「イントラネット」とは?

関連ニュース

【ハッカー】韓国軍の機密文書1500万枚相当が北朝鮮に流出 「斬首作戦」など特殊戦関連文書を集中的に盗まれる - 10月11日(水)14:41  dqnplus

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/10/10/2017101000882.html  北朝鮮からと推定されるハッカーが昨年9月、韓国軍のデータベース(DB)センターに相当する国防統合データセンター(DIDC)をハッキングして盗み出した文書は235ギガバイトに上る。 A4サイズで1500万枚に相当する量だ。 韓国軍はハッキングで不正に流出したデータの総量自体は確認したが、どんな資料が流出したかは全体の22.5%に当たる53ギガバイト分(約1万700件)しか把握できていない。 残り80%近いデータ(182ギガバイト)は外部に流出し...
»続きを読む
カテゴリー:

「HOW」から「WHAT」へ--シャープ戴社長が示した新たな幕開け - 10月11日(水)08:30 

シャープの代表取締役社長である戴正呉氏は10月10日、社内イントラネットを通じて、社員に対して「いよいよ幕明け、『8K World & AIoT World』」と題したメッセージを配信した。
カテゴリー:

「イントラネット」の画像

もっと見る

「イントラネット」の動画

Wikipedia

イントラネット()は、組織内におけるプライベートネットワークで、インターネットの機器やプロトコルを利用してコスト削減と利便性の向上を図りつつ、企業内の情報をその中で扱うために必要な防護等の措置が講じられたものである。

機器とプロトコルの共通化

レイヤ1(物理層)、レイヤ2(データリンク層)、レイヤ3(ネットワーク層)、レイヤ4(トランスポート層)を、いわゆるイーサネット系やTCP/IP系の機器やプロトコルとする。レイヤ1では、通信系ハードウェアの共通化、レイヤ2からレイヤ4まではインターネット・プロトコル・スイートへの移行が行われる。

イントラネット間の接続

イントラネット間の接続は専用線で構築する場合と、インターネット上に仮想の専用線を構築する場合がある。一般的に専用線を用いるケースの方がコストが高いが、セキュリティは強固である。

昨今ではインターネットが普及したこととコスト削減のため、Virtual Private Networkの利用も多い。

歴史

インターネットの普及以前は独自のプロトコルや汎用機系のネットワークを使用していた企業内ネットワークにインターネットが導入され始めた頃に、「インターネット」...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる