「エアプサン」とは?

関連ニュース

【韓国線が55%増】初の1000万人突破 新千歳空港上半期旅客数 [7/26 画像あり] - 07月26日(水)17:32  newsplus

2017/7/26  国土交通省新千歳空港事務所の発表によると、今年1~6月の新千歳空港の国内線と国際線の合計旅客数は前年比6・1%増の1058万3369人となり、上半期として初めて1000万人を突破した。格安航空会社(LCC)の新規就航があった国際線の伸びは著しく、27・5%増の151万6723人。国内線は3・2%増の906万6646人と初の900万人台に乗り、全体を押し上げた。  国際線は、韓国線が55・1%増の48万2651人と北海道人気が続いている様子。新千歳―仁川線は大手の大韓航空、アシアナ...
»続きを読む
カテゴリー:

「エアプサン」の画像

もっと見る

「エアプサン」の動画

Wikipedia

エアプサン株式会社(Air Busan)は、韓国の格安航空会社である。

概要

2007年12月アシアナ航空が46%、釜山市が5%、釜山市の主要企業14社が49%の出資によって設立された。2008年5月13日に定期運送事業免許を申請し格安航空のエア釜山、定期運送事業免許を申請 - 聯合ニュース、同年6月11日に取得した格安航空のエア釜山、定期航空運送事業免許を取得 - 聯合ニュース。

2008年10月27日に釜山 - ソウル/金浦線に初就航しエア釜山、10月就航へ - 朝鮮日報エア釜山が予約・発券業務開始、10月末正式就航 - 聯合ニュースエア釜山、27日に初就航 - 朝鮮日報。12月1日には、釜山 - 済州線にも就航開始した格安航空のエア釜山、来月1日に釜山~済州線就航 - 聯合ニュースエア釜山、釜山-済州路線の就航開始 - 朝鮮日報。

同社の新規就航路線は、既存のアシアナ航空が撤退し、全ての便をコードシェア便(共同運航便)としている(一方、大韓航空系のジンエアーではこのようなことは行われていない)。アシアナ航空が運航していた時期よりも搭乗率は増加している釜山発着便でエア釜山が大健闘 朝鮮日報。

2009年、2010年3月頃の、日本、中国、...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる