「オオミミギツネ」とは?

「オオミミギツネ」の画像

もっと見る

「オオミミギツネ」の動画

Wikipedia

オオミミギツネ(''Otocyon megalotis'')は、食肉目イヌ科オオミミギツネ属に分類される食肉類。本種のみでオオミミキツネ属を構成する。

分布

ケニアザンビア南部、スーダン南部、ソマリアタンザニア南アフリカ共和国など

模式標本の産地(模式産地)は喜望峰

形態

体長46 - 66センチメートル。尾長23 - 34センチメートル。体重3 - 5.3キログラム。毛衣は灰褐色や黄褐色で、腹面は淡褐色。眼から吻端にかけてや耳介外側、四肢下部、尾先端の毛衣は黒や濃褐色。東部個体群は毛衣が褐色みを帯び暗色部が濃褐色で、南部個体群は毛衣が灰色みを帯び暗色部が黒い。

瞳孔は縦長。耳介は11.3 - 13.5センチメートルと大型。属名''Otocyon''は古代ギリシャ語で「耳のイヌ」、種小名''megalotis''は古代ギリシャ語で「大きな耳」の意。大型の耳介は獲物の位置を探知したり、放熱に役立つと考えられている。歯列は門歯が上下...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる