「イスラム国」とは?

関連ニュース

母がいなくなる前に、知っておいてほしいことがある。 - 11月23日(木)11:00 

人生は、母を求めて泣くことからはじまった。まったく覚えてはいないけれど、お腹が空いたとき、心細いとき、何かを伝えたいとき、まだ言葉を持たない小さい頃は、365日、母を求めて泣いていたはず。けれど私たちは、大人になるにつれて「母」を理由に泣くことがなくなる。映画や小説のストーリーに重ねて泣くことはあっても、子どもの頃のように、ただ母という存在を思って泣いたことが、最近あるだろうか?実家を出るとき、結婚をしたとき、「死」がリアルになったとき。別れを強く意識する出来事がなければ、どれだけいつも守られて生きていたのかを、思い知ることは難しい。目の前でテロが起きた時、“母を残して死ねない”と思った。私が、人生で最も「死」を感じたのは2016年3月。ベルギー・ブリュッセルの空港と地下鉄が爆発されるという、大規模な連続テロが起きたとき。「あぁ、死ぬかもしれない」。初めて踏み入れた地にひとり、私はその現場を目の前にして呆然としていた。地鳴りのような音と土埃、叫び声とパニックになっているたくさんの人たち。いつもリビングで呑気に見ていた“イスラム国の目出し帽”は、もう眼に映るほど近くに居たと思う。どうすることもできずに、ドミトリーのベッドの中で身を強張らせているとき、iPhoneから聞こえる家族の声だけが、私の唯一の救いだった。「—&mdas...more
カテゴリー:

レバノン首相、「辞任」保留=大統領から要請 - 11月22日(水)22:25 

 【カイロ時事】サウジアラビアで4日に突如辞意を表明し、21日夜にレバノンに帰国したハリリ首相は22日、アウン大統領と会談した。ハリリ氏は会談後、「大統領に辞意を伝えたが、もっと協議と熟慮を重ねるよう要請された」と述べ、当面は首相を続ける考えを強調。その後、首都ベイルートで支持者らを前にした演説で「私はあなた方と共にとどまる。レバノンの安定を守り抜く」と語った。 イスラム教スンニ派のハリリ氏は昨年12月の就任後、国内政治の正常化のためシーア派組織ヒズボラとの融和を探ったが、ヒズボラの後ろ盾となっているイランの影響力拡大を警戒するスンニ派の盟主サウジが反発。ハリリ氏はサウジに辞任を迫られ、一時は「自由な行動が制限されている」と不安視する見方も出ていた。 ハリリ氏はサウジ生まれで、サウジとの結び付きが強い。一方のイランは、過激派組織「イスラム国」(IS)掃討で協力を深めた隣国イラクやシリアに加え、レバノンでの勢力圏確立を狙う。レバノンでのサウジとイランの「代理戦争」激化に懸念が強まる中、ハリリ氏は「レバノンが地域の紛争に巻き込まれないよう、われわれは努力すべきだ」と訴えた。 【時事通信社】
カテゴリー:

NY車両突入テロで男起訴 「イスラム国」支援の罪 - 11月22日(水)11:23 

【ニューヨーク共同】米ニューヨークで10月に発生した車両突入テロで、連邦大陪審は21日、殺人や過激派組織「イスラム...
カテゴリー:

「勝利宣言」は砂漠掃討後に イラク首相、対イスラム国で - 11月22日(水)05:24 

【カイロ共同】イラクのアバディ首相は21日の記者会見で、過激派組織「イスラム国」(IS)がイラク国内で「軍事的に敗...
カテゴリー:

シリア:アサド大統領電撃訪露 プーチン氏と和平協議 - 11月21日(火)19:53 

 【モスクワ杉尾直哉】シリアのアサド大統領が20日、ロシア南部ソチを予告なしに訪問し、プーチン露大統領と会談した。露国営テレビが21日伝えた。ロシアによる空爆作戦などで、過激派組織「イスラム国」(IS)の壊滅が現実的となる中、プーチン氏はアサド氏への支持を明確に示し、今後の政治移行で主導権を握る狙いがあるとみられる。
カテゴリー:

現地ルポ──虐殺、人身売買…世界で最も迫害されている「ロヒンギャ」民族浄化の実態 - 11月23日(木)06:00 

2011年の民主化以降、相次ぐ海外資本の参入により目覚ましい経済発展を遂げているミャンマー。 ノーベル平和賞を受賞したアウン・サン・スー・チー国家顧問の存在でも知られるかの国で、破滅的な残虐行為が行なわれている。 ジャーナリストの木村元彦氏が難民キャンプを訪れた。 ■微笑みの国で行なわれる“合法的”な迫害 異臭がずっと鼻を突き、騒音が耳をつんざく。これが約53万人(10月上旬時点)が難民になるということなのか。あふれかえる人、人、人、人…。バングラデシュの南東の町、コックスバザールから車で1時間半、バルハリの難民キャンプに入った。 ミャンマー国境に近いこの地域に大量のロヒンギャ難民が逃れていた。バングラデシュ政府は人道的な措置としてボーダーを開放しての受け入れを続けていたが、GDP(国内総生産)から言えばアジア22位のこの国のキャパシティをもはや超えている。 小高い丘をすべて覆い隠すように張られたテントにさえ入りきれない老若男女たちが、うつろな目で地べたに座り込んでいる。周囲の土手は赤土で見るからに地盤が軟らかく、土砂が今にも崩れそうだ。「雨が降ったらどうなるのか」と思うそばから、ボツボツと重い水滴が落ちてきた。雨宿りすらできな...more
カテゴリー:

シリア:正常化へソチで対話会議 米露首脳が電話協議 - 11月22日(水)21:12 

 【モスクワ杉尾直哉、ワシントン会川晴之】ロシアのプーチン大統領は21日、トランプ米大統領と約1時間半にわたって電話で協議し、シリア正常化へ向けた政治移行を本格化させるため、アサド政権と反体制派の代表を集めた「国民対話会議」を近く露南部ソチで開く計画を伝えた。過激派組織「イスラム国」(IS)が主要拠点を失う中、ロシア主導でシリア正常化への道筋を付ける狙いがある。
カテゴリー:

【ソマリア】米軍がソマリアで空爆 アルシャバーブ戦闘員100人余り殺害 - 11月22日(水)05:58  newsplus

http://www.afpbb.com/articles/-/3152314 【11月22日 AFP】米軍は21日、ソマリアで、国際テロ組織アルカイダ(Al-Qaeda)系のイスラム過激派組織アルシャバーブ(Al Shabaab)に対する空爆を実施し、戦闘員100人余りを殺害した。米アフリカ軍(AFRICOM)が発表した。  同軍の声明によれば、空爆は21日午前10時半(日本時間午後4時半)ごろ、ソマリア政府との協力の下で行われた。対象となったのは、ソマリアの首都モガディシオ(Mogadishu)の北西約200キロにある拠点。  米軍はこの数か月、ソマリアでの行動を活発化させ、イス...
»続きを読む
カテゴリー:

【イラン】ロウハニ大統領、「イスラム国」終焉を宣言 - 11月21日(火)20:40  newsplus

[ベイルート 21日 ロイター] - イランのロウハニ大統領は21日、生中継されたテレビ演説で、過激派組織「イスラム国」(IS)が終焉を迎えたと宣言した。 また、イラン革命防衛隊のニュースサイトも同日、ソレイマニ司令官が最高指導者ハメネイ師に同じ内容の伝達を行ったと報じた。 イランのメディアは先週、ISが最後の拠点としていたとされるシリア東部の町を奪還したと伝えていた。 革命防衛隊はこの数年、シリアのアサド政権やイラク政府を軍事面で支援している。 配信2017年11月21日 / 18:26 ロイター https://...
»続きを読む
カテゴリー:

「IS支配は終幕」=隣国での影響力誇示-イラン司令官 - 11月21日(火)19:29 

 【カイロ時事】イラン革命防衛隊で対外工作などを担う精鋭コッズ部隊のソレイマニ司令官は21日に最高指導者ハメネイ師に宛てた書簡で、「過激派組織『イスラム国』(IS)の名による邪悪な支配は終わったと発表する」と強調した。 革命防衛隊は、隣国イラクとシリアで対IS掃討に加わったイスラム教シーア派民兵組織を支援し、ISの拠点都市は既に両国からほぼ一掃された。イランの軍事的貢献を誇示し、影響力を固める狙いもあるとみられる。 【時事通信社】
カテゴリー:

もっと見る

「イスラム国」の画像

もっと見る

「イスラム国」の動画

Wikipedia

イスラム国(イスラムこく)

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる