「インスリン」とは?

関連ニュース

これは予想外! カルボナーラとペペロンチーノはどっちが太りにくい? - 01月18日(木)20:00 

1月7日に放送された「スクール革命!」(日本テレビ系)では、「空前絶後の驚き知識ベスト20」として、これまで放送された中から特に衝撃的だった知識をランキング形式で紹介。身近な食品の意外な知識は視聴者からも注目を集めたようです。 【関連レシピ】カルボナーラ   ■ カルボナーラはペペロンチーノより太りにくい!? 20位に登場したのは、「カルボナーラ」と「ペペロンチーノ」のどちらがより太りにくいのかという問題。多くの出演者がペペロンチーノの方が太りにくいと答える中、実はカルボナーラの方が太りにくいことが明かされています。 カルボナーラは麺が生クリームや卵でコーティングされているため、麺の糖質をゆっくりと吸収。その結果体脂肪の生成を促す「インスリン」の分泌が、ペペロンチーノより少なくなります。そのため、カロリー自体はペペロンチーノの方が低いものの、太りにくいのはカルボナーラになるそう。 これには、スタジオでカルボナーラをよく食べると発言していた芸人の山崎弘也も「俺が食べてるんですよ!」「これでも俺は太りにくくなっているの?」と驚愕。視聴者からも、「絶対カルボナーラの方が太りやすいと思ってた…」「迷った末、太りにくそうだからペペロンチーノにすることとかあったけど逆効果だったのか!」と驚きの声が上がっています。 また6位ではマヨネーズを保存するおススメの方法を紹介。マヨネーズは0度以下で油...more
カテゴリー:

藤田ニコルさん「噛むより楽!」生野菜サラダを食べるより手軽にチャレンジできる「食前野菜ジュースダイエット」 - 01月14日(日)22:00 

お正月、新年会など宴会が多いシーズンは、つい食べすぎたり飲みすぎたりして太ってしまいがち。露出が多い夏場と違い、厚着でどうにか体型を隠せる冬場は油断する気持ちが大きくなることも。今こそ気合いを入れてダイエットして、軽やかな体で春を迎えたいものですね。 ■食事の前に野菜ジュースを飲むだけ 12月10日の「林先生が驚く初耳学!」(TBS系)では、「食前野菜ジュースダイエット」を取り上げました。食事の前に野菜サラダを食べる「食前サラダダイエット」は、今も根強い人気を誇るダイエット法。先にサラダを食べて食物繊維を摂っておけば、血糖値の上昇がゆるやかに。肥満ホルモン「インスリン」の分泌が抑制されます。しかし最近のある研究によると、サラダより簡単に摂取できる「野菜ジュース」でも同等の効果があると判明。番組でぽっちゃり体型の女性が「食前野菜ジュースダイエット」にチャレンジしたところ、1カ月間でウエストはマイナス7.7cm、体重は3.8㎏の減量に成功しました。女性は自身のブログにて「私の体にあっていたのか、満腹感のおかげで食べる量も減り、成功することができました」と満足気なようす。収録後も一切リバウンドせず過ごせているそうです。またSNSでも、「普通に食べていいらしいけど、自然とドカ食いしなくな...more
カテゴリー:

<東北大>β細胞増やす物質特定 血糖下げるインスリン分泌 糖尿病治療に新たな道 - 01月11日(木)10:41 

血糖を下げるインスリンを分泌する膵臓のβ細胞を増やす働きがある神経伝達物質を、東北大大学院医学系研究科の今井淳太講師(糖尿病代謝内科学)らの研究グループが特定した。遺伝や高血糖、肥満などによるβ細胞の
カテゴリー:

【医療】血糖値に応じてインスリン放出する新素材...実用化すれば皮膚に貼るだけで糖尿病治療が可能に 名古屋大などが開発 - 01月01日(月)22:42  newsplus

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171231-00000038-asahi-soci  名古屋大学と東京医科歯科大の研究チームは、血糖値に応じて自動的にインスリンを出せる新素材を開発した。実用化すれば、患者の皮膚に貼るだけで糖尿病治療ができるようになり、5年後にヒトでの臨床研究を目指すという。  研究成果が米科学誌「サイエンス・アドバンシズ」(電子版)に掲載された。  糖尿病は血糖値を下げるインスリンを膵臓(すいぞう)で作り出せなかったり、インスリンの効きが悪くなったりする。治療で患者が自分でインスリンを注射す...
»続きを読む
カテゴリー:

料理研究家が1型糖尿病を発症「私のレシピを食べてるとこの病気になる訳ではありません」 - 01月18日(木)13:19 

料理研究家のこうちゃんこと相田幸二が17日、1型糖尿病を発症したことをアメブロで報告した。 「応援してくださってるファンの皆様へご報告です。」というタイトルのブログで相田は「「1型糖尿病」と言う10万人に1〜3人と言う病気を発症してしまいました」と報告。続けて、「先に誤解の無いように申し上げますが生活習慣病でなった訳ではありません」「私のレシピを食べてるとこの病気になる訳ではありません」とコメントした。 糖尿病の病型は大きく1型と2型に分けられ、肥満・運動不足・ストレスなどをきっかけに発病するものは2型に分類される。1型糖尿病は主に自己免疫によって起こる病気であり、リンパ球が自分自身の膵臓のランゲルハンス島β細胞の大部分を破壊してしまうことで発病する。相田もブログで「予防できるような病気では無いので後悔のしようもありません・・・」やるせない気持ちをつづった。 相田は昨年の12月初旬から体調が優れず、年末に血液検査と尿検査をしたところ緊急入院となったという。注射器や薬の写真を公開し「今の医学では治らない病気だと言うことです。したがって今後の生活ではインスリン注射器が手放せなくなりました」と説明。「突然すぎる事なので凄く落ち込みました」「なんで俺なんだろう。なんでそんな希少なクジを引いてしまったんだろう」と、正直な気持ちを吐露した。 しかし「なってしまったものは仕方ない。どうし...more
カテゴリー:

【動物】ワンダフル「がん探知犬」的中率99・7% 人を助ける嗅覚、人の心を読む「コミュニケーション能力」 - 01月11日(木)16:20  newsplus

人の尿で「がん」を嗅ぎ分ける  盲導犬や介助犬、警察犬、災害救助犬など、いろいろな場面で私たちを助けてくれる犬たち。その優れた嗅覚を使って、人間のがんなどを調べる研究も進んでいる。今年は戌(いぬ)年。医療での活躍が期待される犬の最前線と、人との関わりを探った。【伊藤奈々恵】  ●的中率99・7%  「探せ!」。トレーナーのかけ声で、黒いラブラドルレトリバーが木箱に鼻を近づけてにおいを嗅ぎ始めた。がん探知犬のエスパー号(メス・9歳)だ。木箱には人の尿が入った小瓶が入っており、「がんのにおい」...
»続きを読む
カテゴリー:

【研究】糖尿病治療に有効な希少糖「D―アルロース(プシコース)」 自治医大などの研究チーム - 01月10日(水)00:02  newsplus

糖尿病治療に有効な希少糖 ホルモン分泌のイメージ  自然界に少量しか存在しない希少糖の一種で、血糖値の上昇抑制や肥満予防に役立つとされる「D―アルロース(プシコース)」が、糖尿病治療に有効なホルモン「GLP1」の分泌を促す効果を持つことがマウスの実験で分かったと、自治医大などの研究チームが9日付の英科学誌電子版に発表した。  矢田俊彦・自治医大教授(生理学)らの研究チームによると、GLP1はインスリンを分泌させたり、食欲を抑えたりする。糖尿病治療では同様の効果がある注射薬が用いられるが、吐き気などの副...
»続きを読む
カテゴリー:

「インスリン」の画像

もっと見る

「インスリン」の動画

Wikipedia

インスリンインシュリン、insulin)は、膵臓に存在するランゲルハンス島(膵島)のβ細胞から分泌されるペプチドホルモンの一種。名前はラテン語の insula (島)に由来する。21アミノ酸残基のA鎖と、30アミノ酸残基のB鎖が2つのジスルフィド結合を介してつながったもの。C-ペプチドは、インスリン生成の際、プロインスリンから切り放された部分を指す。

生理作用としては、主として血糖を抑制する作用を有する。骨格筋におけるグルコースアミノ酸カリウムの取り込み促進とタンパク質合成の促進、...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる