「エレン」とは?

関連ニュース

最新作に出演するも…レベッカ・ホール、ウディ・アレンの映画に出演したことを後悔? - 01月18日(木)21:17 

性暴力やセクハラへの抗議が続くハリウッドでは、問題の人物と間接的に関わった経歴までもが批判の対象になりつつある。この流れに疑問を抱く人も多い中で、ウディ・アレン監督の最新作『ア・レイニーデイ・イン・ニューヨーク(原題)』に出演した女優のレベッカ・ホールは、自身のインスタグラムに「出演したことを後悔している」と投稿した。 【写真を見る】ウディからの性的虐待を訴えている養女のディラン・ファローとかつてのミューズ、ミア・ファロー/写真:SPLASH/アフロ レベッカは2008年、ウディ・アレン監督作品『それでも恋するバルセロナ』に出演。ゴールデン・グローブの主演女優賞にノミネートされ、一躍注目を集めた。その経緯もあり、レベッカは「アレン監督作品への出演は、かつて住んだ場所に戻ってきたようにリラックスしたものでした」と綴っている。 しかし、幼児期にウディから性的虐待を受けたというディラン・ファローの声明を読んで、考えが変わったという。 「何度も何度も読み返しました。遡って古い記事も読みました。どれほど複雑な問題かということだけでなく、私の行動が他の女性たちを沈黙させたり、引き下がらせたりしていたことに気づきました」「心から申し訳ないと思っていますし、自分の決断を後悔しています。今後同じことはしません」 「『ア・レイニーデイ・イン・ニューヨーク(原題)』の私の出演料を、全て“タイムズアップ”...more
カテゴリー:

進撃の巨人×なれる展グッズ、エレンやリヴァイが生き物とコラボしたぬいぐるみ - 01月18日(木)17:52 

東京・日本科学未来館にて開催中の企画展「MOVE 生きものになれる展 -動く図鑑の世界にとびこもう!-」にて、諫山創原作のアニメ「進撃の巨人」とのコラボグッズが販売される。
カテゴリー:

ぴあ映画初日満足度ランキング 人気漫画は映画でも強かった! - 01月16日(火)13:51 

 映画情報サイト・ぴあ映画生活は、1月12日、13日公開作品の“ぴあ映画初日満足度ランキング”を発表した。それによると、第1位は『劇場版 進撃の巨人 Season2 -覚醒の咆哮-』。諫山創の人気漫画を基にしたTVアニメシリーズの劇場版第3弾で、女型の巨人との戦闘に辛うじて勝利した主人公エレンたちが、さらなる巨人の大群に立ち向かっていくさまが描かれている。 観た人の中からは「期待していた以上に楽しかった!」、「アニメの良いところを上手く濃縮していた」などの声が出ており、原作の人気そのまま、映画についても満足度が高かった。 第2位は、先天性の病気で視覚の95パーセントを失った青年が、一流ホテルで働くという夢をかなえるために、見える“フリ”をする“大芝居”を打つ、実話を基にしたヒューマンドラマ『5パーセントの奇跡 ~嘘から始まる素敵な人生~』、第3位は、2015年に中国で公開され、国産アニメとして歴代1位となる興行収入を達成した『西遊記 ヒーロー・イズ・バック』だった。************************************1位『劇場版 進撃の巨人 Season2 -覚醒の咆哮-』92.0点2位『5パーセントの奇跡 ~嘘から始まる素敵な人生~』91.5点3位『西遊記 ヒーロー・イズ・バック』91.2点4位『劇場版 マジンガーZ/INFINITY』90.8点5位『はじめて...more
カテゴリー:

リベリア与党が大統領追放 平和賞受賞者、党規則違反 - 01月14日(日)23:31 

【ナイロビ共同】AP通信は14日、西アフリカ・リベリアの与党がノーベル平和賞受賞者エレン・サーリーフ大統領の追放を...
カテゴリー:

梶裕貴、『進撃の巨人』はライフワーク 2018年も「駆逐してやる!!」 - 01月13日(土)14:15 

 人気アニメ『進撃の巨人』の劇場版第3弾となる『劇場版「進撃の巨人」Season2~覚醒の咆哮~』の初日舞台あいさつが13日、都内で行われ、エレン・イェーガーの声優を務めた梶裕貴、ミカサ・アッカーマン役の石川由依らが登壇した。 【画像】『進撃の巨人』Season3のキージビュアル第2弾  作品になぞらえて「巨人の絵馬」で今年の抱負を披露。梶は、劇中のせりふ「駆逐してやる!!」と力強い字体でしたためると「僕にとって『進撃の巨人』のエレンという役はライフワークのようなところがありますね」とにっこり。7月からはSeason3の放送も控えているが「2018年も『駆逐してやる!!』ということで…」とエレンになりきって発すると、会場からひときわ大きな拍手が送られた。  本来は「2018年も」と言うべきところを、梶が「2080年も」と間違えてしまうと、ファンからは笑い声が。梶は気を取り直して「2080年くらいまで、僕は駆逐していこうと思いますので、皆さん、おじいちゃんおばあちゃんになっても一緒に駆逐を続けていってくれたら」と笑顔で呼びかけた。一方の石川は「馬に乗る!!」という自身の役どころにも絡めた抱負を挙げ「3年くらいずっと言っているのですが、実現できていない。『進撃の巨人』の番組とかで行けたらいいなと思っています」とさり気なくアピールしていた。  今作は、昨年の4月から6月まで放送さ...more
カテゴリー:

『グレイズ・アナトミー』シーズン16まで更新か!? - 01月18日(木)20:00 

大ヒット医療ドラマ『グレイズ・アナトミー』(以下『グレアナ』)のメレディス・グレイを演じるエレン・ポンピオが、製作会社ABCスタジオとの契約を更に2年延長したことが明らかになった。米Deadlineなどが報じている。【関連記事】『グレアナ』『ゴシップガール』『ホワイトカラー』...あの人気ドラマスターのその後女性ヒットクリエイター、ションダ・ライムズが手掛ける『グレアナ』自体の更新は、現在放送中のシーズン14以降は未定の状態だ。だがエレンが契約を更新したことにより、同作は少なくともシーズン16まで続く可能性が高くなった。今回交わされた契約では、エレンが現在放送されているシーズンの途中から、プロデューサーとしても名を連ねることと、タイトル未定の『グレアナ』スピンオフ・ドラマでも同じようにプロデューサーになることが条件に入っている。エレンは、「『グレアナ』は、ABC局にとって大成功を収めている作品よ。ティーンエイジャーのような新たな世代の視聴者が、まだ番組を見ていなかった自分の両親と一緒に視聴してくれて...。そういうふうに新たな視聴者を獲得し続けているの」と同作の成功の秘訣を語っている。更に、「今は、製作や監督に関することを学んでいるわ。(女優業については)もし『グレアナ』以外で私に合う役柄のオファーがあれば受けるかもしれないわね。でも、子どもが3人いるし、今のところ"仕事で世界を飛...more
カテゴリー:

プロに聞いた、意外な片付け術5 - 01月16日(火)20:00 

ゴミを一掃して自分らしい世界を取り戻せば、ストレスも減って健康にもなるのに。家の中は片付いている方がいいに決まってる。散らかっていると、メンタルだけでなく身体にまで悪い影響が--最近の研究ではそんな結論が出ています。2009年にカリフォルニア大学が行った研究によると、散らかった家が毎日のストレスを強くするそう。なんと2017年のインディアナ大学の研究では、家の中が乱雑であるために身体を動かさなくなって、心臓や血管の病気になるリスクが高くなると判明。逆に片付いた環境にいる人は、さまざまな場面でヘルシーになれる選択ができるとも証明されています。もちろん、誰も好んで散らかしているわけではないもの。たいていはいつの間にかクローゼットやタンスにものがあふれてしまっているんだから。「片付けるなんて至難の技。すべて整理整頓しようと思っただけでめまいがしそう。大掃除のコツを紹介している本やブログを読んでも、どこかで聞いたような決まり文句が並んでいるだけ…」なんて思っている?そこで、意外な処方箋。片付けのプロたちに聞いた、カオス状態の空間に秩序を取り戻す目からウロコの秘訣を5つをご紹介します。1 .収納グッズを買わない 「そもそも最初の一歩...more
カテゴリー:

イエレン氏「有終の美」、見えた物価上昇の兆し - 01月15日(月)07:56 

 イエレンFRB議長は、インフレに関して勝利宣言をして任期を迎えることができそうだ。イエレン氏は昨年のインフレ低迷は一時的だとずっと主張してきたが、同氏は正しかった。
カテゴリー:

梶裕貴、「僕、降板!?」 『進撃の巨人』Season3新ビジュアルにエレンおらず… - 01月13日(土)14:35 

 『劇場版 進撃の巨人 Season2~覚醒の咆哮~』初日舞台挨拶が13日、都内にて行われ梶裕貴、石川由依、井上麻里奈、細谷佳正、橋詰知久、肥塚正史監督が登壇。梶は「アニメのおさらいをしつつ、シーズン3の伏線になるような充実した内容だったと思います」と、大満足といった様子で同作について語った。【写真】「梶裕貴」フォトギャラリー 本作は、累計発行部数7100万部を超え、コミックやアニメにとどまらずさまざまなジャンルに拡大を続ける『進撃の巨人』の劇場版第3弾。前作で“女型の巨人”との死闘を繰り広げた主人公エレンが所属する調査兵団のその後を描き、「壁とは何か、戦士とは誰か、真実は何処にあるのか」をテーマに、新たな敵と遭遇し、そして衝撃の真実に直面していく。  今夏に放送を予定しているテレビアニメ『進撃の巨人』Season3へとつながる新規カットも含まれた本作。そのため舞台挨拶では、Season3の新ビジュアルも初お披露目された。公開されたビジュアルは、リヴァイ(CV:神谷浩史)と新キャラクターの2人のみが全面に描かれたデザインとなっており、梶演じる主人公・エレンのほか舞台挨拶に登壇したキャスト陣が演じているキャラクターは“ひとりも”描かれていない。梶は思わず「ついに僕、降板じゃないですか!?」と発言し、会場から笑いを誘ったが驚きは隠せない。肥塚監督いわく「Season3はいかにリヴァイが...more
カテゴリー:

「進撃の巨人」梶裕貴「2018年も駆逐してやる!」でもリヴァイに嫉妬 - 01月13日(土)14:00 

 人気テレビアニメ「進撃の巨人」第2期の総集編「劇場版『進撃の巨人』Season2 覚醒の咆哮」が1月13日、全国47館で封切られた。声優キャストの梶裕貴、石川由依、井上麻里奈、細谷佳正、橋詰知久、肥塚正史監督が東京・新宿バルト9での舞台挨拶に立った。 ・【フォトギャラリー】この日の舞台挨拶、その他の写真はこちら  「進撃の巨人」は、諫山創氏の人気漫画のアニメ化で、圧倒的な力で人類を壁の中へと追い込んだ巨人たちと、それに対抗するエレン・イェーガーら調査兵団の壮絶な戦いを描く。  この日は、テレビアニメ第3期の新ビジュアルが初披露された。だがビジュアルに主人公エレンの姿はなく、人気キャラクターであるリヴァイが配されていたため、梶は「ついに僕降板じゃないですか!(笑) あれエレンじゃない」と驚きの声をあげる。「がんばったんだけどな……」と絶句する梶に対し、肥塚監督は「3期はリヴァイが話の根幹にいるということを表している」とフォロー。それでも「前のキービジュアルもエレンが後ろの方で」「本当に主役が変わっちゃったな」と、ぼやきは止まらなかった。  自虐を交えて笑いを誘った梶だが、「2018年の抱負」を発表するコーナーでは「2018年も駆逐してやる!」と気合十分。「僕にとって『進撃の巨人』とエレンという役は、ライフワークのようなところがある。もう5年くらい。人生の4分の1は駆逐人生で...more
カテゴリー:

もっと見る

「エレン」の画像

もっと見る

「エレン」の動画

Wikipedia

エレン (Ellen) 、(Eren)は、ヨーロッパまたはトルコで一般的な名前の1つ。エレニ、ヘレネ、ヘレナヘレンの異形もある。 Eren はトルコでは男性の名前として一般的であり、トルコ語で「聖人」を意味する。

人名

五十音順。

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる