「オバマケア」とは?

関連ニュース

修正オバマケア代替法案、下院共和党が29日採決検討 保守派が支持 - 04月28日(金)05:00 

 米下院共和党指導部は、修正オバマケア代替法案を保守派グループが支持したのを受け、同法案の早期採決を検討している。
in English
カテゴリー:

【大型税制改革】トランプ米政権、基本方針を公表…法人税35%→15% 、相続税廃止、個人税制は最高税率35%に引き下げなど - 04月27日(木)05:26 

 【ワシントン=河浪武史】トランプ米政権は26日、大型税制改革の基本方針を公表した。連邦法人税率を35%から15%へと大幅に引き下げることが柱で「過去最大の減税案」(ムニューシン財務長官)となる。 輸出を免税して輸入を課税強化する「法人税の国境調整」は現段階で導入を見送った。税制の立案・決定権がある議会側は財政規律を重視しており、財源確保策などが課題となる。 26日、記者会見で大型税制改革の基本方針を説明するムニューシン米財務長官(ホワイトハウス)=ロイター  ムニューシン財務長官とコーン国家経済会議...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

米国:オバマ氏、討論会で司会 退任後初、政治発言なし - 04月25日(火)10:33 

 【ニューヨーク共同】オバマ前米大統領が24日、シカゴ大で行われた学生たちのパネル討論で司会を務めた。オバマ氏が公の場で発言するのは、1月の退任後初めて。トランプ大統領はオバマ政権の大きな成果と評価される医療保険制度改革(オバマケア)などを覆そうと躍起だが、オバマ氏は現在の米政治には直接言及しなかった。
in English
カテゴリー:

オピニオン:見えてきた「トランプリスク」=武田洋子氏 - 04月21日(金)18:32 

[東京 21日] - 医療保険制度改革法(オバマケア)代替法案の採決見送りはトランプ米政権の政策実行能力に疑問符を投げかけたが、米経済の行方を左右する真の正念場は、夏にかけて本格化するとみられる税制改革議論だと、三菱総合研究所・チーフエコノミストの武田洋子氏は指摘する。
in English
カテゴリー:

コラム:「イエレン・コナンドラム」の正体=永井靖敏氏 - 04月20日(木)13:25 

[東京 20日] - 3月中旬以降、米長期金利は低下傾向をたどっている。低下の主因は、医療保険制度改革法(オバマケア)代替法案の失敗、つまりトランプ政権の政策運営に対する期待の剥落と筆者はみているが、米国の利上げが早すぎたと市場が解釈したためかもしれない。
in English
カテゴリー:

共和党強硬派が修正案賛成 オバマケア見直し - 04月27日(木)05:30 

【ワシントン共同】トランプ米大統領が最重要公約に掲げた前政権の医療保険制度改革(オバマケア)見直しを巡り、与党共和...
in English
カテゴリー:

アジット・パイFCC委員長、ネット中立性について今週、講演予定 - 04月25日(火)11:44 

FCC〔連邦通信委員会〕のアジット・パイ(Ajit Pai)委員長がインターネット中立性問題に関して手の内を見せるようだ。Reutersの記事によれば、パイ委員長は「インターネット規制の将来」について水曜日(米国時間) に講演する予定だ。 TechCrunchはFCCに委員長の講演が行われることを確認したが、講演のテーマは公式発表されていないという。パイ委員長はバルセロナで開催されたMWCでこれまでのFCCのインターネット規制のアプローチに関して「強権的で古臭いやり方」だったと批判していた。 Broadband Privacy Rule(ブロードバンド・プライバシー規則)はFCCが自ら廃止しなくても Congressional Review Act〔議会審査法〕によって無効とされる可能性がある。またFCCのゼロ・レーティングに関する調査の中止も、そもそもこの調査自体が強制力のないものだった。しかし2015年のOpen Internet Order〔オープン・インターネット指令〕はFCCのインターネット規制の根拠となる重要な命令であり、無造作にしまいこめるような存在ではない。今週予定されている講演はFCC委員長が2年前にFCCが獲得したネット通信に対する規制を撤廃する計画を公に説明する最初の機会となる。 これまでに明らかにされたパイ委員長の姿勢から推測できるのは、パイ委員長はトム・ウ...more
in English
カテゴリー:

週内採決に「最後の仕上げ」 米政権 オバマケア代替案 - 04月25日(火)05:00 

 トランプ米政権は医療保険制度改革(オバマケア)代替法案について、議会下院での週内採決を引き続き目指す方針だ。トランプ大統領は23日、オバマケアが「深刻な問題」を抱えていると指摘した。
in English
カテゴリー:

【為替】北朝鮮危機米軍攻撃なら円は安全資産から脱落 - 04月20日(木)18:23 

 北朝鮮をめぐり、緊張が高まっている。市場はじわりリスク回避に動き、円高が進んだが、従来の構図で片付けるのは早計だ。円はいつ「安全通貨」でなくなるか分からない危うさをはらんでいる。【週刊エコノミスト編集部】  ◇1994年「北朝鮮危機」が語られる不気味  米中首脳会談が開かれた4月6日に米国がシリア攻撃に踏み切った後、次のターゲットとして注目されるのが北朝鮮だ。米国は、核開発を続け、ミサイルの発射実験を繰り返す北朝鮮に対して、友好国である中国が抑え役としての役割を果たすように強く働きかけた。シ...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

NYの視点:米利上げ見通し、市場あと1回の利上げに引き下げ - 04月18日(火)07:58 

トランプ米大統領は引き続き税制改革の実施よりも前に、医療保険制度改革(オバマケア)の撤廃、修正を模索している。
in English
カテゴリー:

もっと見る

「オバマケア」の画像

もっと見る

「オバマケア」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる