「イスラエル」とは?

関連ニュース

【ニューヨーク爆発】「アマチュア」爆弾でNY狙う、イスラエル情勢が動機と報道 容疑者はバングラデシュ出身で7年前に米国へ移住 - 12月12日(火)16:27  newsplus

https://jp.reuters.com/article/newyork-incident-idJPKBN1E51NL (リンク先に動画ニュースあり) 2017年12月11日 / 15:25 / 3時間前更新 [ニューヨーク 11日 ロイター] - ニューヨークのバスターミナル、ポート・オーソリティー付近で11日朝のラッシュアワーに、バングラデシュ出身の男が、身につけた手製爆弾を爆発させた。 男が負傷し、警察官ら他の3人が軽いけがを負った。デブラシオ市長は、「テロ攻撃の試み」との認識を示した。警察当局は男の身元について、アカエド・ウラー容疑者(27)と特定したことを明らか...
»続きを読む
カテゴリー:

中東での影響力拡大誇示=1日で3カ国訪問-ロシア大統領 - 12月12日(火)14:57 

 【モスクワ時事】ロシアのプーチン大統領は11日、シリア、エジプト、トルコと立て続けに中東3カ国を訪問した。シリアではロシア軍の撤退開始を表明し、内戦や対テロ戦での「勝利」を強調。エジプトとトルコでは、エルサレムをイスラエルの首都と認めた米国の決定を批判するなど、中東で拡大するロシアの影響力を誇示した。 プーチン氏は事前予告なしに訪問したシリア北西部ラタキア近郊のロシア空軍基地で「任務は素晴らしい結果で完了した」と高らかに宣言。トルコのエルドアン大統領との会談後には、エルサレムをめぐる米国の決定について「イスラエルとパレスチナの和平プロセスを台無しにしてしまう」と警告した。 トランプ政権が中東への関与を縮小させる中、プーチン政権はその隙を突く形で、影響力を拡大した。シリアでは後ろ盾となっているアサド政権への軍事支援を続け、過激派組織「イスラム国」(IS)掃討を主導。イラン、トルコと共にシリア和平協議を仲介し、欧米の関与を小さくすることに成功した。 【時事通信社】
カテゴリー:

米「エルサレム首都」:パレスチナとエジプト拒絶 - 12月12日(火)13:19 

 【エルサレム高橋宗男】パレスチナ自治政府のアッバス議長は11日、カイロでエジプトのシシ大統領と会談し、エルサレムをイスラエルの首都と認定した米国の決定への対応を協議した。エジプト大統領府が出した声明によると、両者は高いレベルで協調し続けるとともに、パレスチナ人の権利を守るために米国の決定を拒絶する姿勢を示していくことで一致した。
カテゴリー:

米国:容疑者「ガザ攻撃が動機」 NYでテロ、5人負傷 - 12月12日(火)11:49 

メディア報道  【ニューヨーク國枝すみれ】ニューヨーク市マンハッタン地区のタイムズスクエア付近で11日午前7時半(日本時間同日午後9時半)ごろ、小規模な爆発が起きた。CNNテレビなど米主要メディアは、体につけたパイプ爆弾を爆発させ自爆テロを図った男が、過激派組織「イスラム国」(IS)に忠誠を誓い、イスラエル軍によるパレスチナ自治区ガザ地区攻撃を動機に挙げていると報じた。爆発で、男を含む5人が負傷した。
カテゴリー:

エルサレム問題、主張すれ違い - 12月12日(火)09:28 

11日、ブリュッセルで会見するイスラエルのネタニヤフ首相(左)と欧州連合(EU)のモゲリーニ外交安全保障上級代表。EUは和平実現に向けた方針を示したが、エルサレムの地位に関する双方の主張はすれ違った。
カテゴリー:

動画:抗議のパレスチナ人ら、治安部隊と衝突 エルサレムめぐり - 12月12日(火)15:51 

【12月12日 AFP】ドナルド・トランプ米大統領がエルサレムをイスラエルの首都と認定したことに抗議するパレスチナ人らが11日、パレスチナ自治区ガザ地区とイスラエルを隔てる国境フェンス近くのガザ市東方で、イスラエル治安部隊らと衝突した。≫続きを読む
カテゴリー:

独占禁止法規制当局がGoogleのウェブ広告における支配っぷりを審査 - 12月12日(火)14:00 

Googleといえば検索エンジンに各種ウェブサービス、ウェブブラウザ、スマートデバイスなどさまざまな事業に手を出していますが、売上の大部分はインターネット広告が占めています。これまでGoogleが提供するインターネット広告サービスにおいて何かしらの苦情を受けることはそれほどなく、法律違反しているという兆候も見られなかったのですが、イスラエルのArtimediaがGoogleを起訴したことから同国の独占禁止法規制当局の目に留まることとなっています。続きを読む...
カテゴリー:

イスラエル首相、欧州各国もトランプ米政権に「追随を」 - 12月12日(火)13:07 

米国のトランプ大統領がエルサレムをイスラエルの首都と認めて大使館を現在のテルアビブからエルサレムへと移転する方針を明らかにしたことについて、イスラエルのネタニヤフ首相は11日、トランプ大統領を擁護し、欧州各国もこの判断に追随すると信じていると語った。外相らとの会談のために訪れているベルギー首都ブリュッセルで述べた。 トランプ大統領は今月6日、エルサレムがイスラエルの首都であると宣言したが、国際...
カテゴリー:

プーチン氏、中東歴訪で存在感アップ? 米国孤立化の中 - 12月12日(火)10:49 

 ロシアのプーチン大統領は11日、シリアに続いてエジプト、トルコを訪問し、各国首脳と協議した。エルサレムをイスラエルの首都と認めたトランプ米大統領への反発から、米国の孤立が深まる中、中東での存在感を高…
カテゴリー:

冷静な対応求める=中東の抗議行動で-米 - 12月12日(火)07:01 

 【ワシントン時事】サンダース米大統領報道官は11日、トランプ大統領がエルサレムをイスラエルの首都と認めたことを受け、中東で激しい抗議行動が広がっていることに関し、「冷静になるよう求める」と自制を促した。その上で、中東の同盟国やパートナーと中東和平の推進に向けて連携する意向を強調した。 【時事通信社】
カテゴリー:

もっと見る

「イスラエル」の画像

もっと見る

「イスラエル」の動画

Wikipedia

近隣諸国とは、建国直後から何度か戦争状態となり敵対関係だったが、1979年にエジプトと1994年にヨルダンと平和条約を結んでいる。しかし2006年のレバノン侵攻の際に行われたエジプトの世論調査ではイスラエルを敵性国家とみなす意見が92%にも上った。イスラエルが「脅威」としてあげる国ではイランがある。イランとは核兵器開発問題、ヒズボラおよびハマースを支援している国家として強い警戒を示し、|国連事務総

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる