「イライラ」とは?

関連ニュース

よき友人がヒドい同僚に豹変。仕事と友情の線引き、どうしたらいい? [The New York Times] - 04月20日(金)20:30 

ニューヨーク・タイムズの人気コーナーThe Workologist。働く人の悩みにズバリ答えます!Q1:大切にしてきた友人、同僚になってみたら大問題。どうつきあえばいい? 仲の良い友人と同じ職場になったら、愚痴のはけ口にはされるわ、アイデアは盗まれるわで大弱り。友情を保ちつつ、職場で我慢できる環境を手に入れるには?(Glenn Harvey/The New York Times) 数か月前、新しい会社に入社し、それまで仕事以外で非常に大切にしていた女性の友人と同じ職場になりました。ところが同僚になってみると、彼女にイライラさせられることばかり。おまけに私の信用まで脅かされそうです。同僚になってみて分かったのは、彼女は自分の仕事にまったく自信を持てていないんだということ。週に数回は何かに腹を立てては、些細なことで会社を辞めると言い出します(そして、私がそれを引き留めることを期待しているんです)。さらに悪いことに彼女は私の足を引っ張ることもあり、それが上司の前のときもあります。彼女が入社した時期は私よりも1か月早いだけなのに、「先輩風」を吹かされたこともあります。私の専門分野で、彼女の専門ではないプロジェクトについて、あれこれ主...more
カテゴリー:

そろそろ気づけ。やりたくない仕事は40代になるとむしろ増える - 04月20日(金)15:57 

英語力と仕事力の両方を向上させる「ノート術」を紹介しているメルマガ『金田博之のたった一冊のノートで出世する「一流のグローバル人材」への確実な道』の著者・金田博之さんが「嫌な仕事との向き合い方」についてアドバイスしています。この記事を読めば、仕事はもっと楽しいものに思えてくるのかもしれません。 やりたくない仕事は、成長すればなくなる? みなさんの日常を振り返ってみてください。今やっている仕事のすべてが「やりたいこと」だと言えますか? おそらくほとんどの方がやりたいこともできてはいるけれど、やりたくないことも常に抱えている、という状態だと思います。仕事でやりたいことをやるという理想を追うあまり、「嫌」という本音を押し殺しながら毎日を送っている方もいるんじゃないでしょうか? 「成長日記」を使いながらやりたい仕事の枠を広げてこられた私にもいまだに、やりたくない仕事はあるんです。やりたい気持ちはあるけれどまだ能力が足りなくて自分には荷が重い、と思う仕事もありますし、仕事の意味が見出せなくてやる気が出ない仕事もあります。100%、やりたい仕事だけです!なんて言えたらカッコいいのですが・・・ でも実は、「やりたくない仕事」って、自分が成長すればするほど、増えるんですよ。 やりたくない仕事は40代になるとむしろ増える 意味が見出せないルーティンな報告業務。生産性の悪い会議への参加。そんな仕事の1つ...more
カテゴリー:

ママ主導の家庭が多い!? 子どもの教育方針の決め方【パパママの本音調査】 Vol.250 - 04月20日(金)08:00 

(c)milatas - stock.adobe.com子どもの習い事や進路を決めるときに、夫婦で話し合いをすることもあると思います。そんなとき、パパとママの意見が違ったらどうしますか? 昔から「教育ママ」という言葉もあるように、ママの方が子どもの教育には関心が高いイメージがありますが、実際にはどうなのかを調査してみました。 Q.夫婦で教育方針が違うとき、どうする?1.自分の意見を通すために説得する            5.9%2.相手の意見を聞いた上で自分の考えや折衷案を提示する 36.3%3.自分の意見は心にしまい、パートナーの意見に合わせる  3.6%4.お互いの落としどころを見つける           11.4%5.子どもの意見を尊重して決める            30.1%6.喧嘩になってしまい解決しない             5.8%7.その他                        3.3%相手の意見を聞いた上で自分の考えや折衷案を提示するが36.3%ともっとも高い結果になりました。次に多いのが子どもの意見を尊重して決めるというものでした。■パパとママで意見が違う子どもの教育方針ママの方が子どもの教育に関心が高く、パパがやや関心がないという声が多くありました。そのほか食い違う原因として、どちらかが学歴にこだわったり、古い考えだったりということもあるようで...more
カテゴリー:

寝かしつけ卒業のタイミングは?「ひとり寝」をスタートできる話題の絵本 - 04月19日(木)21:45 

source:https://www.shutterstock.com/ 多くのママが頭を悩ませている“寝かしつけ”。 寝かしつけがうまくいかないと、その後の家事にも影響をおよぼすので、なかなか眠ってくれないとついイライラしてしまう……というママも多いのではないでしょうか。 今回は4歳の女の子のママである筆者が、「寝かしつけがうまくいかない」と悩むママに、寝かしつけを卒業し、“ひとり寝”にチャレンジするきっかけとなる一冊をご紹介します。 ▼ママに聞いた「寝かしつけ」を卒業するタイミングは? 筆者の周りのママ友に聞いたところ、小学生になっても寝かしつけてもらわないと眠れない……という不安が強いタイプの子もいれば、稀なケースではありますが「新生児のうちから寝かしつける必要がなかった!」なんて子もいました。 幼稚園・保育園では「お泊り保育」を経験する園もありますので、遅くともそれまでに「ひとり寝」の練習を済ませた!というママも多いようです。 「寝かしつけが大変」と感じている家庭では“寝かしつけ卒業”の目標をたて、オムツを外すときのように、段階的に寝かしつけを卒業していくのが良いのかもしれません。 ▼知っておきたい…2歳児以降「夜がこわくて眠れない」理由 主に1歳半ごろまでの子どもたちに見られる“夜泣き”。 夜泣きが起こる理由はまだはっきりとはわかっていませんが、睡眠の発達過程にあ...more
カテゴリー:

浅尾美和、MCに初挑戦「Number」とコラボした新番組がスタート - 04月19日(木)20:05 

スポーツグラフィックマガジン「Number」とコラボレートした新番組『才色健美~強く、そして美しく~with Number』(BS朝日、毎週金曜22:00~22:24)が、5月4日からスタート。元プロビーチバレー選手の浅尾美和が自身初となるMCを務めることがわかった。この番組は、毎回1人のゲストの「生き方」「人間性」にフォーカスし、そこにある「美しさ」をあぶり出すドキュメンタリー&インタビュー。ビジュアルとしての“美”だけではなく、精神的な“美”や、健康に携わる“美”など、さまざまな角度から“肉体に宿る美”を探る。そこで、「瞬間で気持ちを捉える写真」に定評のある「Number」の専属カメラマンが番組の撮影・取材に同行し、普段は雑誌でしか見ることのできない瞬間の“美”を収めた数々の写真が、番組を華やかに彩り、人間の美しさを描いていく。記念すべき第1回のゲストは、プロゴルファーの上田桃子。9歳の時からゴルフを始め、2005年に19歳でプロテストに合格。07年にはツアー5勝を挙げ、21歳で史上最年少賞金女王となったトッププレーヤーだ。08年からはアメリカツアーにも挑戦。世界の壁に跳ね返され、6年間、アメリカ本土で勝てないまま終わるなど苦しんだが、再び日本に主戦場を戻した14年に2勝を挙げて復活。昨年も国内で2勝をマークするなど存在感を示した。試合中には近寄りがたいほどの集中力を見せ、強気...more
カテゴリー:

神田うの、43歳サプライズ誕生会に感激し号泣 夫とラブラブキスショットも公開 - 04月20日(金)16:46 

モデルでファッションデザイナーの神田うのが19日に更新した自身のアメブロで、サプライズで誕生日会を用意されたことを報告した。 先月28日に43歳の誕生日を迎えた神田。当日家族でディナーをする予定ときかされていたものの、日拓グループ社長で夫の西村拓郎氏から「今日のディナーは子供禁止のレストランだから2人でディナーね」と、直前に告げたられたため、神田は「軽くブチ切れていた私。」と告白。「何故家族でディナーなのに子供が入れないレストランにするんだーと」「それは家族でディナーとは言わない!夫婦でディナーと言わないとダメよねと。お祝いラインがくる中そんなイライラを家族のような姉や心友に愚痴りラインを返信していました」と、一瞬不機嫌になったことを明かしつつ、気持ちを切り替えて二人で出かけたという。 すると、店には先程愚痴を送った相手である面々が内緒で集まっており、神田は「ビックリし過ぎて感激し過ぎて涙がダバーッと溢れ出てきて泣いてしまいました」と号泣した様子。「週末でもないこんなウィークデーの日に 大好きなみんな」「本当に忙しい大好きなみんながうのの為にありがとう」と感極まったようで、高級料理が並んだ写真や、夫とのラブラブキス写真も投稿し、「大好きなみんなとハニーちゃん(夫)に感謝」とつづった。 神田は自身のInstagramにもこの出来事を投稿しており、ファンからは「誕生日おめでとうご...more
カテゴリー:

寒暖差で「春バテ」が急増中!? 今すぐチェックしたい寝室環境とは? - 04月20日(金)12:00 

source:https://www.shutterstock.com/ 春は、入園・入学・就職……と、新しいスタートを切る方も多い季節。 草木が芽を出し、暖かく過ごしやすい季節になったはずなのに、「なんだかやる気が出ない……」「身体がだるい……」と身体の不調を感じている方、いらっしゃいませんか? その原因は、もしかしたら“春バテ”かもしれません!  “春バテ”とはいったいどのようなものなのか? 今回は理学療法士のママである筆者が、西川産業の「春バテに関する調査情報」を元に、詳しくご紹介します。 ▼新生活のシーズンにご注意!「春バテ」とは? 「夏バテなら知ってるけど春バテって聞いたことが無い。」という方も多いのではないでしょうか? “春バテ”は、近頃、テレビでも取り上げられるなど、注目を集めているものなんだとか。 春というと、暖かく過ごしやすいイメージがある季節ですが、冬から春への季節の変わり目において、朝晩の気温の寒暖差も大きい季節でもありますよね。 いわい中央クリニックの“春バテに関する解説”を見てみると、通常、身体が気温差に対応するため交感神経が働いて体温を上昇させますが、春は朝晩の寒暖差が大きく、交感神経が働く状態が長く続くことによって“自律神経の乱れ”につながるそうです。(※1) 春は子どもの保育園・幼稚園への入園や、小学校入学、ママの職場復帰などといった新しい生活が...more
カテゴリー:

浅尾美和、MCに初挑戦「Number」とコラボした新番組がスタート - 04月20日(金)05:00 

スポーツグラフィックマガジン「Number」とコラボレートした新番組『才色健美~強く、そして美しく~with Number』(BS朝日、毎週金曜22:00~22:24)が、5月4日からスタート。元プロビーチバレー選手の浅尾美和が自身初となるMCを務めることがわかった。この番組は、毎回1人のゲストの「生き方」「人間性」にフォーカスし、そこにある「美しさ」をあぶり出すドキュメンタリー&インタビュー。ビジュアルとしての“美”だけではなく、精神的な“美”や、健康に携わる“美”など、さまざまな角度から“肉体に宿る美”を探る。そこで、「瞬間で気持ちを捉える写真」に定評のある「Number」の専属カメラマンが番組の撮影・取材に同行し、普段は雑誌でしか見ることのできない瞬間の“美”を収めた数々の写真が、番組を華やかに彩り、人間の美しさを描いていく。記念すべき第1回のゲストは、プロゴルファーの上田桃子。9歳の時からゴルフを始め、2005年に19歳でプロテストに合格。07年にはツアー5勝を挙げ、21歳で史上最年少賞金女王となったトッププレーヤーだ。08年からはアメリカツアーにも挑戦。世界の壁に跳ね返され、6年間、アメリカ本土で勝てないまま終わるなど苦しんだが、再び日本に主戦場を戻した14年に2勝を挙げて復活。昨年も国内で2勝をマークするなど存在感を示した。試合中には近寄りがたいほどの集中力を見せ、強気...more
カテゴリー:

「妊娠初期のイライラ」に悩む妊婦さんは80%も!? 原因と解消法は? - 04月19日(木)21:30 

source:http://www.shutterstock.com/ 待望の妊娠がわかり嬉しいはずなのに、普段なら気にならないことに気分が浮き沈み、イライラ……と悩んでいませんか? 実は、このイライラは決して珍しいことではありません。 日本助産学会の研究によると、妊娠初期にイライラを感じる妊婦さんは、全体の約8割にも上がります。(※1) イライラは、妊娠中の生理現象の一つです。今回は、妊娠初期に感じるイライラの原因とその対策について助産師の著者がお答えしていきます。 ▼妊娠期のイライラの原因は? source:http://www.shutterstock.com/ このイライラの原因は、妊娠中の増加する女性ホルモンの一つ「プロゲステロン」が影響していると言われています。 妊娠中は、妊娠前に比べると、プロゲステロンがおよそ100倍にも増加します。(※2) 「プロゲステロン」は、妊娠継続に大切なホルモンという一面を待つ反面、情緒不安定やイライラなどの精神状態も引き起こしているのですよ。(※3) ▼イライラはいつまで続くの? 妊娠生活の3分の1が過ぎ、ママの体も妊娠という状態に慣れ、一息つける時期、赤ちゃんのママをつなぐ胎盤が完成してくる妊娠4ヶ月頃になると心身ともに安定する時期と言われています。(※4) しかし、個人差があり、環境によっては、妊娠期間中ずっとイライラが続くこと...more
カテゴリー:

日本は子育てしづらい国なのか?ミャンマーのおっぱい事情を取材!【特集:公共の場での授乳問題(17)】 - 04月19日(木)16:23 

「公共の場での授乳」をはじめ、育児関連のトピックスが炎上したというニュースを度々耳にします。果たして日本は“子育てしづらい国”なのでしょうか。 【検証】人の授乳は「何となく気持ち悪い」と多くの人が感じているワケ【特集:公共の場での授乳問題(1)】 「専門家と考える 公共の場での授乳問題」海外シリーズ第1弾、ミャンマー・ヤンゴン在住ママに聞きました! ベビー休憩室も授乳ケープもない!でも誰も気にしない? ――イワサマキコさんは、パートナーのお仕事の関係でミャンマーへお引っ越しの後、現在は3歳の男の子をヤンゴンで育てていらっしゃるとか。 生後6カ月で現地へ渡られたとのことで、授乳の経験もおありかと思います。まずはミャンマーのおっぱい事情を教えてください。 イワサマキコさん(以下、イワサ):出かけた先で、ミルクの入ったほ乳瓶を持って飲んでいる乳児、またママのおっぱいから授乳されている乳児の両方を見かけます。 昔の日本のように「粉ミルクの方が栄養があって発育が良くなる」という考えがあるようで、リッチな人は粉ミルクが多い印象です。実際のところミルクの価格は物価に対して高いので、お金持ちしか買えないかもしれません。 その一方で、かなり大きくなるまでママのおっぱいを飲んでいた、という話も聞きます。 ――「公共の場での授乳」を目にされる機会も少なくない、ということですね。ミャンマ...more
カテゴリー:

もっと見る

「イライラ」の画像

もっと見る

「イライラ」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる