「オウム真理教」とは?

関連ニュース

【どのメディアでしょう】アベ、麻原の死刑執行を政治利用するな - 01月21日(日)00:41  news

オウム真理教が1995年に起こした地下鉄サリン事件で、元信者の高橋克也被告(59)の上告が19日、 最高裁に棄却され、教団への強制捜査から約23年を経てオウム裁判は事実上終結した。 法務省は死刑が確定した元幹部13人の執行について、本格的に検討を始めるもようだ。 「刑事訴訟法は、判決確定の日から6カ月以内の執行を定めていますが、 公判に証人として出廷する可能性があるため、法務省は共犯者の刑が確定するまでは執行しない運用をしています。 最後となった高橋被告の判決が確定することで、執行のハード...
»続きを読む
カテゴリー:

【ゲンダイ】オウム裁判終結でささやかれる 麻原死刑執行の政治利用 「安倍首相が窮地に立たされた時こそがXデーとなるに違いない。」 - 01月20日(土)15:26  seijinewsplus

オウム真理教が1995年に起こした地下鉄サリン事件で、元信者の高橋克也被告(59)の上告が19日、最高裁に棄却され、 教団への強制捜査から約23年を経てオウム裁判は事実上終結した。 法務省は死刑が確定した元幹部13人の執行について、本格的に検討を始めるもようだ。 「刑事訴訟法は、判決確定の日から6カ月以内の執行を定めていますが、公判に証人として出廷する可能性があるため、 法務省は共犯者の刑が確定するまでは執行しない運用をしています。最後となった高橋被告の判決が確定することで、 執行のハードル...
»続きを読む
カテゴリー:

オウム裁判終結:松本教祖ら死刑囚13人 死刑執行焦点に - 01月20日(土)08:30 

裁判員裁判・被害者参加 司法も変化  社会を震撼(しんかん)させたオウム真理教による一連の事件の刑事裁判は、高橋克也被告(59)の上告棄却により開始から22年で終幕を迎えることになった。起訴された教団関係者192人は法廷で応酬を繰り広げ、この間、裁判員制度施行をはじめ刑事司法を巡る環境も大きく変わった。今後、松本智津夫教祖(62)をはじめとする死刑囚13人の執行に焦点が移り、元弁護人らは法務当局の動向を注視している。【伊藤直孝、鈴木一生、巽賢司】
カテゴリー:

【社会】松本死刑囚、家族と面会絶ち9年=異様な言動、拘置所でも - 01月20日(土)08:03  newsplus

松本死刑囚、家族と面会絶ち9年=異様な言動、拘置所でも 2018年1月19日 18時39分 http://news.livedoor.com/article/detail/14183652/  東京拘置所に収容されているオウム真理教元代表松本智津夫死刑囚(62)は2008年から後は、家族や弁護人と面会していないとされ、近況は不明だ。  ただ、トイレに行かずおむつを着用するなど、異様な生活の一端が明らかになっている。  「弟子たちにストップを命じたが、負けた形になった」。公判が始まった当初は法廷で積極的に発言していた松本死刑囚だったが、やがて不規則発言や...
»続きを読む
カテゴリー:

【市民社会】に「戦争」仕掛けたオウム、私たちの時代になぜ - 01月20日(土)05:56  news

■オウム法廷 降幡賢一(元朝日新聞編集委員)  上告棄却、無期懲役確定へ――。オウム真理教を巡る裁判の「最後の被告」、高橋克也被告に対する最高裁決定を目の当たりにして、私の脳裏に浮かんでくるのは、控訴審判決を聞き終えたとき、 法廷の遺族たちには目をやることもなく足早に法廷を去って行った、黒のスーツの被告の後ろ姿だ。  教団最古参の信者の一人だった被告が最後に動員されたのが、電車内に猛毒のサリンをまいて無差別大量殺人を図った地下鉄サリン事件だった。  直後、テレビに映し出された凄惨(せいさん)な光景に...
»続きを読む
カテゴリー:

【宗教】松本智津夫死刑囚を「悪い人ではない」 アレフ脱退の札幌の女性、勧誘実態を証言 若い人は危機感を - 01月20日(土)17:14  newsplus

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180120-00010000-doshin-hok 居心地の良かったヨガ教室は、アレフの名前が伏せられた勧誘の場だった―。アレフから脱会した道内の20代女性は「半年間、ヨガ教室に通ううちに心のすきに入り込まれてしまった」と証言した。  「ヨガに興味ありませんか」。女性は札幌市中央区の大通公園で男児を連れた30代くらいの女性に声をかけられた。穏やかな口調に気を許し、「仕事が忙しく、休みは一日中寝てしまってやる気が出ない」と打ち明けた。後日、待ち合わせ場所の喫茶店で説明を受け、「ヨガ教室」...
»続きを読む
カテゴリー:

オウム裁判終結へ 最高裁、高橋被告の上告棄却 - 01月20日(土)13:30 

地下鉄サリン事件などオウム真理教による事件で殺人罪などに問われた元信者、高橋克也被告(59)について、最高裁第2小法廷(菅野博之裁判長)は2018年1月18日付で上告を棄却する決定を出した。無期懲役とした1、2審判決が確定する。これで一連の「オウム裁判」はすべて終結する。手続き上は決定に異議を申し立てることが可能だが、認められるのは極めて異例。
カテゴリー:

高橋被告の上告棄却 オウム裁判終結へ 1/20 8:09更新 - 01月20日(土)08:09 

地下鉄サリン事件など4つの事件で殺人などの罪に問われたオウム真理教の高橋克也被告ついて、最高裁は上告を退けた。無期懲役判決が確定することになり、23年にわたった一連のオウム裁判は終結する。
カテゴリー:

高橋克也被告の無期懲役確定へ - 01月20日(土)07:25 

高橋克也被告の無期懲役確定へ:地下鉄サリン事件などで殺人などの罪に問われた、オウム真理教の元信者・高橋克也被告の無期懲役の判決が確定することになり、オウム事件の裁判が事実上全て終結した。...
カテゴリー:

市民社会に「戦争」仕掛けたオウム、私たちの時代になぜ - 01月20日(土)05:02 

■オウム法廷 降幡賢一(元朝日新聞編集委員) 上告棄却、無期懲役確定へ――。オウム真理教を巡る裁判の「最後の被告」、高橋克也被告に対する最高裁決定を目の当たりにして、私の脳裏に浮かんでくるのは、控訴審…
カテゴリー:

もっと見る

「オウム真理教」の画像

もっと見る

「オウム真理教」の動画

Wikipedia

  • 下里正樹 オウムの黒い霧―オウム裁判を読み解く11のカギ(双葉社 1995年10月) ISBN 978-4575285130
  • 河上和雄 犯罪捜査と裁判―オウム事件を追って(悠々社 1996年4月) ISBN 978-4-946406-40-9
  • 共同通信社会部 裁かれる教祖(株式会社共同通信社 1997年2月) ISBN 978-4-7641-0378-8
  • 渡辺脩, 和多田進 麻原裁判の法廷から(晩聲社 1998年3月) ISBN 978-4891882822
  • 治安制度研究会 オウム真理教の実態と「無差別大量殺人行為を行った団体の規制に関する法律」の解説(立花書房 2000年6月)ISBN 978-4-8037-2217-8
  • 麻生幾 極秘捜査―政府・警察・自衛隊の「対オウム事件ファイル」(文藝春秋 2000年8月) ISBN 978-4-16-764401-7
  • 島田裕巳 オウム―なぜ宗教はテロリズムを生んだのか(トランスビュー 2001年7月30日) ISBN 978-4-901510-00-4
  • ...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる