「インタビュー」とは?

関連ニュース

新生「キングコング」バトルシーンの本気度は?真壁刀義がプロレスラー目線で力説 - 03月26日(日)11:00 

 猿王キングコングの起源に迫る「キングコング 髑髏島の巨神」(公開中)の日本語吹き替え版で声優を務めたプロレスラーの真壁刀義が映画.comのインタビューに応じ、作品の魅力を熱く語った。  太平洋に浮かぶ未開の島・髑髏島(どくろとう)を訪れた調査遠征隊が、コングをはじめ島に巣食う巨大生物たちと遭遇し、決死のサバイバルに身を投じる。真壁が島に足を踏み入れる軍人の1人レルス(ユージン・コルデロ)に扮しているほか、主人公のコンラッド(トム・ヒドルストン)をGACKT、戦場カメラマンのウィーバー(ブリー・ラーソン)を佐々木希がそれぞれ演じる。  本作には、コングとさまざまな巨大生物のバトルがこれでもかと詰め込まれている。リング上では「暴走キングコング」の異名を持つ真壁だが、プロレスラー視点で見てコングのバトルはどう映ったのか。「すげえリアルだったよ。逆に言うと、キングコングの動きが人みたいなんだよな。ワニみたいなやつ(スカルクローラー)に手を噛まれた瞬間、たたきつけるかと思いきや、(スカルクローラーも)やり返したりとか、確かに待たないよなって。ヘビがからんできたときとか、首を持っていても体がからまってきて、それをたたきつけるようなところもリアルで面白かった」と絶賛する。  今回のコングは、木を刀のように使うなど知性を感じさせるシーンも。真壁は、船の鎖が絡まったコングが、逆に引きちぎって...more
in English
カテゴリー:

永野芽郁2度泣きで、三浦翔平と白濱亜嵐からハンカチ - 03月26日(日)10:34 

映画『ひるなかの流星』の公開記念舞台挨拶が3月25日に都内で行われ、永野芽郁、三浦翔平、白濱亜嵐、山本舞香、新城毅彦監督が出席。初主演作公開の喜びや原作者のやまもり三香氏からの手紙がサプライズで読み上げられ、永野が感極まって2度泣きする場面があった。 本作はやまもり三香原作の少女マンガの実写映画版。田舎から東京の高校に転校してきた主人公・与謝野すずめ(永野)が、イケメン担任教師・獅子尾五月(三浦)と同級生・馬村大輝(白濱)との間で心揺れる姿を描く青春ラブストーリー。 初主演作公開に永野は「撮影中も自分で撮り切れるだろうかと不安もありましたので、最後まですずめとして演じたものを見ていただけてホッとしています。友だちから『見たよ』と連絡が来たり、映画館にある等身大の写真を撮ったものが色々な人から送られて来たり、すごいと思いました」と笑顔で喜びを報告。 劇中では胸キュンシーンも盛りだくさんで、“逆床ドン”のシーンについて永野が「手足の置き方で映りが悪くなってしまうので、原作のすずめのように体のラインがきれいに見えるように頑張りました」と紹介。すると、白濱が「手が震えていましたもんね」と体力勝負だった様子も振り返り、永野は「手が震えて『もう1回』ってなりましたよね」と胸キュンシーンの意外な苦労も明かした。 一方、白濱は撮影前の役作りについて「ライブ中もずっと『俺は塩顔だ』と言い聞か...more
in English
カテゴリー:

【森友学園】「しもべのように…」 作家が見た首相公邸の夫人付職員 [03/26] - 03月26日(日)10:21 

「しもべのように…」 作家が見た首相公邸の夫人付職員 朝日新聞:2017年3月25日13時32分 http://www.asahi.com/articles/ASK3T40WHK3TUTFK001.html  学校法人「森友学園」への国有地売却問題で、安倍晋三首相の妻昭恵氏への陳情に対応した首相夫人付の政府職員に注目が集まっている。 昭恵氏が「秘書」と呼ぶ夫人付職員らとの関係は――。 作家の石井妙子氏が昭恵氏への取材のため、首相公邸を訪ねた時の様子を語った。  首相公邸は1929年完成の西洋風の建物で、かつての首相官邸。 いま安倍首相が執務する官邸の隣にあり...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

『レゴバットマン ザ・ムービー』スター顔負けのインタビュー映像公開 - 03月26日(日)10:00 

 ブロック玩具「レゴ(R)」を題材にしたアニメーション映画『レゴバットマン ザ・ムービー』(4月1日公開)に登場するキャラクターたちのインタビュー映像が26日、ORICON NEWSに到着。レゴバットマンやロビン、執事アルフレッドたちが登場し、ハリウッドスター気取りでインタビューに応じた姿を収めている。  同作の主人公は、2014年に公開された『LEGO(R)ムービー』でヒーロー軍団を率いていたレゴバットマン。『バットマン』シリーズの寡黙なヒーローであるバットマンとは違う、常にかまってほしい“お茶目キャラ”で、全然かみあわないロビンとともに活躍する。全米オープニング3日間(2月10~12日)で初登場1位になり、公開2週目(2月17~19日の週末3日間)も2週連続で1位を記録。全米興行収入は100億円を突破した。  到着した映像冒頭では、マイクを持ったレゴバットマンが「俺は世界から注目されている。この映画ではその声に応えてヒーローのリア充を見せてやる」と、お調子者発言。続いて、長年レゴバットマンと苦楽を共にしてきたアルフレッドは、彼の大好物・伊勢エビを調理しながら「ブル…バットマンの内面をお見せしちゃいましょう」と、危うくレゴバットマンとブルース・ウェインが同一人物であるという秘密を暴露しそうになる。  レゴバットマンの養子となるロビンは「僕らは最高のチームだもん。パパちゃんは...more
in English
カテゴリー:

今夜放送「楽園追放」水島精二監督、虚淵玄脚本、80年代OVAスピリッツ満載のゴリゴリSFエンタメ - 03月26日(日)10:00 

3月26日19時から、映画『楽園追放-Expelled from Paradise-』が、TOKYO MXで地上波初放送。東映アニメーション製作のフル3DCGアニメーションだ。楽園とは何か。感覚とは何なのか。人間の自我とは何か。ゴリッゴリのSF要素を詰め込んだ、水島精二監督、虚淵玄脚本の作品。ロボットアニメのおいしいとこ濃縮作中では人体が感じる「娯楽・快楽」の話題が出てくる。この映画も、視覚と聴覚を通じて「気持ちいい」映像づくりに、力を注いでいる。レールガンを撃つシーン。弾道が地球の重力に引っ張られるのを計算しながら、見えない方向にいる相手をロックオンして、撃ち抜く。廃墟の町、弾丸を避けつつ高高速移動で戦う機動外骨格スーツ・アーハン。カメラアングルがぐりぐり動くミサイルは、揺れる弾道をカメラワークで捉える、「マクロス」などでおなじみの板野サーカス。アニメを見て成長してきた人の体に染み込んでいる「こういう動きを見たい」願望を叶えてくれる。3DCGによる日常芝居前半は電脳世界保安官アンジェラと地上の人間エージェントディンゴのロードムービー、中盤は謎の存在フロンティアセッターとの邂逅がメイン。特に前半では、2014年度においての、日本の3DCGアニメーションが模索し続けている「いかに3DCGで日常芝居を演出するか」問題に取り組んでいる。演出・京田知己「普通にお芝居をつけるとお人形になっち...more
in English
カテゴリー:

新生「キングコング」バトルシーンの本気度は?真壁刀義がプロレスラー目線で力説 - 03月26日(日)11:00 

猿王キングコングの起源に迫る「キングコング 髑髏島の巨神」(公開中)の日本語吹き替え版で声優を務めたプロレスラーの真壁刀義が映画.comのインタビューに応じ、作品の魅力を熱く語った。太平洋に浮か...
in English
カテゴリー:

地方巡回でも大人気「ねこ休み展」、今度は岐阜に上陸! SNSで人気のスター猫も多数登場ニャ - 03月26日(日)10:30 

スター猫たちの祭典、岐阜に初上陸 「ねこ休み展」in 岐阜タカシマヤ 3月30日(水)~4月10日(月) / 岐阜県 / 岐阜タカシマヤ 10階催会場 【ねこねこ!】ねこだらけ! 激カワ猫&グッズフォトギャラリー43枚はこちらから プロ・アマ問わず人気の猫クリエイターが集結する合同写真&物販展「ねこ休み展」が、岐阜タカシマヤで開催される。 「ねこ休み展」は、TwitterやInstagramなどSNSで人気の有名猫も数多く登場し、参加クリエイターのSNSフォロワー数は累計100万人を超える。見ているだけでほっこりとする作品展示のほか、持っているだけで癒されるハンドメイドグッズなどが満載。 株式会社BACONが主催するギャラリー「TODAYS GALLERY STUDIO」では、2015年8月より年に2回「本祭※」を開催しており、「本祭」のほか日本各地で巡回展も行っている。わずか1年余りで20万人以上が見た猫の写真展だ。(※本祭・・・浅草橋「TODAYS GALLERY STUDIO」にて開催する場合) 出展者はネット・SNSを中心に活躍するクリエイターが多いため、生で作品を見られる貴重な機会としても話題を呼んでいる。 <みどころ> 今回の企画では、東京・浅草橋で開催している「本祭」をベースにした作品に加え、新作や初登場作家も参加する新たな企画も登場。展示期間にふさわ...more
in English
カテゴリー:

海外に興味がある人必見! 学生団体Seeding主催「next国際協力交流会」に行ってきた【学生記者】 - 03月26日(日)10:00 

みなさん、こんにちは! 日本大学法学部4年のヒラリーです!突然ですがみなさん、国際協力って聞いて思い浮かべるのはなんですか? たとえば、NPO法人が学校を建てるとか? 正直、あんまりよくわからないですよね(笑)。そんな国際協力について、どんな活動があるのかや参加する方法など具体的な話が聞ける場所が、学生団体Seeding主催の「next国際協力交流会」! 今回は3月19日に行われた交流会に私が潜入してリポートします。◆そもそも学生団体Seedingってなに??学生団体Seedingは、国際協力を将来の選択肢の1つと考える人を増やし、国際協力ができる環境を提供することをミッションとして活動する国際協力団体です。そのミッションを達成するために、月に一回「next国際協力交流会」を開いています。また、更なるミッション実現のため、9月に途上国に対して国際協力を行っているNPO団体の経営者の話を聞く海外ツアーを現在企画中。◆「next国際協力交流会」って??Next国際協力交流会とは、Seedingの「国際協力をする人・興味ある人を増やす」というミッション達成するため、開いている交流会。国際協力に興味がある人達や何か目標を見つけたい人が集まり、交流します。それでは、続いて潜入レポートをお届けします!◆まずはアイスブレイク交流会の前にアイスブレイク。内容はビンゴゲームでした。9マスの枠にお題が...more
in English
カテゴリー:

『宇宙戦艦ヤマト』ハリウッド実写化、脚本で進展 - 03月26日(日)10:00 

 1990年代から持ち上がっていた日本のヒットアニメ『宇宙戦艦ヤマト』のハリウッド実写化。2013年にトム・クルーズ主演の人気映画シリーズ『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』でメガホンを取ったクリストファー・マッカリーの脚本と監督で実写化が再始動すると伝えられた以降、動きが見えなかったが、日本劇場未公開の映画『デッドフォール 極寒地帯』の脚本家ザック・ディーンが新たな脚本を執筆するために起用されたという。【関連】『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち』フォトギャラリー 映画化の権利を獲得した製作会社スカイダンス・プロダクションズのCEOデヴィッド・エリソン氏が、オンラインメディアのLRMとのインタビューで「脚本の執筆でちょうどザック・ディーンを起用したところです。クリストファー・マッカリーが『ミッション:インポッシブル』の次に取り組む作品になるよう進めています」と語っている。 7年前からハリウッド実写版の企画に取り組み、映画化する上で必要な全ての権利を獲得するまでに2年を要したというエリソン氏。「今こうして話している内にも脚本が書き進められていて、クリストファー・マッカリーが『ミッション:インポッシブル』を撮り終える頃には完成脚本があるようにしたいと思います」と、マッカリー監督が予定通り、メガホンを取ることを示唆した。 日本では、2012年に木村拓哉を主演に迎え『SP...more
in English
カテゴリー:

ブルーノ・ソリアーノ、ビジャレアル選手がスペイン代表に招集されない理由は「メディアの扱いの差」 - 03月26日(日)09:47 

スペイン『パネンカ』誌とのインタビューで発言。
in English
カテゴリー:

もっと見る

「インタビュー」の画像

もっと見る

「インタビュー」の動画

Wikipedia

インタビュー()とは、二人かそれ以上の間での会話で、一方が他方に質問をして情報を得るために行われるものである。インタビューは大きく分けて、評価のためのインタビューと情報収集のためのインタビューの二つに分かれる。

評価のためのインタビュー

評価のためのインタビューで最もよく行われるものはジョブ・インタビュー、すなわち就職の際の雇用者と応募者の間の面接である。インタビューの目的は、応募者が職場に適合できる社会的スキルや知的能力をもっているかどうか評価するためである。同様のインタビュー(面接)は入学試験奨学金募集でも行われる。

ほとんどの先進国では、こうしたインタビューにおいて何を聞いてよいかについての規則や規定が企業社会において整備されている。高度に個人的な質問や仕事の上で関係のない質問はすべきでないとされており、差別につながる質問も同様である。(結婚しているか、するつもりか、出身はどこか、など。)こうしたインタビューは15分程度の短さでよいとされるが、より長い時間や数日にわたる面接も存在する。

その他の評価のためのインタビューは心理学的な評価のためのものである。

情報収集のためのインタビュー

姫路お城まつりにてマスメディアからのインタビューを受ける姫路お城の...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる