「エイズウイルス」とは?

関連ニュース

【速報】 HIV、1年間で10万人以上増加 - 10月11日(水)22:49  news

九州でエイズ急増 中国若年層の患者激増との符号 1983年に発見されたヒト免疫不全ウイルス(HIV)は、感染すると後天性免疫不全症候群(エイズ)を発症し、 ほどなく死に至るイメージが未だに強い。しかし近年では、感染しても発症を抑える治療や、発症しても 抗ウイルス薬治療を続ければ非感染者とほぼ同じ水準の余命を生きられる。とはいえ完治が難しいため、一生、 治療を継続しなければならない。そのエイズウイルス(HIV)感染が、九州で急増している。 なぜ、そのような地域性があらわれたのか、ライターの森鷹久氏が追っ...
»続きを読む
カテゴリー:

さらばエイズ、卵白アレルギー。驚異の技術「ゲノム編集」とは? - 10月09日(月)23:23 

名前は聞いたことがあるけどイマイチよくわからない「ゲノム編集」技術。実はこの技術によって、完治は難しいとされてきたエイズの治療や、卵白アレルギーさえも解決するかもしれないのです。メルマガ『池田清彦のやせ我慢日記』では、著者で早稲田大学教授・生物学者の池田清彦先生が、「細菌が備えるゲノム編集技術」について解説しています。 「ゲノム編集」とは何か? 最近、ゲノム編集という技法が開発されて、DNAの任意の場所をピンポイントで編集(その場所の塩基配列を破壊したり、書き換えたり)することができるようになった。この技法は、もともとは細菌がウイルス感染に対抗して備えている一種の免疫システムを、多細胞生物の遺伝子操作として応用したものである。 真正細菌や古細菌の中には、侵入したウイルスのDNAを切断して、DNAの断片を取り込み、同じウイルスが侵入してきた時に、このDNA断片の記憶をもとに、侵入してきたウイルスを素早く撃退する免疫システムを持っているものがある。 ウイルスのDNAを切断するのはCASと呼ばれるタンパク質で、切断されたDNAの断片は、細菌のCRISPR領域と呼ばれるゲノム領域に取り込まれる。このDNA断片のリストはガイドRNAというRNAに転写されて、次に同じウイルスが侵入してくると、ガイドRNAはウイルスのDNAを素早く見つけ出しCASタンパクを使って切断し、ウイルス感染を免れる。 ...more
カテゴリー:

「エイズウイルス」の画像

もっと見る

「エイズウイルス」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる