「エピソード」とは?

関連ニュース

桜井日奈子、豪快な魚の食べ方にスタジオ驚愕? - 03月28日(火)08:05 

 3月20日放送の『ちょっとザワつくイメージ調査 もしかしてズレてる?』(フジテレビ系)に、モデルで女優の桜井日奈子(19)が出演。桜井のちょっと変わった魚の食べ方が紹介され、フットボールアワーの後藤輝基(42)、おぎやはぎの小木博明(45)らを驚かせる場面が見られた。  今回の内容は“人気芸能人の私生活ベタづきSP”というテーマで、ハリセンボンの近藤春菜(34)やグラビアアイドルの吉木りさ(29)たちのプライベートに密着して、意外な私生活を紹介するというもの。そして番組開始15分頃、2014年の『第1回おかやま美少女コンテスト』でグランプリを受賞し、“岡山の奇跡”と呼ばれている桜井のプライベートについて、関係者から得られた証言がVTRで再現された。  なんと、マネージャーによると、一緒に仕事の合間に定食屋に行ったときに、桜井は注文したさんまの塩焼き定食を、「頭以外、骨まですべて食べてしまった」というのだ。後藤が「ウソ!? 骨まで全部食べんの!」と驚くと、桜井は「(骨は)身と一緒に全部食べる」と説明。小木が「喉に引っかかっちゃうよ。怖くて身が食べられないじゃない」とツッコミを入れると、桜井は「骨が引っかかったことがなくて」と答え、「うちはお兄ちゃんが魚が嫌いで、小さい頃によく残して怒られてたんです」「私がきれいに食べたら、お母さんが褒めてくれて」と、骨まで食べるようになった理由を明...more
in English
カテゴリー:

【芸能】「和田アキ子に原型なくなるほどドツかれる」松本人志がタメ口アイドルに忠告 - 03月28日(火)07:47 

芸能界の「ゴッド姉ちゃん」と恐れられる和田アキ子は、後輩のタメ口を絶対に許さなかった! そんなエピソードがダウンタウン・松本人志の口から語られた。 3月24日放送の「ダウンタウンDX」(日本テレビ系)には、タメ口アイドルで知られる小池美由がゲストで出演。 相手が大物でも臆することのない小池は、司会のダウンタウンにもタメ口を崩さず、 松本も思わず「キミ、誰としゃべるときもタメ口と決めているの?」と問い質したほど。そんな小池と松本のやり取りをテレビ誌のライターが振り返る。 「ここで松本は『アッコさん(...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

オードリー若林、コンビニでギャルと仲良しに - 03月28日(火)07:24 

お笑いコンビ・オードリーの若林正恭(38歳)が、3月27日放送のバラエティ番組「深イイしゃべくり天才合体SP」(日本テレビ系)に出演。コンビニでギャルと仲良くなったエピソードを披露した。
in English
カテゴリー:

東日本大震災で家族失った人たちの真に迫る多数の霊体験 - 03月28日(火)07:00 

 宮城県南部沿岸の亘理郡に住んでいた亀井繁さん(44)は、東日本大震災で自宅を津波に流された。当時39歳だった妻と生後1歳10か月の娘の遺体が発見されたのは3月24日だった。4日後に2人は山形で荼毘に付された。  その夜のことだった。友人宅に身を寄せていた亀井さんは不思議な体験をした。 〈夜中に目が醒めると目の前に二人がいたんです。マスクをしてしゃがんだ妻に寄り添うようにしながら、娘が僕に手を振っていました。ただ映像が、テレビ放送が終わったあとの砂嵐のようにザラザラしていて、輪郭しか見えないんです。ああ、妻と娘が逢いに来てくれたんだと、泣いて手を伸ばしたら目が醒めたんです〉  これは、ノンフィクション作家の奥野修司氏が2月に上梓した『魂でもいいから、そばにいて 3・11後の霊体験を聞く』に記されたエピソードだ(以下、〈〉内は同書より引用。人物の年齢は同書発売時)。東日本大震災後、被災者から不思議な霊体験の話をたくさん聞いたと、奥野氏は語る。 「最初に被災地に入ったのは、2011年の4月でした。当時は怪談めいたオバケの話がものすごく多かったのですが、1年半ほどすると“身近だった人の霊や魂を感じたことが支えになっている”と話す人が徐々に増えてきました」  そのひとりが亀井さんだった。亀井さんは、単に妻と娘の夢を見たというわけではなさそうだった。目を覚ました後にもう一度目を閉じると、2人...more
in English
カテゴリー:

桜田淳子から届いた手紙、貴重水着写真とともに独占掲載 - 03月28日(火)07:00 

「支えてくださったファンの皆さんにありがとうの気持ちを伝えたい」。丁寧に綴られた文章には、ファンへの感謝、そして約40年前の自分への素直な思いが詰まっていた──。今年4月、桜田淳子が一夜限りの復活コンサートの舞台に立つ。2013年に行なわれたデビュー40周年ライブから、実に3年4か月ぶりとなる公演を前に、桜田本人から編集部に手紙が届いた。アイドル時代の秘蔵写真とともに、貴重な本人のメッセージを独占掲載する。  * * *  18歳、高校3年の時だったかと思います。授業日数が僅かに足りず、1か月?遅れの一人だけの卒業式をしました。独りぼっちの卒業式を終え、校門を出て、迎えの車に乗るや、号泣したのが忘れられません。学校では、普通の高校生としてみんなの中に溶け込もうと、気を遣っていたところが多分にあったのだと思います。  そういう緊張が解けたのと、友人と共に卒業できなかったという屈辱が、思わず涙になったのではないかと、当時を思い起こします。あの時の自分に、「よくがんばったね」と言ってあげたいですね。  70年代アイドルの一人でしたが、当時はテレビの歌番組が沢山あり、授業が終わると同時に、あちらの局、こちらの局、更には、関東近郊の会場での公開録画(ザ・ドリフターズの全員集合などありましたね!懐かしい!)等々、学業との両立は、ほぼ「無理」!  面白い、エピソードの一つですが、古典の授業は週1...more
in English
カテゴリー:

【芸能】オードリー若林、コンビニでギャルと仲良しに - 03月28日(火)07:56 

お笑いコンビ・オードリーの若林正恭(38歳)が、3月27日放送のバラエティ番組「深イイしゃべくり天才合体SP」(日本テレビ系)に出演。 コンビニでギャルと仲良くなったエピソードを披露した。 若林は最近、自宅近所に夕食を食べに行く場所がないと悩んでいるそう。 定食屋はあるものの、自身の中では2日連続まではOK、3日連続はNGとの決めごとがあるため、 必ず3日目にはコンビニのイートインコーナーで一人、夕食を食べているという。 コンビニで買った食事を自宅で食べないのは「家でコンビニのもの食べてるのが寂しい」からな...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【芸能】宇多田ヒカル「小さいと言われること結構ある」 - 03月28日(火)07:45 

シンガーソングライターの宇多田ヒカル(34歳)が3月27日、自身のTwitterで、「身長が低い」と言われるとのエピソードを披露している。 宇多田はこの日、「挨拶も済んでいない初対面の人に『わー!小さいんですね!!』っていきなり言われることが結構ある」と告白。 それについては「別にいいんだけど」と気にしないようにしているようだが、 「先日私より小さい人に言われた時はさすがに『あなたの方が小さいじゃないですか!笑』と言ってしまった。変な会話」ということがあったそうだ。 また、「デビュー当時は158cmでそれがず...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

「付き合いたいかも♪」男性が彼女に求める最低条件とモテテク - 03月28日(火)07:20 

「ここが好き!」と思って付き合うことがあれば、「嫌いなところがない」と消去法的に付き合うこともありますよね。一般的には「好き」が重視されると思いますが、じつは「嫌なところがない」、つまり最低条件で相手を見極めることも同じくらい重要なのです。そこで今回は、男性が彼女に求める最低条件についてリサーチしてきました!1.男性の想いにきちんと応える「恋愛では、気持ちと行動が一方通行になると『寂しい』ですよね。たとえば、彼女に喜んでもらいたくて頑張っても、彼女は何もしてくれないとか・・・。」(大学生/21歳/男性)彼氏からの気持ちを感じられずに、「私はこんなに好きなのに・・・」と見返りのなさを残念に思ったことのある女性は多いのではないでしょうか。男性にも同様の気持ちがあるのでしょう。男性に何か尽くしてもらったのなら、「〇〇してくれたからお礼に」という言葉を添えて男性にお返しをするようにしてください。物にするならお菓子や1回の食事代などが渡しやすいでしょう。2.マナーを守れる「一緒に居いるときに人としてのマナーを守れない女性とは付き合えないかな。恥ずかしい思いをしたくないからね。」(デザイナー/28歳/男性)マナーというと「公共のマナー」が連想されるかと思いますが、男性にとってのマナーとはそれだけではないのだとか。男性が彼女に求めるマナーについてリサーチしてみたところ、たとえば「自分が悪いときに...more
in English
カテゴリー:

阪神・金本知憲監督 「猫の目打線」批判を意に介さぬ理由 - 03月28日(火)07:00 

 沖縄・宜野座村営球場での阪神春季キャンプ。打ち上げ直前の2月27日、グラウンドでは紅白戦の後、選手による「リレー大会」が行なわれていた。  紅白戦で負けたチームが3組に分かれ、1周200メートルのグラウンドを全力疾走する。2位と3位はもう一度走り、最下位になった組が居残りで特打をするというルールだ。いまや阪神キャンプの名物行事になっているこのメニュー、考案したのは、脇で選手たちを見つめる金本知憲監督(48)である。 「自分で言うのも何ですけど、これ、相当キツいと思いますよ(笑い)。僕が現役だったら間違いなくリタイアしている(笑い)。でも、今回のキャンプではリタイアする選手がいなかった。それは褒めてやらないといけないかな」  目を細めつつ、こう続ける。 「ウチは若い選手が多い。だからある程度厳しいメニューを作り、強制しています。そうやって僕らが背中を押してやる必要がある。その代わりこっちには、最後まで見守る責任があると思っています」  今季、金本監督は就任2年目を迎える。鳴り物入りで監督に就任した昨季は「超変革」をスローガンに掲げ、一軍経験の少ない若い選手を積極的に起用した。ただ、序盤こそ勝率5割をキープしていたが、交流戦を境に低迷。結果的に4位に沈み、クライマックスシリーズへの出場すら逃してしまった。 「もちろん昨年も優勝を目指していましたよ。負けてもいいや、なんて思った試合は一...more
in English
カテゴリー:

3・11の遺族が体験した霊的な交流――4年をかけてまとめた魂の物語とは - 03月28日(火)06:00 

東日本大震災から丸6年。今なお、その爪痕は大きく、復興は順調に進んでいるとは言い難い状況が続いている。それは街並みや交通網など物理的なものだけでなく、震災で家族やパートナーを失った人々の心もまた同様だ。 そのためなのか、3・11では不思議と亡くした家族との邂逅(かいこう)ーーつまり、霊体験がいまだ多く伝えられているという。 『魂でもいいから、そばにいて 3・11後の霊体験を聞く』は大宅壮一ノンフィクション賞受賞作家・奥野修司氏が、実に4年の歳月をかけて採録した、愛する人の“魂”とのコミュニケーションである。 * * * ―この題材に着目したきっかけが、宮城県で2千人以上をみとった医師の岡部健(たけし)氏(故人)の強い勧めであったことが冒頭でつづられています。岡部医師が奥野さんにこのテーマを求めたのは、なぜでしょうか。 奥野 在宅緩和医療のパイオニアでもある岡部先生は、「お迎え」現象について精力的に研究されている方でした。「お迎え」とは、死の間際に亡くなった家族などが現れる現象で、これまではせん妄や幻覚の類いとして片づけられてきましたが、そうではなく、普遍的な現象であるということを岡部先生は論文にまとめられています。 その岡部先生が、陸前高田...more
in English
カテゴリー:

もっと見る

「エピソード」の画像

もっと見る

「エピソード」の動画

Wikipedia

エピソード( )

作品

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる