「イノベーション」とは?

関連ニュース

LD&Kが提示するレーベルとアーティストの在るべき形 契約形態の新基準とは - 01月20日(土)08:10 

 設立から23年目を迎えるLD&Kが契約形態の新基準を発表。そのステートメントには、音源パッケージの収益配分にあたってアーティストの取分をより多く確保するため、小売店流通をしないという選択肢を設けるなど、ドラスティックな方法論が例示されている。株式会社LD&Kの代表取締役社長/オーナー・大谷秀政氏に真意を聞いた。 【図】小売店流通しない場合のレーベル契約 ◆“AtoC”の次代に即し、アーティスト側が選べる状態を提示  LD&Kは音楽レーベル兼マネジメント事務所としてだけでなく、スタジオやライブハウスの運営、イベント制作、マーチャンダイジング、音楽出版、著作権管理、資金調達プラットフォームなど、音楽文化の継続のための仕組みを全方位的に構築してきた。さらに近年ではカフェをはじめとする飲食業でも着実に実績を伸ばしている。このタイミングでの新たな契約形態への挑戦にはどのような意図があるのだろうか。  「大前提として、パッケージ売上が減少し、もうアーティスト印税が1%というような従来のやり方では、音楽活動を継続すること自体が難しい時代になっているということがあります。同時に、SNSの普及などで急速にファンとの関係性が変化し、いわば“AtoC”(Artist to Customer)といえるような、アーティストが直接ファンとつながる状況も当たり前のものになっている。世の中が変化している...more
カテゴリー:

Enzyme.comはスタートアップたちがFDA承認プロセスに費やす労力を削減する - 01月19日(金)23:56 

米国食品医薬品局(FDA)の承認プロセスは、認可を得て、米国内での一般販売を開始したいと望んでいる健康スタートアップにとっては、地雷原を進むようなものである。YC(Y Combinator)出身の企業であるEnzyme.comは、そうした小規模ビジネスたちを、プロセスを自動化することで手助けしようとしている。 バイオメディカルエンジニアのJared Seehaferは、Genentechのようなヘルスケア会社を相手にしたコンサルティング経験を通して、このアイディアを思いついた。彼はコンプライアンスに従うためのすべての書類をきちんと用意することが、単に大変なだけではなく、小企業の動きを鈍くしている原因の多くを占めていることに気が付いたのだ。 Seehaferは、TechCrunchに対してこう語っている。「企業が、仕事の結果を文書化するのに、仕事そのものを行っていた時間とほぼ同程度の時間を費やしていることに気が付きました。これは数兆ドル規模の産業なのです、そこで私は『なぜこの処理を自動化するソフトウェアがないのだろう?』と考えたのです」。 Seehaferによると、コンプライアンスは創業者たちにとって、資金調達に続く第2の難問であると言う。そこで彼は意を決して、共同創業者として規制の専門家であるJake Grahamに声を掛け、Enzymeを設立した。同社のソフトウェアは昨年の夏にベ...more
カテゴリー:

アニメやマンガやキャラクターを活用したコラボ事例を表彰する「第2回アニものづくりアワード」 - 01月19日(金)15:15 

「第2回アニものづくりアワード」 アニメビジエンス編集部とガリガリ編集部が運営するアニものづくりアワード実行委員会は、「第2回アニものづくりアワード」を2018年5月に開催予定。2018年3月9日(金)まで、公式Webサイトにてエントリーを受け付けている。「アニものづくりアワード」は、アニメ作品やマンガ作品、キャラクターなどを活用した企業のコラボレーション事例を表彰する企画。各部門の入賞作品は、5月上旬に徳島で開催される「マチ★アソビ」にて発表され、授賞式が実施される。 2017年に開始された「アニものづくりアワード」は、第1回で延べ120作品の応募があった。第2回となる2018年は、「テクノロジー・イノベーション部門」と「インターナショナル部門」を新設。「アニメーションCM部門」「コンテンツコラボ部門」「オリジナルコンテンツ部門」「クラフトデザイン部門」と合わせて、より幅広い異業種コラボレーションの取り組みを募集し、上記カテゴリーの中から優れたものに対して贈される総合グランプリも用意されている。 原則として自薦による応募とし、各部門への重複応募は可能。第1回の応募作品は審査対象外とされる。ただし、アニメCMやコラボ商品などでシリーズ新作の発売 / 公開などが第2回の応募期間内に含まれる場合は応募可。また「アニメ×異業種」がテーマであるため、たとえばアニメ会社や新作アニメCM、出版...more
カテゴリー:

アクセンチュア、デジタルビジネスを見て触れる施設を新設 - 01月19日(金)14:26 

アクセンチュアは1月18日、東京都港区三田に新施設「アクセンチュア・イノベーション・ハブ東京」を開設したことを発表し、報道陣に披露した。同施設は、同社のプロフェッショナルが顧客と共同で革新的なアイデアを具現化させるための拠点となる。
カテゴリー:

ダッソー、スタートアップを支援するプログラムを発表 - 01月19日(金)12:53 

ダッソー・システムズは、スタートアップ、起業家、メイカーが短期間で画期的なイノベーションを生み出すことができるように支援する「グローバル・アントレプレナー・プログラム(Global Entrepreneur Program)」を発表した。
カテゴリー:

Google、中国Tencentと特許権クロスライセンスに調印 - 01月20日(土)05:10 

Googleからまた中国関連のニュースが出た。Googleは中国のテクノロジーの巨人、Tencent(騰訊)と特許に関するクロスライセンス契約を結んだことを発表した。 契約の詳細は明かされていないがTencentは時価総額5000億ドルの巨大企業であり、Googleではこの契約は「広汎なプロダクトとテクノロジーが含まれる長期的なもの」としている。両社は今後もイノベーションとテクノロジーに関して協力していくことを約束した。 Googleの特許部門の責任者、Mike Leeは「われわれはTencentと特許に関するクロスライセンス契約を結んだことを報告する。両社がこのような協力で合意できたことは喜ばしい。このような協力によりテクノロジー企業はユーザーのためのプロダクトとサービスの改良に努力を集中することができる」と声明で述べた。 Googleの主要事業である検索サービスは中国で依然としてブロックされているが、Googleはそれ以外の分野で中国との関係を深める一連の行動を取ってきた。昨年12月にGoogleは北京にAIラボを開設している。Googleが最初にこのような施設を中国に設けたのは、 深センの施設だが、最近ではスポーツ・ストリーミングの Chushou(触手)に投資している。 Tencent側にとっても今回の契約はグローバル企業に発展する上で重要なステップとなる。同社は長く中国最...more
カテゴリー:

JavaでWebサービスを作り続けるための戦略と戦術(前編) (1/3):CodeZine(コードジン) - 01月19日(金)16:46 

JavaでWebサービスを作り続けるための戦略と戦術(前編) (1/3):CodeZine(コードジン)本連載では、株式会社ビズリーチのエンジニアが、急成長を続ける事業の中で得られた実践的なノウハウをつづります。2009年の創業以来、HRTechベンチャーとして新たな事業を展開するビズリーチ。「HRTech」は、「FinTech」や「HealthTech」と同様に、テクノロジーの力で革新する昨今のトレンドの中で、人事・採用など「HR」の領域のイノベーションとして注目されています。ビズリーチは、創業か...
カテゴリー:

「eiicon」、GfK ジャパンとともに家電業界のオープンイノベーションを支援する『Home electronics Innovation program』の提供を開始 - 01月19日(金)15:00 

[パーソルキャリア株式会社] ■「eiicon」とは オープンイノベーション※のパートナーを探すことができる、ビジネスマッチングプラットフォームです。企業は、企業情報をはじめとするミッションや、事業成長に必要なリソースなどさまざまな情報...
カテゴリー:

スマホで簡単!花粉症オンライン診療サービス「スマ診」本日1月19日よりサービス開始! - 01月19日(金)13:00 

[ネクストイノベーション株式会社]   [画像1: https://prtimes.jp/i/21661/2/resize/d21661-2-395735-4.jpg ] 現代人を悩ませる花粉症の症状は日常生活や仕事の能率に影響を及ぼすものが多く、つらいと解っていても、忙しくて通院できない、花粉...
カテゴリー:

ANAとLiveArts、日本の魅力を伝える伝統工芸ECサイト「WAYO」をオープン - 01月19日(金)11:19 

「WAYO」 全日本空輸株式会社(ANA)と株式会社LiveArtsは、2018年1月18日(木)に、ECサイト「WAYO」をオープンした(https://wayocraft.com/)。日本の逸品を取り扱い、世界の人々に届ける伝統工芸ECサイト。スタイリッシュかつ機能性が高くて日常使いができるアイテムを販売する「SHOP」と、伝統工芸の背景を紹介する「STORY」の2部で構成されている。 今回オープンした「WAYO」は、ANAホールディングスと大企業とのオープンイノベーション促進を担う米WiL社の共同ビジネスコンテストにて、事業化が実現した第1弾の取り組みだ。「WAYO」では、300品種、2000点以上が取り扱われており、クレジットカードとマイル決済に対応。そのラインナップは今後も充実していくことが予定されている。「STORY」では、人間国宝に認定された作家による木工藝や、刀剣界最高賞を受賞した巨匠による日本刀など、日本が誇る希少価値の高い逸品を巨匠の軌跡とともに紹介。読み物としても楽しめるWebサイトになっている。 なお、両社は「WAYO」のオープンを皮切りに、新サービスの構想に着手し始めていることも公表された。さらに連携を深め、新しい価値の提供を目指して活動していくことが発表されている。 全日本空輸株式会社 / 株式会社LiveArtsURL:https://wayocraf...more
カテゴリー:

もっと見る

「イノベーション」の画像

もっと見る

「イノベーション」の動画

Wikipedia

イノベーション(英: )とは、物事の「新結合」「新機軸」「新しい切り口」「新しい捉え方」「新しい活用法」(を創造する行為)のこと。一般には新しい技術発明を指すと誤解されているが、それだけでなく新しいアイデアから社会的意義のある新たな価値を創造し、社会的に大きな変化をもたらす自発的な人・組織・社会の幅広い変革を意味する。つまり、それまでのモノ・仕組みなどに対して全く新しい技術や考え方を取り入れて新たな価値を生み出して社会的に大きな変化を起こすことを指す。

語源

英語の「innovation」は動詞「innovate」(革新する・刷新する)に名詞語尾「-ation」が付いたもので、「innovate」はラテン語の動詞「innovare」(リニューアルする)の完了分詞形「innovatus」(リニューアルされたもの)から由来している。更に、「innovare」は「in-」(「内部へ」の方向を示す接頭辞)と動詞「novare」(新しくする)に分解され...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる