「インド北部」とは?

関連ニュース

毒ヘビ、毒フグ、毒ガエル。猛毒危険生物のひみつ - 11月16日(木)17:00 

他人を見た目で判断してはいけません。 外見は、必ずしも内面をあらわすものではないからです。 ただし、例外があります。有害な「いきもの」です。毒の持ち主は、ほとんどがグロテスクな外見をしています。有毒生物は「見た目が9割」なのです。 『さわるな! 猛毒危険生物のひみつ100』(今泉忠明 他・監修/学研プラス・刊)という本があります。世界中に生息する「有毒生物」を紹介しているオールカラー図鑑です。 世界でいちばん危険な毒ヘビは? わたしたちにとって、いちばん身近な「猛毒生物」は、蛇(へび)です。 たとえば、「ニホンマムシ」の被害者は、年間3千人もいるそうです。沖縄方面に生息している「ハブ」も有名です。この2種類は、牙(キバ)に毒があります。 「ヤマカガシ」という種類の毒ヘビは、牙ではなく首筋から毒を出します。噛まれない距離にいるからといって油断してはいけません。 毒ヘビといえば、多くの人が「キングコブラ」を連想するでしょう。キングコブラも危険な毒ヘビですが、世界にはもっと危ないヘビが存在します。 「カスピコブラ」は、カスピ海東岸からインド北部に生息している世界最強クラスの毒ヘビです。他にも、南アフリカ周辺に生息する「ケープコブラ」も強い毒があり、噛まれた人の半数を死に至らしめます。 陸だけでなく、海にも毒ヘビが生息しています。 ヘビのなかま(は虫類)のウミヘビはコブラ科で、強い神経毒...more
カテゴリー:

インドの火力発電所のボイラーが爆発。死者26人、負傷者100名以上。 - 11月02日(木)20:40  news

インド北部ウッタルプラデシュ州で発生した石炭火力発電所の爆発事故で、州政府は2日、死者が26人に増加したと明らかにした。現在も複数の重傷者が病院で手当てを受けているという。 事故は1日、同州ラエバレリ地区にある国営火力発電公社運営の発電所で発生。警察当局は、ボイラーの下の火炉に何らかの理由で灰が堆積し、内部の圧力が増加したことが爆発につながったとみている。 州政府の資料によると、死者数は26人となっており、うち数人の身元が特定されていない。 同発電所は従業員およそ870人を抱え、周辺9州に送電していた...
»続きを読む
カテゴリー:

独立以来全ての選挙で欠かさず投票、100歳男性にレッドカーペット インド - 11月10日(金)09:52 

【11月10日 AFP】インド北部ヒマチャルプラデシュ州の村で9日、同国の独立以来欠かさず投票を続けてきた100歳の男性が、地元当局によって用意されたレッドカーペットの上を歩いて州議会選挙の投票所を訪れた。≫続きを読む
カテゴリー:

【パキスタン】毒入りラッシーで夫と親族ら計13人を殺害、女を逮捕 - 11月01日(水)03:31  newsplus

http://www.afpbb.com/articles/-/3148819?cx_module=latest_top 【10月31日 AFP】パキスタンで、夫とその親族らに毒入りのラッシーを飲ませ、計13人を殺害したとされる女が逮捕された。同国中部ムザファルガル(Muzaffargarh)県の警察当局が30日、明らかにした。  殺人の疑いで逮捕・訴追されたのはアシヤ・ビビ(Asiya Bibi)容疑者。警察幹部によるとビビ容疑者は先月、家族によって強制的に夫と結婚させられたという。  同容疑者は先週、夫の牛乳に毒を入れたが、夫はそれを口にしなかったため、牛乳をラッシーに混ぜて夫の...
»続きを読む
カテゴリー:

「インド北部」の画像

もっと見る

「インド北部」の動画

Wikipedia

  • REDIRECT 北インド...
  • ツイッター人気

    Yahoo知恵袋

    こんなの見てる