

米国務省は12日、国連教育科学文化機関(ユネスコ)からの脱退を発表した。ユネスコのイスラエルに対する偏見や、加盟国としての滞納金増大を理由に挙げている。 国務省のナウアート報道官は、ユネスコから脱退してオブザーバー国としての関与を模索する意向をボコバ事務局長に伝えたと発表。脱退の理由として、「ユネスコの分担金の増大、組織の抜本的な改革の必要性、反イスラエル的な偏見に対する米国の懸念を反映した措...
カテゴリー:

【国際】米国、ユネスコ脱退を表明 ★3 - 10月13日(金)01:41  newsplus

10月12日 22時40分 アメリカ政府は、国連機関のユネスコ=国連教育科学文化機関からアメリカが脱退する意向をユネスコ側に伝えたことを明らかにしました。 アメリカ国務省のナウアート報道官は12日、声明を発表し、ユネスコ側に脱退の意向を伝えたことを明らかにしました。 ナウアート報道官は、今回の判断について「ユネスコの運営の在り方や、同盟国イスラエルへの姿勢に対してのアメリカの懸念を反映するものだ」と説明しています。 声明では、脱退の時期について来年、2018年の12月31日としています。そのうえで、...
»続きを読む
カテゴリー:

米トランプ政権、ユネスコ脱退を発表 10/12 23:47更新 - 10月12日(木)23:47 

アメリカ・トランプ政権は12日、ユネスコ(=国連教育科学文化機関)から脱退すると発表した。「反イスラエル的な偏見を続けている」ことなどを理由にあげている。アメリカは今後、オブザーバーとして関与するとしている。
カテゴリー:

【ユネスコ】野上官房副長官「ユネスコ拠出金支払いのタイミングは総合的に判断」 脱退の米国とは「協力を継続」 - 10月13日(金)18:48  newsplus

 野上浩太郎官房副長官は13日午前の記者会見で、米国が国連教育科学文化機関(ユネスコ)からの脱退を決めたことについて、「米国はオブザーバーとしてユネスコの関係を存続していくとしており、米側との協力を継続したい」と述べた。  日本政府が、ユネスコの「世界の記憶」(旧記憶遺産)の制度改革を見極めるとして、支払いを留保している今年度の分担金に関しては「タイミングはあらゆる観点から総合的に判断したい」と述べるにとどめた。  世界の記憶をめぐっては、2015年に中国が申請した「南京大虐殺文書」が「世界...
»続きを読む
カテゴリー:

ユネスコ・ボコバ事務局長「米のユネスコ脱退は遺憾」 ←こいつ何様のつもりだよ 腹立つ顔しやがって - 10月13日(金)11:55  news

ユネスコ、米脱退に不快感=予算減、事業継続に痛手 https://www.jiji.com/jc/article?k=2017101201311&g=isk  【パリ時事】国連教育科学文化機関(ユネスコ)のボコバ事務局長は12日、米国のユネスコ脱退表明を受けて声明を出し、 「平和や人権擁護を追求するユネスコの使命には各国の普遍的な協力が不可欠だ」と不快感を示した。 経済や軍事面で世界最大の影響力を持つ米国の関与が弱まれば、今後の事業に支障が出るのは必至だ。  ボコバ氏は、世界各地でテロや過激思想の台頭が進む現状を踏まえ「ユネスコの必要性はか...
»続きを読む
カテゴリー:

【ユネスコ】米国がユネスコ脱退へ 国際社会から失望の声 事務局長「多国間主義にとって損失だ」 - 10月13日(金)09:35  newsplus

バコバ事務局長  アメリカ・トランプ政権は12日、ユネスコ(=国連教育科学文化機関)から脱退すると発表した。国際社会からは失望の声が上がっている。  ユネスコは国連の機関の一つで、世界遺産の登録などを行っている。トランプ政権は声明で、脱退することをユネスコ側に伝えたと発表、同盟国のイスラエルに対する「偏見が続いている」ことなどを理由にあげている。  正式な脱退は来年12月31日付で、以降はオブザーバーとして関与するという。  アメリカ国務省・ナウアート報道官「我々は、ユネスコの改革を求め...
»続きを読む
カテゴリー:

米、ユネスコ脱退表明=「反イスラエル姿勢」理由に - 10月12日(木)23:49 

 【ワシントン時事】米国務省は12日、米国が国連教育科学文化機関(ユネスコ、本部パリ)を脱退すると発表した。ボコバ事務局長に通告した。国務省によると、脱退は2018年12月31日付で、それ以降はオブザーバー国家としてユネスコとの関係を維持する方針。「機構改革の必要性や反イスラエル的な姿勢」を脱退の理由としている。「米国第一」を掲げるトランプ政権が国際社会に背を向ける姿勢が改めて鮮明となった。 米国は11年にパレスチナがユネスコに正式加盟した際、パレスチナが正式加盟した国際機関への資金拠出を禁止する国内法に基づき、分担金の拠出を停止。米国の分担金はユネスコ年間予算の約22%を占めるため、ユネスコの運営は打撃を受けてきた。 米国は1984年にユネスコの放漫財政などを批判して一時脱退し、2003年に復帰した経緯がある。 ユネスコ執行委員会は16年10月、エルサレム旧市街にあるイスラム、ユダヤ両教の聖地保存に関する決議を採択したが、その際、聖地のユダヤ名に言及がなかったとして、イスラエルは強く批判した。イスラエル寄りの姿勢を見せるトランプ大統領はユネスコへの反発を強めていたとみられる。 【時事通信社】
カテゴリー:

【国際】米国、ユネスコ脱退を表明 ★2 - 10月12日(木)23:20  newsplus

10月12日 22時40分 アメリカ政府は、国連機関のユネスコ=国連教育科学文化機関からアメリカが脱退する意向をユネスコ側に伝えたことを明らかにしました。 アメリカ国務省のナウアート報道官は12日、声明を発表し、ユネスコ側に脱退の意向を伝えたことを明らかにしました。 ナウアート報道官は、今回の判断について「ユネスコの運営の在り方や、同盟国イスラエルへの姿勢に対してのアメリカの懸念を反映するものだ」と説明しています。 声明では、脱退の時期について来年、2018年の12月31日としています。そのうえで、...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「オブザーバー」の画像

もっと見る

「オブザーバー」の動画

Wikipedia

オブザーバー(''observer'')。観察者、観測者。元になる''observe''は、ラテン語監視するを意味する''obsevare''が、語源である。14世紀フランス語の''observer''から転じた。

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる