「エカテリンブルク」とは?

関連ニュース

【恐露】男性記者「外に迷彩服の集団が」…自宅で転落死 露の民間軍事会社によるシリア内戦への関与について報道していた人 - 04月18日(水)00:59  newsplus

 【モスクワ=畑武尊】露メディアによると、ロシアの民間軍事会社「ワグネル」によるシリア内戦への関与について報道していたロシア人男性記者が、露中部エカテリンブルクのアパート5階の自宅から転落し、15日に死亡した。  捜査当局は「犯罪とは認められない」としているが、全欧安保協力機構(OSCE)は16日、徹底捜査を求めた。  死亡したのは地元メディアに勤務するマクシム・ボロディンさん(32)。報道によると、転落しているのが発見された12日の前日、ボロディンさんは知人に「外の階段に迷彩服で覆面姿の集...
»続きを読む
カテゴリー:

【ロシア】調査報道で評価を受けているイケメン記者が自宅アパートから転落死 シリアで戦うロシア人の雇い兵について記事を執筆 - 04月17日(火)15:41  newsplus

http://www.bbc.com/japanese/43792846 2018/04/17 ロシア中部エカテリンブルク市で地元の記者、マクシム・ボロディン氏が自宅アパートのある5階から転落し、後に病院で死亡したことが憶測を呼んでいる。 ボロディン氏は最近、シリアで戦うロシア人の雇い兵について記事を執筆していた。 ボロディン氏は今月12日に大けがを負った状態で隣人たちに発見され、病院に搬送されたが15日に死亡。地元当局は、遺書は見つかっておらず事件性はない、との見方を示した。 しかし、ボロディン氏の友人は、自宅から転落する前日にアパートを...
»続きを読む
カテゴリー:

調査報道で知られるロシア人記者、自宅アパートから転落死 - 04月17日(火)09:48 

ロシアで汚職や犯罪などの調査報道を続けていた記者、マクシム・ボロディンさんが、自宅アパートから転落死した。勤務先のニュースサイト「ノービ・デン(新しい日)」によると、ボロディンさんはロシア中部エカテリンブルクにあるアパートの5階から落下し、15日に死亡した。 内務省報道官によれば、部屋には中から鍵がかかっていた。捜査当局は事件性なしとの見方を示したが、ボロディンさんの家族や友人は不審な点を指摘...
カテゴリー:

【国際】ロシア人記者、自宅から転落死=シリア問題で調査報道 - 04月16日(月)23:35  newsplus

ロシア人記者、自宅から転落死=シリア問題で調査報道 2018年04月16日22時12分 https://www.jiji.com/sp/article?k=2018041601068&g=isk  【モスクワ時事】シリア内戦へのロシア民間軍事会社の関与について調査報道を行っていたロシア人ジャーナリストが中部エカテリンブルクの自宅アパート5階から転落し、15日に死亡した。捜査当局は「事件性なし」としているが、欧州安保協力機構(OSCE)は「深刻な懸念」を表明し、捜査の徹底を求めた。  死亡したのは地元メディアに勤務していたマクシム・ボロジン氏(32)で、...
»続きを読む
カテゴリー:

【サッカー】西野新監督、ハリル氏と対照的…ACL、ルヴァン杯の視察見送り 映像でチェックへ - 04月16日(月)19:38  mnewsplus

4/16(月) 19:22配信  6月14日開幕のW杯ロシア大会に出場する日本代表の西野朗新監督(63)が17日のACL、18日のACL、ルヴァン杯の直接視察を見送り、映像で試合をチェックする方針を固めた。就任後の視察は14日のC大阪―FC東京戦の1試合だけで、精力的に試合会場に足を運んだハリルホジッチ前監督とは対照的。  「今まで代表だった選手はもちろんですが、全体をもう一度見たいと考えています」と語っているが、技術委員長の立場で2年以チームに同行してきた蓄積があるだけに、マイペースで選手の選定を進めて...
»続きを読む
カテゴリー:

【疑問】これはなんという生き物ですか? - 04月17日(火)15:50  news

2018年1月、エカテリンブルク動物園でブタのような鼻、ウサギのような耳、カンガルーのような尾を持つツチブタの赤ちゃんが生まれ、4月中旬に一般公開された。 エカテリンブルク動物園は、檻の中でツノブタが繁殖しているロシアで唯一の動物園。今回の赤ちゃんは同動物園で暮らすツノブタのカップルに生まれた6匹目の子供。 なお、名前はまだ決まっていない。なぜならまだ性別がわからないからだ。動物園の職員らによると、約1カ月後には男の子なのか、あるいは女の子なのかがわかるかもしれない。 ツノブタは中央アフリカや南アフ...
»続きを読む
カテゴリー:

【おそロシア】シリアへのロシア人義勇兵派遣を告発した記者がアパート5階から転落死 - 04月17日(火)12:01  news

 ロシア中部エカテリンブルクで地元男性記者のマクシム・ボロディンさん(32)が自宅アパートの5階から転落死したことが臆測を呼んでいる。ロシアで禁止されている民間軍事企業がシリアにロシア人義勇兵を派遣しているとする告発記事を書くなど政権に批判的な論調で知られていた。 ロシアでは政権に批判的な記者が殺害される事件が相次いでおり、欧州安保協力機構(OSCE)は16日、ロシアに綿密に捜査するよう呼び掛けた。  ロシアメディアによると、ボロディンさんは12日に意識不明の状態で見つかり、15日に病院で死...
»続きを読む
カテゴリー:

ロシアの記者死亡で臆測 OSCEが捜査呼び掛け - 04月17日(火)06:48 

【モスクワ共同】ロシア中部エカテリンブルクで地元男性記者のマクシム・ボロディンさん(32)が自宅アパートの5階から...
カテゴリー:

ロシア人記者、自宅から転落死=シリア問題で調査報道 - 04月16日(月)22:12 

 【モスクワ時事】シリア内戦へのロシア民間軍事会社の関与について調査報道を行っていたロシア人ジャーナリストが中部エカテリンブルクの自宅アパート5階から転落し、15日に死亡した。捜査当局は「事件性なし」としているが、欧州安保協力機構(OSCE)は「深刻な懸念」を表明し、捜査の徹底を求めた。 死亡したのは地元メディアに勤務していたマクシム・ボロジン氏(32)で、12日にアパートから転落した。ボロジン氏はロシアの民間軍事会社「ワグネル」がロシア人雇い兵をシリアに送り込み、多数の死者が出たとされる問題に関して記事を書いていた。 【時事通信社】
カテゴリー:

なぜロシア人は日本的サブカルとの相性がいいのか - 04月11日(水)14:27  news

ウラル在住の女流画家MagnieMackoyanaさんはロシアの諸都市をアニメの主人公の姿に擬えた絵を制作し、ツィッターで公開した。 「モスクワさん」、「ペテルブルグくん」、「ウラジオストク先生」、「ペルミちゃん」など、都市それぞれに性格づけがなされている。 「 Tジャーナル」に掲載の記事によれば、画家はエカテリンブルグで英語を教えるエカテリーナさん。この絵がきっかけでエカテリーナさんはネット上で有名人になった。 https://jp.sputniknews.com/entertainment/201804114766936/ ペテルブルグ君 エカテリンブルクち...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「エカテリンブルク」の画像

もっと見る

「エカテリンブルク」の動画

Wikipedia

産業

国立ウラル工科大学 エカテリンブルクはニジニ・タギルなどと並び州内の産業の中心で、機械工業金属工業製鉄非鉄金属精錬などが行われている。軍需産業と呼ばれる産業に関連する企業が多く、旧ソ連時代も軍需産業の一大拠点であった。

交通

エカテリンブルクの鉄道駅は、ソビエト崩壊後もスヴェルドロフスクの名で呼ばれていたが、2010年3月30日にエカテリンブルク旅客駅に変更された。シベリア鉄道とその支線が交錯するウラル・西シベリアの鉄道網の中心である。

1990年代の経済の低迷を脱した後は、コルツォヴォ国際空港...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる