「エアバス」とは?

関連ニュース

エアバス、カタール航空にA350-1000型機初号機を引き渡し - 02月21日(水)19:49 

エアバスは、カタール航空にエアバスA350-1000型機の初号機を引き渡した。フランスのトゥールーズで式典が開かれた。 カタール航空はエアバスA350-1000型機37機を含む、エアバスA350XWBファミリーを76機発注している。ビジネスクラスにはダブルベッドにもなる新シート「Qsuite」をエアバス機として初めて装備している。 エアバスA350-1000型機は、エアバスA350-900型機より7メートル長い胴体を持ち、カタール航空では44席多く座席を配置している。両機種は高い共通性を有しており、相互に補完することができる。翼の後縁に改良を加えたほか、6つの車輪のメインランディングギア、ロールス・ロイス社製トレントXWB-97エンジンを装備している。 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

マレーシア航空、東京/成田〜クアラルンプール線へのエアバスA380型機投入 3月1日からに変更 - 02月21日(水)13:34 

マレーシア航空は、当初の予定より繰り上げ、3月1日(東京/成田発は翌2日)よりエアバスA380型機を東京/成田〜クアラルンプール線に投入する。 運航日は3月1日から4月11日まで。現在運航中のエアバスA330-300型機を置き換える。MH88便はクアラルンプールを午後11時35分に出発し、東京/成田に翌日の午前7時15分に到着する。折り返し便のMH89便は東京/成田を午前10時20分に出発し、クアラルンプールには午後5時5分に到着する。供給座席数は200席以上増えることになる。 マレーシア航空は現在、ボーイング737-800型機、エアバスA330-300型機、エアバスA350-900型機、エアバスA380型機を保有している。エアバスA380型機は6機を保有し、クアラルンプール〜ロンドン線に投入している。 ■ダイヤ MH89 東京/成田(10:20)〜クアラルンプール(17:05)/3月2日〜4月11日 MH88 クアラルンプール(23:35)〜東京/成田(07:15+1)/3月1日〜4月10日 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

カタール航空、エアバスA350-1000受領--ダブルベッドの「QSuite」導入 - 02月21日(水)10:11 

エアバスは現地時間の2月20日、エアバス機最大の最新双通路型機であるエアバスA350-1000をカタール航空に納入した。同機はカタール航空が発注した37機のA350-1000における最初の機材で、ビジネスクラスにはダブルベッド仕様の「QSuite」が装備されている。
カテゴリー:

台湾機、新千歳に緊急着陸 18日午後、エンジン内部損傷 - 02月20日(火)16:35 

国土交通省は20日、18日午後に台北に向け新千歳空港を離陸したエバー航空115便エアバスA330(乗客乗員計311...
カテゴリー:

エアソウル、山口宇部〜ソウル/仁川線でセール第2弾 片道5,000円 - 02月20日(火)14:03 

山口宇部空港の国内線・国際線定期便利用者が累計2,500万人に到達したことを記念して、エアソウルは山口宇部~ソウル/仁川線でセール第2弾を開催している。 片道運賃は5,000円。燃油サーチャージ、諸税等は別途必要となる。対象搭乗期間は2月20日から3月24日まで。販売期間は2月19日から23日まで。販売予定数は約250区間分で、予定数がなくなり次第終了となる。 エアソウルの山口宇部~ソウル/仁川線は、山口宇部空港初の国際線定期便として2016年11月に就航。現在は月・水・土曜の週3便を、195席か171席を配置したエアバスA321型機を使用して運航している。 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

エアバス、カタール航空にA350-1000型機初号機を引き渡し - 02月21日(水)19:49 

エアバスは、カタール航空にエアバスA350-1000型機の初号機を引き渡した。フランスのトゥールーズで式典が開かれた。 カタール航空はエアバスA350-1000型機37機を含む、エアバスA350XWBファミリーを76機発注している。ビジネスクラスにはダブルベッドにもなる新シート「Qsuite」をエアバス機として初めて装備している。 エアバスA350-1000型機は、エアバスA350-900型機より7メートル長い胴体を持ち、カタール航空では44席多く座席を配置している。両機種は高い共通性を有しており、相互に補完することができる。翼の後縁に改良を加えたほか、6つの車輪のメインランディングギア、ロールス・ロイス社製トレントXWB-97エンジンを装備している。 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

エアバス A350-1000型機の初号機、ローンチカスタマーのカタール航空へ - 02月21日(水)12:09 

 エアバスは2月20日(現地時間)、エアバス A350-1000型機の初号機を、ローンチカスタマーであるカタール航空にフランス・トゥールーズで引き渡し、記念式典を開催した。
カテゴリー:

【韓国ネット】ルフトハンザ航空が日本人乗客の抗議で「独島→竹島」に修正=韓国ネット反発 - 02月20日(火)17:59  newsplus

2018年2月20日、ドイツのルフトハンザ航空がミュンヘン-東京間を運航する旅客機の航路地図に表示されていた「独島」の名称を「竹島」に修正した。韓国・ニューシスなどが伝えた。 報道によると、ルフトハンザ航空は昨年12月1日にミュンヘン国際空港と羽田空港間の運航を開始したが、当該航空機の座席モニターに表示される航路地図には、竹島の韓国名である「独島」が英語と日本語で表示されていた。その後、同航空は日本人乗客からの指摘を受け、今年1月中旬から「独島」を「竹島」に変更するための関連機器のソフトウエア修正作業を...
»続きを読む
カテゴリー:

エアソウル、山口宇部〜ソウル/仁川線でセール第2弾 片道5,000円 - 02月20日(火)14:03 

山口宇部空港の国内線・国際線定期便利用者が累計2,500万人に到達したことを記念して、エアソウルは山口宇部~ソウル/仁川線でセール第2弾を開催している。 片道運賃は5,000円。燃油サーチャージ、諸税等は別途必要となる。対象搭乗期間は2月20日から3月24日まで。販売期間は2月19日から23日まで。販売予定数は約250区間分で、予定数がなくなり次第終了となる。 エアソウルの山口宇部~ソウル/仁川線は、山口宇部空港初の国際線定期便として2016年11月に就航。現在は月・水・土曜の週3便を、195席か171席を配置したエアバスA321型機を使用して運航している。 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

エミレーツ航空とカンタス航空のパートナーシップ延長、オーストラリア当局が承認へ - 02月20日(火)11:48 

オーストラリア競争・消費者委員会(ACCC)は、エミレーツ航空とカンタス航空のパートナーシップの5年間の延長を承認に向けた草案を決定した。最終決定は3月の見込みで、両社は草案の決定を歓迎する声明を発表している。 2017年8月に両社は政府認可を条件として、共同事業の5年間の延長を決定している。また、オーストラリアからはドバイ、パース、シンガポール経由でイギリスやヨーロッパへの路線を展開するとしていた。 カンタス航空は、シドニー〜ドバイ〜ロンドン線のエアバスA380型機での運航をシンガポール経由に切り替えるとともに、メルボルン〜シンガポール線をエアバスA330型機からエアバスA380型機へと大型化するとしていた。メルボルン〜ドバイ〜ロンドン線は、パース経由に変更することも発表している。両社は共同運航(コードシェア)により、ヨーロッパの33都市、オーストラリアとニュージーランドの60都市、アフリカと中東の14都市、アジアの2都市にネットワークを拡大している。これにより利用者は選択肢が増えるとともに、収益の増加が見込まれるという。 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

もっと見る

「エアバス」の画像

もっと見る

「エアバス」の動画

Wikipedia

エアバス( )は、ヨーロッパ欧州連合の内の4カ国)の国際協同会社。設立当初の事業体の名称はエアバス・インダストリー G.I.E.()であったが、2001年に法人化されて現社名に変更された。民間航空機メーカーとしてのエアバスは、2000年以降親会社の航空防衛企業であるエアバス・グループの子会社として位置づけられていたが、2017年1月に両社が合併、存続会社名をエアバスとすることで、この関係を解消した。本社はフランストゥールーズ

2017年3月1日、経済産業省はエアバスと日本企業の連携を強化する覚書をフランス政府と締結した 。

概要

1960年代から続く、アメリカ企業の世界的な旅客機の独占に対してヨーロッパ諸国が危機感を抱く中、1970年12月にフランスアエロスパシアルと西ドイツDASAが共同出資し設立された。旅客航空機の製造販売を主な事業内容と...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる