「エールフランス航空」とは?

関連ニュース

エールフランス航空、シャルル・ド・ゴール空港ビジネスクラスラウンジの拡張工事の一部を完了 - 02月14日(水)08:37 

エールフランス航空は、パリのシャルル・ド・ゴール空港第2ターミナルで行っている、ビジネスクラスラウンジの全面改装・拡張工事の一部を1月25日に完了し、オープンした。 場所はLホールで、パリのネオブラッスリー感覚をコンセプトにシェフが常駐するオープンキッチン、2室のプライベートサウナ、色々なお茶が楽しめるデトックスバー、広々としたシャワールームなどを備える。また、貸し切りが可能な「ル・クラブ」、携帯電話の音が鳴らない静かなスペース「ル・プチサロン」、オリジナルグッズが購入できる「エールフランスショッピング」なども設けた。 改装工事完了後の面積は3,200平方メートルとなるものの、今回オープンしたのはそのうち一部の2,180平方メートル。7月には工事を終了し、全面リニューアルオープンを予定している。 利用対象となるのは、エールフランス航空のビジネスクラス利用者、エールフランスKLMのマイレージプログラム「フライング・ブルー」のエリートプラス会員など。 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

エールフランス、ラウンジ改装が一部完了--エステ&サウナなど最大級の癒しを - 02月13日(火)17:35 

エールフランス航空は1月25日、リニューアル拡張工事の一部が終了したビジネスクラスラウンジをパリのシャルル・ド・ゴール空港ターミナル2のLホールにオープンした。新しいコンセプトで生まれ変わったラウンジには、オープンキッチン、プライベートサウナ、デトックスバーなどが設置され、気持ちも身体もゆったりとリラックスできる心地よい空間となっている。
カテゴリー:

エールフランス航空、シャルル・ド・ゴール空港ビジネスクラスラウンジの拡張工事の一部を完了 - 02月14日(水)08:37 

エールフランス航空は、パリのシャルル・ド・ゴール空港第2ターミナルで行っている、ビジネスクラスラウンジの全面改装・拡張工事の一部を1月25日に完了し、オープンした。 場所はLホールで、パリのネオブラッスリー感覚をコンセプトにシェフが常駐するオープンキッチン、2室のプライベートサウナ、色々なお茶が楽しめるデトックスバー、広々としたシャワールームなどを備える。また、貸し切りが可能な「ル・クラブ」、携帯電話の音が鳴らない静かなスペース「ル・プチサロン」、オリジナルグッズが購入できる「エールフランスショッピング」なども設けた。 改装工事完了後の面積は3,200平方メートルとなるものの、今回オープンしたのはそのうち一部の2,180平方メートル。7月には工事を終了し、全面リニューアルオープンを予定している。 利用対象となるのは、エールフランス航空のビジネスクラス利用者、エールフランスKLMのマイレージプログラム「フライング・ブルー」のエリートプラス会員など。 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

「エールフランス航空」の画像

もっと見る

「エールフランス航空」の動画

Wikipedia

  • REDIRECTエールフランス...
  • ツイッター人気

    Yahoo知恵袋

    こんなの見てる