「インプレッサ」とは?

関連ニュース

元F1王者がスーパーGTに参戦! ジェンソン・バトンはなぜ日本を選んだのか? - 01月20日(土)10:00 

「僕はこれまで17年間、F1で戦ってきましたが、今年からスーパーGTに参戦することを決めました。ホンダとともにスーパーGTで戦うことを決断したのは、軽い気持ちからではありません。僕は10年以上も前から、このシリーズに注目していてファンだったんです。 F1を引退した後、スーパーGTで走ることは僕にとって次の目標でした。今、その夢が実現でき、すごく嬉しい。子どものようにワクワクしています。チャンピオン獲得を目指して全力で戦います。ガンバリマス!」 ホンダが2018年のモータースポーツ参戦体制を発表した東京オートサロンの会場で、満面の笑みを浮かべて語るのは、2009年のF1世界チャンピオン、ジェンソン・バトンだ。 現在38歳のイギリス人は2016年までマクラーレン・ホンダのドライバーとしてF1にフル参戦していた。昨シーズンは同チームのリザーブドライバーを務め、インディ500にスポット参戦したフェルナンド・アロンソに代わってモナコGPに出走している。 バトンはこれまで300戦以上のグランプリに出場し、優勝は15回。その実績もさることながら、整った顔立ちとフレンドリーなキャラクターで世界中に多くのファンを持つ。そんなスター選手が今季からスーパーGTの上位クラスGT500にフル参戦することに...more
カテゴリー:

SUBARU、「SUBARU VIZIV PERFORMANCE STI CONCEPT」を東京オートサロン2018に参考出品 - 01月10日(水)18:20 

SUBARUはスバルテクニカインターナショナル(STI)と共同で「東京オートサロン2018」に出展し、「SUBARU VIZIV PERFORMANCE STI CONCEPT」を参考出品する。SUBARU×STIの将来ビジョンを具現化したコンセプトカー。 【画像が掲載された記事、より大きな画像、その他の画像など】 「SUBARU VIZIV PERFORMANCE STI CONCEPT」は、第45回東京モーターショーに出品した「SUBARU VIZIV PERFORMANCE CONCEPT」をベースに、STIのノウハウを込めたコンセプトカー。専用のフロントバンパー、サイドシルスポイラー、トランクスポイラーなどが装着されている。SUBARUのクルマ作りのフィロソフィーである「走りを極めれば安全になる」という考え方のもと、世界トップレベルの走りを目指すSTIの「挑戦」を形にした。 「LEVORG STI Sport -STI Performance-」「SUBARU BRZ STI Sport -STI Performance-」も参考出品。この2台は「LEVORG STI Sport」「SUBARU BRZ STI Sport」にSTIのパフォーマンスパーツを装着したカスタマイズモデル。走行性能を高めるフレキシブルタワーバーやフレキシブルドロースティフナー、空力性能の向上...more
カテゴリー:

【車】2018年5月で車検が取れなくなるクルマ続出!? 乗り続けたいならすぐにチェックしたいリコール対象車とは - 01月07日(日)22:54  newsplus

国土交通省は、タカタ製エアバッグのリコール対象車について、これまでの取組に加え、新たに、異常破裂する危険性が高い未改修車について、車検で通さない措置を講じることを発表している。 その措置は平成30年5月から行われるため、リコール対象車を利用していて乗り続ける場合は、車検が切れる前までにリコール修理を完了しておく必要があるのだ。 平成29年10月の国内の改修率は83.2%であり、約320万台の未改修車がある。また、自動車メーカー各社の主力車種が含まれており、その対象車種の範囲は広い。 今回の措置は、平成28年...
»続きを読む
カテゴリー:

欧州モデルにも負けない? 日本が誇る最強ホットハッチ「新型スイフトスポーツ」登場! - 01月19日(金)17:00 

これはひっさびさに、河口まなぶが絶大なる自信を持ってオススメできる一台だ!と断言できるクルマが登場した。そう、スズキの新型スイフトスポーツだ。コイツは国産車の中で最も輝いているホットハッチ。 2016年にモデルチェンジで4代目となったスズキのスイフト。そのスポーツモデルであるスイフトスポーツが今年9月13日に新型へと切り替わった。このモデルは、トヨタのヴィッツやホンダのフィット、日産のノートなどがライバルとなる日本のコンパクトカーだが、スイフトスポーツは走りが群を抜く。 衝撃だったのが2005年に登場した2代目スイフトスポーツ。当時のスズキの副社長が欧州に行き、スズキの製品と欧州車を乗り比べ、その差に愕然とし、ここから指揮を執って誕生させたモデルなのだ。このクルマが登場するまで筆者や同業者は「スズキに操縦安定性はナシ!」なんて揶揄(やゆ)していたが、このモデルに乗ってひっくり返った。なぜならその走りはまるで欧州車! 気がつけばスイフトスポーツは日本のホットハッチの代名詞的存在になった。 そんな経緯を持つスイフトスポーツが新型になって登場。早速、試乗取材したが、今回のスイフトスポーツ最大のトピックは3ナンバーボディを得たことだろう。先代に比べて40mm拡大された全幅は173mmとなった。5ナンバーから3ナン...more
カテゴリー:

インプレッサの血を引く注目の「新型WRX STI」に試乗! 一体どこが変わったのか? - 01月09日(火)06:00 

かつてはWRC(世界ラリー選手権)で3度のチャンピオンに輝いたインプレッサの血を引くのが、スバルWRX STI。 モータースポーツの血を色濃く受け継ぐこのモデルは、現在もドイツ・ニュルブルクリンク24時間耐久レースに参戦し、国内の全日本ラリー選手権でも活躍。またアメリカで絶大な人気を誇っているラリークロスでも注目されているのだ。 そんなWRX STIが大幅改良を受けて、2017年6月20日から発売された。静岡県伊豆・修善寺にある「日本サイクルスポーツセンター」で試乗したのでリポートしよう! そもそもスバルは、自社のモデルを一年に1度改良してアップデートすることを伝統としている。これは年次改良と呼ばれ、マニアの間では“年改”と略されて親しまれている。ちなみに年改ごとに車両の型式名の末尾のアルファベットが変わっていき、登場したての場合はA型、そしてB、C型と進み、ファンはこの型式で呼ぶ。で、今回のモデルはD型で、ファンはそんなD型WRX STIのことを「VAB(←これが車種固有の型式)のD型」と呼ぶのだ。 気になる今回の年改は、いつにも増して細かく手が入っている。変更があったところをざっと記してみると、245/35R19サイズのタイヤ&アルミホイール、電子制御マルチモード「DCCD(...more
カテゴリー:

「インプレッサ」の画像

もっと見る

「インプレッサ」の動画

Wikipedia

NHK金沢放送局(エヌエイチケイかなざわほうそうきょく)は、石川県を放送対象地域とする日本放送協会(NHK)の地方放送局。テレビとラジオで県域放送を行っている。

概要

開局は福岡局よりも先で、昭和時代九州の管理を担った熊本局を含めた拠点局以外では初めてであった。その歴史はとても古いが、その分現在の放送局舎が築半世紀に達しており、老朽化が目立っている。しかし、耐震化策による延命が図られており、これまで移転・建替えの計画はなかったが一時期、旧石川県警察本部跡への移転も検討されたが、景観などの問題から白紙に戻された経緯がある。、2013年に入り、駅西方面への移転計画が持ち上がっている。

沿革
  • 1930年(昭和5年)4月15日 - 社団法人日本放送協会金沢放送局開局。
    • 当初は一般的な北陸3県を管轄としていた。その後段階的に県ごとに分離、なお福井県は当初大阪管轄だった。
  • 1947年(昭和22年)8月21日 - ラジオ第2放送開局。
  • 1950年(昭和25年)6月1日 - 放送法施行に伴い、社団法人日本放送協会解散。同時に特殊法人としての日本放送協会が設立され、一切の権利義務を継承。
  • 1957年(昭和32年)12月23日 - 本州の日本海側初となる総合テレビの放送開始。
  • 1961年(昭和36年)2...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる