「エボラブルアジア」とは?

関連ニュース

LCC エアアジア・ジャパン株式会社とシステム(API)連携開始~国内・海外の航空券予約サイトの利便性向上へ~ - 02月19日(月)16:02 

[株式会社エボラブルアジア]  One Asiaのビジョンをかかげ、アジアを舞台に、オンライン旅行事業、訪日旅行事業、ITオフショア開発事業と投資事業を手掛ける株式会社エボラブルアジア(本社:東京都港区、代表取締役社長:吉村 英毅、証券コ...
カテゴリー:

エボラブルアジア、中東・北アフリカ最大手メタサーチWegoとシステム連携 - 02月15日(木)20:09 

エボラブルアジアは、ドバイとシンガポールに本社を置く、中東や北アフリカでの最大手価格比較サイトを運営するWegoとシステム連携を開始した。 海外航空券予約サービス「エアトリ海外航空券」をWegoのシステム連携を行うことで、グローバルに販路を拡大することができる。今後は海外発着の格安航空会社(LCC)100社の取扱いを予定しており、3年後に取扱高100億円を目指す。 Wegoは世界の航空会社、旅行会社、ホテルの料金を700件以上のサイトから比較、予約ができる。対応言語はアラビア語、英語、インドネシア語、フランス語、中国語など20言語以上にのぼる。 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

第12期2018年1月度月商(取扱高)のお知らせ ~月商(取扱高)は前年同月比176%を達成~ ~一般顧客向け取扱高は前年同月比139%を達成~ - 02月15日(木)09:30 

[株式会社エボラブルアジア]  One Asiaのビジョンをかかげ、アジアを舞台に、オンライン旅行事業、訪日旅行事業、ITオフショア開発事業と投資事業を手掛ける株式会社エボラブルアジア(本社:東京都港区、代表取締役社長:吉村 英毅、証券コ...
カテゴリー:

当社訪日旅行事業に係る子会社2社(株式会社エルモンテRVジャパン及び株式会社AirTrip Exchange)の合併について ~将来の子会社上場を視野にインバウンド領域でのさらなる事業拡大を目指す~ - 02月15日(木)09:30 

[株式会社エボラブルアジア]  One Asiaのビジョンをかかげ、アジアを舞台に、オンライン旅行事業、訪日旅行事業、ITオフショア開発事業と投資事業を手掛ける株式会社エボラブルアジア(本社:東京都港区、代表取締役社長:吉村 英毅、証券コ...
カテゴリー:

エボラブルアジア、Airbnbに特化した代行サービス提供 - 02月14日(水)08:35 

Airbnb Japanとエボラブルアジアは、エボラブルアジアの子会社であるエアトリステイが開始した「Airbnbに特化したコンソーシアム型代行サービス」で、包括的業務提携に関する覚書を締結した。 多くの不動産オーナーや管理事業者が住宅宿泊事業の準備や運用のアウトソースを望んでいるとしており、ワンストップでサービスを提供することで、Airbnbは多くの物件の取扱いを見込む。パートナー企業がエボラブルアジアに対して協力し、エボラブルアジアはワンストップでサービスを提供する。 まずは東京、大阪、京都、那覇、福岡、札幌の6都市の物件で、準備、セットアップ、運営代行のサービスをパートナー企業とともに提供する。ソフトバンクは通信サービスの提供、SATO行政書士法人は法的申請の支援、インテリアコーディネートとスタイリングはスタジオアンビルト、家具の提供はモダンデコ、家電の提供はビックカメラ、写真撮影とコンテンツ作成はCCCマーケティング、清掃とリネン交換は日新サービス、保険は損害保険ジャパン日本興亜、駆けつけサービスはプライムアシスタンスがそれぞれ提供する。パートナーは順次拡大していく。
カテゴリー:

エボラブルアジア、子会社2社を合併 上場も視野に - 02月16日(金)05:06 

エボラブルアジアは、子会社2社を合併させることを2月14日の臨時取締役会で決議した。 合併するのは、キャンピングカーのレンタル事業を手掛けるエルモンテRVジャパンと、外貨両替事業を手掛けるAirTrip Exchange。両事業の立ち上げに一定のめどが立ったことから、経営資源の集中と事業拡大のために再編するとしている。資金調達を実施するほか、新会社の上場も視野に入れる。 2018年9月期のエボラブルアジアの業績に与える影響は軽微としている。 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

株主優待制度の変更についてのお知らせ - 02月15日(木)09:30 

[株式会社エボラブルアジア]  One Asiaのビジョンをかかげ、アジアを舞台に、オンライン旅行事業、訪日旅行事業、ITオフショア開発事業と投資事業を手掛ける株式会社エボラブルアジア(本社:東京都港区、代表取締役社長:吉村 英毅、証券コ...
カテゴリー:

中東・北アフリカにおける最大手メタサーチであるWegoとエアトリ海外航空券のシステム(API)連携開始 ~海外航空券予約のグローバル販路拡大へ~ - 02月15日(木)09:30 

[株式会社エボラブルアジア]  One Asiaのビジョンをかかげ、アジアを舞台に、オンライン旅行事業、訪日旅行事業、ITオフショア開発事業と投資事業を手掛ける株式会社エボラブルアジア(本社:東京都港区、代表取締役社長:吉村 英毅、証券コ...
カテゴリー:

エボラブルアジア、Airbnbに特化した代行サービス提供 - 02月14日(水)08:35 

Airbnb Japanとエボラブルアジアは、エボラブルアジアの子会社であるエアトリステイが開始した「Airbnbに特化したコンソーシアム型代行サービス」で、包括的業務提携に関する覚書を締結した。 多くの不動産オーナーや管理事業者が住宅宿泊事業の準備や運用のアウトソースを望んでいるとしており、ワンストップでサービスを提供することで、Airbnbは多くの物件の取扱いを見込む。パートナー企業がエボラブルアジアに対して協力し、エボラブルアジアはワンストップでサービスを提供する。 まずは東京、大阪、京都、那覇、福岡、札幌の6都市の物件で、準備、セットアップ、運営代行のサービスをパートナー企業とともに提供する。ソフトバンクは通信サービスの提供、SATO行政書士法人は法的申請の支援、インテリアコーディネートとスタイリングはスタジオアンビルト、家具の提供はモダンデコ、家電の提供はビックカメラ、写真撮影とコンテンツ作成はCCCマーケティング、清掃とリネン交換は日新サービス、保険は損害保険ジャパン日本興亜、駆けつけサービスはプライムアシスタンスがそれぞれ提供する。パートナーは順次拡大していく。
カテゴリー:

エボラブルアジア、Airbnbに特化した“代行サービス”の公式パートナーに - 02月13日(火)15:51 

エボラブルアジアは2月13日、民泊サービス「Airbnb」に特化したコンソーシアム型代行サービスを提供する日本初の公式パートナーになったことを発表した。
カテゴリー:

もっと見る

「エボラブルアジア」の画像

もっと見る

「エボラブルアジア」の動画

Wikipedia

株式会社エボラブルアジア(英語: Evolable Asia Corp.)は、東京都港区に本社を置き「One Asia」をビジョンに掲げ、オンライン旅行事業、訪日旅行事業及びITオフショア開発事業の3つの事業を営む企業である。

概要

株式会社エボラブルアジアは、オンラインによる旅行事業を行う事業(OTA: Online Travel Agent)として2007年に創業される。 2011年に法人向け出張サービス(BTM)販売開始、2012年には「EVOLABLE ASIA CO., LTD.」(現連結子会社)をベトナム ホーチミン市に設立し、ITオフショア開発事業を開始する。 現在はオンライン旅行事業、訪日旅行事業及びITオフショア開発事業の3つの事業を柱にビジネスを展開している。

沿革
  • 2007年 5月 - 東京都渋谷区道玄坂一丁目19番12号に株式会社旅キャピタルを設立
  • 2007年 8月 - 株式会社DTSを子会社として設立
  • 2007年10月 - 株式会社Valcomを子会社化
  • 2007年11月 - 本社を東京都港区芝三丁目5番5号に移転
  • 2008年 1月 - 東京都知事登録旅行業第3-5991号で第三種旅行業務登録、日本旅行業協会に正会員として入会
  • 2009年 6月 - 第一種旅行業務登録
  • 2009年 9月 - 株式会社アイ・ブイ・ティを子会社化
  • 2009年10月 - 株式会社Valcom及び株式会社DTSを吸収合併
  • 2011年 8月 - 「TRIP STAR」のサービス開始
  • 2011年10月 - 株式会社アイ・ブイ・ティを吸収合併、法人向け出張サービス(BTM)販売開始
  • 2012年 3月 - 「EVOLABLE ASIA CO., LTD.」(現連結子会社)をベトナム ホーチミン市に設立、ITオフショア開発事業を開始、プライバシーマークの認証取得
  • 2013年10月 - 社名を株...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる