「エカテリンブルク」とは?

関連ニュース

JAL、ロシアのS7航空とコードシェア拡大--モスクワ以遠4路線追加で計19路線 - 02月15日(水)16:43 

JALとワンワールド・アライアンスメンバーであるロシアのS7航空は2月16日より、新たにモスクワからシベリア最大の都市ノボシビルスクやロシア最大の油田地帯があるチュメニなど4都市を結ぶ路線でコードシェア便を運航する。 両社は2013年1月よりS7航空の運航する東京(成田)=ウラジオストク線とハバロフスク線の2路線でコードシェアを開始。現在はモスクワからロシア各地を結ぶ13路線を加え、計15路線でコードシェアを行っている。今回の路線拡大により、S7航空運航のコードシェア対象路線は19路線となる。 S7が運航している既存コードシェア路線(15路線)は、成田=ウラジオストク/ハバロフスク線と、モスクワ(ドモジェドボ)=サンクトペテルブルグ/サマラ/ペルミ/ウファ/カザン/チェリャビンスク/エカテリンブルク/ボルゴグラード/ニジニ・ノヴゴロド/クラスノダール/ロストフ/ソチ/ニジネカムスク線。 これに新規コードシェアとして、モスクワ(ドモジェドボ)=ノボシビルスク/チュメニ/カリニングラード/オムスク線が加わり、合計の19路線となる。 なお、時期により対象便、運航曜日が異なるため、最新のスケジュールはJALホームページを参照。加えて、日により接続便のない場合がある。今回のコードシェア便の運航は、政府認可を条件としている。 【関連記事】 ・航空ビジネスの裏側 (1) ・ルフトハンザ...more
in English
カテゴリー:

「エカテリンブルク」の画像

もっと見る

「エカテリンブルク」の動画

Wikipedia

産業

国立ウラル工科大学 エカテリンブルクはニジニ・タギルなどと並び州内の産業の中心で、機械工業金属工業製鉄非鉄金属精錬などが行われている。軍需産業と呼ばれる産業に関連する企業が多く、旧ソ連時代も軍需産業の一大拠点であった。

交通

エカテリンブルクの鉄道駅は、ソビエト崩壊後もスヴェルドロフスクの名で呼ばれていたが、2010年3月30日にエカテリンブルク駅()に変更された。シベリア鉄道とその支線が交錯するウラル・西シベリアの鉄道網の中心である。

1990年代の経済の低迷を脱した後は、コルツォヴォ国際空港には、トルコ、フ...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる