「オバマ政権」とは?

関連ニュース

トランプ米政権、「TPP復帰」の条件とリスク - ロイター発 World&Business - 04月19日(木)05:01 

トランプ米大統領は先週、就任直後に脱退を決めた環太平洋連携協定(TPP)について、オバマ前政権下で合意した条件より「大幅に良く」なる場合には復帰を検討すると表明した。
カテゴリー:

前政権時代よりも内容が良ければTPPに参加=トランプ米大統領 - 04月13日(金)13:29 

[12日 ロイター] - トランプ米大統領は12日、オバマ政権時代よりも内容が大幅に良い場合に限って環太平洋連携協定(TPP)に参加するとの考えを示した。
カテゴリー:

【米国】トランプ大統領、北朝鮮に1年以内の核廃棄求める方針 米朝首脳会談 - 04月12日(木)13:00  newsplus

米朝首脳会談に向け米国と北朝鮮による調整が最終段階に入り、早ければ来週ごろには具体的な場所や日時など基本的な条件の合意に至る可能性が高いことが分かった。 ワシントンのある外交筋は10日(現地時間)「米朝首脳会談でトランプ大統領は金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長に対し、核の完全廃棄を6カ月から1年以内に完了するよう求めると聞いている」とした上で、上記の内容について明らかにした。この消息筋によると、トランプ大統領は北朝鮮が主張する「段階的かつ同時的非核化」にははっきりと反対の考えを持っている...
»続きを読む
カテゴリー:

トランプ、燃費規制も後退 地球温暖化を信じられず オバマ政策を業界寄りに見直し - 04月12日(木)09:18 

トランプ政権は、オバマ政権下で決められた車の燃費規制基準を大幅に緩和することを、米環境保護局(EPA)から発表させた。
カテゴリー:

北の非核化「可能性低い」〜元米国防長官 4/10 14:19更新 - 04月10日(火)14:19 

6月上旬までに開催される見通しの米朝首脳会談をめぐり、オバマ政権で国防長官を務めたパネッタ氏が9日、NNNの単独取材に対し、北朝鮮が非核化に応じる可能性は低いと指摘した。
カテゴリー:

アングル:トランプ米政権、「TPP復帰」の条件とリスク - 04月17日(火)16:17 

[シンガポール/ウェリントン 16日 ロイター] - トランプ米大統領は先週、就任直後に脱退を決めた環太平洋連携協定(TPP)について、オバマ前政権下で合意した条件より「大幅に良く」なる場合には復帰を検討すると表明した。
カテゴリー:

コラム:米政権の燃費基準緩和、雇用や安全保障に「やぶ蛇」 - 04月13日(金)10:24 

[6日 ロイター] - トランプ米政権は、オバマ前政権時代に定めた車の全国的な燃費規制基準を緩和する方針を発表したが、それは、間違っている。基準を緩めれば、米国の安全保障が損われ、厳しい基準の維持を望む州との法廷闘争が頻発し、他の自動車生産国に優位を与えてしまう。
カテゴリー:

トランプ大統領、北朝鮮が主張する「段階的かつ同時的非核化」に反対 1年以内の完全廃棄を要求へ - 04月12日(木)10:54  news

トランプ大統領、北に1年以内の核廃棄求める方針  米朝首脳会談に向け米国と北朝鮮による調整が最終段階に入り、早ければ来週ごろには具体的な場所や日時など基本的な条件の合意に至る可能性が高いことが分かった。  ワシントンのある外交筋は10日(現地時間)「米朝首脳会談でトランプ大統領は金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長に対し、 核の完全廃棄を6カ月から1年以内に完了するよう求めると聞いている」とした上で、上記の内容について明らかにした。 この消息筋によると、トランプ大統領は北朝鮮が主張する「段...
»続きを読む
カテゴリー:

トランプが握られた弱みとは何だったのか 識者が語る「ロシア疑惑の闇」(1) - 04月11日(水)19:00 

ドナルド・トランプは本当にロシアと結託して選挙戦が有利になるように仕向けたのか?ロシアは何を目的に、アメリカの選挙に干渉したのか?2016年、ドナルド・トランプが勝利した米大統領選の前後から、アメリカ国内でくすぶり続ける「ロシア疑惑」。21世紀最大のスキャンダルとなりうるこの疑惑に、イギリスのジャーナリスト、ルーク・ハーディングは著書『共謀 トランプとロシアをつなぐ黒い人脈とカネ』(高取芳彦、米津篤八、井上大剛訳、集英社刊)で鋭く切り込んだ。トランプ陣営で選挙戦を戦った人物、そしてトランプ政権の人事で起用された人物がいかにロシアと深く関わり、利害関係を共有していたかを綿密な取材によって明らかにしたこの本を専門家はどう読んだのか。本書に解説文を寄稿した上智大学総合グローバル学部教授の前嶋和弘氏にお話をうかがった。(インタビュー・文/山田洋介)■「ロシア疑惑」識者が語る深い闇――前嶋さんはアメリカの現代政治を専門にされています。その立場で見て『共謀 トランプとロシアをつなぐ黒い人脈とカネ』(集英社刊)をどう読まれましたか?前嶋:ひとことで言えば、「闇の深さ」を感じますよね。「ロシア疑惑」のそもそもの発端となったのはイギリスの工作員だったクリストファー・スティール氏による「スティール文書」という諜報記録で、この本もそのメモを土台に書かれています。諜報文書の性質上、全てが事実とは限りません...more
カテゴリー:

Apple、全世界の施設で100%クリーンエネルギー化を完了 - 04月10日(火)11:57 

先週Appleは、オバマ政権時代のクリーンパワー計画に対する環境保護庁の撤廃案に反意を表明した。同社は計画の撤廃が環境に影響を与えることが明白であるだけでなく、経済にも悪影響も与えることを指摘している。 実際、Appleは後者に関連して多大な投資をしてきた。本日(米国時間4/9)Appleは、同社の全世界の施設が100%再生可能エネルギーで賄われていることを発表した。 この展開はAppleが2015年に発表した100%再生可能エネルギー化に向けた計画の一環だ。当初は2014年時点のAppleの全データセンターが対象だった。現在は同社の小売店舗、事務所、および共同設置施設も対象に追加され、米国、中国、英国、インドを始めとする43カ国に渡る。 製造パートナー7社が加わったことで、計23社のサプライヤーが自社製品をすべてクリーンエネルギーで作ることを約束している。関連各社が目標を達成するまでの道は当然ながら簡単なことではない。 「われわれはソーラー発電、風力発電、バイオガス燃料電池、小水力発電などの再生可能エネルギー設備を自社設立することで、可能な限り再生可能エネルギーを自給している」とAppleは2017年環境責任報告書に書いている。「自身での発電が困難な場合、再生可能エネルギー購入の長期契約を結び、当社の厳格な再生可能エネルギー調達方針に沿った新規の地域プロジェクトを支援している」 ...more
カテゴリー:

もっと見る

「オバマ政権」の画像

もっと見る

「オバマ政権」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる