「ウッドデッキ」とは?

関連ニュース

ウッドデッキが居間?! 幾何学模様の間取り?! トンデモ間取り満載の不動産情報サイト『Y澤不動産』の全貌を解説! - 08月20日(日)15:00 

廊下とキッチンしかない家、ウッドデッキバルコニーが居間の家、なぜか全室にシャワールームがある家…… 一般人にはとても住めそうにないトンデモ物件しか掲載していないとネット上で話題の不動産情報サイト『Y澤不動産』。 よく見れば不便な間取りというレベルではなく、幾何学模様だったり、人間が入れるのかどうかわからないほど細長かったりしていかにもおかしい。 新宿へのアクセスも良く、住宅地として人気の方南町(ほうなんちょう 東京都杉並区)にある物件を扱っているようだが、まさか方南町ってこんな物件しかない地域なのだろうか? Twitter上では 「クソ間取りの物件ばかりを取り扱うY澤不動産が気になって色々見てみたら、本当にクソ物件しか無くて草不可避」 「売る気ないんじゃないかと思うぐらいロックな会社だ…」 「昔、今は亡き池袋リブロで『間取りの手帖』を手にした時の感動を思い出した。」 などさまざまな感想がつぶやかれている……がしかし! サイト上に記載されている電話番号を見ると「012-3456-7890」。 こんな番号、存在するわけないよな……。 そう、実を言うと『Y澤不動産』とは全国でお化け屋敷イベントを手がける『オバケン』のプロモーションサイト。 つまりトンデモ物件の数々はすべて”ネタ”だったということだ。 ちょっと残念な気もするが、サイト自体の完成...more
カテゴリー:

【東京】「海離れ」の象徴? 都内に続々“海のないビーチ” SNS「完全に騙された」 - 08月13日(日)11:27  newsplus

「海離れ」の象徴? 都内に続々“海のないビーチ” 読売新聞(ヨミウリオンライン) 8/12(土) 7:10|Yahoo!ニュース https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170812-00010000-yomonline-life 白い砂の上で遊ぶ子どもたち。「はだしになると熱いね」と楽しそうだった(タチヒビーチで)  海のない“ビーチ”が都内に相次いで登場している。東京・多摩地区にオープンしたのは、その名も「タチヒビーチ」。南太平洋のタヒチとは似ても似つかぬこの地に、いったい誰が、何のために砂浜を作ったのか。そして来場者は、海のないビーチで何を...
»続きを読む
カテゴリー:

【涼絶景】透明度抜群の海と白砂!日本海一の海水浴場はまさに水晶だった - 08月09日(水)16:00 

敦賀半島の西側に広がる「水晶浜」は、日本海有数の美しさを誇る絶景ビーチ。遠浅で透明度の高いエメラルドグリーンの海は、その名のとおり水晶のような美しさ。砂粒が細かく、きらめく白い砂浜が美しさを際立たせる。8月下旬までは海水浴場として利用され、環境省選定の「日本の水浴場88選」の一つとして多くの人が訪れる。<※情報は関西ウォーカー(2017年7月18日発売号)より> 【写真を見る】夕景スポットとしても人気で、水平線へと沈む夕日が観賞できる/水晶浜海水浴場 某旅行雑誌の2016年のネット内ランキングで1位にも選ばれた海水浴場。常神半島などを見渡すロケーションも美しい。 ■ 夕日や白砂など、絶景のパターンは多彩 【夕日がキレイなサンセットビーチ】夕景スポットとしても人気で、水平線へと沈む夕日が観賞できる。7月下旬の日の入り時間は19時ごろで、30分ほど前から観賞可能。 【透明度抜群の海&白砂】水晶浜の特徴の一つの砂浜。白い砂浜が続き、エメラルドグリーンの海とのコントラストがキレイ。早朝の海岸の散歩もオススメ。 海水浴シーズンには多い日で1日20000人以上も訪れるという水晶浜。海の家やシャワー、更衣室など施設も大充実。 ■涼絶景DATA/ベストタイム:午前中。夏場は空気の澄んでいる午前中がオススメ。太陽の光線も順光で晴れた日など海の色がより美しく見える。 ビーチの長さ:約1600m ■水晶...more
カテゴリー:

「世界一美味しい」宮崎のハンバーガーハウス。 - 08月14日(月)17:00 

最初に断っておくと、自分はフード専門ライターではないので、ハンバーガーに限らず世界一を決めるような舌は持ち合わせてない。けれど、いちバーガーマニアの意見として。『THE BEACH BURGER HOUSE』で食べたハンバーガーは、これまで自分が食べた中で一番美味しいと思った。ビールを飲みながら3つも食べた。世界一だと思った。『THE BEACH BURGER HOUSE』は、この7月15日に宮崎県のサンビーチ一ツ葉沿いにオープンしたばかりのお店だ。僕はオープン初日に伺った。行ったことがある人はわかると思うが、このビーチは宮崎県随一のリゾートである「フェニックス・シーガイア・リゾート」にほど近い、みやざき臨海公園内にある。観光客も多く訪れる場所だが、広大な敷地のため周囲は独特のヌケ感があって、どこかアメリカ西海岸の雰囲気を思わせる。そんな風景に溶け込むように『THE BEACH BURGER HOUSE』はある。白を基調にした店内は、海からの潮風が通り抜ける開放的な空間だ。ウッドデッキにはソファ席までが完備されている。ふと、お洒落なお店は東京にいくらでもあるけれど、この広々としたレイアウトや空気感だけは作ろうにも作れないだろうなあと思った。なによりも驚いたのはお客さんだ。若い人たちから家族連れまで、場所柄いろんな人がきているのは当然として、なんというかみんな“こなれてい...more
カテゴリー:

【涼絶景】樹齢1000年以上の巨木と湧き水!生命力を感じる森で涼さんぽ - 08月10日(木)17:00 

豊かな植生と湧き水に恵まれた瀞川平一帯に広がる「たじま高原植物園」。約1000種の植物が自生する園内のシンボルが、「和池の大カツラ」。樹齢1000年以上の巨木の上手からは1日5000トンもの「かつらの千年水」が湧き出て、その小川をまたぐように力強く根を張る。その姿は生命力を感じさせる、とても神秘的な光景だ。<※情報は関西ウォーカー(2017年7月18日発売号)より> 【写真を見る】和池の大カツラの横に湧く「かつらの千年水」は環境省選定の「平成の名水百選」の一つ。自由に飲むことができる/たじま高原植物園 兵庫県の天然記念物にも指定されている高さ約38mの和池の大カツラ。間近で見る者に生命力を感じさせる。 ■ 広い園内にはさまざまな涼スポットが 標高680mに広がる園内は、木々におおわれ、町なかより体感的に10℃は涼しい。園内には森のテラスや足水場などの涼スポットもあり。 和池の大カツラの横に湧く「かつらの千年水」は環境省選定の「平成の名水百選」の一つ。コップもあり、自由に飲むことができる。 和池の大カツラに向かって延びるウッドデッキ。小川が横を流れ、ひんやり度も満点。途中にはベンチがあり、森林浴などが楽しめる。 和池の大カツラからの小川に足をつける足湯ならぬ足水場。水温は9.5℃とひんやり。 森の中にはテラス席もある。 ■涼絶景DATA/ベストタイム:午前中。開園時間中は観覧自由だが...more
カテゴリー:

「ウッドデッキ」の画像

もっと見る

「ウッドデッキ」の動画

Wikipedia

ウッドデッキとは木材もしくは木材と樹脂を混合した合成木材で作られたプラットホーム状の構築物のことを言う。床下構造を構築することにより床板のレベルを一定にしたものをウッドデッキと言い、ベランダの上にすのこ状のパネルを敷き詰めるウッドパネルとは区別される。

また、地面に近いところに歩道の用途として敷き詰めたものはボードウォークとも呼ばれるが、広場と歩道の区別がつかない場合が多く、総称してウッドデッキと呼ばれる。住宅に使われる場合は建物の掃き出し窓からに出入するようにして、エクステリアにおける庭とリビングルームの中間の空間として使われる。また、公園や...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる