「イントラネット」とは?

「イントラネット」の画像

もっと見る

「イントラネット」の動画

Wikipedia

イントラネット()とは、インターネット等の技術を用いることで利便性を高め、且つアクセスできる端末を制限する事で安全性を高めた企業内ネットワークの事。

インターネットとの共通化

基本的には通信手段の階層構造であるレイヤ1(物理層)、レイヤ2(データリンク層)、レイヤ3(ネットワーク層)、レイヤ4(トランスポート層)等をインターネットで行われている物と共通化させることにある。レイヤ1では、通信系ハードウェアの共通化、レイヤ2からレイヤ4まではTCP/IPファミリーと呼ばれる物への移行が行われる。

イントラネット間の通信方法

イントラネットは専用線で構築する場合と、インターネット上に仮想の専用線を構築する場合がある。一般的に専用線を用いるケースの方がコストが高いが、セキュリティは強固である。

昨今ではインターネットの普及や、コスト削減の意識からVPN(バーチャル プライベート ネットワーク)を用いて構築する事が多い。

歴史

イントラネットという言葉は、インターネットという言葉が一般的になったのを受けて登場した。

当初においては、メーカー毎に独自のプロトコルで行っていたLANやWANにFTPやTCP/IP等インターネットで標準化している通信プロトコルを取り込み、汎用的なハードウェアの導入によるシステム構築の低価格化が目的であった。

導入当初は、メインフレームと言われる...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる