「イントラネット」とは?

関連ニュース

【野球】WBCアメリカ戦 勤め人はどうやって試合を見た? - 03月24日(金)20:12 

日本時間の3月22日に行われたWBC(ワールド・ベースボール・クラシック)の日本対アメリカ戦。試合自体は残念ながら1対2で日本が負けてしまったが、「平日午前10時から」という悪条件のなか、勤め人たちはどのようにして試合を見たのか? 第1回、第2回と連覇したものの、第3回大会は準決勝で涙を呑んだ日本チーム。 しかし、筒香嘉智(DeNA)、山田哲人(ヤクルト)、中田 翔(日本ハム)、坂本勇人(巨人)、菅野智之(巨人)ら、 強力な投手陣・打撃陣が揃った今大会は、予選ラウンドを6連勝と破竹の勢いで勝ち進み、優勝への期待...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

NEC、イントラからネット接続する金融機関向けサービス--CSIRTの運営業務を支援 - 03月23日(木)15:48 

NECは3月17日、金融機関を対象にイントラネットからの安全なインターネット接続を実現するゲートウェイサービスを提供開始した。
in English
カテゴリー:

金融機関向けにイントラネットからの安全なインターネット接続を可能にするゲートウェイサービスを提供 | IT Leaders - 03月21日(火)10:30 

NECは2017年3月17日、金融機関を対象に、イントラネットからの安全なインターネット接続を可能にする「金融機関向けインターネットゲートウェイサービス」の提供を開始すると発表した。改訂金融検査マニュアルなどに対応したサイバーセキュリティを提供する。
in English
カテゴリー:

WBCアメリカ戦 勤め人はどうやって試合を見た? - 03月24日(金)11:01 

日本時間の3月22日に行われたWBC(ワールド・ベースボール・クラシック)の日本対アメリカ戦。試合自体は残念ながら1対2で日本が負けてしまったが、「平日午前10時から」という悪条件のなか、勤め人たちはどのようにして試合を見たのか?第1回、第2回と連覇したものの、第3回大会は準決勝で涙を呑んだ日本チーム。しかし、筒香嘉智(DeNA)、山田哲人(ヤクルト)、中田 翔(日本ハム)、坂本勇人(巨人)、菅野智之(巨人)ら、強力な投手陣・打撃陣が揃った今大会は、予選ラウンドを6連勝と破竹の勢いで勝ち進み、優勝への期待は大いに高まっていた。しかし、日本代表を応援する日本国民の前に大きく立ちはだかったのが、“時差”の問題だった。日本で行われた予選は試合開始時間が19時で、全試合で高視聴率を記録したが、米・ロサンゼルスのドジャースタジアムで行われたアメリカ戦の試合開始はこちらでは午前10時。当然のことながら、サラリーマンは仕事中の時間帯だ。ツイッターを見ると、「有給取って観るWBC最高やな」「WBC見る為に会社休んだ」「WBC始まった! 準決勝、決勝のために仕事休んだから、まじで日本がんばれ!」と、きちんと休みを取った人もいるようだが、「仕事中PC画面の隅っこにずっとWBC速報出してる」「WBCの一球速報をこっそり見ながら仕事してる」「会社から抜け出せないからこっそりWBC速報ずっと見てる」「WBC...more
in English
カテゴリー:

北朝鮮の金正恩がネット上で最も検索するワードが判明! 金正恩「俺嫌われまくりじゃん(´・ω・`)」 - 03月22日(水)16:43 

北朝鮮労働党書記の金正恩がインターネット上で最も多く検索するワードが話題となっている。 金正恩はiPadやスマートフォン、MacBookを愛用しており、ネット接続も可能な環境にある。 金正恩も例外ではない。そんな金正恩が最も検索した単語は「金正恩」だったことがわかった。 金正恩のiPadを追跡したFBIは普段、ネットに接続すれば自分の名前を最も多く検索するだろうと明らかにした。 「FBIが、最先端の機器を動員結果明らかになったもの」としており、金正恩は自分に関連するニュースや 国際政治の動向を収集しているという...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

NEC、金融機関向けのセキュアなネット接続ゲートウエイサービス(ニュース) - 03月17日(金)17:32 

 NECは2017年3月17日、金融機関向けにイントラネットから安全にインターネットに接続できる「金融機関向けインターネットゲートウェイサービス」を発表した。既に複数の金融機関の共同利用型として採用されていて、提供を開始しているという。
in English
カテゴリー:

「イントラネット」の画像

もっと見る

「イントラネット」の動画

Wikipedia

イントラネット()とは、インターネット等の技術を用いることで利便性を高め、且つアクセスできる端末を制限する事で安全性を高めた企業内ネットワークの事。

インターネットとの共通化

基本的には通信手段の階層構造であるレイヤ1(物理層)、レイヤ2(データリンク層)、レイヤ3(ネットワーク層)、レイヤ4(トランスポート層)等をインターネットで行われている物と共通化させることにある。レイヤ1では、通信系ハードウェアの共通化、レイヤ2からレイヤ4まではTCP/IPファミリーと呼ばれる物への移行が行われる。

イントラネット間の通信方法

イントラネットは専用線で構築する場合と、インターネット上に仮想の専用線を構築する場合がある。一般的に専用線を用いるケースの方がコストが高いが、セキュリティは強固である。

昨今ではインターネットの普及や、コスト削減の意識からVPN(バーチャル プライベート ネットワーク)を用いて構築する事が多い。

歴史

イントラネットという言葉は、インターネットという言葉が一般的になったのを受けて登場した。

当初においては、メーカー毎に独自のプロトコルで行っていたLANやWANにFTPやTCP/IP等インターネットで標準化している通信プロトコルを取り込み、汎用的なハードウェアの導入によるシステム構築の低価格化が目的であった。

導入当初は、メインフレームと言われる...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる