「イラク南部サマワ」とは?

関連ニュース

陸自日報:宿営地狙う砲撃 事態緊迫 04年サマワ取材 - 04月17日(火)12:34 

 イラク南部サマワで活動していた陸上自衛隊の日報が16日に公開された。文書からは次第に治安が悪化し、非戦闘地域とは言い難い緊迫した状況が伝わる。陸自の活動初期に当たる2004年当時、現地サマワで取材したが、治安は急速に悪化し始め、陸自からの情報が遮断されたことを記憶している。自衛隊の海外派遣は今後も
カテゴリー:

車列爆発「深刻に考える必要」=被害状況、詳細に報告-イラク日報 - 04月16日(月)21:48 

 防衛省が16日公表した陸上自衛隊イラク派遣部隊の日報では、陸自の車列付近で爆弾が爆発した事案について、写真と図を使った被害状況の説明や、背景事情に関する分析などが詳細に報告されていた。陸自復興支援群長の「(爆発事案を)深刻に考える必要がある」という指導も記されていた。 爆発は2005年6月23日午前9時ごろ発生。陸自が活動するイラク南部サマワで車両4台が幹線道路を走行中、路上に仕掛けられた爆弾が爆発し、うち1台が破損した。人員に被害はなかった。 日報は、爆発があった場所や状況を説明。「3、4号車は土煙で視界を数秒間遮られる」「3号車は車内も土煙が立った」などの記載に加え、「1号車後部座席にいた通訳が、爆発直後に道路から離れるように走っていく18、19歳ぐらいの男を目撃」とも書かれていた。 被害について、3台目のフロントガラスにひびや傷が入り、ドアノブ付近にへこみが確認されたとし、現場で発火装置とみられる物が押収されたことも報告された。 【時事通信社】
カテゴリー:

防衛省:イラク日報を公開 「戦闘」文言複数 - 04月16日(月)18:13 

防衛省は16日、陸上自衛隊のイラク派遣部隊の日報435日分を公表した。計1万4000ページを超え、「戦闘」という文言が複数含まれている。陸自の宿営地があったイラク南部サマワ周辺の治安状況について、派遣地域は「非戦闘地域」という従来の政府の見解と、日報の内容の整合性が注目される。
カテゴリー:

「戦闘拡大」と表記=イラク日報 - 04月17日(火)08:55 

防衛省が存在しないとしていた陸上自衛隊イラク派遣部隊の日報が見つかった問題で、同省は16日、これまでに発見された計435日分の日報を公表した。イラク南部サマワの治安情勢に関して「戦闘が拡大」と記載。
カテゴリー:

【防衛省】イラク日報435日分、1万5千ページ分 防衛省公表 「戦闘」の記述複数 - 04月16日(月)18:45  newsplus

 防衛省は16日午後、これまで「存在しない」としてきた自衛隊のイラク派遣の際の活動報告(日報)を公表した。同省幹部によると、日報の複数の箇所で「戦闘」という文言が記されているという。「自衛隊の派遣先は非戦闘地域」としてきた当時の政府の説明と、派遣部隊が拠点としたイラク南部サマワ周辺の当時の情勢との「乖離(かいり)」が浮き彫りになる可能性がある。  小泉政権は2004~06年、イラク復興支援特別措置法に基づいてイラク南部のサマワに陸上自衛隊を派遣。派遣部隊が日報を作成し、現地の治安情勢や部隊の活...
»続きを読む
カテゴリー:

イラク日報を公表=「戦闘」表記が焦点-防衛省 - 04月16日(月)17:47 

 防衛省が存在しないとしていた陸上自衛隊イラク派遣部隊の日報が見つかった問題で、同省は16日、これまでに発見された計435日分の日報を公表した。日報には「戦闘」の文言が複数箇所で記載されていることが分かっており、「情勢評価」などの形で、イラク全域や陸自活動地域だったムサンナ州の治安状況が分析されているとみられる。 公表されたのは、2004~06年の派遣期間中に作成された1万4929ページ。イラク南部サマワなど自衛隊活動地域に関する記述に、「戦闘」の文言が含まれているかが焦点となる。 【時事通信社】
カテゴリー:

「イラク南部サマワ」の画像

もっと見る

「イラク南部サマワ」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる