「エコノミークラス」とは?

関連ニュース

エアアジアX、大阪/関西〜ホノルル線をデイリー化 8月16日から - 05月19日(土)16:11 

エアアジアXは、大阪/関西〜ホノルル線を増便し、8月16日から毎日運航に切り替える。 現在は月・水・金・土曜の週4便を、プレミアムフラットベッド12席、エコノミークラス365席の計377席を配置したエアバスA330-300型機を使用して運航している。運航期間は8月16日から10月27日まで。 マレーシア航空委員会は、クアラルンプール〜大阪/関西〜ホノルル線の運航申請に対し、航空交通権を与える決定を4月に行っていた。 ■ダイヤ D7001 大阪/関西(23:25)〜ホノルル(12:30) D7002 ホノルル(16:00)〜大阪/関西(20:25+1) ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

【イベントレポート】【関空旅博2018】JAL、787のコックピットを模した「リアルピット」フォトコーナー 増便したホノルル便で使用するプレミアムエコノミーシートも展示 - 05月19日(土)14:48 

 JAL(日本航空)は、関西国際空港で5月19日~20日に行なわれている「関空旅博2018」に出展(ブース番号:N95)。ボーイング 787型機のコックピットを模した「リアルピット」に座って制服を着用して撮影できるフォトコーナーや、プレミアムエコノミークラスシートを設置した。
カテゴリー:

ジェットスター・ジャパン、国内線7路線で追加運航便 7路線で計423便を設定 - 05月19日(土)10:37 

ジェットスター・ジャパンは、国内線7路線の追加運航便の販売を、5月18日午後1時より開始した。 対象となるのは、東京/成田〜札幌/千歳・大分線、大阪/関西〜札幌/千歳・沖縄/那覇線、名古屋/中部〜福岡・鹿児島・沖縄/那覇線の計7路線。運航期間は7月1日から10月27日までで、計423便となる。 ジェットスター・ジャパンは2012年7月より国内線に就航を開始、2015年2月には国際線にもネットワークを広げた。国内12都市に17路線、海外4都市に9路線を運航している。機材はエコノミークラス180席を配置した、エアバスA320型機22機を使用し、1日約100便を運航している。 ■ダイヤ GK103 東京/成田(07:05)〜札幌/千歳(08:45)/金・土・日(7月1日〜8日)、月・金・土・日(7月13日〜8月6日) GK151 大阪/関西(07:00)〜札幌/千歳(08:55)/火・水・木(8月21日〜30日) GK158 札幌/千歳(20:30)〜大阪/関西(22:45)/火・水・木(7月24日〜8月9日、8月21日〜30日) GK357 大阪/関西(15:15)〜沖縄/那覇(17:20)/火・水・木(7月24日〜8月9日) GK356 沖縄/那覇(18:00)〜大阪/関西(20:00)/火・水・木(7月24日〜8月9日) GK587 名古屋/中部(17:30)〜福岡(18:55)/...more
カテゴリー:

シンガポール航空、シルクエアーを統合 2020年から客室アップグレード - 05月18日(金)17:16 

シンガポール航空は、グループで短距離線を運航するシルクエアーを統合する。 統合に向けて新型シートを導入するなど、客室をアップグレードする。ビジネスクラスは新型のライフラットシートとなる。ビジネスクラスとエコノミークラスの全席にエンターテインメントシステムを導入する。これにより、シンガポール航空の客室との一貫性を持たせるという。客室アップグレードは2020年から開始する。投資額は1億米ドルに及ぶとした。シンガポール航空とシルクエアーの合併は、シルクエアーの客室のアップグレードが充分に済んだ後に行われる計画としている。 シルクエアーは、ボーイング737-800型機とボーイング737 MAX 8を22機、エアバスA320型機を11機保有している。将来的には全機をボーイング737型機に統一する。就航都市は16カ国の49都市に及び、広島にも就航している。 ⇒詳細はこちら 投稿 シンガポール航空、シルクエアーを統合 2020年から客室アップグレード は トラベルメディア「Traicy(トライシー)」 に最初に表示されました。
カテゴリー:

大韓航空、5月のタイムセール タイ・ベトナム行きが3,000円割引 - 05月18日(金)17:11 

大韓航空は5月のタイムセールとして、「スカイパス」会員を対象に日本発タイ・ベトナム行きが3,000円割引となるクーポンコードを配布している。 対象となるのは日本発のバンコク・ホーチミン・ハノイ・ダナン行きのエコノミークラス。クーポンコードは「THVNPROMO」。割引は同時に購入する同伴者にも適用され、一人につき3,000円割引となる。他のプロモーションとの重複割引はできない。 対象出発期間は5月14日から7月20日までと、8月14日から9月31日まで。クーポン利用期間は5月20日午後11時50分まで。期間内に決済を完了していることが条件となっている。 ⇒詳細はこちら 投稿 大韓航空、5月のタイムセール タイ・ベトナム行きが3,000円割引 は トラベルメディア「Traicy(トライシー)」 に最初に表示されました。
カテゴリー:

エアアジアX、大阪/関西〜ホノルル線をデイリー化 8月16日から - 05月19日(土)16:11 

エアアジアXは、大阪/関西〜ホノルル線を増便し、8月16日から毎日運航に切り替える。 現在は月・水・金・土曜の週4便を、プレミアムフラットベッド12席、エコノミークラス365席の計377席を配置したエアバスA330-300型機を使用して運航している。運航期間は8月16日から10月27日まで。 マレーシア航空委員会は、クアラルンプール〜大阪/関西〜ホノルル線の運航申請に対し、航空交通権を与える決定を4月に行っていた。 ■ダイヤ D7001 大阪/関西(23:25)〜ホノルル(12:30) D7002 ホノルル(16:00)〜大阪/関西(20:25+1) ⇒詳細はこちら 投稿 エアアジアX、大阪/関西〜ホノルル線をデイリー化 8月16日から は トラベルメディア「Traicy(トライシー)」 に最初に表示されました。
カテゴリー:

ジェットスター・ジャパン、国内線7路線で追加運航便 7路線で計423便を設定 - 05月19日(土)10:37 

ジェットスター・ジャパンは、国内線7路線の追加運航便の販売を、5月18日午後1時より開始した。 対象となるのは、東京/成田〜札幌/千歳・大分線、大阪/関西〜札幌/千歳・沖縄/那覇線、名古屋/中部〜福岡・鹿児島・沖縄/那覇線の計7路線。運航期間は7月1日から10月27日までで、計423便となる。 ジェットスター・ジャパンは2012年7月より国内線に就航を開始、2015年2月には国際線にもネットワークを広げた。国内12都市に17路線、海外4都市に9路線を運航している。機材はエコノミークラス180席を配置した、エアバスA320型機22機を使用し、1日約100便を運航している。 ■ダイヤ GK103 東京/成田(07:05)〜札幌/千歳(08:45)/金・土・日(7月1日〜8日)、月・金・土・日(7月13日〜8月6日) GK151 大阪/関西(07:00)〜札幌/千歳(08:55)/火・水・木(8月21日〜30日) GK158 札幌/千歳(20:30)〜大阪/関西(22:45)/火・水・木(7月24日〜8月9日、8月21日〜30日) GK357 大阪/関西(15:15)〜沖縄/那覇(17:20)/火・水・木(7月24日〜8月9日) GK356 沖縄/那覇(18:00)〜大阪/関西(20:00)/火・水・木(7月24日〜8月9日) GK587 名古屋/中部(17:...more
カテゴリー:

シンガポール航空、シルクエアーを統合 2020年から客室アップグレード - 05月18日(金)17:16 

シンガポール航空は、グループで短距離線を運航するフルサービスキャリアのシルクエアーを統合する。 統合に向けて新型シートを導入するなど、客室をアップグレードする。ビジネスクラスは新型のライフラットシートとなる。ビジネスクラスとエコノミークラスの全席にエンターテインメントシステムを導入する。これにより、シンガポール航空の客室との一貫性を持たせるという。客室アップグレードは2020年から開始する。投資額は1億米ドルに及ぶとした。シンガポール航空とシルクエアーの合併は、シルクエアーの客室のアップグレードが充分に済んだ後に行われる計画としている。 シルクエアーは1989年にトレードウィングスとして設立し、1992年に現在の名称に変更した。現在はボーイング737-800型機とボーイング737 MAX 8を22機、エアバスA320型機を11機保有している。将来的には全機をボーイング737型機に統一する。就航都市は16カ国の49都市に及び、広島にも就航している。 シンガポール航空グループでは、2017年7月にタイガーエアをスクートに統合している。シンガポール航空とシルクエアーの統合後のシンガポール航空グループの航空会社は、貨物航空会社を除くと、フルサービスキャリアはシンガポール航空、格安航空会社(LCC)はスクートに一本化されることなる。 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

大韓航空、5月のタイムセール タイ・ベトナム行きが3,000円割引 - 05月18日(金)17:11 

大韓航空は5月のタイムセールとして、「スカイパス」会員を対象に日本発タイ・ベトナム行きが3,000円割引となるクーポンコードを配布している。 対象となるのは日本発のバンコク・ホーチミン・ハノイ・ダナン行きのエコノミークラス。クーポンコードは「THVNPROMO」。割引は同時に購入する同伴者にも適用され、一人につき3,000円割引となる。他のプロモーションとの重複割引はできない。 対象出発期間は5月14日から7月20日までと、8月14日から9月31日まで。クーポン利用期間は5月20日午後11時50分まで。期間内に決済を完了していることが条件となっている。 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

タイ国際航空、大阪/関西発着タイ各地行きでセール 往復35,000円から - 05月17日(木)21:16 

タイ国際航空は、大阪・大阪城公園で開催される「タイフェスティバル」に合わせ、大阪/関西発着便を対象としたウェブ限定タイムセールを、5月17日から23日まで開催する。 設定路線とエコノミークラスの往復運賃は、バンコク行きは35,000円、プーケット・チェンマイ・クラビ行きは41,000円となる。燃油サーチャージと諸税は別途必要となる。予約クラスは「L」となる。事前座席指定、払い戻し、予約変更、マイレージの積算はできない。 出発期間は5月20日から7月12日までと9月1日から12月19日まで。9月13日から15日まで、9月20日から22日まで、10月4日から6日まで、11月15日から30日までは対象外となる。旅行期間は3日以上1ヶ月以内となる。 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

もっと見る

「エコノミークラス」の画像

もっと見る

「エコノミークラス」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる