「エピペン」とは?

関連ニュース

映画『ピーター・ラビット』に批判殺到。食物アレルギーをジョークに - 02月14日(水)08:43 

 日本で5月に公開予定の映画『ピーター・ラビット』の製作者らが、アレルギー患者の気分を害したとして謝罪する事態になった。  同作でドーナル・グリーソン演じるトム・マグレガーは、うさぎのピーターの宿敵である人間の男性。彼はブラックベリーのアレルギーを持っている。今回問題となったのは、ピーター・ラビットたちがトムにブラックベリーを投げつけ、それが彼の口に入ってしまうシーン。アレルギー反応の症状を緩和させるエピペン(※)を使って自己注射するも、トムはそのまま倒れてしまう。 ※エピペンとは、アナフィラキシーがあらわれたときに使用し、医師の治療を受けるまでの間、症状の進行を一時的に緩和し、ショックを防ぐための補助治療剤-アドレナリン自己注射薬のこと。( 【関連記事】 ・インスタ「いいね!」数で新記録。ビヨンセのヌードを抜いたのは誰? ・ある女性ガン患者の命を救うため、驚きの行動に出たレオ様&ケイト ・渡辺謙がポケモン出演!ハリウッド実写版『名探偵ピカチュウ』の顔ぶれ ・ミニーマウス、デビュー90年目でハリウッド殿堂入り!ミッキーより40年遅れ ・「いきすぎたセクハラ告発」を批判したカトリーヌ・ドヌーヴらは“女の敵”なのか?
カテゴリー:

ピーターラビットのアナフィラキシーショック攻撃に非難殺到。謝罪へ。 - 02月13日(火)19:26  news

【2月13日 AFP】北米で先週末に公開された実写CG映画『ピーターラビット(Peter Rabbit)』にウサギのピーターたちが宿敵の男性の口に ブラックベリー(クロイチゴ)を放り込んで食物アレルギーの症状を起こさせるシーンがあり、 配給元のソニー・ピクチャーズエンタテインメント(Sony Pictures Entertainment)に批判が殺到している。 問題とされたのは、ピーターたちが宿敵である人間の男性トム・マクレガー(Tom McGregor)と対決する場面。 ブラックベリー・アレルギーがあるマクレガーに向かってピーターたちが投げつけたブ...
»続きを読む
カテゴリー:

「エピペン」の画像

もっと見る

「エピペン」の動画

Wikipedia

エピペンEpinephrine autoinjector)とは、ハチ刺傷食物アレルギーなどによるアナフィラキシーに対する緊急補助治療に使用される医薬品である。アナフィラキシーを起こす可能性の高い患者が自宅に常備することで、発症の際に医療機関へ搬送されるまでの症状悪化防止に役立っている。汎用の正式名はエピネフリン(アドレナリン)・オートインジェクターであり、エピペンはマイラン・インコーポレイテッド社の登録商標(第4598961号ほか)。他社ではツインジェクトなどの商標のものがある。

エピペンの日本における輸入販売元はファイザー。

成分

成分はアドレナリン(別名エピネフェリン)である。現在0.15 mg製剤と0.3 mg製剤が流通している。アドレナリンには気管支を広げる作用や心臓の機能を増強して血圧を上昇させてショック症状を改善する作用があり、アナフィラキシーショックに対して有効である。

適応

アナフィラキシーの既往のある人または発現する危険性の高い人に限るとされるが、...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる