「イラク」とは?

関連ニュース

【北朝鮮】米空母か?朝鮮半島に集結 「イラク戦争を超える過去最大級」★4 - 02月21日(水)10:18  newsplus

「米国には(朝鮮半島有事の)作戦計画があり、準備もできている」 1月15日、カナダ・バンクーバーで開かれた20カ国外相会合でのマティス米国防長官(67)の発言が波紋を呼んでいる。「美女応援団」の派遣など、融和ムードが広がっていたはずの朝鮮半島情勢が、風雲急を告げている。 平昌五輪開会式前日の2月8日には、北朝鮮が大規模な軍事パレードをおこなった。元韓国国防省の情報分析官で、拓殖大学客員研究員の高永喆氏は、韓国国防省や情報機関筋から、米軍の本気度を示す驚くべき情報を得ていると話す。 「じつはいま、米空...
»続きを読む
カテゴリー:

【北朝鮮】米空母か?朝鮮半島に集結 「イラク戦争を超える過去最大級」★2 - 02月20日(火)22:32  newsplus

「米国には(朝鮮半島有事の)作戦計画があり、準備もできている」 1月15日、カナダ・バンクーバーで開かれた20カ国外相会合でのマティス米国防長官(67)の発言が波紋を呼んでいる。「美女応援団」の派遣など、融和ムードが広がっていたはずの朝鮮半島情勢が、風雲急を告げている。 平昌五輪開会式前日の2月8日には、北朝鮮が大規模な軍事パレードをおこなった。元韓国国防省の情報分析官で、拓殖大学客員研究員の高永喆氏は、韓国国防省や情報機関筋から、米軍の本気度を示す驚くべき情報を得ていると話す。 「じつはいま、米空...
»続きを読む
カテゴリー:

民兵襲われ27人死亡、ISISが犯行声明 イラク - 02月20日(火)12:26 

イラクで過激派組織「イラク・シリア・イスラム国(ISIS)」の掃討作戦を展開してきたイスラム教シーア派民兵主導の統合組織「人民武装軍団(PMU)」は19日、同国北部キルクーク州ハウィジャ近郊でPMUの部隊が襲われ、少なくとも27人が死亡したと発表した。ISISが犯行声明を出している。 同州の治安当局者らによると、幹線道路に設置されたPMUの検問所数カ所をISISの数十人が襲撃した。 イラク軍が...
カテゴリー:

イラクで民兵27人死亡 ISが待ち伏せ襲撃か - 02月20日(火)10:39 

 イラク北部キルクーク近郊で18日夜、イスラム教シーア派の民兵組織の拠点が襲撃を受け、兵士少なくとも27人が死亡した。過激派組織「イスラム国」(IS)が19日、系列メディアアマク通信を通じ犯行を主張し…
カテゴリー:

【シリア】シリアのクルド人勢力、トルコ軍対抗でアサド政権と協力と - 02月19日(月)23:28  newsplus

http://www.bbc.com/japanese/43108829 2018/02/19 シリア北部のクルド人武装勢力は18日、同国北部アフリンに侵攻したトルコ軍に対抗するため、アサド政権と協力することで合意したと明らかにした。 シリア政府は合意について報道を確認していない。 シリアと国境を接するトルコは、アフリンで活動するクルド人勢力をテロリストだとみており、先月から大規模な攻撃を実施している。 現在アフリンにシリア軍はいないが、クルド人勢力の幹部、バドラン・ジア・クルドはロイター通信に対し、数日中にもシリア軍がアフリンに入り、国...
»続きを読む
カテゴリー:

【北朝鮮】米空母か?朝鮮半島に集結 「イラク戦争を超える過去最大級」★3 - 02月20日(火)23:42  newsplus

「米国には(朝鮮半島有事の)作戦計画があり、準備もできている」 1月15日、カナダ・バンクーバーで開かれた20カ国外相会合でのマティス米国防長官(67)の発言が波紋を呼んでいる。「美女応援団」の派遣など、融和ムードが広がっていたはずの朝鮮半島情勢が、風雲急を告げている。 平昌五輪開会式前日の2月8日には、北朝鮮が大規模な軍事パレードをおこなった。元韓国国防省の情報分析官で、拓殖大学客員研究員の高永喆氏は、韓国国防省や情報機関筋から、米軍の本気度を示す驚くべき情報を得ていると話す。 「じつはいま、米空...
»続きを読む
カテゴリー:

【北朝鮮】米空母か?朝鮮半島に集結 「イラク戦争を超える過去最大級」 - 02月20日(火)20:52  newsplus

「米国には(朝鮮半島有事の)作戦計画があり、準備もできている」 1月15日、カナダ・バンクーバーで開かれた20カ国外相会合でのマティス米国防長官(67)の発言が波紋を呼んでいる。「美女応援団」の派遣など、融和ムードが広がっていたはずの朝鮮半島情勢が、風雲急を告げている。 平昌五輪開会式前日の2月8日には、北朝鮮が大規模な軍事パレードをおこなった。元韓国国防省の情報分析官で、拓殖大学客員研究員の高永喆氏は、韓国国防省や情報機関筋から、米軍の本気度を示す驚くべき情報を得ていると話す。 「じつはいま、米空...
»続きを読む
カテゴリー:

Wikipedia、途上国向け無料アクセスプログラムを終了へ - 02月20日(火)11:20 

Wikipedia Zeroのスタートから6年、Wikimedia Foundationはプログラムを終息させようとしている。2012年に発表された同プログラムは、携帯電話キャアーと提携することによって、通信料金が障壁となっている途上国でもWikipediaの無限の情報を利用できるように、通信コストを免除しようとする試みだった。 Wikimedia Foundationによると、これまでに同プログラムは72カ国で97の提携キャリアーを通じて8億人以上に無料アクセスを提供してきた。しかし「北米・ヨーロッパ以外でのWikipediaの認知度の低さ」がプログラム終了を決定する主要因だったと同財団は言っている。モバイルデータ料金の変化も要因の一つだ —— Wikimediaによると、Wikipedia Zeroプログラムへの関心と利用回数は2016年以来急激に下がっている。 このため、今年は新しい提携は行われず、既存契約分も期限がくれば終了する。一方で、同財団は途上国を支援する別の方法を探っており、さまざまな国々でWikipediaのミッションの認知度を高めるためのキャンペーンも行っている。ブログ記事には、イラクとナイジェリアで進めている提携事業について書かれている。 「ここでの成功によって、今後の提携のアイデアがいくつか生まれた。これからはわれわれの調査結果やWi...more
カテゴリー:

われわれを分断しているのはフェイクニュースだろうか? - 02月20日(火)07:11 

すべてインターネットのせいだそうだ。イギリスのEU離脱派対残留派、アメリカの共和党対民主党などの対立する層は互いに別種の現実に住んでおり、相手陣営に向かってあらゆる機会をとらえて「フェイクニュース!」と叫んでいる。メディアも政治的立場によって分裂し、FacebookとGoogleが圧倒的な地位を占めるにつれてユーザーは自分の好むニュースや検索結果しか目にしないというフィルターバブル現象も生じている。現実に対するコンセサスが失われてしまった等々…。 しかし、今週私は映画『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』を見て、そもそもわれわれは現実のあり方に対するコンセンサスなど持っていたことはなかったのだと感じた。われわれがコンセンサスと思っていたのは、実は押し付けられたものだった。マスメディアや政権は常にわれわれの前にあり、大衆に届けられるべきニュースはどれとどれであるかについて暗黙の合意があった(ノーム・チョムスキーの『マニュファクチャリング・コンセント マスメディアの政治経済学』も参考になる)。現在の倫理的な危機は政府がメディアでウソをついていたことに発しているが、実はそれははるか以前からのことだった。 大昔の歴史の話ではない。イラクの政体はベトナムとそう異なるものではなかったが、ホワイトハウスは(それに英国政府も)真っ赤なウソをつき、メディアもそれを承認して拡散した。イラクを巡る戦争...more
カテゴリー:

ISが襲撃、民兵27人死亡=イラク - 02月19日(月)21:40 

 【カイロ時事】イラクからの報道によると、北部キルクーク近郊で18日夜、イスラム教シーア派民兵組織「人民動員隊」が待ち伏せ攻撃を受け、少なくとも27人が死亡した。シーア派を敵視する過激派組織「イスラム国」(IS)が犯行を主張した。 イラクではISの国内最大拠点だった北部モスルが昨年7月に解放され、12月にはアバディ首相がIS駆逐を宣言した。だが、戦闘を逃れた残党が山岳地帯などに潜伏しているとされ、1月にはISの犯行とされる連続自爆テロが首都バグダッド中心部で起きている。 【時事通信社】
カテゴリー:

もっと見る

「イラク」の画像

もっと見る

「イラク」の動画

Wikipedia

かつては、スーダンからの出稼ぎ労働者やパレスチナ難民も暮らしていたが、イラク戦争後のテロや宗派対立によりほとんどが、国外に出国するか国内難民となっている。また、イラン革命を逃れたイラン人がイラク中部のと呼ばれる町に定住している。

イラク南部ティグリス・ユーフラテス川合流部は、中東で最も水の豊かな地域である。イラク人は合流部付近を沼に因んでマーシュと呼ぶ。1970年代以降水利が完備される以前は、ティグリス川の東に数kmから10 km離れ、川の流れに並行した湖沼群とユーフラテス川のアン・ナスリーヤ下流に広がるハンマール湖が一体となり、合流部のすぐ南に広がるサナフ湖とも連結していた。マーシュが途切れるのはようやくバスラに至った地点である。アシで囲った家に住み、農業と漁労を生業としたマーシュ・アラブと呼ばれる民族が1950年代には40万人を数えたと言う。

マーシュ・アラブはさらに2種類に分類されている。まず、マアッダンと呼ばれるスイギュウを労役に用いる農民である。夏期には米を栽培し、冬期は麦を育てる。スイギュウ以外にヒツジも扱っていた。各部族ごとにイッサダと呼ばれるムハンマドを祖先とうたう聖者を擁することが特徴だ。マアッダンはアシに完全に依存した生活を送っていた。まず、大量のアシを使って水面に「島」を作り、その島の上にアシの家を建てる。スイギュウの餌もアシである。

南部のベニ・イサド...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる