「インターネット接続」とは?

関連ニュース

Apple、衛星インターネット事業に参画か(CIOニュース) - 04月25日(火)10:11 

 米Appleが新たな野心的計画を進めつつある。米Bloombergの報道によると、Appleは、米Googleの幹部2人を引き抜き、ブロードバンド・インターネット接続を提供する人工衛星の打ち上げプロジェクトへの関与を始めている。
in English
カテゴリー:

F8:Android版Instagramにオフラインモード―iOS版は数ヶ月後 - 04月20日(木)05:41 

6億人のInstagramユーザーの80%はアメリカ国外の居住者だ。こうしたユーザーの多くはネットワーク接続性が低く定額制のデータ・プランも得にくいような環境に置かれている。そこで今日(米国時間4/18)、サンノゼで開催中のF8デベロッパー・カンファレンスでInstagramは機能のほとんどをネットワーク接続がない環境でも利用できるようにしたことを発表した。 新機能の大部分は最新のAndroid版ですでに利用可能だ。iOSバージョンについても数ヶ月以内にリリースされる模様だ。ただしデベロッパー・コミュニティーでは圧倒的にAndroid環境が好まれている。 Instagramのエンジニア、Hendriによれば、ユーザーはオフライン環境でもあらかじめデバイスに読み込まれたフィードを閲覧することができるという。ユーザーはコンテンツにコメントや「いいね!」をつけるなどのリアクションが可能だ。保存やアンフォローなどもできる。これらは次にインターネットに接続されたときにアップロードされる。以前に閲覧していればプロフィール・ページを見ることもできる。Exploreタブやユーザー自身のプロフィールも同様だ。 こうしたアップデートはインターネット接続が得られない環境でも便利だが、途上国でデータ接続プランが高価すぎたり、接続が安定しなかったりする場合に特に効果を発揮する。Instagramが途上国...more
in English
カテゴリー:

Alphabet傘下Verilyのスマートウォッチは大量の生命徴候データを長期にわたって集め医学研究に奉仕する - 04月15日(土)10:29 

長期的な医学研究を念頭に置いて設計されたStudy Watchは、ふつうのスマートウォッチとはまったく異なる要求に応えている。このデバイスを設計したVerilyはGoogleの持株会社Alphabetの傘下で、多発性硬化症の観察やグルコースレベルをモニタするコンタクトレンズなど、本格的な医学研究をターゲットにしている。 Study Watchも重要な研究を支えることが目的で、Personalized Parkinson’s Projectなど、今同社が抱えているプロジェクトのために生命徴候(体温、脈拍などの基本的測度)を集める。ちなみにPersonalized Parkinson’s Projectは、疾病(この場合はパーキンソン病)の進行のパターンを調べて、治療法の手がかりを見つけるプロジェクトだ。 この一見して平凡なウェアラブルは、今後Baselineプロジェクトにも使われる。これは2014年に発表されたプロジェクトで、175名の生命徴候を長期にわたって調べ、“健康な人間”をこれらの測度で定義しようとする試みだ。 Googleはそのプロジェクトを、自動運転車や気球によるインターネット接続サービスなどと並ぶ“ムーンショット”(moonshot, 月へのロケット打ち上げ, 夢のような超未来的プロジェクト)と呼び...more
in English
カテゴリー:

Amazon Echoの優れた音声認識機能をそのほかのデバイスメーカーも利用できる - 04月14日(金)10:42 

Amazonは、Echoの優秀な音声コマンド認識機能を支えている技術を、サードパーティのデバイスメーカーにも使わせる気だ。たとえばそれは、騒音の多い部屋でもユーザーの音声を拾えるためのマイクロフォンの配列や、起動語を認識するAmazon独自のソフトウェア、大きな開けっ放しの部屋でバックグラウンドノイズを減らし、エコーを相殺する技術、などだ。 技術の提供は開発キット(development kit)の形で行われるが、完全解禁ではない。利用の申し込みはWebサイトから行うが、審査に通った外部OEMが招待制のみでキットを使用できる。 Amazonはそのキットが“主なチップセットと互換性がある”、と言っているが、名前が挙げられているのはARM Cortex, Intel x86, Raspberry Pi, そして“その他”だ。そのねらいは、パートナーたちがもっと早く、自分たちのデバイスにAlexaの機能を実装できることだ。Amazonはすでに同社のAlexa Voice Services事業で、その姿勢を見せていた。 でも、音声をユーザーインタフェイスとするインターネット接続デバイスを作りたければ、ぜひ、このキットの使用を申し込むべきだ。今年のCESでは、至るところでAlexaが使われていたし、今後はさらにますます、支配的なプラットホームに...more
in English
カテゴリー:

Microsoft、IoT Centralをスタート―企業向けフル機能のクラウドIoTサービス - 04月21日(金)09:00 

今日(米国時間4/20)、MicrosoftはIoT Centralをオープンした。これは企業向けにInternet of Things〔モノのインターネット〕を実現するクラウド・ベースの新しいサービスだ。企業はIoTに関する専門的知識を持った人材やハードウェアを社内に準備することなしに、IoTを組み込んだシステムを構築、運用することができる。基本的にIoT-as-a-Serviceといってよいだろう。 これに伴いMicrosoftは企業IoTにAzure Stream Analyticsを導入し、IoTデバイスからのデータ取得の効率を高めるとしている。このアナリティクスには時系列データを扱うことに最適化されたまったく新しい機能が組み込まれている。 今回発表されたもっとも重要なサービスはIoT CentralとAzure Time Series Insightsの一連のツールだ。MicrosoftのIoT事業のディレクター、 Sam Georgeは私のインタビューに答えて、「この新サービスの趣旨は多数の新しい機能を提供することによって既存のAzure IoT Suiteを大幅に強化することだ」と述べた。多くの企業にとって IoTの組み込みは同業ライバルとの差別化を図る上で有力な手法だ。しかしそのためには大量の専門的能力を必要とする。Georgeによれば「IoTは有力な差別化の手段だ...more
in English
カテゴリー:

オンラインでのカスタマージャーニーはカスタマー体験のほんの一部に過ぎない - 04月17日(月)18:15 

ここ何年もカスタマー体験を管理することで企業が得られる利点について聞いてきた。カスタマーについて詳しく理解するほど、適切なコンテンツ、プロダクト、サービス、さらにはカスタマーに関連する(少なくとも理解できる)広告を提供できるという話だ。 現代のマーケティングソフトウェアは、そうした理想を現実のものに近づけている。 しかしブランドとコンシューマーのストーリーにおいて、テクノロジーはほんの一部にしか過ぎない。オンライン上の行動からカスタマーのことが分かったからと言って、企業がその人との対面する場でもスマートに価値がある関係性を築けるとは限らないのだ。企業はオンラインで得た知見を、カスタマージャーニーの全ての過程に適用する必要がある。しかし残念ながら、必ずしもどの企業もそれができているとは言えない。 信頼の問題 ユナイテッド航空での出来事とそれに続いたPRの失敗を例に挙げよう。ユナイテッド航空はカスタマーを飛行機から引きずり下ろしただけでなく、既存のロイヤルカスタマーや潜在的なカスタマーとの信頼関係までも壊してしまった。 ユナイテッド航空の例は、テクノロジーの力でオンラインの文脈でのカスタマーのウォンツやニーズを知るだけでは足りないということを示している。企業は、オンラインで得た知見を対面でのエンゲージメントにも応用しなければならない(もちろん、常識的に考えて行動することも良いことだ)...more
in English
カテゴリー:

ムーアの法則が曲がり角を迎えた今、コンピューティングはどうなって行くのか - 04月14日(金)17:10 

【編集部注】Mark PapermasterはAMDのCTO(最高技術責任者)兼上級技術担当副社長である。 私たちは、コンピューティングの真の変化を迎え、テクノロジーと接する手段が変化していく日々の真っ只中にいる。 埋め込みセンサーとインターネット接続性が次々に取り込まれることで、私たちの利用する殆どの機器が「スマートデバイス」へと変化しつつある。それらの機器は私たちの声に応答することが可能で、その一方で大量のデータを生成し、ネットワークの端にあるハブコンピュータや、クラウドの中でデータの解析が行われている。 私たちは、仮想ならびに拡張現実(VR / AR)の応用がまさに始まりつつあることを目撃している。よりリアルな体験を得るためには、それらのテクノロジーは膨大な計算とグラフィック処理を必要としている。これは、大量のデータをふるいにかけて、タイムリーでコンテキストにふさわしい情報を提供したり、日々のありふれた仕事を引き受けることができるように教育できる機械学習アプリケーションの、驚異的な進化と強く結びついている。これらの新しいアプリケーションは、より手頃な価格レベルでより多くの計算能力を提供するために、業界に挑戦している。 この増え続ける多くの計算需要に対する供給が、特に困難なものだ。半導体の進化を示すムーアの法則(Moore’s Law)のペースが鈍化しているからだ...more
in English
カテゴリー:

【通信】国内最速、下り2Gbpsを実現した光回線サービス開始 - 03月14日(火)16:07 

http://ascii.jp/elem/000/001/451/1451111/ インビンシブルは3月14日、国内最速クラスの下り2Gbpsを実現したインターネット接続サービス「Swift光」を発売した。  ソニーネットワークコミュニケーションズの光回線の卸提供サービスで、 提供エリアは東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、栃木県、茨城県で一戸建てや7階建て以下の集合住宅で利用可能。 光回線とプロバイダーがセットされており、下り最大2Gbps/上り最大1Gbps。モデムはW-Fiルーター機能も備える。 月額基本料金は4980円(別途工事費4万円および事務手数料3000円...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

「インターネット接続」の画像

もっと見る

「インターネット接続」の動画

Wikipedia

  • REDIRECTインターネット...
  • ツイッター人気

    Yahoo知恵袋

    こんなの見てる