「イントラネット」とは?

関連ニュース

へき地のインターネットを手作りで、MozillaとNSFが懸賞で地域の小規模プロジェクトを募る - 02月21日(水)13:31 

FCCは今、委員長のPaiが頻繁に言うように、“デジタル格差の解消”に熱心に取り組んでいて、そのためのファンドConnect America Fund IIも役に立つのだろう。でも大企業が設備投資に走る中、インターネットを安定的に利用できない人たちがアメリカの至るところにいる。MozillaとNational Science Foundation(NSF, 米国科学財団)は、まだまともな帯域を利用できない人びとに良質なインターネット接続を提供するためのプロジェクトを、懸賞つきで募集している。 このWireless Innovation for a Networks Society(略称WINS)と呼ばれる懸賞には募集課題が二つある。ひとつは、災害時やそのほかの緊急時に、人びとにワイヤレスでインターネット接続を提供する技術。そしてもうひとつは、既存のワイヤレスインフラストラクチャにコミュニティ*が接続してインターネットを正常に利用できるようにする技術。〔*: コミュニティ, 原住民居住区など、恵まれないコミュニティ〕 優勝賞金は一等が6万ドル、二等が4万ドル、三等が3万ドルだ。これらの最初の賞金は大きなプロジェクトの最初のラウンドで、夏までには設計コンセプトをプロトタイプに実装して、実用デモを行い、最終勝者は秋に決まる。 最初の“オフ・ザ・グリッド...more
カテゴリー:

「イントラネット」の画像

もっと見る

「イントラネット」の動画

Wikipedia

イントラネット()は、組織内におけるプライベートネットワークで、インターネットの機器やプロトコルを利用してコスト削減と利便性の向上を図りつつ、企業内の情報をその中で扱うために必要な防護等の措置が講じられたものである。

機器とプロトコルの共通化

レイヤ1(物理層)、レイヤ2(データリンク層)、レイヤ3(ネットワーク層)、レイヤ4(トランスポート層)を、いわゆるイーサネット系やTCP/IP系の機器やプロトコルとする。レイヤ1では、通信系ハードウェアの共通化、レイヤ2からレイヤ4まではインターネット・プロトコル・スイートへの移行が行われる。

イントラネット間の接続

イントラネット間の接続は専用線で構築する場合と、インターネット上に仮想の専用線を構築する場合がある。一般的に専用線を用いるケースの方がコストが高いが、セキュリティは強固である。

昨今ではインターネットが普及したこととコスト削減のため、Virtual Private Networkの利用も多い。

歴史

インターネットの普及以前は独自のプロトコルや汎用機系のネットワークを使用していた企業内ネットワークにインターネットが導入され始めた頃に、「インターネット」...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる