「エレファントカシマシ」とは?

関連ニュース

TWICEが新CMで野球に挑戦 ユニフォームにメンバーも興奮 - 04月22日(日)08:00 

20日よりワイモバイル”の「ワイモバ学園」の新CMで、TWICEが野球部を結成する「カラフル野球部」篇が放送開始。メイキング画像などが公開された。 【写真を見る】スラリと伸びる美脚が美しいTWICE ほかCM本編&メーキングSHOT 「カラフル野球部」篇は、野球場を舞台に TWICE メンバー9 人が野球部となり、メンバー5人によるピッチングやバッティングに挑戦。またメンバー全員で ダンスを披露するシーンもある。 テレビ CM で着用したカラフルな野球のユニフォームは、普段は着ることのないこともあり、TWICEメンバーのテンションもアップ。一方で野球のピッチングやバッティングに関しては「始球式以来2回目」というTWICEメンバー。サナは「腰と足にすごく力が必要で野球選手の皆さん尊敬します!」とコメントした。 また撮影の合間では、ツウィがマスコットキャラのふてニャンを抱きかかえて触れ合うようすも見られ、メンバーがふてニャン役の猫の本名である「春馬」を連呼して遊んでいた。 今回のCMのメイキングの様子などはWEB限定でYoutube上で公開されている。(ザテレビジョン) 【関連記事】 ・TWICE、カラフルなミニスカ制服姿で日本のCM初出演!「トゥ“ワイ”スです」 ・【紅白リハ】TWICE、安室奈美恵の出演にびっくり?元気にTTポーズを披露 ・草なぎ剛、2017年の“新人YouTub...more
カテゴリー:

辻仁成、軽度の突発性難聴を告白「息子に支えられた数日だった」 - 04月20日(金)10:45 

 作家で歌手の辻仁成(58)が19日、自身のツイッターを更新し、軽度の突発性難聴を患っていたことを明かした。 辻仁成のプロフィール  辻は「軽度の突発性難聴、無事に平衡感覚取り戻せた」といい「息子に支えられた数日だった。心強い」と感謝。「子育ての一番大変な時期は越えたかな。来年、息子くん、なんと高校生! 成績も上がり、いよいよ大学受験へ向け第2段階スタート。神様あと十年力を貸してください。不意に皆さんにお礼を言いたくなった。ありがとう」とつづった。  突発性難聴を公表したミュージシャンは多く、これまでにも音楽プロデューサーの小室哲哉(59)は左耳に患っていたことを告白。人気デュオ・KinKi Kidsの堂本剛(39)は昨年6月に入院し、約4ヶ間活動を休止した。そのほかにもエレファントカシマシの宮本浩次(51)、シンガー・ソングライターのスガシカオ(51)も発症し、活動を一時休止していた。 【関連記事】 辻仁成監督、上映会で“大暴走” SUGIZO「止められない」 (17年05月16日) 辻仁成、元妻・中山美穂の交際応援「幸せになって」 自身の再婚は否定 (15年01月20日) 中山美穂、離婚の真相語る「好きな人に出会った」 別れる条件が「親権」 (14年08月20日) 辻仁成、コメディー演出に初挑戦「エネルギッシュで毎日が楽しい」 (18年02月22日) 辻仁成、12歳息...more
カテゴリー:

「WILD BUNCH FEST.」第一弾出演者発表 - 04月20日(金)12:25 

7月28日(土)・29日(日)に山口・山口きらら博記念公園にて開催される西日本最大級の野外フェスティバル「WILD BUNCH FEST. 2018」。同フェスの第1弾出演アーティストが発表された。【チケット情報はこちら】(PC)出演が決定したのは、初日の7月28日(土)にMAN WITH A MISSION、SiM、SUPER BEAVER、04 Limited Sazabys、2日目の29日(日)にサカナクション、10-FEET、ヤバイTシャツ屋さん、エレファントカシマシら。今年は会場レイアウトを一新、会場公園内の広大な芝生広場へ移動して行われる同フェス。新たなWILD BUNCH FEST. に期待したい。チケットの一般発売は6月9日(土)午前10時より。なお、一般発売に先がけてオフィシャル先行を実施中。受付は4月30日(月・休)23時59分まで。 ■WILD BUNCH FEST. 2018日程:2018年7月28日(土)・29日(日) 各日 開場9:30 / 開演11:00会場:山口きらら博記念公園(山口県)料金【1日券】9,800円 / 小学生チケット 4,900円(税込・全自由)【2日券】17,500円 / 小学生チケット 8,750円(税込・全自由)※2日券はおひとり様に限り有効※未就学児入場無料 (要保護者同伴)※雨天決行 (荒天の場合は中止)出演:【7月28日(...more
カテゴリー:

【スペシャルコラム】エレファントカシマシとマンガ家「2000年代はマンガカルチャーと音楽カルチャーのフュージョン時代なのか!?」 - 04月13日(金)15:00 

この2018年でデビュー30周年を迎えたエレファントカシマシが、トリビュートCD第3弾『カヴァーアルバム3 〜A Tribute to The Elephant Kashimashi〜』を2018年3月21日にリリースした。
カテゴリー:

「エレファントカシマシ」の画像

もっと見る

「エレファントカシマシ」の動画

Wikipedia

エレファントカシマシ(THE ELEPHANT KASHIMASHI、ELEPHANT KASHIMASHI)は、日本の4人組ロックバンド。1981年結成。

概要

音楽誌ROCKIN'ON JAPANにて、破格の新人衝撃のデビューの見出しで大々的に紙面に取り上げられる。アマチュア時代の楽曲を含むセルフタイトルが冠せられたファーストアルバムは、ストレートかつオーソドックスなメロディーとサウンドではあったが、洋楽ロックからの借り物でありながら日本語であることを不自然に感じさせないという点で新鮮味があり、宮本浩次というアーティストの才気を充分に感じさせる作品であった。セカンドアルバム以降、政治への強い関心や、文学作品からの影響を受けた宮本の独裁的とも言える姿勢をより顕著にバンドの楽曲に反映させることになった。

2作目のアルバム「エレファントカシマシII」では、資本主義社会の中で追い詰められる人間の姿を真正面から取り上げ、社会の不条理をヘヴィーなサウンドと共に提示して見せた。

3作目のアルバム「浮世の夢」では浮世絵収集家でもある宮本が、高度経済成長期がもたらした、故郷である東京への破壊行為とも言うべき変化への憤りと、当時の日本のバブル経済への不信から、敬愛する文学者である...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる