「エル・ファニング」とは?

関連ニュース

ソフィア・コッポラ「ビガイルド」ビジュアル面でのこだわりとは? - 01月19日(金)19:00 

 来日中のソフィア・コッポラ監督が1月18日、東京・六本木のTSUTAYA TOKYO ROPPONGIで行われた最新作「The Beguiled ビガイルド 欲望のめざめ」の公開記念イベントに出席した。本作で、“愛憎スリラー”ともいうジャンル映画に挑戦し「自分のスタイルを貫きながら、娯楽性とアートの両立を目指した」と振り返った。 ・「The Beguiled ビガイルド 欲望のめざめ」来日イベントの模様はこちら!  1971年のクリント・イーストウッド主演作「白い肌の異常な夜」の原作であるトーマス・カリナンの小説「The Beguiled」を女性視点で映画化し、第70回カンヌ国際映画祭で監督賞を受賞した長編第6作。南北戦争期のアメリカ南部を舞台に、世間から隔絶された女子寄宿学園で暮らす7人の女たちと、彼女たちの前に現れた敵軍の負傷兵が、情欲と嫉妬に絡め取られていく。  学園内のキッチンやダイニングなどは、映画の舞台となる19世紀半ばに建設されたギリシャ様式の大邸宅で撮影され「ロケーション自体が、1つのキャラクター。歴史ある南部の町でのロケが重要だった」と回想。当時の衣装、美術、ヘアメイクを忠実に再現すると同時に、「現代人にも訴えかけるビジュアルにしたかった」と強いこだわりを語った。  イベントには、コッポラ監督をデビュー時から支えてきたプロデューサーで、写真家としても活躍...more
カテゴリー:

来日中のソフィア・コッポラ、25年来の盟友がその素顔を明かす! - 01月18日(木)22:02 

カンヌ国際映画祭で女性監督として史上2人目となる監督賞を受賞したソフィア・コッポラが最新作『The Beguiled/ビガイルド 欲望のめざめ』(2月23日公開)をひっさげて来日。本作の公開に合わせて発売される、彼女の監督業20周年を記念したメモリアルフォトブックで撮影を手掛けたアンドリュー・ダーハムとともにトークイベントに登壇した。 【写真を見る】息の合ったコンビネーション!トークイベントの模様はこちらから TSUTAYA TOKYO ROPPONGIの一角で行われたこのイベント。周囲に並ぶDVDを眺めながら「アメリカにもこういうお店があったらいいのに」と感慨深げに呟くソフィアとダーハムは25年来の友人。互いの印象や思い出話に花を咲かせながら、映画作家としてのソフィアについて語り合った。 今回発売されるメモリアルフォトブック「Andrew Durham Set Pictures Behind the Scene with Sofia Coppola」では、ソフィアの映画撮影の現場の舞台裏が収められている。「現場で写真を撮ってくれないかと頼まれたんだ。それまで旅行やパーティで撮っていたスナップショットと変わらない感じで、楽しいから撮り続けてきたんだ」と振り返ったダーハム。 現場付きのスチールカメラマンが撮る写真とはまた違う、現場の雰囲気を映しだした写真にソフィアは「出来上がった本を...more
カテゴリー:

ソフィア・コッポラ監督、日本で撮影する予定は?「いつかまた…」 - 01月17日(水)19:20 

 『マリー・アントワネット』、『SOMEWHERE』などで知られるソフィア・コッポラ監督(46)が17日、都内で行われた最新作『The Beguiled/ビガイルド 欲望のめざめ』(2月23日公開)のジャパンプレミアに出席。ゲストとして女優の草刈民代(52)も登場し、作品についてトークを行った。 【写真】ジャパンプレミアには草刈民代も出席  同作は、南北戦争期のアメリカ南部にある寄宿学園を舞台に、負傷して運び込まれた北軍兵士をめぐって、女性たちが情欲と嫉妬をむき出しにする姿を描くスリラー。ニコール・キッドマン、エル・ファニング、キルスティン・ダンストらが出演し、コッポラ監督は同作で『第70回カンヌ国際映画祭』の監督賞を受賞した。  コッポラ監督は「かねてから、南北戦争の時代に暮らしていた女性たちに興味を持っていて、そこで繰り広げられる男と女の愛憎劇を描いてみたいと思いました」と作品について説明。草刈は「本当に美しい映画で、そしてリアルな厳しさを感じる映画でもある」と感想を伝えた。  過去には東京で『ロスト・イン・トランスレーション』を撮影したこともあるコッポラ監督は、今回の来日にも「子どもの頃から日本には何度も来ていて、大好き」とにっこり。草刈から、また日本で撮影する可能性について聞かれると「日本に滞在することが大好きで文化にも興味があるので、何かできたらいいなとは思います...more
カテゴリー:

「暮しの手帖」元編集長「アバウト・レイ」主人公に学生時代の自分をシンクロ - 01月17日(水)18:00 

「リトル・ミス・サンシャイン」の製作陣が再結集し、エル・ファニング、ナオミ・ワッツ、スーザン・サランドンが顔をそろえた「アバウト・レイ 16歳の決断」のトークイベント付き試写会が1月16日に都内...
カテゴリー:

「アバウト・レイ」ナオミ・ワッツ、親子役演じたエル・ファニングと培った絆 - 01月17日(水)14:30 

「リトル・ミス・サンシャイン」の製作陣が再結集した「アバウト・レイ 16歳の決断」で、エル・ファニングの母親を演じたナオミ・ワッツが、共演を振り返った。トランスジェンダーの主人公レイ(ファニング...
カテゴリー:

ソフィア・コッポラ監督、スリラー初挑戦に手応え「新しいものができた」 - 01月18日(木)22:25 

 『マリー・アントワネット』、『SOMEWHERE』などで知られるソフィア・コッポラ監督、プロデューサーで写真家のアンドリュー・ダーハム氏が18日、都内で行われた映画『The Beguiled/ビガイルド 欲望のめざめ』公開記念トークイベントに出席した。 【写真】イベントにはプロデューサーで写真家のアンドリュー・ダーハムも出席  自身初のスリラー挑戦に、コッポラ監督は「スリラーというジャンルでありながら、そこに自分自身のスタイルを入れるのが大きなチャレンジでした」と回顧。「今までにない新しいものができました。エンターテインメントでありながら、アートフル。この2つを両立することができたと思います」と手応えをにじませていた。  同作は、南北戦争期のアメリカ南部にある寄宿学園を舞台に、負傷して運び込まれた北軍兵士をめぐって、女性たちが情欲と嫉妬をむき出しにする姿を描くスリラー。ニコール・キッドマン、エル・ファニング、キルスティン・ダンストらが出演し、コッポラ監督は同作で『第70回カンヌ国際映画祭』の監督賞を受賞した。2月23日より公開される。 【関連記事】 ソフィア・コッポラ監督、日本で撮影する予定は?「いつかまた…」 (18年01月17日) ソフィア・コッポラ監督から日本の被災者にメッセージ(11年03月30日) ソフィア・コッポラ監督、5年ぶり最新作引っさげ来日「初めて男性...more
カテゴリー:

来日したソフィア・コッポラ「ビガイルド」で「男女間のパワーゲームを描きたかった」 - 01月18日(木)15:00 

 「ロスト・イン・トランスレーション」や「マリー・アントワネット」「SOMEWHERE」で知られるソフィア・コッポラ監督が来日し1月17日、都内で行われた最新監督作「The Beguiled ビガイルド 欲望のめざめ」のジャパンプレミアに出席した。第70回カンヌ国際映画祭コンペティション部門で女性として、史上2人目となる監督賞を受賞。自身を含め、多くの女性監督が活躍する現状について「女性の視点から映画が作られることは、喜ばしいこと」と語った。 ・「The Beguiled ビガイルド 欲望のめざめ」来日イベントの模様はこちら!  ニコール・キッドマン、エル・ファニング、キルステン・ダンスト、コリン・ファレルといった実力派キャストが集結し、南北戦争中のアメリカ南部を舞台にしたトーマス・カリナンの小説「The Beguiled」を女性視点で映像化。世間から隔絶された女子寄宿学園に暮らす7人の女性が、負傷した北部の敵兵を屋敷に運び入れたことから情欲と嫉妬に支配されていく。  “愛憎スリラー”ともいえる新境地に挑み、コッポラ監督は「小説が描く時代の女性たちに興味があったのはもちろん、現代にも通じる男女間のパワーゲームを描きたかった」と回想。現場では多くの女性スタッフが活躍したといい、「キャストも男性はコリン(・ファレル)1人だけといっていい状況。確かに珍しいことではあるけれど、この映...more
カテゴリー:

「暮しの手帖」元編集長「アバウト・レイ」主人公に学生時代の自分をシンクロ - 01月17日(水)18:00 

 「リトル・ミス・サンシャイン」の製作陣が再結集し、エル・ファニング、ナオミ・ワッツ、スーザン・サランドンが顔をそろえた「アバウト・レイ 16歳の決断」のトークイベント付き試写会が1月16日に都内で行われ、「暮しの手帖」元編集長の松浦弥太郎氏が登壇した。  身も心も男の子として生きたいと願う16歳のレイ(ファニング)は、両親からホルモン治療の同意書にサインをもらおうと奮闘。1番の味方である母マギー(ワッツ)は“彼”の決断に動揺し、離婚して何年も疎遠だった元夫クレイグ(テイト・ドノバン)との再会にも、頭を悩ませる。さらにレイの祖母で、レズビアンのドリー(サランドン)が加わり、親子3代が葛藤を通して、「本当の自分」と向き合っていく。  松浦氏は自身が17歳で高校を中退し、渡米した経験を振り返り「自分なりに、自分のことを誰も知らない遠くに行きたいというピュアな気持ちがあり、それをあきらめたら、自分の存在がなくなってしまうという不安を超えた恐怖があった」と同じく10代で“決断”を下すレイに共感を示した。  その上で「自分の中に秘めた異質で、ユニークな部分こそが、その人の愛おしさであり、力になる。人間らしさのバリエーションは、人の数だけあるはず」と力説し、「自分が自分である幸せをかみしめ、大切にしてもらえれば」と映画から受け取ったメッセージを語った。また、「ビジネスの世界でも、今や競争...more
カテゴリー:

「アバウト・レイ」ナオミ・ワッツ、親子役演じたエル・ファニングと培った絆 - 01月17日(水)14:30 

 「リトル・ミス・サンシャイン」の製作陣が再結集した「アバウト・レイ 16歳の決断」で、エル・ファニングの母親を演じたナオミ・ワッツが、共演を振り返った。  トランスジェンダーの主人公レイ(ファニング)と母マギー(ワッツ)、祖母ドリー(スーザン・サランドン)の人間模様を描く本作。心も体も男性として生きることを望むレイだったが、ホルモン治療を行うためには両親から同意書にサインをもらう必要があると知る。レイの説得を受け、マギーは別れた夫に会いに行くことを決意。レズビアンのドリーも巻き込み、3者が傷つけあいながらも互いと向き合い、やがて家族として再生していくさまが描かれる。  「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」「雨の日は会えない、晴れた日は君を想う」などで存在感を発揮してきたワッツは、本作でレイの決断に戸惑いつつも、子どもを全身全霊で愛そうとするマギーを入魂の演技で表現している。ワッツは、「自信をもって幸せに大切に子どもを育てたいけど、世間の親と同じように子育てに苦労している。レイは自分を男の子だと認識していて、マギーは十代のわが子の決断が間違っていないか、治療させるべきかをためらっているの。覚悟を決めるけど、心の中では恐れていて、レイとギクシャクしたりするの」とマギーの複雑な胸中を解説する。  親子役に扮したファニングについては、「エル(・ファニング)は全身全...more
カテゴリー:

詩人・文月悠光「アバウト・レイ」エル・ファニングを絶賛「中性的なたたずまいが印象的」 - 01月16日(火)14:00 

 「リトル・ミス・サンシャイン」の製作陣が再結集し、エル・ファニング、ナオミ・ワッツ、スーザン・サランドンが顔をそろえた「アバウト・レイ 16歳の決断」のトークイベント試写会が1月15日に都内で行われ、詩人の文月悠光氏が出席。映画を通して感じた思いをこめた新作詩「わたしたちの愛し方」を自身の朗読という形で初披露した。 ・「アバウト・レイ 16歳の決断」トークイベントの模様はこちら!  トランスジェンダーの主人公レイ(ファニング)と母マギー(ワッツ)、レズビアンの祖母ドリー(サランドン)の人間模様を描くヒューマンドラマ。心も体も男性として生きることを望む16歳のレイが、ホルモン治療を行うために両親から同意書にサインをもらおうと奮闘する。  文月氏は「性的マイノリティを描いた作品で、見る前は少し覚悟がいるのかなと思ったが、ユーモアも交えて、家族の群像劇として楽しめた」と語り、「母親の葛藤や不安など、レイ以外にも焦点を当てている。私自身も、母親目線で『もし自分が母親の立場なら、彼をどう受け止めてあげられるか』と考えた」と共感を示した。  レイを演じるファニングについては、「自分を見つめる瞳と、中性的なたたずまいが印象的。型にはまった演技ではなく、性別はもちろん、子どもと大人の間で揺れている姿に魅力を感じる」と絶賛。「レイは自己像と“他人が思う僕”のズレにもどかしさを感じている。レ...more
カテゴリー:

もっと見る

「エル・ファニング」の画像

もっと見る

「エル・ファニング」の動画

Wikipedia

エル・ファニングElle Fanning, 本名: Mary Elle Fanning, 1998年4月9日 - )は、アメリカ合衆国の女優。身長175cm(5フィート9インチ)。姉は女優のダコタ・ファニング

生い立ち

ジョージア州コンヤーズ出身。父親のスティーヴ・ファニングは会社員、母親のジョイ・ファニング(旧姓アリントン)は元テニス選手。母方の祖父は元アメフト選手のリック・アリントン、叔母はESPNリポーターのジル・アリントンドイツ系アイルランド系の血を引いている。

キャリア

2歳8か月のときに演劇を開始。彼女はテレビシリーズのTAKENアイ・アム・サム(2001年公開)でダコタ・フ...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる