「インターネット接続」とは?

関連ニュース

ニフティ、固定回線で通信速度制御を実施。 通信量の特に多いユーザーが対象 - 05月22日(月)14:37 

 ニフティ株式会社は、通信経路の混雑時に、通信量の多いユーザーの通信速度を一時的に制御する通信速度制御を、 固定回線向けインターネット接続サービスに対して7月5日以降順次実施する。  通信速度制御は、通信経路の混雑が発生した場合に、その時点でほかのユーザーと比べて特に通信量が多いユーザーに対し、 日本インターネットプロバイダー協会(JAIPA)など通信事業関連4団体が2012年3月に改定した「帯域制御の運用基準に関するガイドライン」に準じて一時的に実施する。 IPv6アドレスよるインターネット接続は、通信速...
»続きを読む
カテゴリー:

タブレット満足度調査、Microsoft SurfaceがApple iPadを超えて初の消費者満足度首位を獲得 - 05月19日(金)10:55 

市場調査会社のJD Powerが消費者を対象に実施したタブレット製品の満足度調査の結果、Apple iPadを抑えて、Microsoft Surfaceが首位となったことが同社の発表で明らかとなった。 最新のJD Powerタブレット満足度調査によると、1位はMicrosoftで855ポイント(1000ポイントが満点)、2位はAppleで849ポイント、3位はSamsungで847ポイント、 3位はLGで836ポイント、4位はAmazonで834ポイント、5位はAcerで814ポイント、そして6位はAsusの812ポイントとなった(平均値は841ポイント)。 JD Powerは、Microsoftが消費者満足度で首位を...
»続きを読む
カテゴリー:

【社会】「日本はルーターに守られた」、WannaCry流行でトレンドマイクロが分析 - 05月17日(水)23:18 

トレンドマイクロの岡本勝之セキュリティエバンジェリストは、WannaCryは「ワームの性質を持つのが最大の特徴」とする。 WannaCryは、実行したWindows PCのファイルを強制的に暗号化して復号キーをユーザーに売り付けるランサムウエア としては一般的なものだが、ネットワーク経由でWindowsの脆弱性を突いて感染を広げる。  同社に報告のあった9件の被害の感染経路は不明だが、「メールとすれば、件数からは無差別攻撃ではなく標的型 の可能性が高い。WannaCryにはグローバルIPアドレスをスキャンして感染を広げるため、インターネ...
»続きを読む
カテゴリー:

ランサムウェア「WannaCry」 ルータで防御できる雑魚ウイルスだった - 05月17日(水)17:17 

「日本はルーターに守られた」、WannaCry流行でトレンドマイクロが分析 http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/news/17/051501407/ トレンドマイクロの岡本勝之セキュリティエバンジェリストは、WannaCryは 「ワームの性質を持つのが最大の特徴」とする。 WannaCryは、実行したWindows PCのファイルを強制的に暗号化して復号キーをユーザーに 売り付けるランサムウエアとしては一般的なものだが、ネットワーク経由でWindowsの脆弱性を 突いて感染を広げる。  同社に報告のあった9件の被害の感染経路は不明だが、「メールとすれ...
»続きを読む
カテゴリー:

【朗報】日本はルーター経由のインターネット接続が主流なため、マルウェアの被害が少なかった模様 - 05月16日(火)01:50 

 トレンドマイクロは2017年5月15日、世界規模で被害が相次いだランサムウエア「WannaCry(ワナクライ)」の説明会を開催した。 5月12日から15日16時までに、同社の法人・個人ユーザーから175件の問い合わせと9件の被害報告があったという。  トレンドマイクロの岡本勝之セキュリティエバンジェリストは、WannaCryは「ワームの性質を持つのが最大の特徴」とする。 WannaCryは、実行したWindows PCのファイルを強制的に暗号化して復号キーをユーザーに売り付けるランサムウエアとしては一般的なものだが、 ネットワーク経由でWind...
»続きを読む
カテゴリー:

自動運転車もオープンソース化でカスタマイズの自由度を強調、ステルスを脱したOSVehicleはモジュール構造のホワイトレーベル車を提供 - 05月19日(金)20:59 

OSVehicle(Open Source Vehicle)はY Combinatorが支援するB2Bの自動運転車企業で、多量の業務用車両を抱える顧客企業に‘ホワイトレーベル’(納車時ノーブランド)の車を複数台作って納める。 ‘EDIT’と名付けられたその自動運転車は、顧客がすぐに使い始められる状態で納車される自動運転電気自動車で、モジュール構造なのでデザインは可変、ホワイトレーベルなので顧客が完全に自己ブランド化できる。 1年のステルス期間をようやく脱した同社は、顧客である自動車利用企業が仕様をカスタマイズできる自動運転車が、製品の基本コンセプトだ。自動運転のためのハードウェアや、インターネット接続、ソフトウェアのコード、航続距離、ルックスなど、何でもカスタマイズできる。モジュール方式の利点は、そういうカスタマイズが通常の半分ぐらいの工期と、約1/6の費用でできることだ。 顧客は、自分の国と自分の業種(例:タクシー会社)に合った車を、短期間で確保できる。フードデリバリ、ライドシェア、などなど業種に合わせたカスタマイズが、車の特定のブランドにまったく邪魔されないのだ。言い換えると、ブランドに合わせたカスタマイズではなく、完全にアプリケーションに合わせたカスタマイズが可能だ。 [原文へ] (翻訳:iwatani(a.k.a. hiw...more
カテゴリー:

【やじうまPC Watch】ランサムウェアの「WannaCry」。ついにコモドール64にまで感染!? ~Twitterで各種ネタ画像が出回る - PC Watch - 05月19日(金)00:16 

【やじうまPC Watch】ランサムウェアの「WannaCry」。ついにコモドール64にまで感染!? ~Twitterで各種ネタ画像が出回る - PC WatchDAMMIT, here too?! pic.twitter.com/dINMKZKxqY — Seth Morabito (@Twylo) 2017年5月17日  世界的な規模で被害を与えているランサムウェアの「WannaCry」だが、インターネット接続機能がない1982年発売のコモドール64にまで感染したという報告がTwitterに上がっている。  と言っても、もちろんこれはジョーク。話題性に...
カテゴリー:

Lisnrの音声データ通信テクノロジーは、QRコードやNFCなどの代替を狙う - 05月17日(水)18:44 

スタートアップのLisnrが狙っているのは、データを音声に載せて送る新しいテクノロジーで、NFCやQRコードを置き換えることだ。その通信プロトコルはSmat Toneという名前である。同社が発明したテクノロジーは、POSトランザクション、チケット発行と認証、オフラインメッセージ、デバイス間接続などの様々な用途に利用することが可能だ。 Lisnrのアイデアは、共同創業者兼CEOのRodney Williamsによるものだ。彼自身はエンジニアではないが、Lockheed MartinやProcter & Gamble、その他の企業での経験が彼に技術の大切さを教え、特許と知的財産の価値を教えた。彼は現行の技術に対する更によいアイデアを思い付き、より良い応用のチャンスを見出した。 「私たちは先進的なテクノロジーと体験を、古いプロトコルの上に構築してきたのです」とWilliamsは説明する。「テクノロジーの限界の中で、プロダクトやサービスを構築することに、本当に不満を感じていました。より優れた通信チャネルを作ることができたら、最高の消費者体験を引き出せるのに、と考えたのです」。 スタートアップは2012年にシンシナティでWilliamsによって創業された。共同創業者に名前を連ねたのは連続起業家のChris Ostoichと、ソフトウェアアーキテクトのJosh Glickだ。この2人は...more
カテゴリー:

【DMZならヤバかった】「日本はルーターに守られた」、WannaCry流行でトレンドマイクロが分析 - 05月16日(火)14:09 

 トレンドマイクロは2017年5月15日、世界規模で被害が相次いだランサムウエア「WannaCry(ワナクライ)」の説明会を開催した。5月12日から15日16時までに、同社の法人・個人ユーザーから175件の問い合わせと9件の被害報告があったという。  トレンドマイクロの岡本勝之セキュリティエバンジェリストは、WannaCryは「ワームの性質を持つのが最大の特徴」とする。WannaCryは、実行したWindows PCのファイルを強制的に暗号化して復号キーをユーザーに売り付けるランサムウエアとしては一般的なものだが、ネットワーク経由でWindowsの脆...
»続きを読む
カテゴリー:

「できるだけ使わない」を目指したアンチスマホ。 - 05月12日(金)17:17 

日々飛躍的な進化を遂げるスマホ。でも、「こんなにたくさん機能があって、疲れちゃった」「ついつい時間を無駄にしてしまう」と思う人もいるかもしれません。「The Light Phone」は、インターネットから離れ、大事な人と電話で繋がることだけに特化したスマホ。現在はアメリカのみで使用可能ですが、きれいなビジュアルとシンプルな性能が魅力的、と話題を集めています。コンセプトは「できるだけ使わないスマホ」「Light Phone」は、電話機能のみにしぼった携帯電話。インターネット接続はなく、今や携帯電話用にはほとんど使われなくなった「2G回線」をあえて利用しているとか。ポイントは、自分が普段使用しているスマホと電話番号を共有することができること。さすがにこれしか持たないというのは難しくても、併用ならぐっとハードルが下がるし、無駄にスマホを見ないで済みそうです。画面表示も現在時刻と番号のみと、超シンプル。大きさはクレジットカードと同じサイズ。携帯していることを忘れてしまいそうなほどに軽量だとか。デザインコンセプトは「できるだけ使用しないこと」。メールやメッセージのやりとりではなく、大切な人の声を直接聞くことの素晴らしさに、改めて気付くことができるかもしれません。「僕たちには疑問だった」Light社のJoe HollierさんとKaiwei Tangさんのコメントは、こう。「スマホも...more
カテゴリー:

もっと見る

「インターネット接続」の画像

もっと見る

「インターネット接続」の動画

Wikipedia

  • REDIRECTインターネット...
  • ツイッター人気

    Yahoo知恵袋

    こんなの見てる