「インバウンド需要」とは?

関連ニュース

日本における化粧品ODM事業への本格参入について - 02月19日(月)11:08 

[住友商事株式会社] 日本の化粧品市場は、インバウンド需要や景気回復を受けて堅調に推移しており、約2兆4,000億円規模といわれています。また、日本の化粧品開発技術や品質管理体制は海外から高く評価されており、今後も日本のきめ...
カテゴリー:

見つからない「お土産」をスノードームのなかに求めて(東京スカイツリー)〜連載・漫画家、座二郎が建築と想像の狭間を描く - 02月14日(水)19:00 

戦後復興、高度経済成長とともに生まれた東京タワーの完成から60年。この都市の新たなシンボルとならんとした東京スカイツリーは、インバウンド需要をはじめとする「お土産欲」の象徴だと、設計士/漫画家の座二郎はいう。商業施設と融合したランドマークから、東京の未来を考える。
カテゴリー:

資生堂、17年12月期業績予想を上方修正 売上高は初の1兆円突破 - 02月07日(水)15:53 

[東京 7日 ロイター] - 資生堂 は7日、2017年12月期の連結業績予想を上方修正した。プレステージブランドが伸長したほか、訪日外国人によるインバウンド需要の増加も寄与した。連結売上高は9850億円から1兆0050億円(前年比18%増)に引き上げ、創業以来初めて1兆円の大台を突破する見通し。
カテゴリー:

【企業業績】花王が決算絶好調でも「化粧品は独り負け」の理由…外国人が欲するブランド力が不足 - 02月19日(月)07:24  newsplus

化粧品がアキレスけん セグメント別の営業利益率 「中身はともかく、数字上は良い形で1年を過ごせた」。2017年12月期決算に対し花王の澤田道隆社長は満面の笑みだったが歯切れは悪かった。売上高1兆4894億円(前期比2.2%増)。営業利益2048億円(同10.4%増)で「日用品、化粧品会社で2000億円超えは初」の点は胸を張った。  だが、個別事業を見ると明暗がはっきりしている(表参照)。主要3事業のうち、紙おむつを展開する部門など2事業が好調なのに対し、ビューティケア事業が伸び悩んだ。原因は化粧品。全社の営業利益率が13...
»続きを読む
カテゴリー:

国内菓子メーカー、「近畿」健闘 京都などインバウンド需要が貢献 - 02月13日(火)12:04 

帝国データバンクは9日、国内菓子メーカー486社の経営実態調査結果を発表した。
カテゴリー:

「インバウンド需要」の画像

もっと見る

「インバウンド需要」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる