「オオミミギツネ」とは?

関連ニュース

傷ついたキツネのもとにやってきたメスのライオンは、信じられない行動に出た! - 03月19日(日)20:08 

ボツワナにある中央カラハリ動物保護区の道路に、ケガをした1匹のオオミミギツネが横たわっていました。 そこにやってきたのは…あろうことか、メスのライオン! 続けて、オスもやってきました。 まさに絶体絶命のピンチ。 そして… オスのライオンが、弱った獲物にとどめを刺そうと近寄ります! ところが、その瞬間… なんと、メスのライオンがそれを制止! そのまま彼女は、まるで我が子を守るかのように、オスのライオンとキツネの間に身を置きます。 やがてキツネは、渾身の力を振り絞って、安全なところへと逃げ出していきました。 弱い存在を守ろうとする「母性」が、肉食動物としての本能に打ち勝ったのでしょうか。 我々の常識を超えた一連の出来事に、ただただ、驚愕しました。 (参照 GUILTY FIX)
in English
カテゴリー:

「オオミミギツネ」の画像

もっと見る

「オオミミギツネ」の動画

Wikipedia

オオミミギツネ(''Otocyon megalotis'')は、哺乳綱ネコ目(食肉目)イヌ科オオミミギツネ属に分類される食肉類。本種のみでオオミミキツネ属を構成する。

分布

ケニアザンビア南部、スーダン南部、ソマリアタンザニア南アフリカ共和国など今泉吉典監修 D.W.マクドナルド編 動物大百科1 食肉類、平凡社、1986年、82-83、85頁。今泉吉典監修 世界の動物 分類と飼育2 (食肉目)、東京動物園協会、1991年、129頁。

形態

体長46-66センチメートル。尾長23-34センチメートル。体重3-5.3キログラム。毛衣は灰褐色や黄褐色で、腹面は淡褐色。眼から吻端にかけてや耳介外側、四肢下部、尾先端の毛衣は黒や濃褐色。東部個体群は毛衣が褐色みを帯び暗色部が濃褐色で、南部個体群は毛衣が灰色みを帯び暗色部が黒い。

瞳孔は縦長。耳介は11.4-13.5センチメートルと大型...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる