「イスラム教」とは?

関連ニュース

「たぶん大丈夫」。ナショジオ賞作家はインドで何を悟ったのか? - 01月18日(木)02:02 

毎回、アジアの日常を切り取った写真が好評の無料メルマガ『素顔のアジア(たびそら・写真編)』。今回、その著者でナショナルジオグラフィック写真賞作家の三井昌志さんが届けてくださったのは、南インドの人や食べ物です。さらに三井さんは、「インドを気分良く旅するコツ」も記してくれました。 ハッピー・ポンガル! 1月14日は南インドの収穫祭ポンガルでした。屋外のかまどでサトウキビや牛乳、ココナッツなどで甘く煮たおかゆ(ポンガル)を作って、家族みんなで食べる行事。日本のお正月みたいなものです。学校も仕事もお休みで、子供たちはサトウキビを囓り、日々の恵みを太陽に感謝する一日。ハッピー・ポンガル! 農家の家の前では小さなかまどと素焼きの壺を使ってポンガルを炊く。薪の煙が目にしみて辛そうだったが。 ポンガルの日はサトウキビをそのまま囓る習わし。収穫したばかりのサトウキビは、みずみずしくて甘い。 家の前には色粉を使って描く「コーラム」が。サトウキビとポンガルと花の模様が描かれている。 南インドの食べ物 南インドを代表するティフィン(軽食)といえば何といってもドーサ。大きなバナナの葉っぱに盛り付けられたドーサは、米粉を発酵させた少し酸味のある生地が最高に美味い。僕は何も入れない「プレーン・ドーサ」がお気に入り。ドーサの持ち味であるパリパリ感を堪能できるからだ。 タミルナドゥはコーヒー豆を栽培してい...more
カテゴリー:

【ムスリムの墓】「死後の行き場がない」 イスラム教徒が悲鳴 九州に専用墓地ゼロ 土葬への抵抗感や偏見 - 01月17日(水)10:27  newsplus

イスラム教徒の遺体を受け入れている別府市のカトリック墓地。「宗派は関係ない。同じ人間として良心的なことをしたい」とプッポ神父は話す=大分県別府市 九州のイスラム教徒が「死後の行き場がない」と悲鳴を上げている。イスラム教の葬儀は火葬を禁止し、土葬を用いることから墓地開設の理解が得られにくく、九州にはイスラム専用の墓地はゼロ。協力姿勢を示す自治体もあるが、実現のめどは立っていない。イスラム教徒たちは「今後も日本に住む仲間は増えると思う。本当に切実な問題」と訴えている。  大分県別府市浜脇の山中...
»続きを読む
カテゴリー:

ロヒンギャ難民帰還、23日開始=2年で完了-ミャンマーとバングラ合意 - 01月16日(火)22:27 

 【バンコク時事】ミャンマー西部ラカイン州のイスラム系少数民族ロヒンギャが隣国バングラデシュで難民となっている問題で、両国政府は15、16の両日、ネピドーで作業部会を開き、ミャンマーへの帰還を23日に開始し、2年以内に完了させる方針で合意した。 両国は昨年11月23日、難民帰還を2カ月以内に開始することで一致していた。ミャンマー外務省によると、国内で暮らしていたことを確認したヒンズー教徒508人、イスラム教徒750人の名簿をバングラデシュに提出。帰還第1陣に含めるよう要請した。 【時事通信社】
カテゴリー:

【カナダ】ヒジャブ切り裂き、警察が「発生していない」と結論 - 01月16日(火)15:42  newsplus

https://www.cnn.co.jp/m/world/35113202.html 2018.01.16 Tue posted at 10:26 JST (CNN) カナダ東部トロントの警察は15日、同市内で登校中の少女が襲われ、イスラム教徒の女性が髪を覆うスカーフ「ヒジャブ」を切り裂かれたとされる事件は「発生していない」と断定した。 警察の報道官は具体的な情報を示さなかったが、本人の供述を裏付ける証拠がなかったと説明。事件の届け出を捜査した結果、実際には起きなかったことが判明するのは異例の展開だと述べた。 警察によると、捜査はすでに終結したという。CNNは少女の...
»続きを読む
カテゴリー:

数々の名言に惚れる! パリのおじさんたちに迫った一冊 - 01月16日(火)07:00 

昨今話題の一冊、それが金井真紀さんのインタビュー&スケッチ集『パリのすてきなおじさん』だ。 「フランスに詳しいわけではなかったんです。でも、前からおじさんには興味がありました」 パリ在住40年のジャーナリスト広岡裕児さんを案内&通訳に、2週間の滞在中に街角のおじさんたちに声をかけ、話を聞いたという。 「本当に立ち話だけの人もいましたし、お宅にお邪魔して3時間以上話を聞いた人も。全員は載せられず、泣く泣く削りました」 パリ人たちとの粋で軽い会話が楽しめる一冊かと思いきや、内容は実に深い。職業や履歴はもちろん民族も宗教もみな違い、その生き方や深い言葉にふと胸を衝かれる。 「多様だとは思っていましたが、思っていた以上でした。アルジェリア出身の人といっても、アラブ人とベルベル人がいたり、インドカレー屋さんだと思ったらスリランカ出身の人だったり。世の中は想像以上に込み入っていると感じました」 祖国マリを出て妻子と離れ、出稼ぎ生活を36年送るシビーさん、ユダヤ人家族のなかで自分だけが生き残ったロベールさん、「イスラム教徒とイスラム主義は違う」と語るクスクス屋のファイサルさん…。〈静かな心でいれば、強くなれる〉〈ほとんどの問題は、他者を尊重しないから起こる〉など、深い言葉も飛び出してくる。たった2週間でここまでの数の人から、深い話を引き出す金井さんのインタビュー力と記事の構成力に驚くばかりだ。 ...more
カテゴリー:

「死後の行き場がない」 イスラム教徒が悲鳴 九州に専用墓地ゼロ 土葬に反対するバカが原因 - 01月17日(水)13:21  news

イスラム教徒の遺体を受け入れている別府市のカトリック墓地。「宗派は関係ない。同じ人間として良心的なことをしたい」とプッポ神父は話す=大分県別府市 九州のイスラム教徒が「死後の行き場がない」と悲鳴を上げている。イスラム教の葬儀は火葬を禁止し、土葬を用いることから墓地開設の理解が得られにくく、 九州にはイスラム専用の墓地はゼロ。協力姿勢を示す自治体もあるが、実現のめどは立っていない。イスラム教徒たちは「今後も日本に住む仲間は増えると思う。本当に切実な問題」と訴えている。  大分県別府市浜脇の...
»続きを読む
カテゴリー:

国連「イエメンでは、2220万人が人道支援を必要としています」 全人口の76%が苦しむ - 01月16日(火)23:55  news

【1月16日 AFP】国連(UN)は16日、内戦が4年目に差し掛かろうとしているイエメンで、全人口の4分の3以上に 当たるおよそ2220万人が人道支援を必要としていると明らかにした。  イエメンでは、サウジアラビアが支援する政府と反政府勢力との戦争が依然続いている。  国連人道問題調整事務所(OCHA)によると、同国では飢饉(ききん)の危機に直面している人が昨年の680万人から さらに増えて約840万人に上った。  何らかの援助に頼らざるを得ない人の数はここ6か月で150万人増加し、人口2900万人の76%に当たる2220万人に ...
»続きを読む
カテゴリー:

ロヒンギャ帰還2年で完了 ミャンマーとバングラ合意 - 01月16日(火)17:06 

【ヤンゴン共同】ミャンマーとバングラデシュの両国政府は16日、イスラム教徒少数民族ロヒンギャのミャンマー帰還を2年...
カテゴリー:

ヒジャブ切り裂き、警察が「発生していない」と結論 カナダ - 01月16日(火)10:26 

カナダ東部トロントの警察は15日、同市内で登校中の少女が襲われ、イスラム教徒の女性が髪を覆うスカーフ「ヒジャブ」を切り裂かれたとされる事件は「発生していない」と断定した。 警察の報道官は具体的な情報を示さなかったが、本人の供述を裏付ける証拠がなかったと説明。事件の届け出を捜査した結果、実際には起きなかったことが判明するのは異例の展開だと述べた。 警察によると、捜査はすでに終結したという。CNN...
カテゴリー:

【イギリス】マークルさんは「王室の血汚す」 反移民掲げる英独立党党首ヘンリー・ボルトン氏、ヘンリー王子婚約者の差別表現で批判 - 01月15日(月)22:01  newsplus

http://www.afpbb.com/articles/-/3158516?cx_position=31 2018年1月15日 12:57 発信地:ロンドン/英国 【1月15日 AFP】反欧州連合(EU)、反移民を掲げる英国独立党(UKIP)のヘンリー・ボルトン(Henry Bolton)党首(54)の恋人で党員の女性(25)が、ヘンリー王子(Prince Harry)の婚約者メーガン・マークル(Meghan Markle)さんについて、「英王室の血を汚す」などと人種差別的な内容のメッセージを送っていたことが分かった。同党首は女性を懲戒処分にしたが、党内からも辞任を求める声が上がっている。  女性はジョー・...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「イスラム教」の画像

もっと見る

「イスラム教」の動画

Wikipedia

イスラム教(イスラムきょう、イスラーム教とも、正式名はイスラーム)は、唯一絶対のアラビア語アッラーフ)を信仰し、神が最後の預言者たるムハンマドを通じて人々に下したとされるクルアーン(コーラン)の教えを信じ、従う一神教である。

ユダヤ教キリスト教の影響を受けた唯一神教で、偶像崇拝猶、いわゆる偶像崇拝が神像を用いた礼拝と同義であるのかを巡っては、宗教や個人により大きな開きがあるを徹底的に排除し、神への奉仕を重んじ、信徒同士の相互扶助関係や一体感を重んじる点に大きな特色があるとされる。アッラーフ(アッラー)を崇拝するが、アッラーとは、もともとアラビアの多神教の神々の中の一人であった前嶋信次世界の歴史8-イスラム世界河出書房新社、1989年、p.74が、ムハンマドがメッカを占領すると、他の多神教の神々の像は全て破壊され、その神(アッラーフ)だけを崇拝...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる